インクレディブル・ハルク

インクレディブル・ハルクの画像・ジャケット写真
インクレディブル・ハルク / エドワード・ノートン
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

126

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 見放題
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「インクレディブル・ハルク」 の解説・あらすじ・ストーリー

米マーベル・コミックから生まれた人気キャラクターを、演技派エドワード・ノートンを主演に迎え装いも新たに再映画化したヒーロー・アクション。怒りの感情によって緑色の巨人“ハルク”に変身してしまう主人公ブルース・バナーが、葛藤を乗り越え自らの運命に立ち向かう姿を、迫力のアクション・シーン満載で描き出す。監督は「トランスポーター」シリーズのルイ・レテリエ。実験中の事故で緑色の巨人“ハルク”に変身する体質となってしまった科学者ブルース。以来、軍の追跡を逃れ、また愛する恋人ベティとも別れてブラジルで隠遁生活を送っていた。だが、ある出来事がきっかけで、ついに彼の居場所が軍に知れてしまい…。

「インクレディブル・ハルク」 の作品情報

製作年: 2008年
製作国: アメリカ
原題: THE INCREDIBLE HULK

「インクレディブル・ハルク」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

インクレディブル・ハルクの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
112分 日 英 英:ドルビーデジタル5.1ch、日:ドルビーデジタル5.1ch
レイティング: 記番: レンタル開始日:
RDD48133 2009年02月25日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
86枚 8人 19人

【Blu-ray】インクレディブル・ハルク(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
112分 日本語・英語 1:DOLBY True HD/5.1chサラウンド/英語
2:DOLBY True HD/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
BRR48133*B 2009年02月25日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
47枚 9人 4人

関連作品

ユーザーレビュー:126件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

31〜 35件 / 全126件

なんつーか

投稿日:2009/12/19 レビュアー:Kenichi

凝った設定&作りなのはなんとなく分かるけど、それが盛り上がりに繋がってないような気がする。

何がいけないんだろう、この微妙感をなんとかしてくれ(笑)でないと、エドワード・ノートンがかわいそうだ・・・

で、あの人??

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

どうということもないが、気楽に楽しめる

投稿日:2009/12/07 レビュアー:かづしげ

 それほどおもしろいわけでもないが、エドワード・ノートンとティム・ロスはよかった。リブ・タイラー太り過ぎ(笑)
 ストーリィ自体別におもしろくもないし、キングコングと似た展開だった。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

悲哀の描き方は良かったけど・・・

投稿日:2009/11/23 レビュアー:Yohey

最近の流行なのか名の通ったそれなりの役者にヒーローをやらせようとするのが・・・ハルクは近年映画化されていたのですが、前回がしょぼかったのであれは無かったことにして今回、改めて作ったみたいです。

でもね、私思うんですが、この作品って役者のせいじゃなくて、このヒーローの存在自体がもう今の時代に合ってないんちゃうかなぁ、と思ってしまうんですねぇ。人体実験によって理性を失った怪力をもつ緑色の怪物。

ゴジラと一緒なんですよね、設定が・・・軍に追われてしまうし・・・それ以上でもないし、これ以上の話の発展ができない。ちょっとつらいよなぁ。

苦悩しながらハルクに変身しないようにする主人公の姿が前半に描かれていたのですが、そこは非常によかった、怪物になる悲しみが伝わったのですが、その後からは単なる活劇に・・・残念です。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ちょっと キングコングっぽい(笑)

投稿日:2009/06/30 レビュアー:詩乃

前作の『ハルク』を観ていないので 最初 ちょっと戸惑いながら観ていましたが ちゃんと説明されていたのでホッ。

このダークヒーロー(?)は 献身的に支えてくれる恋人 ベティがいて良かったですね〜。
でも ブルースが姿を消したあとに 付き合っていた気のいい精神科医が可哀想だけど・・・・。
自分の愛する人が モンスターに変身しても愛し続けられるのって凄いな〜。

ベティの父親将軍 アサハカすぎますね(笑)手下もまたしかり・・・。
何だか 軍人さんは 頭が弱い人みたいに思えちゃいます。
でも 将軍にウィリアム・ハート 手下にティム・ロスと 演技派のお二人だったから救われます。
アサハカな人間を演じているのが分かるから。

特に ティム・ロス演じるブロンスキーは 歳をとっても 現役の戦士でありたいと望みつつ 老いていく身体にジレンマだったのでしょうね〜。戦いたい。強くなりたい。その願望はわからなくもないですが 誰かれかまわず戦っちゃいかんでしょう。民間人を巻き込んじゃいけませんよ。いくら ハルク(ブルース)をおびき寄せてハルクと戦いたいと願っても・・・・。
将軍 人選間違えたね(汗)いや そもそも 人間兵器なんてつくっちゃダメだし!

でも モンスター化したその後のブロンスキーは どーなったのでしょうか?
ブルースに抑制剤を投与してくれたブルーもどーなったの?
ブルースの血を浴びて ニヤけてましたが・・・?

まぁ 疑問点もありつつ 続編がありそうな気配で終わってるので 次回を楽しみに待ってまーす♪
アイアンマンのロバート・ダウニー・Jrが物凄く意味深に出て来ましたねー!このくだりは 前作を観た人にはわかるのかな?


面白かったな〜♪迫力満点だし。
気弱そうな困った顔したエドワード・ノートン可愛いし。

アメコミ バカにできないぞ! 

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

愛のハルク?

投稿日:2009/06/11 レビュアー:キキョウ

ハルクというと、孤独感と悲壮感ただよう孤高のモンスターと
いうイメージがありましたが、このハルクは違っていました。

ハルクに変身した彼を優しく包み込み、愛と理解とサポートを
惜しまない恋人がいて、何も言わずにかくまってくれる知人が
いて、恋人の今カレの精神科医までとってもイイ奴で・・・(笑)

エドワード・ノートンじゃ重いかな?と思っていたのも、全くの
勘違いでした^^ 彼で良かった^^

アメコミにもダーク系ヒーローはいるけれど、やっぱり底抜けに
明るいのがアメコミじゃないかと思うので、今回のハルクは
そのイメージにピッタリだと思いました。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

31〜 35件 / 全126件

インクレディブル・ハルク