ボーダーライン

ボーダーラインの画像・ジャケット写真

ボーダーライン / エミリー・ブラント
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

40

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

シリーズ

ジャンル :

「ボーダーライン」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

シリーズ

解説・ストーリー

エミリー・ブラント主演のサスペンスアクション。巨悪化するメキシコ麻薬カルテルを殲滅すべく、特別部隊に派遣されたFBI捜査官・ケイト。彼女は謎のコロンビア人と共に、国境付近を拠点とする麻薬組織を撲滅させる極秘任務に就くことになり…。※R15+

「ボーダーライン」 の作品情報

作品情報

製作年: 2015年
製作国: アメリカ
原題: SICARIO

「ボーダーライン」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ジ・アメリカンズ 極秘潜入スパイ

オール・ユー・ニード・イズ・キル

恋愛依存症

ザ・ピーナッツバター・ファルコン

ユーザーレビュー:40件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

26〜 30件 / 全40件

ベニチオ感強い。

投稿日:2017/10/14 レビュアー:Eha

「バベル」のアレハンドロ・イニャリトゥ監督の
「21grams」をみてその主演の
「ベニチオ・デル・トロ」が気になった。
エリン・ブロコビッチの
スティーヴン・ソダーバーグ監督の
「トラフィック」でアカデミーはじめ賞を総なめ。
汚職のはこびるメキシコの麻薬取締官。
ベニチオは汚職とは無縁なのだが
かえってその方が屈折した人物にみえて不思議だ。
トラフィックの続編といってもいい世界観。
ルール無視でドラックの元締めを暗殺するデル・トロ。
煮え切らないFBI捜査官がよい引き立て役。
恐怖政治の独裁者が牛耳る国は安定しているものだ。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

個人的には退屈

投稿日:2017/07/30 レビュアー:REI

初めの方はちょっとワクワクしたけど、中盤から退屈でした。ストーリーが重すぎるし、最後も納得出来ませんでした

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

フィクションなのかと・・?

投稿日:2017/01/12 レビュアー:mokoさん

この映画に出てくるメキシコの現状は現実なのか?映画の世界の中のこと?
リアルすぎて デル・トロも怖すぎて 私自身も 境界線がわからなくなってしまった。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

ベニチオ・デル・トロ大好き

投稿日:2016/12/22 レビュアー:ゴジラ子

ストーリーは、冒頭から心臓の鼓動のようなBGMの流れるなかてなかでのショッキングな、シーンで度肝をぬかれました。そこから緊張感の波が緩急つけて描かれるので、ほんとうにクギづけです。

個人的に、ベニチオ・デル・トロのファンなので、 彼が見たくて借りました❤❤以前みた、やっぱり信心深いけど不器用なお父さん役とか、この作品のアクションとか、素敵すぎます。演技力も、迫力もあって、謎目いたところもホントに良い!もっと見ていたいと思う映画でした✨

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

「ボーダーライン」 の崩壊

投稿日:2016/11/20 レビュアー:ミッキー

メキシコの麻薬カルテルを壊滅する為に米国防総省の特別部隊に選ばれたFBI捜査官ケイト。
メキシコでは汚職警官が多くて信用できない。
仲間であるはずが強引なやり方・ルール無視のやり方。

ケイトが選ばれて理由はFBI捜査官がその場にいて捜査が正当であった事を証明する為だけのお飾り。

元検事・ベニチオ・デル・トロが妻子を虐殺された復讐にすぎない・・・と言うのが「ん・・・・」って感じです。

“善悪の境界(ボーダーライン)”
真実を知れば知るほど崩壊していく様に感じます。




このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

26〜 30件 / 全40件

ボーダーライン

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:40件

ベニチオ感強い。

投稿日

2017/10/14

レビュアー

Eha

「バベル」のアレハンドロ・イニャリトゥ監督の
「21grams」をみてその主演の
「ベニチオ・デル・トロ」が気になった。
エリン・ブロコビッチの
スティーヴン・ソダーバーグ監督の
「トラフィック」でアカデミーはじめ賞を総なめ。
汚職のはこびるメキシコの麻薬取締官。
ベニチオは汚職とは無縁なのだが
かえってその方が屈折した人物にみえて不思議だ。
トラフィックの続編といってもいい世界観。
ルール無視でドラックの元締めを暗殺するデル・トロ。
煮え切らないFBI捜査官がよい引き立て役。
恐怖政治の独裁者が牛耳る国は安定しているものだ。

個人的には退屈

投稿日

2017/07/30

レビュアー

REI

初めの方はちょっとワクワクしたけど、中盤から退屈でした。ストーリーが重すぎるし、最後も納得出来ませんでした

フィクションなのかと・・?

投稿日

2017/01/12

レビュアー

mokoさん

この映画に出てくるメキシコの現状は現実なのか?映画の世界の中のこと?
リアルすぎて デル・トロも怖すぎて 私自身も 境界線がわからなくなってしまった。

ベニチオ・デル・トロ大好き

投稿日

2016/12/22

レビュアー

ゴジラ子

ストーリーは、冒頭から心臓の鼓動のようなBGMの流れるなかてなかでのショッキングな、シーンで度肝をぬかれました。そこから緊張感の波が緩急つけて描かれるので、ほんとうにクギづけです。

個人的に、ベニチオ・デル・トロのファンなので、 彼が見たくて借りました❤❤以前みた、やっぱり信心深いけど不器用なお父さん役とか、この作品のアクションとか、素敵すぎます。演技力も、迫力もあって、謎目いたところもホントに良い!もっと見ていたいと思う映画でした✨

「ボーダーライン」 の崩壊

投稿日

2016/11/20

レビュアー

ミッキー

メキシコの麻薬カルテルを壊滅する為に米国防総省の特別部隊に選ばれたFBI捜査官ケイト。
メキシコでは汚職警官が多くて信用できない。
仲間であるはずが強引なやり方・ルール無視のやり方。

ケイトが選ばれて理由はFBI捜査官がその場にいて捜査が正当であった事を証明する為だけのお飾り。

元検事・ベニチオ・デル・トロが妻子を虐殺された復讐にすぎない・・・と言うのが「ん・・・・」って感じです。

“善悪の境界(ボーダーライン)”
真実を知れば知るほど崩壊していく様に感じます。




26〜 30件 / 全40件

同シリーズ作品を借りる