1. DVDレンタルTOP
  2. すべてのジャンル
  3. 洋画のDVDレンタル
  4. アクションのDVDレンタル
  5. フルメタル・ジャケット

フルメタル・ジャケット

フルメタル・ジャケットの画像・ジャケット写真

フルメタル・ジャケット / マシュー・モディン

全体の平均評価点: (5点満点)

134

フルメタル・ジャケット /スタンリー・キューブリック

全体の平均評価点: 

予告編を検索

DVD

Blu-ray

旧作

ジャンル :

新規ご登録はこちら

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

「フルメタル・ジャケット」 の解説・あらすじ・ストーリー

解説・ストーリー

S・キューブリックが「シャイニング」以来、久々にメガホンを取った作品で、G・ハスフォードの原作を基にベトナム戦争の狂気を描く。徴兵された若者が、次第に戦闘マシーンとして人間性を失っていく様を冷徹な視点で追っている。

「フルメタル・ジャケット」 の作品情報

作品情報

製作年:

1987年

製作国:

アメリカ

原題:

FULL METAL JACKET

「フルメタル・ジャケット」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

洋画・邦画

35,500
タイトル以上

国内ドラマも一部含まれております

国内・海外ドラマ

5,400
タイトル以上

アニメ

9,200
タイトル以上

R-18

210,000
タイトル以上

CD

250,000
タイトル以上

※2022年2月 現在のタイトル数

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

関連作品

関連作品

エニイ・ギブン・サンデー

レイジングプラン

2001年宇宙の旅

エメラルドシティ

コロンバインの空に コロンバイン高校事件を乗り越えて

ユーザーレビュー:134件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

31〜 35件 / 全134件

「ベトナム」では遊べない。 ネタバレ

投稿日:2009/12/21 レビュアー:港のマリー

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 さすがのキューブリックでも。というのが第一印象。
前半の訓練風景、ハルトマン軍曹の泉の如く湧き出る悪口雑言、下劣卑猥な言葉の洪水には恐れ入る。が、とくに、スカトロジー方面の言い回しなどは、マルキ・ド・サドが「実演」しているところを小説にしている。それを思えばどうということはない。

 ベトナム戦争は心理学の理論、脱感作(考えられないことを考える)条件づけ(考えられないことをする)否認防衛機制(考えられないことを否認する)に基づいた訓練プログラムを全面的に取り入れた最初の戦争だそうだ。(グロズマン『戦場における人殺しの心理』)その「考えられないこと」とは人を殺すこと。一般社会用の自我を完全に打ち砕いたうえで、「kill kill kill」とたたき込む。
 キューブリックはその過程を簡素に様式化して、時に端正に映るほど淡々と描いている。よく反戦ドキュメンタリーなどに使われる実写映像、教官によって泥水のなかに殴り倒され罵られる兵士、のような生々しさはない。静かに狂気に感染していくのだと、見えなくもないがいつもの切れ味には乏しいようだ。何よりも気の毒なレナードを早々と永久に地獄から解放してやった温情。優しいけれどちょっと、らしくない。
 一方、マリア様云々の台詞にあるような聖なるものを性の低地へと引きずり下ろす心理、戦争と男たちの性とが分かちがたく結びついている事実(銃を撃つことはまさにその行為の象徴であり、代償でしょう)は、グロズマンのはっきり言わなかったところ。キューブリックは鋭くそこを見抜いている。もしかしたら海兵隊の訓練は、条件反射だけではなく、人殺しが性的快楽にもなるような偏執性をも密かに育てているのかもしれない。

 私が感極まったのは後半、ベトナムの戦場に舞台が移って実際に生と死が交錯するようになってから。とくに最後の市街戦の場面。ここでの臨場感、緊張感の高め方は並みではない。舞台装置のようなセットに群像が立ち、人物の腰から腰へとカメラが動いていく。見ている者をその中に誘うようなこの空間創出はすばらしい。
 廃墟になったフエの町をさまよう小隊がどこに潜んでいるのかわからないベトコンの狙撃者に、一人、二人と撃たれていく。無線で呼んでも応援は来てくれない。進退窮まったなか、選んだのは撃たれた仲間を助けに危険をかえりみず飛び出すこと。彼らが息を引き取れば「しかえししようぜ」と一致団結。戦友との固い絆こそ、最後に残った人間性の証。と、危うく共感しそうになり戸惑った。仲間を身を挺して救おうとする人間が、敵なら女子どもでも容赦なく殺せるのだ。

 これはキューブリックの罠なのか。同じ鬼軍曹の地獄の訓練を受けてほんものの地獄へ送り込まれた若者たちの、毀れてしまった心と、それでも「生きているほうがまし」と日々をうめくように生きる、その痛みをすくい上げる。糞のような戦争と、さんざん言わせておきながら大切な仲間を殺されれば奮い立つさまに、ヒロイズムを匂わせる。正直なところ、わからない。でもおそらく、ベトナム戦争はキューブリックにとっても、ブラックな風刺で押し通すには重すぎるものであったと思われるのだが。

 兵士たちが訓練中歌う歌が痛ましい。
「もし戦場で倒れたら 棺に入って帰還する ママに告げてよ見事な散り様」「見事な散り様」とはI´ve done my bestだそうだ。
 もう、誰も戦争で散らせるなと、それだけは痛切に思った。

 

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

人間性を問う

投稿日:2009/03/26 レビュアー:wahou

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

訓練時代のおデブさんが狂っちゃうシーンが

投稿日:2009/02/25 レビュアー:BURRN

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

パパの精子がシーツに残り、ママの割れ目に残ったカスだ 、、、最高

投稿日:2009/02/23 レビュアー:魔る太郎

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

直球を投げられたような映画 ネタバレ

投稿日:2008/07/11 レビュアー:マリコ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

この映画は男女で意見が分かれるだろう。

女の私にとっては、ただただ、「何をしているんだ、アメリカは。」という怒りしか残らない。
ヘリコプターから民間人を撃ち殺す兵士がアメリカの暗部を象徴しているかに見える。

胸にピースマークのバッジをつけながら銃を撃つジョーカーに至っては、「平和の為に戦争をしてやっている」と信じているアメリカの象徴のようだ。ジャングルでなく、市街地で撃ち合いをするのも怖い。もし、あれが日本である可能性も無きにしもあらず。それを想像すると怖い。ベトナムは本当に哀れな国だ。

日本では、万博など平和ゴッコをしている最中だったというのに。国違えば地獄だな。

ただ殺せという命令のだけで人を殺す、アメリカはベトナム戦争で痛い目にあったというのに、あれから何度戦争をしているんだ?若者を何人殺しているんだ?民間人を何人殺しているんだ?

敵が見えないのでベトナム戦争のように見えず、映画は殺戮をするアメリカの狂う様を描いている。抽象的に言えばどこでも良い、戦争ってこんなものさ、とキューブリックが言っている。

非常に分かりやすい反戦映画である。

もう、ミッキーマウスマーチは歌えない。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

31〜 35件 / 全134件

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:134件

「ベトナム」では遊べない。

投稿日

2009/12/21

レビュアー

港のマリー

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 さすがのキューブリックでも。というのが第一印象。
前半の訓練風景、ハルトマン軍曹の泉の如く湧き出る悪口雑言、下劣卑猥な言葉の洪水には恐れ入る。が、とくに、スカトロジー方面の言い回しなどは、マルキ・ド・サドが「実演」しているところを小説にしている。それを思えばどうということはない。

 ベトナム戦争は心理学の理論、脱感作(考えられないことを考える)条件づけ(考えられないことをする)否認防衛機制(考えられないことを否認する)に基づいた訓練プログラムを全面的に取り入れた最初の戦争だそうだ。(グロズマン『戦場における人殺しの心理』)その「考えられないこと」とは人を殺すこと。一般社会用の自我を完全に打ち砕いたうえで、「kill kill kill」とたたき込む。
 キューブリックはその過程を簡素に様式化して、時に端正に映るほど淡々と描いている。よく反戦ドキュメンタリーなどに使われる実写映像、教官によって泥水のなかに殴り倒され罵られる兵士、のような生々しさはない。静かに狂気に感染していくのだと、見えなくもないがいつもの切れ味には乏しいようだ。何よりも気の毒なレナードを早々と永久に地獄から解放してやった温情。優しいけれどちょっと、らしくない。
 一方、マリア様云々の台詞にあるような聖なるものを性の低地へと引きずり下ろす心理、戦争と男たちの性とが分かちがたく結びついている事実(銃を撃つことはまさにその行為の象徴であり、代償でしょう)は、グロズマンのはっきり言わなかったところ。キューブリックは鋭くそこを見抜いている。もしかしたら海兵隊の訓練は、条件反射だけではなく、人殺しが性的快楽にもなるような偏執性をも密かに育てているのかもしれない。

 私が感極まったのは後半、ベトナムの戦場に舞台が移って実際に生と死が交錯するようになってから。とくに最後の市街戦の場面。ここでの臨場感、緊張感の高め方は並みではない。舞台装置のようなセットに群像が立ち、人物の腰から腰へとカメラが動いていく。見ている者をその中に誘うようなこの空間創出はすばらしい。
 廃墟になったフエの町をさまよう小隊がどこに潜んでいるのかわからないベトコンの狙撃者に、一人、二人と撃たれていく。無線で呼んでも応援は来てくれない。進退窮まったなか、選んだのは撃たれた仲間を助けに危険をかえりみず飛び出すこと。彼らが息を引き取れば「しかえししようぜ」と一致団結。戦友との固い絆こそ、最後に残った人間性の証。と、危うく共感しそうになり戸惑った。仲間を身を挺して救おうとする人間が、敵なら女子どもでも容赦なく殺せるのだ。

 これはキューブリックの罠なのか。同じ鬼軍曹の地獄の訓練を受けてほんものの地獄へ送り込まれた若者たちの、毀れてしまった心と、それでも「生きているほうがまし」と日々をうめくように生きる、その痛みをすくい上げる。糞のような戦争と、さんざん言わせておきながら大切な仲間を殺されれば奮い立つさまに、ヒロイズムを匂わせる。正直なところ、わからない。でもおそらく、ベトナム戦争はキューブリックにとっても、ブラックな風刺で押し通すには重すぎるものであったと思われるのだが。

 兵士たちが訓練中歌う歌が痛ましい。
「もし戦場で倒れたら 棺に入って帰還する ママに告げてよ見事な散り様」「見事な散り様」とはI´ve done my bestだそうだ。
 もう、誰も戦争で散らせるなと、それだけは痛切に思った。

 

人間性を問う

投稿日

2009/03/26

レビュアー

wahou

訓練時代のおデブさんが狂っちゃうシーンが

投稿日

2009/02/25

レビュアー

BURRN

パパの精子がシーツに残り、ママの割れ目に残ったカスだ 、、、最高

投稿日

2009/02/23

レビュアー

魔る太郎

直球を投げられたような映画

投稿日

2008/07/11

レビュアー

マリコ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

この映画は男女で意見が分かれるだろう。

女の私にとっては、ただただ、「何をしているんだ、アメリカは。」という怒りしか残らない。
ヘリコプターから民間人を撃ち殺す兵士がアメリカの暗部を象徴しているかに見える。

胸にピースマークのバッジをつけながら銃を撃つジョーカーに至っては、「平和の為に戦争をしてやっている」と信じているアメリカの象徴のようだ。ジャングルでなく、市街地で撃ち合いをするのも怖い。もし、あれが日本である可能性も無きにしもあらず。それを想像すると怖い。ベトナムは本当に哀れな国だ。

日本では、万博など平和ゴッコをしている最中だったというのに。国違えば地獄だな。

ただ殺せという命令のだけで人を殺す、アメリカはベトナム戦争で痛い目にあったというのに、あれから何度戦争をしているんだ?若者を何人殺しているんだ?民間人を何人殺しているんだ?

敵が見えないのでベトナム戦争のように見えず、映画は殺戮をするアメリカの狂う様を描いている。抽象的に言えばどこでも良い、戦争ってこんなものさ、とキューブリックが言っている。

非常に分かりやすい反戦映画である。

もう、ミッキーマウスマーチは歌えない。

31〜 35件 / 全134件

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

ご利用の流れ

ご利用の流れ

@ 会員登録

申し込みフォームへ記入

申し込みフォームへ記入したら登録完了!

A 作品をレンタル

作品をレンタル

借りたい作品をリストアップするだけ!
発送可能な商品を自宅にお届けします。

B ポストに返却

ポストに返却

商品をポストに投函すればOK!

よくあるご質問

よくあるご質問

もちろん無料お試し期間中に退会することも可能です。 また、その場合は料金は一切かかりません。

無料お試し中も、都度レンタルは、有料でご利用いただくことができます。
また、無料お試し中に解約され、何らかの理由でレンタル商品を期日までにご返却いただけなかった場合に、追加料金が発生する場合がございます。

定額プランは1つの封筒に2枚入り、お届けいたします。
届いた往復封筒でポストへご投函いただき、当社配送センターにてご返却を確認できましたら次の封筒を発送致します。繰り返しでご登録のプラン枚数までご利用いただけます。

各プランはこちら

各プランはこちら

  • 宅配レンタル 定額8プラン
    月額2,052円税込
    • 「新作・準新作」が定額で月8枚レンタルできる!※1借り放題付き※2
    新規登録する
  • 宅配レンタル 定額4プラン
    月額1,026円税込
    • DVD/CDが定額で月4枚レンタルできる!※1
    新規登録する
  • 都度課金 プラン
    無料会員 月額0円税込 ※都度レンタル時の費用は発生します
    • 月額無料で単品レンタルを楽しみたい方におすすめ!
    新規登録する

※1 無料お試し期間中の「新作」レンタルは対象外です。

※2 借り放題はDVD「旧作」、CD「新作・準新作・旧作」が対象です。

フルメタル・ジャケット