1. DVDレンタルTOP
  2. すべてのジャンル
  3. アニメのDVDレンタル
  4. キッズビデオのDVDレンタル
  5. 猫の恩返し/ギブリーズ episode2

猫の恩返し/ギブリーズ episode2

猫の恩返し/ギブリーズ episode2の画像・ジャケット写真

猫の恩返し/ギブリーズ episode2

全体の平均評価点:(5点満点)

112

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

Blu-ray

旧作

ジャンル :

「猫の恩返し/ギブリーズ episode2」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

旧作

解説・ストーリー

ごく普通の女子高校生ハル。学校には遅刻するし、ゴミ箱の中身をぶちまける大失態。おまけに、憧れの男の子が別の女の子といい感じで2ショットになっているのを目撃してしまい、すっかり落ち込んでいた。そんなハルは、たまたまトラックにひかれそうになった1匹の猫を助けた。しかし、その猫が実は“猫の国”の王子ルーンだったことから、ハルはお礼として猫の国へと招待される。そこでハルは猫たちから盛大な歓迎を受け、いつしか“つらい現実より、猫になって楽しく生きたい”と願うようになる。と、そこへ猫の男爵バロンが現われるのだった。 JAN:9999206923590

「猫の恩返し/ギブリーズ episode2」 の作品情報

作品情報

製作年:

2002年

原題:

THE CAT RETURNS

「猫の恩返し/ギブリーズ episode2」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

キャスト・出演者/監督・スタッフ情報は、ただいま準備中です。

ユーザーレビュー:112件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

26〜 30件 / 全112件

つじあやのさんの歌がいい。そして、猫がいい。

投稿日:2008/10/30 レビュアー:のぞみひかりこだま

先日、新宿のタワーレコードで、つじあやのさんのミニライブやってました。
たまたま居合わせたので、じっくり聴いてなかったのですが、
独特の世界が店内を包み込んでいました。

物語は、奇想天外な空想物語。さしずめ、一夜の夢です。

その一夜の夢もなかなか面白いのですが、
やはり、最後のエンディングテーマが見事に〆ている。

上映時間も短いので、気軽に楽しめる映画だと思います。
4歳の娘も気に入ったもようです。

あっ、短編がもう一つついているのだけど、良く観ていなかった。
コメントは次回レンタルした際ということで、お許しを。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

ジブリ最高

投稿日:2008/10/08 レビュアー:R'papa

ハウルの動く城を見て、ジブリファンに。

そして、この作品も他の作品に負けず良いないようでした。

3歳の子供にも理解しやすい内容で子供達も喜んでくれました。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

親子で楽しめる

投稿日:2008/08/29 レビュアー:くう

幼稚園、小学二年の息子と一緒に観たのですが、ふたりともかなりハマっていました。展開が速いので、最後まで飽きずに楽しめます。バロン役の袴田君の声の良さに惚れました。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

ジブリという名のハードル

投稿日:2008/07/18 レビュアー:ピエロ

いいです。

いいです、けど少しスケールに欠けるかな。

千と千尋を見た後に見てしまうと味が少ないと言うかもう1ひねり2ひねりは欲しかった。

いいですけどね。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

猫の国へ

投稿日:2008/07/06 レビュアー:続、呼塚の男

 ストーリー 

 普通の女子高生である吉岡ハルは、ある日トラックに轢かれそうになった猫を助ける。そんな猫が突然しゃべりだして、ハルに恩返しをしたいと言ってきた。当惑するハル。猫はなんと、猫の国の王子であり、猫の国の王様である猫王は、息子を助けてもらったことの恩義を感じ、ハルに過剰な恩返しをしはじめる。

 猫の国へどうぞ。猫の王子と結婚してほしい。

 そんな言葉を投げかけられるハル。困り果てたハルは、突然「猫の事務所に行って」という声を聞く。そのアドバイスを頼りに白い猫を探しはじめたハルは・・・。

 というストーリー。なんともファンタジックです。もちろん現実の話ではなく、なんとこれ、今から10年以上前の作品「耳をすませば」の主人公、月島雫が小説を書いて、その作品であるというバックボーンがあります。

 吉岡ハルが住む街、なんとなく多摩の街並みを連想します。耳をすませばの舞台も多摩、聖蹟桜ヶ丘です。東京の郊外であり、豊かな自然と整然と区画された綺麗な街並み。スタジオジブリの作品の多くが、この「多摩地区」を舞台に作られています。耳をすませばはもちろんのこと、平成狸合戦、となりのトトロなどなど・・・。

 映画はシンプルで、猫を救った吉岡ハルが、猫の恩返しを廻って猫の国で冒険をするというストーリーです。「自分の時間」ということが大きなキーポイントであり、テーマは「現実逃避」なんだそうです。

 思えば、高校時代というのは「将来への不安」や「今ある生活の不安定さ」などなど、大人にはない複雑な悩みを抱えています。精神的にも安定していないから、現実逃避してしまう人も多いです。しかし、まだまだ発育途上である年代に、現実逃避なんかしてしまったら、それこそ昨今の「キレる若者」と言われる人たちのように、打たれ弱く、自らの基盤を持たない不安定なままの大人になってしまう事が懸念されます。

 この映画は、つまるところ「まだまだ成長途上で不安定な中で、現実から逃げてはいけないよ。自分の時間をもち、自分の価値観を育てて、きちんとした大人にならなければいけないよ」というメッセージなのかなと、私は感じました。

 最後、この映画で一番好きなシーン。

 映画の後半、というか終盤の「急降下」シーンです。

 数千メートルの上空からのいわばスカイダイビング!これがまた非常に美しく、またスピード感に溢れたリアルな映像で、多摩の街並みや山並みを背景に、また朝日の光を背景に、幻想的なシーンとなっています。このシーンに、なんともいえない気持ちよさを感じてしまいました。

 もうひとつ、吉岡ハルの声を担当している「池脇千鶴」もうありえないほどのはまり役でした。元々かわいい声で好きだったのですが、見事に上手く合ってました。これは声優としてうまいとか技術があるということよりも、キャラクターと声優とのシンクロ値の高さがそうさせたのかなと思います。

 呼塚的評価:75点、スタジオジブリとしては時間も短く、本流とは違うかもしれませんが、小ぶりながら上手くまとまっているなという印象です。なんだかハラハラさせるところもなく、ほのぼのとのんびりと楽しむような映画です。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

26〜 30件 / 全112件

猫の恩返し/ギブリーズ episode2

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:112件

つじあやのさんの歌がいい。そして、猫がいい。

投稿日

2008/10/30

レビュアー

のぞみひかりこだま

先日、新宿のタワーレコードで、つじあやのさんのミニライブやってました。
たまたま居合わせたので、じっくり聴いてなかったのですが、
独特の世界が店内を包み込んでいました。

物語は、奇想天外な空想物語。さしずめ、一夜の夢です。

その一夜の夢もなかなか面白いのですが、
やはり、最後のエンディングテーマが見事に〆ている。

上映時間も短いので、気軽に楽しめる映画だと思います。
4歳の娘も気に入ったもようです。

あっ、短編がもう一つついているのだけど、良く観ていなかった。
コメントは次回レンタルした際ということで、お許しを。

ジブリ最高

投稿日

2008/10/08

レビュアー

R'papa

ハウルの動く城を見て、ジブリファンに。

そして、この作品も他の作品に負けず良いないようでした。

3歳の子供にも理解しやすい内容で子供達も喜んでくれました。

親子で楽しめる

投稿日

2008/08/29

レビュアー

くう

幼稚園、小学二年の息子と一緒に観たのですが、ふたりともかなりハマっていました。展開が速いので、最後まで飽きずに楽しめます。バロン役の袴田君の声の良さに惚れました。

ジブリという名のハードル

投稿日

2008/07/18

レビュアー

ピエロ

いいです。

いいです、けど少しスケールに欠けるかな。

千と千尋を見た後に見てしまうと味が少ないと言うかもう1ひねり2ひねりは欲しかった。

いいですけどね。

猫の国へ

投稿日

2008/07/06

レビュアー

続、呼塚の男

 ストーリー 

 普通の女子高生である吉岡ハルは、ある日トラックに轢かれそうになった猫を助ける。そんな猫が突然しゃべりだして、ハルに恩返しをしたいと言ってきた。当惑するハル。猫はなんと、猫の国の王子であり、猫の国の王様である猫王は、息子を助けてもらったことの恩義を感じ、ハルに過剰な恩返しをしはじめる。

 猫の国へどうぞ。猫の王子と結婚してほしい。

 そんな言葉を投げかけられるハル。困り果てたハルは、突然「猫の事務所に行って」という声を聞く。そのアドバイスを頼りに白い猫を探しはじめたハルは・・・。

 というストーリー。なんともファンタジックです。もちろん現実の話ではなく、なんとこれ、今から10年以上前の作品「耳をすませば」の主人公、月島雫が小説を書いて、その作品であるというバックボーンがあります。

 吉岡ハルが住む街、なんとなく多摩の街並みを連想します。耳をすませばの舞台も多摩、聖蹟桜ヶ丘です。東京の郊外であり、豊かな自然と整然と区画された綺麗な街並み。スタジオジブリの作品の多くが、この「多摩地区」を舞台に作られています。耳をすませばはもちろんのこと、平成狸合戦、となりのトトロなどなど・・・。

 映画はシンプルで、猫を救った吉岡ハルが、猫の恩返しを廻って猫の国で冒険をするというストーリーです。「自分の時間」ということが大きなキーポイントであり、テーマは「現実逃避」なんだそうです。

 思えば、高校時代というのは「将来への不安」や「今ある生活の不安定さ」などなど、大人にはない複雑な悩みを抱えています。精神的にも安定していないから、現実逃避してしまう人も多いです。しかし、まだまだ発育途上である年代に、現実逃避なんかしてしまったら、それこそ昨今の「キレる若者」と言われる人たちのように、打たれ弱く、自らの基盤を持たない不安定なままの大人になってしまう事が懸念されます。

 この映画は、つまるところ「まだまだ成長途上で不安定な中で、現実から逃げてはいけないよ。自分の時間をもち、自分の価値観を育てて、きちんとした大人にならなければいけないよ」というメッセージなのかなと、私は感じました。

 最後、この映画で一番好きなシーン。

 映画の後半、というか終盤の「急降下」シーンです。

 数千メートルの上空からのいわばスカイダイビング!これがまた非常に美しく、またスピード感に溢れたリアルな映像で、多摩の街並みや山並みを背景に、また朝日の光を背景に、幻想的なシーンとなっています。このシーンに、なんともいえない気持ちよさを感じてしまいました。

 もうひとつ、吉岡ハルの声を担当している「池脇千鶴」もうありえないほどのはまり役でした。元々かわいい声で好きだったのですが、見事に上手く合ってました。これは声優としてうまいとか技術があるということよりも、キャラクターと声優とのシンクロ値の高さがそうさせたのかなと思います。

 呼塚的評価:75点、スタジオジブリとしては時間も短く、本流とは違うかもしれませんが、小ぶりながら上手くまとまっているなという印象です。なんだかハラハラさせるところもなく、ほのぼのとのんびりと楽しむような映画です。

26〜 30件 / 全112件