天使の卵

天使の卵の画像・ジャケット写真

天使の卵 / 市原隼人

全体の平均評価点:(5点満点)

60

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「天使の卵」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

 村山由佳の同名ベストセラーを「非・バランス」「ごめん」の冨樫森監督が映画化した恋愛ドラマ。主演は「チェケラッチョ!!」の市原隼人と「UDON」の小西真奈美、共演に「シュガー&スパイス 風味絶佳」の沢尻エリカ。美大を目指して浪人中の一本槍歩太は一足先に大学生となった斉藤夏姫と恋人同士。しかしある日、満員電車の中で出会った年上の女性に一目惚れしてしまう。以来、その女性のことが忘れられずにいた歩太だったが、思わぬかたちで再会する。精神を病んで入院している歩太の父・直規の新たな担当医として彼女が現れたのだった…。

「天使の卵」 の作品情報

作品情報

製作年: 2006年
製作国: 日本

「天使の卵」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

関連作品

関連作品

夢二夜シェイクスピア・ドラマスペシャル第二夜ロミオとジュリエット〜すれちがい

60歳のラブレター

それいけ!アンパンマン’93シリーズセレクション

ココリコミラクルタイプ 恋のとんこつ味

ユーザーレビュー:60件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

31〜 35件 / 全60件

別に。

投稿日:2008/02/05 レビュアー:happymuseum

見事な駄作。
最悪な邦画の一例。
市原の演技もどこか冴えず。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

★★

投稿日:2008/01/08 レビュアー:bawbaw

人物描写があまく、ストーリーもかなり端折った感があり、はっきり言ってつまらない。原作は読んでいないが、映画にするような題材か?

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

天使

投稿日:2007/11/27 レビュアー:olive

ストーリーが緩やかに流れていて、ほんわかとした感じだった。でも、物足りなさがあった。もう少し展開があってもと思った。回想しているかんじで前後のつながりがもう少しあったらと思う。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

抱いて暖めたのは「偽の卵」だったのか!?

投稿日:2007/11/12 レビュアー:makochan

市原隼人くんの目が可愛くて デッサンしているときの あの眼差しに 朴とつとした純粋な「少年の目」を垣間見ました
セリフが少ないのはいいとして 前後の空気が繋がっていない風に感じて しらけてしまう場面が多々ありました
でも それは 隼人くんのせいではないと思います
それは 脚本なのか 演出なのか 編集なのか … わかりませんが
それに ふたりがお互いの気持ちを確かめ合うあたりのラブシーン もう少し どうにかならなかったのでしょうか
原作をそのまま語っている感じが 「切ない気持ち」を細切れにしてしまったような とても残念な印象が残ってしまいました
もっと 気持ちを揺さぶってほしかったな〜
核となる「ことば」がたくさんありすぎて 言いたいことがたくさんありすぎて セリフに流されてしまったのかな〜  
 

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

いささか安易な脚本 ネタバレ

投稿日:2007/11/03 レビュアー:なおぷー

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

美人姉妹の妹とつき合っていた男が姉の方に乗り換えて、修羅場。どうなることかと楽しみにしていたら、姉の方があっけなく死んで丸く収まってしまう。いくらなんでも安易な脚本で、説得力に欠ける。また、妹への裏切りに苦悩する姉に対して、男の方は「幸せになることだけ、考えよう」などと能天気なことを言っている。もう少し人物を掘り下げて描いた方がよいのではないかと心配になる。こんな調子だから日本映画はつまらない。
この映画でよかったのは、小西真奈美さんだけである。憂いを含んだ透明な表情は、まさしく天使のようである。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

31〜 35件 / 全60件

天使の卵

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:60件

別に。

投稿日

2008/02/05

レビュアー

happymuseum

見事な駄作。
最悪な邦画の一例。
市原の演技もどこか冴えず。

★★

投稿日

2008/01/08

レビュアー

bawbaw

人物描写があまく、ストーリーもかなり端折った感があり、はっきり言ってつまらない。原作は読んでいないが、映画にするような題材か?

天使

投稿日

2007/11/27

レビュアー

olive

ストーリーが緩やかに流れていて、ほんわかとした感じだった。でも、物足りなさがあった。もう少し展開があってもと思った。回想しているかんじで前後のつながりがもう少しあったらと思う。

抱いて暖めたのは「偽の卵」だったのか!?

投稿日

2007/11/12

レビュアー

makochan

市原隼人くんの目が可愛くて デッサンしているときの あの眼差しに 朴とつとした純粋な「少年の目」を垣間見ました
セリフが少ないのはいいとして 前後の空気が繋がっていない風に感じて しらけてしまう場面が多々ありました
でも それは 隼人くんのせいではないと思います
それは 脚本なのか 演出なのか 編集なのか … わかりませんが
それに ふたりがお互いの気持ちを確かめ合うあたりのラブシーン もう少し どうにかならなかったのでしょうか
原作をそのまま語っている感じが 「切ない気持ち」を細切れにしてしまったような とても残念な印象が残ってしまいました
もっと 気持ちを揺さぶってほしかったな〜
核となる「ことば」がたくさんありすぎて 言いたいことがたくさんありすぎて セリフに流されてしまったのかな〜  
 

いささか安易な脚本

投稿日

2007/11/03

レビュアー

なおぷー

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

美人姉妹の妹とつき合っていた男が姉の方に乗り換えて、修羅場。どうなることかと楽しみにしていたら、姉の方があっけなく死んで丸く収まってしまう。いくらなんでも安易な脚本で、説得力に欠ける。また、妹への裏切りに苦悩する姉に対して、男の方は「幸せになることだけ、考えよう」などと能天気なことを言っている。もう少し人物を掘り下げて描いた方がよいのではないかと心配になる。こんな調子だから日本映画はつまらない。
この映画でよかったのは、小西真奈美さんだけである。憂いを含んだ透明な表情は、まさしく天使のようである。

31〜 35件 / 全60件