ワンダフルライフ

ワンダフルライフの画像・ジャケット写真
ワンダフルライフ / 井浦新
全体の平均評価点:
(5点満点)

78

  • DVD
ジャンル:

「ワンダフルライフ」 の解説・あらすじ・ストーリー

死んだ人が天国へ辿り着くまでの7日間に最も大切な思い出をひとつだけ選ぶ、という設定を通して人生の意味について見つめ直した物語。監督は「幻の光」の是枝裕和。天国の入り口にやって来た22人の老若男女。彼らはこれから7日間の間に大切な思い出をひとつだけ選ばなければならない。人はその思い出だけを持って天国に向かう。思い出は職員の手により撮影され、最終日に上映会が開かれることになっていた。さっそく職員たちは死者たちから思い出を聞き出し、撮影のための準備を進めるが…。

「ワンダフルライフ」 の作品情報

製作年: 1999年
製作国: 日本

「ワンダフルライフ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ワンダフルライフの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
138分 日本語・英語 1:ドルビーデジタル/モノラル/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
BCDR0049 2003年04月28日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
36枚 2人 1人

関連作品

ユーザーレビュー:78件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

31〜 35件 / 全78件

ダメでした

投稿日:2009/05/11 レビュアー:rig

監督の独りよがりな実験的な作品にしかなってませんでした。
無理にドリュメンタリー風にしなくても良かったのに。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

人生の一瞬

投稿日:2008/08/20 レビュアー:ポチッとな

最初、人生で一番幸せだった瞬間を選ぶのかと思ったら、一番印象に残っている瞬間なんだ。まあ、結局幸せな瞬間なのかな。
やっぱり私も観ながらつい、自分なら今までの人生のあの時って思い出してて、「あ、今の台詞聞いてなかった」って巻き戻したり。^_^;

死者役の人達が本当その辺にいるような平凡な人達で、どんな平凡な人にもそんな一瞬はあるわけで。
じんわり良い映画だったけど、18歳の助手の女の子のアレコレはちょっと邪魔っけに感じた。

イントロダクションでは「天国」と書いてあるけど、映画では「あちら」と言っていた。人によって思いは違うだろうから「あちら」の方が良いと思う。成仏とかいう言葉も使っていないし、特定の宗教ととられたくなかったんじゃないかな。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

自分だったら何の思い出を選ぶだろう・・・

投稿日:2008/04/05 レビュアー:nobi

おそらく、この映画を観たあとに誰しもが自分の記憶をたどることでしょう。
「自分だったら・・・」と。
あと、このお話に登場する「伊勢谷くん」の考えも有りかな。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

彼らを見ていると自分なら何を選ぶかを考えてしまうね。ネタバレ

投稿日:2008/01/17 レビュアー:snow

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

こんな映画もあるんですね。素人さんも大物俳優も同じように一人の人間?として扱われています。誰が俳優か分からないほど淡々と味がある語り口で、皆、最高の思い出を語っています。死の前では、皆、最高の役者になれるのではないかと感じました。
この作品を鑑賞する間に同時進行でふと自分や家族のことを考えてしまったのも不思議でした。 監督の一人一人に率直に向き合おうという姿勢が出演者全員に浸透して「飾らずに、淡々と自分に向き合え」と語りかけてくる感じがしました。
人は死ぬ直前になると印象に残った場面が走馬燈のように思い出されるという話がありますが、本当はどうなのでしょうか?印象に残るシーンは考えられているほど派手なシーンでもないような気がします。この作品のように公園で愛する人と何気ない会話をする場面かも知れないし、愛娘の結婚式の場面かもしれません。案外、平凡なものなのでしょう。
人にはそれぞれ寿命があり、どんなに長生きしたとしても最後には必ず死が訪れます。その時、最高の思い出を抱きながら天国?に旅立っていけたら思い残すことはありません。
さあ、君はどんな思い出を一つもって旅立つますか? たくさん有り過ぎるのも困りますが全くないのも寂しいので、残る人生、頑張って最高の思い出を作りましょう。

独断オススメ度 90   
思い出をもっと作りたくなった感 95
今まで生きた中でも一つを選べない感 90

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

静謐。

投稿日:2008/01/02 レビュアー:ドーラ

是枝さんの2作目です。ARATAが若いw

この世と天国の間の場所で、
自分のいちばん大切な思い出をひとつ選び、
それを映像化し再現すると、
人はあの世へ逝くのだそうです。
期限は1週間。
職員(水先案内人)と面接の後、
ひとりずつ各々の思い出を選び出し、
撮影会が行われていきます・・・。


まあなんとゆったらいーのか、
作品そのものが慈愛に満ちております。
是枝さんの映画はいつもそうですが、作風がとにかく静謐としてますね。
物や人が選び抜かれていて、余計な、なんつーか、澱とでもゆーんでしょうか、
そういうものが一切無いです。
でもシンプル、とはまた違うんだよなー。職人技だなー。すごいよねー。
でもね、たまにね、
もうちょっとやらかしちゃってもいいのに、
なーんて思うことも。
あったり。なかったり。



このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

31〜 35件 / 全78件

ワンダフルライフ

月額課金で借りる

都度課金で借りる