テッド2

テッド2の画像・ジャケット写真

テッド2 / マーク・ウォールバーグ

全体の平均評価点:(5点満点)

35

全体の平均評価点:

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

シリーズ

ジャンル :

「テッド2」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

シリーズ

解説・ストーリー

見た目はかわいいけど中身は下品で口の悪いエロ親父というテディベアが巻き起こす大騒動を描き大ヒットした大人向けコメディの続編。日本では本編を再編集したPG12版の「テッド2『大人になるまで待てない!』バージョン」も期間限定で劇場公開された。めでたく結婚したテッドが、自分の子どもが欲しくなったことから再び大騒動を巻き起こす。共演はマーク・ウォールバーグ、アマンダ・セイフライド。監督は引き続きセス・マクファーレン。愛する人間の女性タミ・リンと結婚したテッドだったが、すぐに夫婦の危機に直面してしまう。解決策には子どもが一番と考え、ジョンに協力してもらって子作りに励もうとするが、さすがのテッドにもそれはあまりにも無理な相談だった。その後、養子をもらおうとするが、今度はテッドが人間であることを証明できなければならないという大問題が浮上する。 JAN:4988102354596

「テッド2」 の作品情報

作品情報

製作年: 2015年
製作国: アメリカ
原題: TED 2

「テッド2」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

エンド・オブ・キングダム

ザ・エッグ〜ロマノフの秘宝を狙え〜

アウトブレイク

メアリーと秘密の王国 <3D>

ユーザーレビュー:35件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

26〜 30件 / 全35件

ザーメンの顔面シャワーはないよね、大爆笑だけど。

投稿日:2016/02/02 レビュアー:きーちゃん

 初作は店頭でレンタルしました。それもリリースからかなり経ってからです。下賎な下ネタらしいので長らく無視してましたが、店頭でかなりの人気ぶりだと知ってレンタルしてみたのですが、結構面白かったしまた、周りが言うほど下賤でもなく、自分も含めて「食わず嫌いなんだな」と思いました。固定概念は捨てた方がいいです。

 さて、続編ですが前半30分辺りにジョン(マーク・ウォールバーグ)がサンプルのザーメンを思いっきり被るシーンがあって、こんなの日本ではどこかの教育委員会のお偉いさんからクレームが出そうですが、発想が面白くって大爆笑しました。他にも数箇所ほど大爆笑するシーンが挿入されていますが、米国人でないと分からないギャグがあって、そこだけは悔しい思いをしました。

 ジョンは立派な大人なのですが純真で優しく、心に稚拙な部分もあって、一方、テッド(セス・マクファーレン)はちょい悪オヤジみたいで卑猥なこと言いまくってますが、見てくれが可愛いテディベアなので人の怒りを和らげる効果を持っています。そこがミソなのでしょうね。リーアム・ニーソンがちょこっとだけ出てきますが、何か意味があるのか無いのか良く分からないまま苦笑です。

 米国を代表する世界規模の玩具メーカーを露出していますが、結構米国人って映画撮影には協力的ですね。これが会社のイメージにどう影響するのか分からないのに。本作でのお目当てにアマンダ・セイフライドを挙げたいです。こういうジャンルに出演しているのは珍しい。大きく勃起した巨マラを象った大麻吸引器を口に当ててああ・・・(笑)。

 テッドの人権、市民権を得るんだと法定に訴えていくところ、米国の大らかさを感じます。残念な部分は最終、超有名敏腕弁護士ミーアン(モーガン・フリーマン)が「テッドは人ではなく所有物」という結審を簡単に覆したところのシーンを含め、シナリオをもう少し再考すればもっと良かったのではと思いました。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

Ted好きには最高

投稿日:2016/01/28 レビュアー:ゆうこのくせに

とにかく面白い。色んな英語の勉強にもなる。続編も作ってほしい。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

下品

投稿日:2016/01/27 レビュアー:ビスケット

モーガンフリーマンの答弁は良かったですが、全体を通して笑えるところも少なく残念。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

スッカスカのテッド

投稿日:2016/01/27 レビュアー:ヒイロフィッシュ

物凄く長く感じました。有名な俳優がチョイ出しも特に効果があるのか分かりませんし、パロディ化しただけのようだった。テッドのブラックジョークはいいのですが、テッド以外もブラック化しており、全体としてコメディを超えるような下品さになっていました。テッド1のテッドなら人に憧れを持つことは市内と思います。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

アメリカ人の笑いのツボと日本人の感覚のズレ!!

投稿日:2016/01/22 レビュアー:カマンベール

良くも悪くもアメリカ的な映画(笑い)です。

ミュージカル映画的なショーのようなオープニングです。
楽しいのですが・・・
アメリカ人の大好きなヒットソングも、多数流れますけど
私にはそんな馴染みも無いし、
アメリカ人の大好きな法廷シーン(今回の主題は、何とテッドに人権が有るか?何ですから)
街を歩けばスターウォーズのコスプレに出会うし、
アメコミ・ヒーローのイベント会場が、アクションシーンの舞台だったり・・・
コミック・ヒーローのコスプレもたいして興味無いし・・・・。

何より驚くのは『ドラッグ吸引シーン』の余りの多さです。
アメリカ人ってドラッグがこれ程はびこっているのかしら?

というような理由で、ブラック・ユーモアとしても笑えなかったですね。
マーク・ウォルバーグとアマンダ・セルフライドのカップルは、
好きでしたね。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

26〜 30件 / 全35件

テッド2

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:35件

ザーメンの顔面シャワーはないよね、大爆笑だけど。

投稿日

2016/02/02

レビュアー

きーちゃん

 初作は店頭でレンタルしました。それもリリースからかなり経ってからです。下賎な下ネタらしいので長らく無視してましたが、店頭でかなりの人気ぶりだと知ってレンタルしてみたのですが、結構面白かったしまた、周りが言うほど下賤でもなく、自分も含めて「食わず嫌いなんだな」と思いました。固定概念は捨てた方がいいです。

 さて、続編ですが前半30分辺りにジョン(マーク・ウォールバーグ)がサンプルのザーメンを思いっきり被るシーンがあって、こんなの日本ではどこかの教育委員会のお偉いさんからクレームが出そうですが、発想が面白くって大爆笑しました。他にも数箇所ほど大爆笑するシーンが挿入されていますが、米国人でないと分からないギャグがあって、そこだけは悔しい思いをしました。

 ジョンは立派な大人なのですが純真で優しく、心に稚拙な部分もあって、一方、テッド(セス・マクファーレン)はちょい悪オヤジみたいで卑猥なこと言いまくってますが、見てくれが可愛いテディベアなので人の怒りを和らげる効果を持っています。そこがミソなのでしょうね。リーアム・ニーソンがちょこっとだけ出てきますが、何か意味があるのか無いのか良く分からないまま苦笑です。

 米国を代表する世界規模の玩具メーカーを露出していますが、結構米国人って映画撮影には協力的ですね。これが会社のイメージにどう影響するのか分からないのに。本作でのお目当てにアマンダ・セイフライドを挙げたいです。こういうジャンルに出演しているのは珍しい。大きく勃起した巨マラを象った大麻吸引器を口に当ててああ・・・(笑)。

 テッドの人権、市民権を得るんだと法定に訴えていくところ、米国の大らかさを感じます。残念な部分は最終、超有名敏腕弁護士ミーアン(モーガン・フリーマン)が「テッドは人ではなく所有物」という結審を簡単に覆したところのシーンを含め、シナリオをもう少し再考すればもっと良かったのではと思いました。

Ted好きには最高

投稿日

2016/01/28

レビュアー

ゆうこのくせに

とにかく面白い。色んな英語の勉強にもなる。続編も作ってほしい。

下品

投稿日

2016/01/27

レビュアー

ビスケット

モーガンフリーマンの答弁は良かったですが、全体を通して笑えるところも少なく残念。

スッカスカのテッド

投稿日

2016/01/27

レビュアー

ヒイロフィッシュ

物凄く長く感じました。有名な俳優がチョイ出しも特に効果があるのか分かりませんし、パロディ化しただけのようだった。テッドのブラックジョークはいいのですが、テッド以外もブラック化しており、全体としてコメディを超えるような下品さになっていました。テッド1のテッドなら人に憧れを持つことは市内と思います。

アメリカ人の笑いのツボと日本人の感覚のズレ!!

投稿日

2016/01/22

レビュアー

カマンベール

良くも悪くもアメリカ的な映画(笑い)です。

ミュージカル映画的なショーのようなオープニングです。
楽しいのですが・・・
アメリカ人の大好きなヒットソングも、多数流れますけど
私にはそんな馴染みも無いし、
アメリカ人の大好きな法廷シーン(今回の主題は、何とテッドに人権が有るか?何ですから)
街を歩けばスターウォーズのコスプレに出会うし、
アメコミ・ヒーローのイベント会場が、アクションシーンの舞台だったり・・・
コミック・ヒーローのコスプレもたいして興味無いし・・・・。

何より驚くのは『ドラッグ吸引シーン』の余りの多さです。
アメリカ人ってドラッグがこれ程はびこっているのかしら?

というような理由で、ブラック・ユーモアとしても笑えなかったですね。
マーク・ウォルバーグとアマンダ・セルフライドのカップルは、
好きでしたね。

26〜 30件 / 全35件

同シリーズ作品を借りる