時をかける少女

時をかける少女の画像・ジャケット写真

時をかける少女
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

275

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

旧作

「時をかける少女」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

旧作

解説・ストーリー

これまでに何度も映像化されてきた筒井康隆の名作ジュブナイルを初のアニメ映画化。あるきっかけで、過去に遡ってやり直せる“タイムリープ”という能力を身につけたヒロインの淡い恋の行方と心の成長を描く。監督は「ONE PIECE ワンピース THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島」の細田守。ひょんなことから“タイムリープ”という不思議な能力を身につけた高校2年生の紺野真琴。相談した叔母の芳山和子からは、年頃の女の子にはよくあることだと教えられる。半信半疑の真琴だったが、いつしか使い方を覚えて些細な問題でも簡単にタイムリープで解決するようになるのだったが…。 JAN:4907953210882

「時をかける少女」 の作品情報

作品情報

製作年:

2006年

「時をかける少女」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

監督:

細田守

脚本:

奥寺佐渡子

原作:

筒井康隆

音楽:

吉田潔

関連作品

関連作品

映画 デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!

ONE PIECE THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島

サマーウォーズ

プロフェッショナル 仕事の流儀 アニメーション映画監督 細田 守の仕事 希望を灯す、魂の映画

ユーザーレビュー:275件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

26〜 30件 / 全275件

はまりました

投稿日:2008/05/15 レビュアー:tora

明後日に引越をするという、荷造りの忙がしい時に、つい見てしまった。
私と娘は、完全にはまってしまい、約1時間半テレビの前。
息子と嫁さんは、面白くなかったのか、息子はゲーム。嫁さんは怒っていた。
見終ってスッキリした表情で、娘と語り合っていたのに、隣には不機嫌な嫁の姿が。
忙がしいのに、俺が悪かったよという思いと、以前のような、やさしい心を思い出せと、2つの思いが絡んでます。

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

気分爽快!! ネタバレ

投稿日:2007/08/08 レビュアー:kazupon

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

オリジナル(原田知世ちゃん)のアニメ化だと思っていました。
続編のような形は取っていますが、オリジナルを知らなくても十分OK.
主人公の紺野真琴は、元気はつらつ!な女子高生。おてんばでオッチョコチョイで、愛すべきキャラです。
ひょんな事から、タイムリープという不思議な能力を手に入れますが、そこがまた理科実験室だったりして・・・
あまり欲のない子だから、タイムリープをする目的もホントにくだらない。
男の子たちとの他愛もない会話も、淡い恋心に気づいた戸惑いも、なんて言うのかなあ、ピュアでほんわかしているんです。
腕に浮かび上がった数字の意味がわかるまでは、タイムリープもやりたい放題。そして、せつないラスト。
こんな事情がなかったとしても、青春なんてそんなものよ。と、大人になってしまった私は思ってしまうけど。
今は大人になってしまったひとたちも、似たような経験や思い出を持っているから、この作品を観た人の多くが、共感したり懐かしく感じたりするのでしょう。

レビューを読んで初めて気がついたのですが、魔女おばさんて、知世ちゃんが演じてたあの和子さんだったのですね。
でも、そうすると疑問が・・・
オリジナルのラストでは、大人になった和子は白衣を着て研究室の廊下で、深町君とすれ違っていたのではなかったでしょうか?
絵画の修復をしているとはね・・・

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

うん、なかなかの良作 ネタバレ

投稿日:2007/08/02 レビュアー:ぶわつ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 筒井康隆の原作は未読なので、知世ちゃん主演の『時をかける少女』を原作と捉えての見方になってしまうのですが、本作を観て思ったのは、原作を現代風に大きくアレンジしながらも、その原作の後日譚的なテイストも味わえる作品だなってこと。知世ちゃん版を観ていなくても、タイムリープのルールさえ掴めれば何の違和感もなく堪能できますが、観ていれば知世ちゃんが演じた芳山和子が今でも独身のまま深町クンを待ち続けてる、とかそんなことがさりげなく感じ取れて、また何ともいえないノスタルジックな気分を味わうことが出来ます(オレだけかな〜)。それに、一見知世ちゃん版とは似ても似つかないのですが、女一人に男二人という関係や、理科室など、重要なアウトラインはしっかり踏襲されていて感心させられます。
 これは、細田守監督の手腕もあるのでしょうが、まず何より脚本がうまく出来ていたんだと思います。(脚本は奥寺佐塗子。最新作は『怪談』。過去作に『雨の町』とか『学校の怪談』とか。ホラー系が多いのかな)
 エヴァの貞本義行によるキャラも、あっさりして本作の作風にマッチしていると思います。
 エンディングに流れる主題歌「ガーネット」も心地いいです。

 そんなこんなもあわせて、なかなかの良作でした。
 満足満足。
 強いて、文句を言うなら。
 芳山和子の声。なんで原沙知絵?どうせなら、知世ちゃんに頼めよな〜。頼んだけど断られてたりして。

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

ジブリとは違った良さが。

投稿日:2007/03/28 レビュアー:MonPetit

いまさらながら、この作品がアニメ化されることが凄い。
有名な原作に、過去に映画やTVにされまくったのを
今になってアニメですよ。
まず、この企画に拍手!

作品的には面白いんだからそれなりに楽しめるのは必然。
アニメ技術だって軽いもんでしょ。

また改めて原作読んでみようと思いました。
こういう作品は本当にいいね。
昔の本や映画って良かったなぁって思い出させてくれる。

戦国自衛隊とかセーラー服と機関銃とかあの時代のものが
はやってるんですかね????


このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

Mの季節

投稿日:2012/04/07 レビュアー:ビンス

時計の針。
学校のチャイム。
セミの鳴き声。
高い空。
白いボール。
ミットとバット。
駆ける自分の足音。
おせっかい女子。
言えなかった言葉に。
聞けなかった言葉。
知りたかった言葉に。
届けたい言葉。
夏が唄っている。
一度きりの夏が、唄っている。
青い夏が唄っている。
「青夏」と書いて「せいしゅん」と読みたい。
そんな時間が輝いている。
そんな瞬間を積み重ねる。
思考する暇もないほどに、次々と積み重ねる。
それが人生であり、青春であり、高校生である。
しかし、彼女は手にしてしまった。
積み重ねるのではなく、踏み固める手段を。
その日々の中で、大切なものを失い、再び拾い。
踏み固め、苦悩し、葛藤する。
そして・・・・
三人仲良くひとつの傘に納まって帰る後姿。
まるで「M」の文字。
Mの季節で揺れ動き。
バランスを意識し。
確かなものを見つける少女の奮闘が、切なさと清々しさを与えてくれます。
イイなぁ。
とてもイイなぁ。
匂いまで届きそうなほどに青春が近くにある。
夏よ、早く来い。

なぜか、寺山修司の言葉を思い出しました。
「時計の針が前にすすむと「時間」に なります。 後にすすむと「思い出」になります。

「サマーウォーズ」を最初に観たからでしょうか。
細田作品のエンディングは無条件に「山下達郎」が聴きたくなります。

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

26〜 30件 / 全275件

時をかける少女

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:275件

はまりました

投稿日

2008/05/15

レビュアー

tora

明後日に引越をするという、荷造りの忙がしい時に、つい見てしまった。
私と娘は、完全にはまってしまい、約1時間半テレビの前。
息子と嫁さんは、面白くなかったのか、息子はゲーム。嫁さんは怒っていた。
見終ってスッキリした表情で、娘と語り合っていたのに、隣には不機嫌な嫁の姿が。
忙がしいのに、俺が悪かったよという思いと、以前のような、やさしい心を思い出せと、2つの思いが絡んでます。

気分爽快!!

投稿日

2007/08/08

レビュアー

kazupon

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

オリジナル(原田知世ちゃん)のアニメ化だと思っていました。
続編のような形は取っていますが、オリジナルを知らなくても十分OK.
主人公の紺野真琴は、元気はつらつ!な女子高生。おてんばでオッチョコチョイで、愛すべきキャラです。
ひょんな事から、タイムリープという不思議な能力を手に入れますが、そこがまた理科実験室だったりして・・・
あまり欲のない子だから、タイムリープをする目的もホントにくだらない。
男の子たちとの他愛もない会話も、淡い恋心に気づいた戸惑いも、なんて言うのかなあ、ピュアでほんわかしているんです。
腕に浮かび上がった数字の意味がわかるまでは、タイムリープもやりたい放題。そして、せつないラスト。
こんな事情がなかったとしても、青春なんてそんなものよ。と、大人になってしまった私は思ってしまうけど。
今は大人になってしまったひとたちも、似たような経験や思い出を持っているから、この作品を観た人の多くが、共感したり懐かしく感じたりするのでしょう。

レビューを読んで初めて気がついたのですが、魔女おばさんて、知世ちゃんが演じてたあの和子さんだったのですね。
でも、そうすると疑問が・・・
オリジナルのラストでは、大人になった和子は白衣を着て研究室の廊下で、深町君とすれ違っていたのではなかったでしょうか?
絵画の修復をしているとはね・・・

うん、なかなかの良作

投稿日

2007/08/02

レビュアー

ぶわつ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 筒井康隆の原作は未読なので、知世ちゃん主演の『時をかける少女』を原作と捉えての見方になってしまうのですが、本作を観て思ったのは、原作を現代風に大きくアレンジしながらも、その原作の後日譚的なテイストも味わえる作品だなってこと。知世ちゃん版を観ていなくても、タイムリープのルールさえ掴めれば何の違和感もなく堪能できますが、観ていれば知世ちゃんが演じた芳山和子が今でも独身のまま深町クンを待ち続けてる、とかそんなことがさりげなく感じ取れて、また何ともいえないノスタルジックな気分を味わうことが出来ます(オレだけかな〜)。それに、一見知世ちゃん版とは似ても似つかないのですが、女一人に男二人という関係や、理科室など、重要なアウトラインはしっかり踏襲されていて感心させられます。
 これは、細田守監督の手腕もあるのでしょうが、まず何より脚本がうまく出来ていたんだと思います。(脚本は奥寺佐塗子。最新作は『怪談』。過去作に『雨の町』とか『学校の怪談』とか。ホラー系が多いのかな)
 エヴァの貞本義行によるキャラも、あっさりして本作の作風にマッチしていると思います。
 エンディングに流れる主題歌「ガーネット」も心地いいです。

 そんなこんなもあわせて、なかなかの良作でした。
 満足満足。
 強いて、文句を言うなら。
 芳山和子の声。なんで原沙知絵?どうせなら、知世ちゃんに頼めよな〜。頼んだけど断られてたりして。

ジブリとは違った良さが。

投稿日

2007/03/28

レビュアー

MonPetit

いまさらながら、この作品がアニメ化されることが凄い。
有名な原作に、過去に映画やTVにされまくったのを
今になってアニメですよ。
まず、この企画に拍手!

作品的には面白いんだからそれなりに楽しめるのは必然。
アニメ技術だって軽いもんでしょ。

また改めて原作読んでみようと思いました。
こういう作品は本当にいいね。
昔の本や映画って良かったなぁって思い出させてくれる。

戦国自衛隊とかセーラー服と機関銃とかあの時代のものが
はやってるんですかね????


Mの季節

投稿日

2012/04/07

レビュアー

ビンス

時計の針。
学校のチャイム。
セミの鳴き声。
高い空。
白いボール。
ミットとバット。
駆ける自分の足音。
おせっかい女子。
言えなかった言葉に。
聞けなかった言葉。
知りたかった言葉に。
届けたい言葉。
夏が唄っている。
一度きりの夏が、唄っている。
青い夏が唄っている。
「青夏」と書いて「せいしゅん」と読みたい。
そんな時間が輝いている。
そんな瞬間を積み重ねる。
思考する暇もないほどに、次々と積み重ねる。
それが人生であり、青春であり、高校生である。
しかし、彼女は手にしてしまった。
積み重ねるのではなく、踏み固める手段を。
その日々の中で、大切なものを失い、再び拾い。
踏み固め、苦悩し、葛藤する。
そして・・・・
三人仲良くひとつの傘に納まって帰る後姿。
まるで「M」の文字。
Mの季節で揺れ動き。
バランスを意識し。
確かなものを見つける少女の奮闘が、切なさと清々しさを与えてくれます。
イイなぁ。
とてもイイなぁ。
匂いまで届きそうなほどに青春が近くにある。
夏よ、早く来い。

なぜか、寺山修司の言葉を思い出しました。
「時計の針が前にすすむと「時間」に なります。 後にすすむと「思い出」になります。

「サマーウォーズ」を最初に観たからでしょうか。
細田作品のエンディングは無条件に「山下達郎」が聴きたくなります。

26〜 30件 / 全275件