キングダム・オブ・ヘブン

キングダム・オブ・ヘブンの画像・ジャケット写真

キングダム・オブ・ヘブン / オーランド・ブルーム

全体の平均評価点:(5点満点)

182

全体の平均評価点:

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

ジャンル :

「キングダム・オブ・ヘブン」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

12世紀のフランス。妻子を失い悲しみに暮れる若き鍛冶屋の青年バリアン。そんな彼の前に、ある日騎士ゴッドフリーが現われ、バリアンが自分の実の息子であると衝撃の事実を告白する。勇敢で高潔なゴッドフリーは十字軍の騎士としてエルサレムへと赴く途上にあった。彼は、キリスト教徒とイスラム教徒が奇跡的に共存している“天国の王国”エルサレムを守るため命を捧げる覚悟だった。バリアンは、そんなゴッドフリーの説得を受け入れ、自らも十字軍に参加する。長い旅の道中でたくましい戦士へと成長していくバリアンは、ついにエルサレム王国へと辿り着くが…。

「キングダム・オブ・ヘブン」 の作品情報

作品情報

製作年: 2005年
製作国: アメリカ
原題: KINGDOM OF HEAVEN

「キングダム・オブ・ヘブン」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

セラフィム・フォールズ

カンガルー・ジャック

夜に生きる

カイロ・タイム〜異邦人〜

ユーザーレビュー:182件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

31〜 35件 / 全182件

やっぱり王を名乗る以上こうでなくちゃ・・・☆4

投稿日:2005/10/11 レビュアー:国士無双

 この映画、面白かったかと聞かれてそうだとは答え難いもののそれなりに魅力ある映画だったことは事実だったような気がしました。

 歴史上でも最初に組織された十字軍はともかくだんだんと商業的なものに変化して言ったように聞いていますが、やはりこの映画で扱われている宗教に対する考え方には共感できるものがあります。(この映画では十字軍に対する歴史的な知識が若干でもないと分かり難いと思います。また、できればサラディンについての知識もあるとベスト。)


 同じ宗教を扱った映画の「十戒(’56年版)」とは別の意味で共感できる宗教映画だったと言うのが正直な感想です。

 また、画像はあまり綺麗ではなくあまり映像美を楽しめる映画ではないことも付け加えておきます。

 それ以外に魅力的だったシーンは戦闘シーンでしょうか。その迫力は○。

 総じて、お勧めできるかどうかは疑問なもののそれなりの映画だったと言えると思います。そこで、☆4

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

投稿日:2005/10/10 レビュアー:ぴぐぽぐ

難しかった!歴史のことが良くわからなくて、どうしても入り込めなかった。十字軍の事っていまいち良くわかりません。
オーランド・ブルームもなんだかこの役には合ってないような感じ。
真面目な顔して、なーんかおかしくて笑っちゃいました。
いや、オーリーはすごく好きなんですけどもね。
この役には合ってなかった。残念です。エリザベスタウンに期待します。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

歴史が理解できなかった・・・

投稿日:2005/10/07 レビュアー:icchy1

十字軍のお話だけど、そもそも十字軍ってのが理解出来ないまま物語が進んでいき、不可解なまま終わってしまいました。。。
あの辺の歴史によっぽど詳しいとか、興味があるとかじゃないと辛いと思う。だって敵味方が良く分かんないままじゃ何億だか何十億だかかかったっていう戦闘シーンだって楽しめないよ。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

サラディンの言葉が、全てを物語っている。 ネタバレ

投稿日:2006/09/01 レビュアー:akira

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

「エルサレムの価値とは?」
バリアンに聞かれたサラディンは、
「無だ。だが、すべてだ。」
と答える。
その言葉が、その後現在まで続く宗教戦争の全てを物語っているように思う。

この映画は、宗教的背景を知らない人には理解しづらいのでは?
まして「八百万の神」信仰を根本的国民性として持っている日本人にとって、「唯一神」を崇める人々の心理なんて、想像できないのではないかと。

しかし、宗教の名の下に行われる殺戮の、何とおぞましいことか!
何故、聖地エルサレムを巡って、こんなにも人が殺し合わなければならないのか。
宗教とは、元来そういう物では無いはずなのに・・・。
イエス・キリストは「汝の隣人を愛せよ」と説いたのではなかったか。
宗教の名の陰で行われる、権力抗争や国家間戦争、民族間の争いや民種差別なんて、もう本当にウンザリ!
この映画の中のエルサレム王は、きっとそう思っていたに違いないと私は思う。

私の個人的な思想はこれぐらいにして、映画のレビューを。
ストーリーはこんなもんではないかと。
映像は、私はあまり感動しなかったな。
戦闘シーンで不可解なスローモーションがあった。
主役のオーランド・ブルーム。
今回は寡黙で、表情もあまり動きません。
それが態となのか、それともただ単にオーリが大根なのか、私には解りません。
脇が超豪華です。完全に主役を食ってます。
デヴィッド・シューリス良かった〜!
エドワード・ノートン、レビューを読むまで何の役で出てたのか分かんなかった!
リーアム・ニーソン、最近似たような役が多いね。
うん、こういう大作映画は出演陣が豪華で、それだけで嬉しくなっちゃうよ!

評価は「まあまあ」。
ある程度の宗教的、歴史的背景が解る人ならそこそこ楽しめるのでは?

最後に一言。
オーリの髭、私は似合っていないと思ったんですが。
皆さん、如何お思いですか?

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

わからない ネタバレ

投稿日:2006/04/15 レビュアー:...

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

はっきりいってちょっとむずかしいかも・・・。平和にしたいのになぜ王女との結婚をことわるのか・・・、謎ばかりで感情移入ができなかった。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

31〜 35件 / 全182件

キングダム・オブ・ヘブン

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:182件

やっぱり王を名乗る以上こうでなくちゃ・・・☆4

投稿日

2005/10/11

レビュアー

国士無双

 この映画、面白かったかと聞かれてそうだとは答え難いもののそれなりに魅力ある映画だったことは事実だったような気がしました。

 歴史上でも最初に組織された十字軍はともかくだんだんと商業的なものに変化して言ったように聞いていますが、やはりこの映画で扱われている宗教に対する考え方には共感できるものがあります。(この映画では十字軍に対する歴史的な知識が若干でもないと分かり難いと思います。また、できればサラディンについての知識もあるとベスト。)


 同じ宗教を扱った映画の「十戒(’56年版)」とは別の意味で共感できる宗教映画だったと言うのが正直な感想です。

 また、画像はあまり綺麗ではなくあまり映像美を楽しめる映画ではないことも付け加えておきます。

 それ以外に魅力的だったシーンは戦闘シーンでしょうか。その迫力は○。

 総じて、お勧めできるかどうかは疑問なもののそれなりの映画だったと言えると思います。そこで、☆4

投稿日

2005/10/10

レビュアー

ぴぐぽぐ

難しかった!歴史のことが良くわからなくて、どうしても入り込めなかった。十字軍の事っていまいち良くわかりません。
オーランド・ブルームもなんだかこの役には合ってないような感じ。
真面目な顔して、なーんかおかしくて笑っちゃいました。
いや、オーリーはすごく好きなんですけどもね。
この役には合ってなかった。残念です。エリザベスタウンに期待します。

歴史が理解できなかった・・・

投稿日

2005/10/07

レビュアー

icchy1

十字軍のお話だけど、そもそも十字軍ってのが理解出来ないまま物語が進んでいき、不可解なまま終わってしまいました。。。
あの辺の歴史によっぽど詳しいとか、興味があるとかじゃないと辛いと思う。だって敵味方が良く分かんないままじゃ何億だか何十億だかかかったっていう戦闘シーンだって楽しめないよ。

サラディンの言葉が、全てを物語っている。

投稿日

2006/09/01

レビュアー

akira

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

「エルサレムの価値とは?」
バリアンに聞かれたサラディンは、
「無だ。だが、すべてだ。」
と答える。
その言葉が、その後現在まで続く宗教戦争の全てを物語っているように思う。

この映画は、宗教的背景を知らない人には理解しづらいのでは?
まして「八百万の神」信仰を根本的国民性として持っている日本人にとって、「唯一神」を崇める人々の心理なんて、想像できないのではないかと。

しかし、宗教の名の下に行われる殺戮の、何とおぞましいことか!
何故、聖地エルサレムを巡って、こんなにも人が殺し合わなければならないのか。
宗教とは、元来そういう物では無いはずなのに・・・。
イエス・キリストは「汝の隣人を愛せよ」と説いたのではなかったか。
宗教の名の陰で行われる、権力抗争や国家間戦争、民族間の争いや民種差別なんて、もう本当にウンザリ!
この映画の中のエルサレム王は、きっとそう思っていたに違いないと私は思う。

私の個人的な思想はこれぐらいにして、映画のレビューを。
ストーリーはこんなもんではないかと。
映像は、私はあまり感動しなかったな。
戦闘シーンで不可解なスローモーションがあった。
主役のオーランド・ブルーム。
今回は寡黙で、表情もあまり動きません。
それが態となのか、それともただ単にオーリが大根なのか、私には解りません。
脇が超豪華です。完全に主役を食ってます。
デヴィッド・シューリス良かった〜!
エドワード・ノートン、レビューを読むまで何の役で出てたのか分かんなかった!
リーアム・ニーソン、最近似たような役が多いね。
うん、こういう大作映画は出演陣が豪華で、それだけで嬉しくなっちゃうよ!

評価は「まあまあ」。
ある程度の宗教的、歴史的背景が解る人ならそこそこ楽しめるのでは?

最後に一言。
オーリの髭、私は似合っていないと思ったんですが。
皆さん、如何お思いですか?

わからない

投稿日

2006/04/15

レビュアー

...

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

はっきりいってちょっとむずかしいかも・・・。平和にしたいのになぜ王女との結婚をことわるのか・・・、謎ばかりで感情移入ができなかった。

31〜 35件 / 全182件