デイジーの画像・ジャケット写真

デイジー / チョン・ジヒョン

全体の平均評価点: (5点満点)

149

デイジー /アンドリュー・ラウ

全体の平均評価点: 

予告編を検索

DVD

旧作

お届け率:100%

ジャンル :

新規ご登録はこちら

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

「デイジー」 の解説・あらすじ・ストーリー

解説・ストーリー

 「猟奇的な彼女」のチョン・ジヒョンと「私の頭の中の消しゴム」のチョン・ウソンの共演で贈るサスペンス・ラブストーリー。全編オランダを舞台に、一人の美しい女性と彼女を愛する刑事と暗殺者、皮肉な運命に翻弄される男女3人の愛の行方がスリリングに描かれる。監督は香港のヒットメイカー、アンドリュー・ラウ。画家の卵、ヘヨンは、デイジーの花を贈り続ける名前も顔も知らない男性を想い続けていた。そんなある日、広場で肖像画を描くヘヨンの前に客として現われジョンウ。ヘヨンは、彼こそ彼女が想い続けてきた運命の相手と確信するが…。

「デイジー」 の作品情報

作品情報

製作年:

2006年

製作国:

韓国

原題:

DAISY

「デイジー」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

洋画・邦画

35,500
タイトル以上

国内ドラマも一部含まれております

国内・海外ドラマ

5,400
タイトル以上

アニメ

9,200
タイトル以上

R-18

210,000
タイトル以上

CD

250,000
タイトル以上

※2022年2月 現在のタイトル数

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

関連作品

関連作品

10人の泥棒たち

マン・ツー・マン 〜君だけのボディーガード〜

マイ・ラブリー・ブラザーズ

青い海の伝説

暗殺

ユーザーレビュー:149件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

31〜 35件 / 全149件

ちょっと過大評価なのでは... ネタバレ

投稿日:2009/10/16 レビュアー:トルネオ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

映画自体は結構面白かったです。
でも最近とみに涙もろくなった私にとってさえ、そんな、泣けるほどのものではありませんでした。
どうして皆さんはこういうアバウトといっていい映画の設定や展開で感情移入して泣けてしまうのか不思議です。辻褄があわなくても場面ごとにそれなりにスパッと割り切って見入ってしまえるのでしょうか。
画家の彼女をとりまく男二人がインターポールの刑事と暗殺者!
まずこの設定がありえんでしょ。
また、広場で白昼堂々とドンパチというのがなんども出てくるし。
最初のドンパチで撃ち合った二人なのに、後で会って、刑事のほうが
あいつだ!と思わないのもおかしい。その割に、後日、彼女の個展の日に車内で乗り合わせて広場を出たあと、突然、刑事の方が「なぜさっき俺を撃たなかったんだ」と相手が犯人だと気づいてしまっているし。
個展の会場で、「ジョンウさんが殉職しました」と彼の上司から直接聞かされて倒れそうになる彼女。その場に偶然居合わせた暗殺者のパクイも驚く。ふたりで彼女に会いに行こう、ジョンウにいわれたばかりだから...
そう理解していたのだが、見続けていくと、ジョンウの殉職の場面にはパクイも居たことがわかる。
どういうこっちゃ。あれは驚いたフリ、と理解すべきなのか、いや、たぶん、テキトーに編集しちゃった結果なんだろうと思う。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

素性を明かす事が出来ない二人の男 ネタバレ

投稿日:2009/02/20 レビュアー:kazupon

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

切ないラブストーリーでした。
絵描きの卵のヘヨン、インターポールの刑事ジョンウ、殺し屋のパクウィ。
この三人のそれぞれの視点で語られる物語は、ある時はすれ違い、ある時は交錯して・・・
可憐なデイジーの花が、想いを伝え、三人の愛の行方を惑わします。
これは運命の悪戯なんかじゃない。
勘違いさせた男と、勘違いしてしまった女が、同時に迷路に迷い込んだだけ。
三人のそれぞれの語りが、すれ違っていく恋を映し出し、初めて三人が対峙した場面が印象に残ります。
室内で気を揉むパクウィ、去って行くジョンウ、ドアを叩き泣き続けるヘヨン。
そして、あのラスト。
真実を知った後、ヘヨンは広場に行き、どこかで自分を見ているに違いないパクウィに向かって「気づかなくてごめんなさい」と、必死に訴えます。
ヘヨンは、結局、誰を愛していたのでしょう?
ヘヨンが愛していたのは、ジョンウでもなく、パクウィでもなかったのだと思います。
本当に愛したのは、自分が作り上げてしまった虚像。
幻ゆえの純愛だったように思います。


このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

とにかく泣きたい人に

投稿日:2008/04/19 レビュアー:さつき

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

メルヘン&ハードボイルド

投稿日:2008/03/10 レビュアー:とらりん

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

何でオランダが舞台なのか・・・ ネタバレ

投稿日:2008/02/09 レビュアー:ぎら

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

「猟奇的な彼女」のチョン・ジヒョンが主演ということで期待をしながら見たのだが、なんだかあまりスッキリしないストーリーだった。

内容は、ひとことで言えば、画家の卵(ジヒョン)と、一人の刑事と一人の殺し屋による三角関係を巡るラブストーリーだ。一つの場面を各々の視点で、繰返して見せるという手法は、二人までは見たことがあったが、主役三人全員の視点で見せるというのは結構斬新で面白かった。
また、チョン・ジヒョンは「猟奇的な彼女」とは打って変わって、大人しく、思いを秘めるような女性を上手に演じており、可愛らしかった(最も私は「猟奇的・・・」のジヒョンの方が好きだが・・・)。男性陣の二人も、刑事役のチョン・ウソ、殺し屋役のイ・ソンジェも、荒っぽい世界に生きているが内面はナイーブという、かなり嘘くさい設定ながら、存在感のある演技を見せていた。
ただ、こうした演出や出演者に応えるだけのストーリーが描けていなかった。そもそもなんでオランダロケなの?という疑問が残った。舞台が韓国であれば、絵描きの卵はもちろん、インターポールの刑事が韓国人でも、殺し屋が韓国人でも納得できるが、設定をオランダにしてしまったことで、思いっきり嘘っぽくなってしまった。
だいたいインターポールって・・・思わず「銭形かよ!」って突っ込んでしまった。韓国の町で普通の刑事という設定にしておけばよかったのに・・・

また、この刑事が戦う相手についても、完全に手を抜いており、背景もキャラクターもほとんど描かれないまま、ストーリーが進んでいく。これは殺し屋についても一緒で、元々現実味の無い職業なのに、その背景をぼやかすことで、一層真実味に欠ける結果となった。だいたい、殺し屋が一箇所に住み込んで花とか育てるかよ!しかも依頼が黒いチューリップって・・・「ゴルゴ13」を読んでしっかり勉強して欲しかった。

そして、一番がっかりなのは、三人が死んでゆくシーンだ。
全く背景の見えない「敵」に頭を打ちぬかれて死んでしまった刑事もそうだし、争いに巻き込まれ流れ弾で死んでしまうチョン・ジヒョンもその死に際があまりにもあっけなく、全く可愛そうという感じにならない。最後は殺し屋が単身で組織のボスを殺しに行って、多分殺されるんだろうなあ。。。というところで終わりになるが、この終わりもちょっと手抜き感があった。う〜んイマイチ。

まあ、ラブストーリーがあまり好みでは無い私の感想はこんなもんだが、妻はそれなりにハマッて見ていたようなので、意外と面白いのかもしれないが・・・

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

31〜 35件 / 全149件

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:149件

ちょっと過大評価なのでは...

投稿日

2009/10/16

レビュアー

トルネオ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

映画自体は結構面白かったです。
でも最近とみに涙もろくなった私にとってさえ、そんな、泣けるほどのものではありませんでした。
どうして皆さんはこういうアバウトといっていい映画の設定や展開で感情移入して泣けてしまうのか不思議です。辻褄があわなくても場面ごとにそれなりにスパッと割り切って見入ってしまえるのでしょうか。
画家の彼女をとりまく男二人がインターポールの刑事と暗殺者!
まずこの設定がありえんでしょ。
また、広場で白昼堂々とドンパチというのがなんども出てくるし。
最初のドンパチで撃ち合った二人なのに、後で会って、刑事のほうが
あいつだ!と思わないのもおかしい。その割に、後日、彼女の個展の日に車内で乗り合わせて広場を出たあと、突然、刑事の方が「なぜさっき俺を撃たなかったんだ」と相手が犯人だと気づいてしまっているし。
個展の会場で、「ジョンウさんが殉職しました」と彼の上司から直接聞かされて倒れそうになる彼女。その場に偶然居合わせた暗殺者のパクイも驚く。ふたりで彼女に会いに行こう、ジョンウにいわれたばかりだから...
そう理解していたのだが、見続けていくと、ジョンウの殉職の場面にはパクイも居たことがわかる。
どういうこっちゃ。あれは驚いたフリ、と理解すべきなのか、いや、たぶん、テキトーに編集しちゃった結果なんだろうと思う。

素性を明かす事が出来ない二人の男

投稿日

2009/02/20

レビュアー

kazupon

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

切ないラブストーリーでした。
絵描きの卵のヘヨン、インターポールの刑事ジョンウ、殺し屋のパクウィ。
この三人のそれぞれの視点で語られる物語は、ある時はすれ違い、ある時は交錯して・・・
可憐なデイジーの花が、想いを伝え、三人の愛の行方を惑わします。
これは運命の悪戯なんかじゃない。
勘違いさせた男と、勘違いしてしまった女が、同時に迷路に迷い込んだだけ。
三人のそれぞれの語りが、すれ違っていく恋を映し出し、初めて三人が対峙した場面が印象に残ります。
室内で気を揉むパクウィ、去って行くジョンウ、ドアを叩き泣き続けるヘヨン。
そして、あのラスト。
真実を知った後、ヘヨンは広場に行き、どこかで自分を見ているに違いないパクウィに向かって「気づかなくてごめんなさい」と、必死に訴えます。
ヘヨンは、結局、誰を愛していたのでしょう?
ヘヨンが愛していたのは、ジョンウでもなく、パクウィでもなかったのだと思います。
本当に愛したのは、自分が作り上げてしまった虚像。
幻ゆえの純愛だったように思います。


とにかく泣きたい人に

投稿日

2008/04/19

レビュアー

さつき

メルヘン&ハードボイルド

投稿日

2008/03/10

レビュアー

とらりん

何でオランダが舞台なのか・・・

投稿日

2008/02/09

レビュアー

ぎら

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

「猟奇的な彼女」のチョン・ジヒョンが主演ということで期待をしながら見たのだが、なんだかあまりスッキリしないストーリーだった。

内容は、ひとことで言えば、画家の卵(ジヒョン)と、一人の刑事と一人の殺し屋による三角関係を巡るラブストーリーだ。一つの場面を各々の視点で、繰返して見せるという手法は、二人までは見たことがあったが、主役三人全員の視点で見せるというのは結構斬新で面白かった。
また、チョン・ジヒョンは「猟奇的な彼女」とは打って変わって、大人しく、思いを秘めるような女性を上手に演じており、可愛らしかった(最も私は「猟奇的・・・」のジヒョンの方が好きだが・・・)。男性陣の二人も、刑事役のチョン・ウソ、殺し屋役のイ・ソンジェも、荒っぽい世界に生きているが内面はナイーブという、かなり嘘くさい設定ながら、存在感のある演技を見せていた。
ただ、こうした演出や出演者に応えるだけのストーリーが描けていなかった。そもそもなんでオランダロケなの?という疑問が残った。舞台が韓国であれば、絵描きの卵はもちろん、インターポールの刑事が韓国人でも、殺し屋が韓国人でも納得できるが、設定をオランダにしてしまったことで、思いっきり嘘っぽくなってしまった。
だいたいインターポールって・・・思わず「銭形かよ!」って突っ込んでしまった。韓国の町で普通の刑事という設定にしておけばよかったのに・・・

また、この刑事が戦う相手についても、完全に手を抜いており、背景もキャラクターもほとんど描かれないまま、ストーリーが進んでいく。これは殺し屋についても一緒で、元々現実味の無い職業なのに、その背景をぼやかすことで、一層真実味に欠ける結果となった。だいたい、殺し屋が一箇所に住み込んで花とか育てるかよ!しかも依頼が黒いチューリップって・・・「ゴルゴ13」を読んでしっかり勉強して欲しかった。

そして、一番がっかりなのは、三人が死んでゆくシーンだ。
全く背景の見えない「敵」に頭を打ちぬかれて死んでしまった刑事もそうだし、争いに巻き込まれ流れ弾で死んでしまうチョン・ジヒョンもその死に際があまりにもあっけなく、全く可愛そうという感じにならない。最後は殺し屋が単身で組織のボスを殺しに行って、多分殺されるんだろうなあ。。。というところで終わりになるが、この終わりもちょっと手抜き感があった。う〜んイマイチ。

まあ、ラブストーリーがあまり好みでは無い私の感想はこんなもんだが、妻はそれなりにハマッて見ていたようなので、意外と面白いのかもしれないが・・・

31〜 35件 / 全149件

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

ご利用の流れ

ご利用の流れ

@ 会員登録

申し込みフォームへ記入

申し込みフォームへ記入したら登録完了!

A 作品をレンタル

作品をレンタル

借りたい作品をリストアップするだけ!
発送可能な商品を自宅にお届けします。

B ポストに返却

ポストに返却

商品をポストに投函すればOK!

よくあるご質問

よくあるご質問

もちろん無料お試し期間中に退会することも可能です。 また、その場合は料金は一切かかりません。

無料お試し中も、都度レンタルは、有料でご利用いただくことができます。
また、無料お試し中に解約され、何らかの理由でレンタル商品を期日までにご返却いただけなかった場合に、追加料金が発生する場合がございます。

定額プランは1つの封筒に2枚入り、お届けいたします。
届いた往復封筒でポストへご投函いただき、当社配送センターにてご返却を確認できましたら次の封筒を発送致します。繰り返しでご登録のプラン枚数までご利用いただけます。

各プランはこちら

各プランはこちら

  • 宅配レンタル 定額8プラン
    月額2,052円税込
    • 「新作・準新作」が定額で月8枚レンタルできる!※1借り放題付き※2
    新規登録する
  • 宅配レンタル 定額4プラン
    月額1,026円税込
    • DVD/CDが定額で月4枚レンタルできる!※1
    新規登録する
  • 都度課金 プラン
    無料会員 月額0円税込 ※都度レンタル時の費用は発生します
    • 月額無料で単品レンタルを楽しみたい方におすすめ!
    新規登録する

※1 無料お試し期間中の「新作」レンタルは対象外です。

※2 借り放題はDVD「旧作」、CD「新作・準新作・旧作」が対象です。

デイジー