親切なクムジャさん

親切なクムジャさんの画像・ジャケット写真
親切なクムジャさん / イ・ヨンエ
全体の平均評価点:
(5点満点)

218

  • DVD
ジャンル:

「親切なクムジャさん」 の解説・あらすじ・ストーリー

「復讐者に憐れみを」「オールド・ボーイ」に続くパク・チャヌク監督の“復讐三部作”完結編。「JSA」「宮廷女官 チャングムの誓い」のイ・ヨンエを主演に迎え、無実の罪で服役した一人の女性の壮絶な復讐の物語が描かれていく。共演は「オールド・ボーイ」のチェ・ミンシク。 天使のような美貌の持ち主クムジャは、ひょんなことからペク先生に幼い娘を人質に取られ、彼が犯した幼児誘拐殺人の罪を背負わされて投獄される。刑務所では誰に対しても優しい笑顔を絶やさず、“親切なクムジャさん”と慕われていた。しかし、彼女の目的はただ一つ、ペク先生に復讐を果たすこと。そして13年の服役の末、ようやく出所した彼女は、かつて恩を売った囚人仲間のもとを訪ね、ペク先生への復讐へ向けて周到な準備を進めていく…。

「親切なクムジャさん」 の作品情報

製作年: 2005年
製作国: 日本
原題: SYMPATHY FOR LADY VENGEANCE

「親切なクムジャさん」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

親切なクムジャさん デラックス版の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
114分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
R-15 D*GNBR7420 2006年03月24日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
10枚 1人 1人

関連作品

ユーザーレビュー:218件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

31〜 35件 / 全218件

なんじゃこりゃ!?

投稿日:2006/03/29 レビュアー:ミュウいちご

恐ろしいほど面白くない・・・
イ・ヨンエのイメージは崩れるし
最悪だ!

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

その看板に偽りなし

投稿日:2017/05/05 レビュアー:ビンス

パク・チャヌク監督の
復讐三部作のラストを飾る今作
「オールドボーイ」で頭をぶっ叩かれ
すぐさま「復讐者に憐れみを」に飛びつき
満足した次第でございましたが
こちらの最終作は
前出の二つに比べると
面白さがダウンしてしまった感は否めません。
なんだろう?
構成がまずいのかな?
所々気持ちは盛り上がるものの
リズムが悪いところもあり
つまずいちゃって「流れ」になりません。
三部作の最後だし
前2つが良かっただけに
余計そう思ってしまいました。

クムジャさんの出所後のメイクも理解に苦しむ
意味が不明
復讐実行モードってことなのか?
それにしてもクムジャさんを演じた
イ・ヨンエさんの美しさと透明感!
びっくりです。

親切なクムジャさん
クムジャは出所後に実行することのために
所内で親切に徹し
囚人から「親切なクムジャさん」と呼ばれるようになります。
その「親切」は出所後も続き
まさかの「復讐」にまで親切に手ほどき&導きを行う有様
一対一でその思いを遂げないときは
なんだよ・・・
なんなんだよ・・・・
と、ガッカリもしましたが
その後の「親切」を観ると
復讐に対してまで親切を行った彼女の行為が
正しかっただと思い知らされました。
「親切なクムジャさん」
その看板に偽りなし

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ご出産おめでとうございます。

投稿日:2011/03/04 レビュアー:サランヘ

イ・ヨンエssi,まずはご出産おめでとうございます。ご懐妊のニュースは知っていたのですが40歳での高齢出産を心配していました。そして本年2月20日,自然分娩で男女の双生児を無事出産されたとのこと,喜びもひとしおだと思います。
さて,映画についてですが,内容等については既に語り尽くされていると思いますので,こちらの方では視点を変えて二点ほど書かせていただきます。
チャングムの放送が2003年9月,クムジャさんの公開が2005年,イ・ヨンエssiは1971年1月31日生まれですから,ちょっぴりお肌の曲がり角なのか,役柄上のメイクなのか,お肌にお疲れが感じられました。これも演出の一つだというのならある意味凄いと思います。
もう一つは,カメオ出演についてです。
三部作の最後の作品ということで,何とか前作と関連付けようとしたのが,全二作の出演者のカメオ出演なのですが,ほとんど意味がなかったように思います。
ソン・ガンホssiとシン・ハギュンssiが,クムジャとジェニーを拉致しようとした二人組を,カン・ヘジョンssiが,クムジャ逮捕時のニュースキャスターを,ユン・ジンソssiが,囚人役を,ユ・ジテssiが,成長したウォンモ君をそれぞれ演じています。
そして,肝心なのはペ・ドゥナssiの出演についてです。当初は出演の予定だったのすがが,急なドラマの仕事入ったとのことで出演できず,ユ・ジンソssiが代演したそうです。「あッ!親切なクムジャさん」という台詞がある囚人役です。
その後,再度ペ・ドゥナssiに出演してもらう為に,養子縁組斡旋センターをクムジャが訪ねるシーンで,「そういうことはお答えできません」と答える役を設定しましたが,それにも参加できなかったそうです。
一度ならず二度までもとなると,これはもう出演したくなかったと考えられますね。だって,「復讐者に憐れみを」では,あんなに大胆に脱いでしまったわけですから,三部作がらみでは出たくないというのが本音のところではないでしょうか。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

こりゃもう哲学の世界ですな〜

投稿日:2009/05/21 レビュアー:サランヘ

何を今頃とお思いでしょうが,購入した作品って見るのが後回しになりますね。本作も連休に初めてパッケージを開けたくらいですから,思えばずいぶん長い間ラックの肥やしになっていたものです。

そんなことはさておいて,本作は,パク・チャヌク監督が“復讐三部作”(復讐者に憐れみを,オールドボーイ)の仕上げを意識して,前作との関連を求めたのか,前2作のメンバーが“チョイ出”しているではありませんか。
「復讐者に憐れみを」のソン・ガンホssiとシン・ハギュンssiが,クムジャとジェニーを拉致しようとした二人組として,「オールド・ボー」からは,カン・ヘジョンssiがクムジャ逮捕時のニュースキャスター役,ユン・ジンソssiが囚人役,ユ・ジテssiが成長したウォンモ君を演じています。
ペ・ドゥナssiにも出演の話は二回あったみたいですが,何故か彼女は二度とも多忙を理由に断ったみたいです。そりゃあ「復讐者…」では,女優魂を発揮して大胆に脱いでしまったわけですから,彼女にしてみれば,このしがらみは断ち切りたいと思っているのでしょうね。

さて,作品の内容についてはすでに多くの方がお書きになっておられますので,1点だけ感じた事を書きたいと思います。
トンカチといい,豆腐やケーキといい,小道具が効いているのがパク・チャヌク監督作品の特徴でもありますね。
本作では,最初に豆腐を振り払い,最後にケーキを貪り食っていますが,この現象を見比べたとき,深いな〜と感じました。
白い豆腐はそれを食って身も心も潔いになろうという意味で,刑務所から出所するシーンでよく使われる小道具なのですが,ここでクムジャは,他人から差し出されたもので“許される”ものではないという感じで振り払っています。しかし,最後には自ら作った白いケーキを貪り食っています。これは彼女の深層心理の中に“許されたい”心が隠されているのだと感じました。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

親切なクムジャさん

投稿日:2008/05/15 レビュアー:マミー

イ・ヨンエの演技力がすばらしい。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

31〜 35件 / 全218件

親切なクムジャさん

月額課金で借りる

都度課金で借りる