ベートーベン・ウィルス 愛と情熱のシンフォニー

ベートーベン・ウィルス 愛と情熱のシンフォニーの画像・ジャケット写真
ベートーベン・ウィルス 愛と情熱のシンフォニー / キム・ミョンミン
全体の平均評価点:
(5点満点)

47

  • DVD
ジャンル:

「ベートーベン・ウィルス 愛と情熱のシンフォニー」 の解説・あらすじ・ストーリー

落ちこぼれオーケストラの奮闘を、涙と笑い、愛と感動を交えて描いた韓国TVシリーズ第9巻。ソクラン市交響楽団の顧問になったカン・マエ。ところが、現れた後任の指揮者は実力のないど素人で、団員たちは反旗を翻す。第17話と最終第18話を収録。

「ベートーベン・ウィルス 愛と情熱のシンフォニー」 の作品情報

製作年: 2008年
製作国: 韓国
原題: BEETHOVEN VIRUS

「ベートーベン・ウィルス 愛と情熱のシンフォニー」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ベートーベン・ウィルス 愛と情熱のシンフォニーのシリーズ商品


1〜 9件 / 全9件

ベートーベン・ウィルス 愛と情熱のシンフォニーVol.1

  • 旧作

落ちこぼれオーケストラ楽団の奮闘を、涙と笑い、愛と感動を交えて描いた韓国TVシリーズ第1巻。プロジェクトオーケストラの運営を任されることになった公務員のルミ。ところが、公演プロデューサーの横領が発覚し…。第1話と第2話を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
120分 日本語・日本語吹替え用字幕 1:ドルビーデジタル/ステレオ/韓国語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
ASBX4406 2009年08月05日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
23枚 0人 0人

ベートーベン・ウィルス 愛と情熱のシンフォニーVol.2

  • 旧作

落ちこぼれオーケストラ楽団の奮闘を、涙と笑い、愛と感動を交えて描いた韓国TVシリーズ第2巻。オーケストラ・キラーの悪名高いカン・マエに卑下されたヒヨンは立ち去り、他の団員たちも次第に不満を募らせていく。第3話と第4話を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
120分 日本語・日本語吹替え用字幕 1:ドルビーデジタル/ステレオ/韓国語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
ASBX4407 2009年08月05日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
25枚 0人 0人

ベートーベン・ウィルス 愛と情熱のシンフォニーVol.3

  • 旧作

落ちこぼれオーケストラ楽団の奮闘を、涙と笑い、愛と感動を交えて描いた韓国TVシリーズ第3巻。復職のために楽団を抜けたゴヌ。公演当日、交通整理をしているゴヌの前にカン・マエが現れるが、ゴヌは動こうとしない。第5話と第6話を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
120分 日本語・日本語吹替え用字幕 1:ドルビーデジタル/ステレオ/韓国語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
ASBX4408 2009年08月05日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
18枚 0人 0人

ベートーベン・ウィルス 愛と情熱のシンフォニーVol.4

  • 旧作

落ちこぼれオーケストラの奮闘を、涙と笑い、愛と感動を交えて描いた韓国TVシリーズ第4巻。ミョンファンに弟子入り志願したゴヌ。彼の才能に驚いたミョンファンはカン・マエを訪ね、どちらの弟子にするか決めようと提案する。第7話と第8話を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
130分 日本語・日本語吹替え用字幕 1:ドルビーデジタル/ステレオ/韓国語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
ASBX4409 2009年09月02日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
23枚 0人 0人

ベートーベン・ウィルス 愛と情熱のシンフォニーVol.5

  • 旧作

落ちこぼれオーケストラの奮闘を、涙と笑い、愛と感動を交えて描いた韓国TVシリーズ第5巻。カン・マエの毒舌にたじたじの団員たちが合唱団を辞めると言い出す。これを収拾するため、カン・マエはゴヌに指揮をするように言う。第9話と第10話を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
130分 日本語・日本語吹替え用字幕 1:ドルビーデジタル/ステレオ/韓国語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
ASBX4410 2009年09月02日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
22枚 1人 0人

ベートーベン・ウィルス 愛と情熱のシンフォニーVol.6

  • 旧作

落ちこぼれオーケストラの奮闘を、涙と笑い、愛と感動を交えて描いた韓国TVシリーズ第6巻。カン・マエへの気持ちをゴヌに知られたルミは、自分が一方的に好きなだけだと言う。一方、市長は詐欺の責任をルミに取らせようとする。第11話と第12話を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
130分 日本語・日本語吹替え用字幕 1:ドルビーデジタル/ステレオ/韓国語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
ASBX4411 2009年09月02日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
21枚 1人 1人

ベートーベン・ウィルス 愛と情熱のシンフォニーVol.7

  • 旧作

落ちこぼれオーケストラの奮闘を、涙と笑い、愛と感動を交えて描いた韓国TVシリーズ第7巻。交響楽フェスティバルに出演するゴヌに、カン・マエは自分の指揮棒を贈る。一方、ルミは聴力のことをカン・マエに話そうとするが…。第13話と第14話を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
130分 日 吹 1:ドルビーデジタル/ステレオ/韓国語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
ASBX4412 2009年10月07日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
21枚 0人 1人

ベートーベン・ウィルス 愛と情熱のシンフォニーVol.8

  • 旧作

落ちこぼれオーケストラの奮闘を、涙と笑い、愛と感動を交えて描いた韓国TVシリーズ第8巻。市長が変わり、新しい市長から就任式の演奏を依頼されたカン・マエは「交響楽団を私物化するな」と断固拒絶するのだが…。第15話と第16話を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
130分 日 吹 1:ドルビーデジタル/ステレオ/韓国語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
ASBX4413 2009年10月07日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
22枚 1人 0人

ベートーベン・ウィルス 愛と情熱のシンフォニーVol.9

  • 旧作

落ちこぼれオーケストラの奮闘を、涙と笑い、愛と感動を交えて描いた韓国TVシリーズ第9巻。ソクラン市交響楽団の顧問になったカン・マエ。ところが、現れた後任の指揮者は実力のないど素人で、団員たちは反旗を翻す。第17話と最終第18話を収録。

収録時間: 字幕: 音声:
130分 日 吹 1:ドルビーデジタル/ステレオ/韓国語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
ASBX4414 2009年10月07日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
22枚 1人 1人

1〜 9件 / 全9件

関連作品

ユーザーレビュー:47件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

31〜 35件 / 全47件

最終巻を残して・・・ネタバレ

投稿日:2009/11/10 レビュアー:トビー

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

  少し盛り上がりに欠ける???今まですごく面白く見ていたのですが、ここにきてカン・マエは良いところ少しもなしですね〜。新市長の就任式では「やったった」って感じでしたけど、結局自分もクビ、団員の給料も保証されないのなら、傷だらけどころか、瀕死ですよ・・・。

  あと、二話に期待しよう!

  さてさて、ドラマ自体のレビューはvol.9に残しておくとして、突っ込みたいところを少々取り上げてみたいのです。

  カン・マエの眉はいつからあの眉に???気が付いたらベートーベンのようなつり上がった眉(かなり不自然)に。最初からそうだったかな〜と某無料動画サイトでネタばれしないよう注意してみると、やっぱり初めの方は自然な眉でした。なんで、あんなになっちゃったんだろう・・・。

  あと、ゴヌ。いくら超越した絶対音感を持つからと言ってそれが天才的となるのが不思議。「のだめ」でしかクラッシックのことは知らないけれど、クラッシックを学び始めて半年でうんぬんというのはさすがに無理があるよね〜。(まあ、それがなければドラマ自体成り立たないので仕方ないですが・・・)オクレール?先生の「作曲者にも言いたいことはあったはず・・・」と言う言葉をゴヌに聞かせてやりたい。やっぱ基本あっての応用ですよ。

  千秋も言っていたように音楽って努力だけ、才能だけではどうしようもない世界。ゴヌのオケでプロとしてやっていくのってかなり非現実的ですね。

  ベビとののだめの決定的な違いはそこです。ベビはシビアに描いているようで実は音楽に対して甘いし、のだめは軽く書いているようで現実的・・・

  どちらがエンターティメントとして面白いか???私はどちらとも好きです(苦笑)

  でも、最後にもう一盛り上がり、お願いしますよん。

  もっとカン・マエとルミに絡んで欲しいんですか、離れちゃいましたね・・・。

  

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ソリストを務めるヒヨンのLIBERTANGOに鳥肌、感動♪ネタバレ

投稿日:2009/09/06 レビュアー:snowstar

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

夢を諦めていた人達が憧れの舞台に立つときが。。。
それはカン・マエの猛特訓のもとまるでドラマだと忘れてしまうほどオーケストラのシーンは見ごたえたっぷり〜

切羽詰ったカン・マエが家庭に縛られていた主婦ヒヨン(ソン・オクスク)をゴヌ(チャン・グンソク)の代役として彼女を選びメインを任せられた舞台で見事に演奏してしまう所は感動でいっぱいだった
家族の顔ばかりうかがって自分の事はいつも諦めてきたばかりの人生
そんな彼女が一大決心して参加したの
居なくても家族にも気付かれない彼女の可哀想な存在
そしてその時、やっと自分の存在価値を得る事ができた〜
やったね〜
その曲も好きな曲で聴いておぉ〜と叫び彼女の頑張りに涙し鳥肌たちました
ピアソラのLIBERTANGOです
YO−YO−MAの演奏で有名な曲です

さぁて。。。学生時代からトップを争うミョンファンとカン・マエはライバルだけどへらへら笑うミョンファン(キム・ヨンマン)はカン・マエ(キム・ミョンミン)ほどそれを意識していない
まるで『アマデウス』の天才モーツァルトと彼を天才だと気付き、嫉妬に狂うサリエリみたい

トゥ・ルミ(イ・ジア)も電話でカン・マエに啖呵をきってましたね〜
ドラマ中でもカン・マエがこの映画を観ている所があって彼らの関係と映画が重なる部分もあり挿入曲も数多くのモーツァルトの曲の中、映画でも使われている同じ曲がここにも使われていました

ミョンファンはこれからも出演するかこの先わからないけど『アマデウス』とのリンクは映画を知る私にとってククっと笑えるシーンでした
カン・マエ発する数々の団員を人とも思わない扱いの暴言は超毒舌で、ここには書けない言葉ばっかり。。。
その迫力に圧倒されてしまいますが
ちら、ちらっと見せる優しさもあるのに
もうちょっとお口チャックできないもんかしら

社交的ではない彼の一番苦手とする所の人との温かい交流が見れるのは一体いつの日か。。。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

カン・マエがかっこいい〜

投稿日:2009/08/04 レビュアー:ぽぽ

冷たく自分勝手なカン・マエが だんだんかっこよく見えてくるのはなぜでしょう?  特に指揮してるときのかっこよさに完全にノックアウトされました。  名曲に耳を奪われ 優雅な指揮にしびれました。 

やさしいゴヌもいい演技です。 ファン・ジニのときの若様より グンと大人になったチャン・グンソクです。

全体に音楽が素晴らしい(クラシックの名曲ばかりなので当たり前ですが)のと 登場人物一人一人が個性的で それぞれのかかわりあいが うまく描かれていて見ごたえがあります。

難を言えば ラストがもう少し先まで欲しかったかな。
カン・マエがドイツに去ってしまい 耳の聞こえなくなったルミはどうなるの?  やさしいゴヌの将来は?  
ここで人間性の成長を遂げることができたカン・マエはオーケストラ・キラーの汚名を返上して 名実ともに世界の指揮者になれたんでしょうか?  そしてルミを迎えに??

いやあ それは蛇足かもしれないですね  充分に余韻と満足を感じるラストでもありましたから。  ぜひどうぞ   

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ヒロインの存在が、邪魔ネタバレ

投稿日:2013/10/21 レビュアー:BEEFジャーキー

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

*****全18話みての感想*****
主人公が3人いた感じだったので、見づらかった…。

誰か一人をメインで、描いて欲しかった。

私的には、カンマエかゴヌ…、どっちかで…。
もう一人の主役、女性の存在は、いらんかったかも。
彼女が加わる事で、恋愛や病気やら絡んできて…
ビミョーな雰囲気に……

音楽一本で見たかったな〜。

カンマエとゴヌ…
二人の師弟関係がメインってので、見てみたかったな〜。

面白いキャラ、面白い設定だったのに……
すごく、残念。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

タイトルで得した?!

投稿日:2013/01/07 レビュアー:hellosky

キム・ミョンミン氏の不良家族(04)がなかなか面白かったので、以前ケーブルテレビでこの作品が放送されている時に観ました。が、不良家族の方が好きでした。タイトルの"ベートーベン”で作品的に得したな〜という感が個人的には否めません。チャン・グンソク君はここまでは良かったのに最近どうなっちゃたんでしょう...ということでメリは外泊中(10)未だに観る気がしないでいます。ムン・グニョンさんは好きなのですが。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

31〜 35件 / 全47件

ベートーベン・ウィルス 愛と情熱のシンフォニー

月額課金で借りる

都度課金で借りる