ウルトラQの画像・ジャケット写真

ウルトラQ / 佐原健二

全体の平均評価点:(5点満点)

65

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

旧作

ジャンル :

「ウルトラQ」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

旧作

解説・ストーリー

1966年からTBS系列で放映された、円谷プロのウルトラシリーズ第1弾。セリフの一語一句や不鮮明な映像をクリアに再現してDVD化する第7巻。第25話「悪魔ッ子」第26話「燃えろ栄光」第27話「206便消滅す」第28話「あけてくれ!」の4話を収録。

「ウルトラQ」 の作品情報

作品情報

製作年:

1966年

製作国:

日本

「ウルトラQ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ウルトラセブン 太陽エネルギー作戦

ウルトラマンワールド ウルトラセブンのすべて!

DVD Uoo Project

ウルトラスーパーダイジェスト 5〜ウルトラマンの秘密(後編)

ユーザーレビュー:65件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

31〜 35件 / 全65件

「あけてくれ!」がよかった ネタバレ

投稿日:2008/02/09 レビュアー:なおぷー

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

幼い日、ケイブンシャの「ウルトラマン大百科」であらすじを読みふけった物語がこうして視聴できるのは、まさに少年の日の夢そのものである。今回の4話は、いずれも昭和の活力を感じさせる名作であった。最終話の「あけてくれ!」は、時間も空間も超越した異次元の世界を見事に表現した名作で、まったく古さを感じさせない。現実逃避の夢を乗せた不思議な列車が印象的であった。当時の人たちはどのような思いでこれを観たのだろうか。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

本編とあまり関係ない話

投稿日:2007/08/31 レビュアー:シニソーヤ

 ウルトラQがスタートする前は日本版「トワイライトゾーン」を考えていたようで、怪奇な話がいくつかできていたそうです。その中には脚本半村良さんの話などがあったそうです。怪獣物でいくことになったので、オクラ入りとなったそうです。スチール写真を見た限りでは傑作そうでした。
 脚本家の金城哲夫さんは、「ウルトラマン」で沖縄問題色を強く出し、その後、沖縄に帰られて地方番組を制作されたそうです。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

ラゴンは胸が出ているので母親だと思う。

投稿日:2007/08/25 レビュアー:シニソーヤ

 「海底原人ラゴン」の脚本チームの中に大友昌司さんの名前が出てきます。この後のウルトラマンやセブンのとき少年マガジンに科学捜査隊の基地の見取り図や怪獣図鑑が掲載されていて、それを作られていたSF作家協会の方です。
 同じSF作家協会のメンバーに「日本沈没」の小松左京さんがおられたので、日本が沈没する話などをされていたのかなあと空想しました。このストーリィの中でも日本が沈没するという学者が出てきておもしろかったです。
 当時は怖かったけれど、いま見るとラゴンが口をあける格好とかユーモラスでかわいいですね。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

ウルトラ作品の中で

投稿日:2007/03/04 レビュアー:六右衛門

ウルトラ作品の中では、少しダークなイメージのあるQですが、一作一作に意味があると思います。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

ウルトラ作品の中で

投稿日:2007/02/20 レビュアー:六右衛門

ウルトラ作品の中では、少しダークなイメージのあるQですが、一作一作に意味があると思います。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

31〜 35件 / 全65件

ウルトラQ

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:65件

「あけてくれ!」がよかった

投稿日

2008/02/09

レビュアー

なおぷー

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

幼い日、ケイブンシャの「ウルトラマン大百科」であらすじを読みふけった物語がこうして視聴できるのは、まさに少年の日の夢そのものである。今回の4話は、いずれも昭和の活力を感じさせる名作であった。最終話の「あけてくれ!」は、時間も空間も超越した異次元の世界を見事に表現した名作で、まったく古さを感じさせない。現実逃避の夢を乗せた不思議な列車が印象的であった。当時の人たちはどのような思いでこれを観たのだろうか。

本編とあまり関係ない話

投稿日

2007/08/31

レビュアー

シニソーヤ

 ウルトラQがスタートする前は日本版「トワイライトゾーン」を考えていたようで、怪奇な話がいくつかできていたそうです。その中には脚本半村良さんの話などがあったそうです。怪獣物でいくことになったので、オクラ入りとなったそうです。スチール写真を見た限りでは傑作そうでした。
 脚本家の金城哲夫さんは、「ウルトラマン」で沖縄問題色を強く出し、その後、沖縄に帰られて地方番組を制作されたそうです。

ラゴンは胸が出ているので母親だと思う。

投稿日

2007/08/25

レビュアー

シニソーヤ

 「海底原人ラゴン」の脚本チームの中に大友昌司さんの名前が出てきます。この後のウルトラマンやセブンのとき少年マガジンに科学捜査隊の基地の見取り図や怪獣図鑑が掲載されていて、それを作られていたSF作家協会の方です。
 同じSF作家協会のメンバーに「日本沈没」の小松左京さんがおられたので、日本が沈没する話などをされていたのかなあと空想しました。このストーリィの中でも日本が沈没するという学者が出てきておもしろかったです。
 当時は怖かったけれど、いま見るとラゴンが口をあける格好とかユーモラスでかわいいですね。

ウルトラ作品の中で

投稿日

2007/03/04

レビュアー

六右衛門

ウルトラ作品の中では、少しダークなイメージのあるQですが、一作一作に意味があると思います。

ウルトラ作品の中で

投稿日

2007/02/20

レビュアー

六右衛門

ウルトラ作品の中では、少しダークなイメージのあるQですが、一作一作に意味があると思います。

31〜 35件 / 全65件