コラテラル・ダメージ

コラテラル・ダメージの画像・ジャケット写真

コラテラル・ダメージ / アーノルド・シュワルツェネッガー

全体の平均評価点:(5点満点)

35

全体の平均評価点:

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

見放題

ジャンル :

「コラテラル・ダメージ」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

見放題

解説・ストーリー

ロサンゼルス消防庁の消防隊長を務めるゴーディーは、ダウンタウンの高層ビルの1階にあるカフェで妻と幼い息子を待たせていた。時間に遅れたゴーディーが駆け付けたとき、突然爆発が起き、彼の目の前で最愛の妻と子どもが死んでしまう。ゴーディーは爆発直前に犯人を目撃、その情報を当局に知らせる。だが、やがてゴーディーは政府に犯人を捕らえる意志がないことを知る。そこには、国家の目的のために多少の犠牲はやむを得ないという“コラテラル・ダメージ”の考えが働いていた。国家に裏切られたゴーディーは、ついに自らの手で犯人への裁きを下す決意をする。 JAN:4988135610416

「コラテラル・ダメージ」 の作品情報

作品情報

製作年: 2001年
原題: COLLATERAL DAMAGE

「コラテラル・ダメージ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

シカゴ P.D. シーズン5

ディフェンドー 闇の仕事人

ニューオーリンズ・トライアル<スタンダード・エディション>

スポーン ディレクターズカット

ユーザーレビュー:35件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

31〜 35件 / 全35件

ジャンルはテロ映画、中身はシュワちゃんもの

投稿日:2006/09/21 レビュアー:レビュアー名未設定

9.11の後に作られたのではなくて、9.11にタイミングが合ってしまったテロ映画。製作会社の中にはそのタイミングのよさに微笑んだものもいたのではないだろうか。

しかし、中身はいつものシュワルツェネッガーの映画。普通の消防士なのに、テロリストを追ってコロンビアへ単身渡るし、銃を乱射されても決して弾は当たらないし、ひとりだけ真犯人の正体に気づくし。彼の映画でたった一つ物足りない、けれど彼しかできないのは、シュワルツェネッガーを敵に回したことの不幸だろう。どんな敵がやってきても、彼がどんな役柄でも常に敵が不利。シュワちゃんが圧倒的に強い。でも、やっぱりそんなシュワちゃんが見たいんですよね。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

まぁまぁ

投稿日:2006/06/22 レビュアー:JPDD

ストリーがちと強引すぎる感じで、映像自体もそこそこ。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

やっぱり

投稿日:2003/09/25 レビュアー:はるか

シュワちゃんでした。確かにあのテロ事件のあとでは延期になっても仕方ないかな・・・首謀者は意外な人だったのがびっくり。でも、消防士があそこまでするっていう展開には無理があるのでは?

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

中途半端でした

投稿日:2003/07/25 レビュアー:urataka6

いくらアメリカ映画でもありえないシーン設定で期待を大きく外していました。最近のしゅわちゃん作品は元気がないですね。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

期待してただけに・・・

投稿日:2003/07/18 レビュアー:レビュアー名未設定

ストーリーはおもしろかったけど、やっぱりシュワちゃんの映画にはバリバリのアクショーンシーンがないと・・・・ でも、ストーリーのほうは、二転三転するところがあっておもしろかった。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

31〜 35件 / 全35件

コラテラル・ダメージ

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:35件

ジャンルはテロ映画、中身はシュワちゃんもの

投稿日

2006/09/21

レビュアー

レビュアー名未設定

9.11の後に作られたのではなくて、9.11にタイミングが合ってしまったテロ映画。製作会社の中にはそのタイミングのよさに微笑んだものもいたのではないだろうか。

しかし、中身はいつものシュワルツェネッガーの映画。普通の消防士なのに、テロリストを追ってコロンビアへ単身渡るし、銃を乱射されても決して弾は当たらないし、ひとりだけ真犯人の正体に気づくし。彼の映画でたった一つ物足りない、けれど彼しかできないのは、シュワルツェネッガーを敵に回したことの不幸だろう。どんな敵がやってきても、彼がどんな役柄でも常に敵が不利。シュワちゃんが圧倒的に強い。でも、やっぱりそんなシュワちゃんが見たいんですよね。

まぁまぁ

投稿日

2006/06/22

レビュアー

JPDD

ストリーがちと強引すぎる感じで、映像自体もそこそこ。

やっぱり

投稿日

2003/09/25

レビュアー

はるか

シュワちゃんでした。確かにあのテロ事件のあとでは延期になっても仕方ないかな・・・首謀者は意外な人だったのがびっくり。でも、消防士があそこまでするっていう展開には無理があるのでは?

中途半端でした

投稿日

2003/07/25

レビュアー

urataka6

いくらアメリカ映画でもありえないシーン設定で期待を大きく外していました。最近のしゅわちゃん作品は元気がないですね。

期待してただけに・・・

投稿日

2003/07/18

レビュアー

レビュアー名未設定

ストーリーはおもしろかったけど、やっぱりシュワちゃんの映画にはバリバリのアクショーンシーンがないと・・・・ でも、ストーリーのほうは、二転三転するところがあっておもしろかった。

31〜 35件 / 全35件