No.90 RANKING

リチャード・ジュエル

リチャード・ジュエルの画像・ジャケット写真
リチャード・ジュエル / サム・ロックウェル
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

30

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「リチャード・ジュエル」 の解説・あらすじ・ストーリー

巨匠クリント・イーストウッド監督が、1996年のアトランタ五輪で大会期間中に起きた爆弾テロをめぐる実話を映画化したサスペンス・ドラマ。警備員として多くの命を救ったヒーローから一転、容疑者とされた男リチャード・ジュエルの過酷な運命を描く。主演はポール・ウォルター・ハウザー、共演にサム・ロックウェル、キャシー・ベイツ。1996年、アトランタ。高齢の母と2人暮らしの不器用で実直な男リチャード・ジュエル。警備員をしていた彼は、多くの人でにぎわうイベント会場で不審なリュックを発見し、中身の爆発物に気づいたことで大惨事を未然に防いだ。マスコミはこぞって彼を英雄として報道するも、捜査に当たるFBIは次第に第一発見者のリチャードに疑いの目を向け始めるが…。 JAN:4548967439656

「リチャード・ジュエル」 の作品情報

製作年: 2019年
製作国: アメリカ
原題: RICHARD JEWELL

「リチャード・ジュエル」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

リチャード・ジュエルの詳細

  • 準新作
収録時間: 字幕: 音声:
131分 日・英・吹 英:ドルビーデジタル5.1ch、日:ドルビーデジタル5.1ch
レイティング: 記番: レンタル開始日:
1000764282 2020年05月20日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
388枚 20人 17人

【Blu-ray】リチャード・ジュエル(ブルーレイ)の詳細

  • 準新作
収録時間: 字幕: 音声:
131分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
1000764281 2020年05月20日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
141枚 23人 18人

関連作品

ユーザーレビュー:30件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

26〜 30件 / 全30件

さすがイーストウッド監督

投稿日:2020/06/22 レビュアー:モモイチゴ

権力からの指弾がどれほど恐ろしいか、身に染みて感じる

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

眠くなるかな…

投稿日:2020/06/03 レビュアー:ぴぃ

正直、裁判絡みのダラダラした展開で眠くなるかな?って思って観てたけど。さすがクリント・イーストウッド監督。うだつのあがらない『正義感』だけは有るおデブちゃんを見事に…オススメです。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

リチャード・ジュエル

投稿日:2020/06/02 レビュアー:みっくん

さすがイーストウッドと言わんばかりの作品であり、主人公の存在感も良いし、脇のロックウェルもさすが。自然とのめり込める内容にはただただ脱帽で、最後まで目が離せない秀作である。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

どこの国でも冤罪が起こる怖さがある

投稿日:2020/05/21 レビュアー:ラストシアター

クリント・イーストウッド監督作品

実話に基づいた冤罪を晴らす男と弁護士の物語

1996年、アトランタで開催されたオリンピックで
爆破テロ事件が発生した

警備員のリチャード・ジュエルが爆弾の入ったバッグ
を発見したことで、多くの人々の命が救われた

彼は、一躍英雄になった

だが、FBIは、爆弾の第一発見者だということを
理由に彼を容疑者として逮捕した

英雄から一転犯人にされてしまった

弁護士のワトソン・ブライアントと無罪を勝ち取るためにFBIと闘った

どこの国でも起こり得る冤罪事件で容疑者に
なっただけでマスコミの怖さはどこの国でも
一緒だと思ったな

静かに感動する作品だな

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ヒーローからテロ容疑者に冤罪は晴らされるのか

投稿日:2020/04/27 レビュアー:恋次郎

クリント・イーストウッド監督の実話をもとにした作品。
最近は実話にしか関心がないようです。いつもこれが遺作になるかもと公開一週間ぐらいには見に行くようにしています。
アトランタオリンピック開催中に起きた爆弾事件。
第一発見者でヒーローとしてもてはやされたリチャードジュエル。しかしFBIが事件を彼の自作自演と疑ったことでマスコミは彼を容疑者扱いで追いかけるのでした。
これはトムハンクス主演の「ハドソン川の奇跡」でも同じ状況でしたね。
リチャードを信じ助けるのは事件以前から知り合いの弁護士のサムロックウェルと母親のキャシーベイツ。このふたりかいい。泣いてしまった。リチャードも正義感は強いけど、ちょっと足りない役柄で演じた俳優さんの風貌も似ておりました。
日本でもSNSでの別人と間違えての誹謗中傷などありますからね。怖いてす。
さて、リチャードの無実は証明できるのか?
普通の生活に戻れるのか?

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

26〜 30件 / 全30件

リチャード・ジュエル