ワンダーウーマン

ワンダーウーマンの画像・ジャケット写真
ワンダーウーマン / クリス・パイン
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

39

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「ワンダーウーマン」 の解説・あらすじ・ストーリー

最強の美女戦士・ワンダーウーマンの誕生を描くDCアクションエンタテインメント。女性だけが暮らすパラダイス島で生まれたプリンセス・ダイアナは、世界を救うため、不時着したパイロット・スティーブと共に島を出てロンドンへと旅立つ。※一般告知解禁日:10月27日

「ワンダーウーマン」 の作品情報

製作年: 2017年
製作国: アメリカ
原題: WONDER WOMAN

「ワンダーウーマン」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ワンダーウーマンの詳細

  • まだまだ話題作
収録時間: 字幕: 音声:
141分 日・英・吹 英:未定、日:未定
レイティング: 記番: レンタル開始日:
1000698093 2017年12月02日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
149枚 21人 16人

【Blu-ray】ワンダーウーマン(ブルーレイ)の詳細

  • まだまだ話題作
収録時間: 字幕: 音声:
141分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
1000698092 2017年12月02日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
120枚 18人 19人

関連作品

ユーザーレビュー:39件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

26〜 30件 / 全39件

独善的なアメリカ映画

投稿日:2018/05/23 レビュアー:saki-papa

アメリカの戦争映画によくあるパターン。
いつも、アメリカ軍やイギリス軍が絶対正義で、日本軍やドイツ軍が絶対悪。
今回はイギリス軍が絶対正義で、ドイツ軍が絶対悪。

戦争で負傷したイギリス兵や
戦火から逃げるイギリス市民には心を痛めるくせに、
ドイツ兵に対しては、無慈悲に片っ端からぶった切っていく。
イギリス兵として戦っているのではなく、第三者の立場で戦争を止めさせる為。
それって、おかしくないですか?
ドイツ兵にも、家族や恋人がいるのですが・・・

最後には人間でないラスボスが出て来ますが、それ以外はみんな普通の人間。
彼女にドイツ兵が殺されたのだろうか。

アメリカ映画らしく独善的で大嫌いです。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

とにかくアクションを楽しむ作品

投稿日:2018/04/08 レビュアー:チキンハート

感想・総評:終盤の教訓めいた内容は好きではないが、割と単純なストーリーなので気楽に見られる

対象年齢:子供〜大人(残酷さはあまりない。H場面もなく、キスシーン程度)

食事中に見られるか:大丈夫でしょう

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

美しくて強いガル・ガドット

投稿日:2018/04/06 レビュアー:masa

美しくて、チャーミングで、純粋で、優しくて、何より強い!
ガル・ガドットにつきるのではないでしょうか。
大局で戦争を捉えた場合、戦略的には一見現実的には見えないかもしれないけれど、弱者である市民、庶民のために戦うワンダー・ウーマン。見ていて非常に爽快な映画でした。

男性に仕切られていた時代の戦争を終わらせるのが女性という設定も、今の時代を反映しているように思います。

本当に綺麗だった。ガル・ガドット!

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

スタッフの女性パワーが新しい時代を見せてくれる

投稿日:2018/03/26 レビュアー:なつ

映画の内容も、結構いいものだと思いました。
女性監督だと知って、納得するところ(映画全体に流れる香りのようなもの)とちょっとした驚きがありました。

感動したのは、映画本編以上に、特典映像に盛り込まれていた、女性スタッフたちの想いでした。
さまざまな形で、女性たちが復権(場合によっては、新たに権利を得ることかもしれません)と主権を主張し始めている昨今、過激ではない(映画はある程度過激でしたが)形で、女性パワーを炸裂させているのを見て、新しい時代の夜明けの一端を担っている活動だと感じました。

特によかったと思ったのは、映画制作の現場に映画好きの、そして将来は監督やどんな小さな仕事でも映画に携わりたいと熱望する、本当に熱い少女たちを招待して、映画制作のレクチャーを繰り広げていた映像でした。多くの少女たちが、女性であるためにあきらめなければならないかも、と消極的に構えていたところに、莫大な勇気と希望を与えてもらっているように見えました。ここから未来の素晴らしい監督や制作者が生まれるかもしれないとワクワクするような舞台裏でした。

そして、ワンダーウーマンというアイコン、キーワードで繰り広げられる、自己実現している輝かしいばかりの女性たちからのエールと深遠なコメントが続くビデオ。まるで、とても有益なセミナーを受けているかのような、そのビデオを、ぜひ多くの女性たちに(もちろん男性たちにも)見てほしいと思いました。勇気100倍になりました。

続編も同じ監督なのでしょうか。楽しみにしています。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

つまんない

投稿日:2018/03/05 レビュアー:ちんちんぽんぽん

ツマンナイ。
アクションも少ないし、終始退屈なB級映画だった。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

26〜 30件 / 全39件

ワンダーウーマン