1. DVDレンタルTOP
  2. すべてのジャンル
  3. 洋画のDVDレンタル
  4. サスペンスのDVDレンタル
  5. パフューム ある人殺しの物語

パフューム ある人殺しの物語

パフューム ある人殺しの物語の画像・ジャケット写真

パフューム ある人殺しの物語 / ベン・ウィショー

全体の平均評価点: (5点満点)

317

パフューム ある人殺しの物語 /トム・ティクヴァ

全体の平均評価点: 

予告編を検索

DVD

旧作

お届け率:100%

ジャンル :

新規ご登録はこちら

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

「パフューム ある人殺しの物語」 の解説・あらすじ・ストーリー

解説・ストーリー

 パトリック・ジュースキントの禁断のベストセラー『香水 ある人殺しの物語』を、「ラン・ローラ・ラン」「ヘヴン」のトム・ティクヴァ監督が映画化した衝撃のサスペンス・ドラマ。ある“香り”にとりつかれた一人の青年が、その香りを追い求めるあまり、恐るべき凶行へと駆り立てられていくさまを緻密かつ緊張感みなぎる映像で綴る。18世紀のパリ。悪臭立ちこめる魚市場で産み落とされたグルヌイユは、育児所に引き取られ孤独な少年時代を送る。そんな彼には、超人的な嗅覚が備わっていた。青年となった彼はある時、赤毛の少女が発する匂いに激しく心を奪われるのだったが…。

「パフューム ある人殺しの物語」 の作品情報

作品情報

製作年:

2006年

製作国:

ドイツ

原題:

PERFUME: THE STORY OF A MURDERER

「パフューム ある人殺しの物語」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

洋画・邦画

35,500
タイトル以上

国内ドラマも一部含まれております

国内・海外ドラマ

5,400
タイトル以上

アニメ

9,200
タイトル以上

R-18

210,000
タイトル以上

CD

250,000
タイトル以上

※2022年2月 現在のタイトル数

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

関連作品

関連作品

王様のためのホログラム

ビタースウィート

ボーイ・ミッシング

ビリー・バスゲイト

ハリー・ポッターと謎のプリンス

ユーザーレビュー:317件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

311〜315件 / 全317件

マズローの法則を思い出すような ネタバレ

投稿日:2007/09/22 レビュアー:nyomka

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

人間の欲望と願望を描いた究極の映画!と思いました。原作もぜひ読んで見たいですね。

ラストで、神のように主人公を讃える人々が行う行動は、マズローの法則じゃないけど人間(というか全ての生物)の根本的な部分を表しているように思います。

主人公はもちろん殺人を犯しているのですが、最初から最後までとてつもない哀愁や孤独さを感じました。

主人公を演じるBen Whishawは舞台俳優のようですが、演技はピカ一!です。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

えぐいトコロもあるけど、不思議な魅力のオンリーワンな作品。 ネタバレ

投稿日:2007/09/19 レビュアー:ナン

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

面白かったです。こんなに変な映画なのに、なんだかほっとけない・惹きつけられた稀な作品でした。主人公はヒーローでもないし、善良な人でもないし(人殺しを平気でしてしまうわけだから)、かといって全てが悪というわけでもない。時にはストーカーみたいに後をつけまわして、気色悪いとさえ思わせてしまう。こんな演技ができるベンさんはすごいと思うんですが。話の展開も、予想のつく範囲と全く裏切られた所と両方あります。洞窟で冬眠(?(笑))してるトコなんて、初め「ハァ?」でした。けど、こんな凡人の私でも「あぁ、そうか」とその意味合いを理解できたりもして、ホントに変人もしくは天才の考えや行動はあっと驚くことばかりです。同じ孤児院育ちでもオリバー・ツイストみたいに純粋無垢に育つ話もあれば、中には恨みを抱いて・・という話も世の中にはありそうですが、鼻が効き過ぎて育ちうんぬんよりも香りに人生を捧げた話なんて初めてです。だけどその育ちのせいで愛するというこころとか、表現とかに乏しい人間になったのは悲しいなと思いますが。最後は、寄ってたかった人間に食われたんですか??死刑台のシーンでああなるのはかなりの予想外で驚きましたが、私はこの作品嫌いじゃないです。むしろ不思議な魅力があって、音楽とも合ってるし、俳優さんの演技も全て完璧な気がしました。キリング・ミー・ソフトリーよりずっといい。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

難しいな・・・

投稿日:2007/09/19 レビュアー:とみちゃん

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

初めは面白そう・・と思ったけど・・。

投稿日:2007/09/19 レビュアー:ramune81

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

久しぶりに堪能した<物語> ネタバレ

投稿日:2007/09/16 レビュアー:masa

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

皆さん書いておられるように、18世紀パリの魚市場、香水屋の雰囲気など見事なものですねー。イヤー面白かったです。

こんな物語じゃないかなと、私なりに考えてみました。
(ちょっと堅苦しくなってしまいますが)
世界を嗅覚でのみ認識する男。
彼の世界では人や花ばかりか、水、岩、銅、もろもろのものすべてが固有の匂いを持つ。匂いを持たないものはない。
ところが洞窟の中で、彼は自分に匂いがないことに気がつく。自分の存在だけは感じることができないわけだ。

 おぞましい犯罪?を繰り返し、彼は究極の匂いを完成させる。
生まれ育った街に戻り、自身造り出した<匂い>を自らにかける。この時彼は初めて<匂いを持ったもの>になる。
つまり<存在>を手にする。それも<至高の存在>を。
しかし、それは一時的なものに過ぎない。匂いが消えるとともに彼も消滅する。
 彼のアリバイを証明する人たち(親方、師匠)などもことごとく死んでいる。

と、こんな見方をしますとこの映画のクライマックスは処刑広場ではなく市場に戻り香水を自分に振り掛けた瞬間ということになりそうです。

最後に意地悪な疑問があります。
至高の香りが若い女性の肌からとられるのはまあいいとしましても、なぜこんな美女たちでなければならないんでしょうかね。
<美女>とはあくまでも視覚的な価値判断じゃないでしょうか。
この男の価値基準は<匂い>という嗅覚の世界のはず。
両者の判断基準は食い違って当然じゃないでしょうか。(美声の持ち主が美貌とは限りません。)この映画は両者をすり替えてしまっているような気ががします。
 まあそこらへんは観客サービスなんでしょうがね。

パリのスーパー、男の化粧品売り場にいっぱいにならんだオーデコロンにびっくりした思い出があります。


このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

311〜315件 / 全317件

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:317件

マズローの法則を思い出すような

投稿日

2007/09/22

レビュアー

nyomka

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

人間の欲望と願望を描いた究極の映画!と思いました。原作もぜひ読んで見たいですね。

ラストで、神のように主人公を讃える人々が行う行動は、マズローの法則じゃないけど人間(というか全ての生物)の根本的な部分を表しているように思います。

主人公はもちろん殺人を犯しているのですが、最初から最後までとてつもない哀愁や孤独さを感じました。

主人公を演じるBen Whishawは舞台俳優のようですが、演技はピカ一!です。

えぐいトコロもあるけど、不思議な魅力のオンリーワンな作品。

投稿日

2007/09/19

レビュアー

ナン

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

面白かったです。こんなに変な映画なのに、なんだかほっとけない・惹きつけられた稀な作品でした。主人公はヒーローでもないし、善良な人でもないし(人殺しを平気でしてしまうわけだから)、かといって全てが悪というわけでもない。時にはストーカーみたいに後をつけまわして、気色悪いとさえ思わせてしまう。こんな演技ができるベンさんはすごいと思うんですが。話の展開も、予想のつく範囲と全く裏切られた所と両方あります。洞窟で冬眠(?(笑))してるトコなんて、初め「ハァ?」でした。けど、こんな凡人の私でも「あぁ、そうか」とその意味合いを理解できたりもして、ホントに変人もしくは天才の考えや行動はあっと驚くことばかりです。同じ孤児院育ちでもオリバー・ツイストみたいに純粋無垢に育つ話もあれば、中には恨みを抱いて・・という話も世の中にはありそうですが、鼻が効き過ぎて育ちうんぬんよりも香りに人生を捧げた話なんて初めてです。だけどその育ちのせいで愛するというこころとか、表現とかに乏しい人間になったのは悲しいなと思いますが。最後は、寄ってたかった人間に食われたんですか??死刑台のシーンでああなるのはかなりの予想外で驚きましたが、私はこの作品嫌いじゃないです。むしろ不思議な魅力があって、音楽とも合ってるし、俳優さんの演技も全て完璧な気がしました。キリング・ミー・ソフトリーよりずっといい。

難しいな・・・

投稿日

2007/09/19

レビュアー

とみちゃん

初めは面白そう・・と思ったけど・・。

投稿日

2007/09/19

レビュアー

ramune81

久しぶりに堪能した<物語>

投稿日

2007/09/16

レビュアー

masa

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

皆さん書いておられるように、18世紀パリの魚市場、香水屋の雰囲気など見事なものですねー。イヤー面白かったです。

こんな物語じゃないかなと、私なりに考えてみました。
(ちょっと堅苦しくなってしまいますが)
世界を嗅覚でのみ認識する男。
彼の世界では人や花ばかりか、水、岩、銅、もろもろのものすべてが固有の匂いを持つ。匂いを持たないものはない。
ところが洞窟の中で、彼は自分に匂いがないことに気がつく。自分の存在だけは感じることができないわけだ。

 おぞましい犯罪?を繰り返し、彼は究極の匂いを完成させる。
生まれ育った街に戻り、自身造り出した<匂い>を自らにかける。この時彼は初めて<匂いを持ったもの>になる。
つまり<存在>を手にする。それも<至高の存在>を。
しかし、それは一時的なものに過ぎない。匂いが消えるとともに彼も消滅する。
 彼のアリバイを証明する人たち(親方、師匠)などもことごとく死んでいる。

と、こんな見方をしますとこの映画のクライマックスは処刑広場ではなく市場に戻り香水を自分に振り掛けた瞬間ということになりそうです。

最後に意地悪な疑問があります。
至高の香りが若い女性の肌からとられるのはまあいいとしましても、なぜこんな美女たちでなければならないんでしょうかね。
<美女>とはあくまでも視覚的な価値判断じゃないでしょうか。
この男の価値基準は<匂い>という嗅覚の世界のはず。
両者の判断基準は食い違って当然じゃないでしょうか。(美声の持ち主が美貌とは限りません。)この映画は両者をすり替えてしまっているような気ががします。
 まあそこらへんは観客サービスなんでしょうがね。

パリのスーパー、男の化粧品売り場にいっぱいにならんだオーデコロンにびっくりした思い出があります。


311〜315件 / 全317件

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

ご利用の流れ

ご利用の流れ

@ 会員登録

申し込みフォームへ記入

申し込みフォームへ記入したら登録完了!

A 作品をレンタル

作品をレンタル

借りたい作品をリストアップするだけ!
発送可能な商品を自宅にお届けします。

B ポストに返却

ポストに返却

商品をポストに投函すればOK!

よくあるご質問

よくあるご質問

もちろん無料お試し期間中に退会することも可能です。 また、その場合は料金は一切かかりません。

無料お試し中も、都度レンタルは、有料でご利用いただくことができます。
また、無料お試し中に解約され、何らかの理由でレンタル商品を期日までにご返却いただけなかった場合に、追加料金が発生する場合がございます。

定額プランは1つの封筒に2枚入り、お届けいたします。
届いた往復封筒でポストへご投函いただき、当社配送センターにてご返却を確認できましたら次の封筒を発送致します。繰り返しでご登録のプラン枚数までご利用いただけます。

各プランはこちら

各プランはこちら

  • 宅配レンタル 定額8プラン
    月額2,052円税込
    • 「新作・準新作」が定額で月8枚レンタルできる!※1借り放題付き※2
    新規登録する
  • 宅配レンタル 定額4プラン
    月額1,026円税込
    • DVD/CDが定額で月4枚レンタルできる!※1
    新規登録する
  • 都度課金 プラン
    無料会員 月額0円税込 ※都度レンタル時の費用は発生します
    • 月額無料で単品レンタルを楽しみたい方におすすめ!
    新規登録する

※1 無料お試し期間中の「新作」レンタルは対象外です。

※2 借り放題はDVD「旧作」、CD「新作・準新作・旧作」が対象です。

パフューム ある人殺しの物語