セッション

セッションの画像・ジャケット写真
セッション / マイルズ・テラー
全体の平均評価点:
(5点満点)
累計評価件数:

80

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 見放題
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「セッション」 の解説・あらすじ・ストーリー

名門音楽大学に入学したニーマン(マイルズ・テラー)はフレッチャー(J・K・シモンズ)のバンドにスカウトされる。ここで成功すれば偉大な音楽家になるという野心は叶ったも同然。だが、待ち受けていたのは、天才を生み出すことに取りつかれたフレッチャーの常人には理解できない〈完璧〉を求める狂気のレッスンだった。浴びせられる罵声、仕掛けられる罠…。ニーマンの精神はじりじりと追い詰められていく。恋人、家族、人生さえも投げ打ち、フレッチャーが目指す極みへと這い上がろうともがくニーマン。しかし…。

「セッション」 の作品情報

製作年: 2014年
製作国: アメリカ
原題: WHIPLASH

「セッション」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

セッションの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
107分 日本語・吹替用字幕 オリジナル英語ドルビーデジタル5.1chサラウンド
日本語吹替ドルビーデジタル5.1chサラウンド
レイティング: 記番: レンタル開始日:
CPDP11869 2015年09月18日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
400枚 44人 26人

【Blu-ray】セッション(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
107分 日本語・吹替用 1.オリジナル英語DTS-HDマスターオーディオ5.1ch(96Kアップサンプリング)
2.日本語吹替DTS-HDマスターオーディオ5.1ch
レイティング: 記番: レンタル開始日:
CPBP11870 2015年09月18日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
180枚 8人 14人

関連作品

ユーザーレビュー:80件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

26〜 30件 / 全80件

プリーズジーンクルーパー

投稿日:2016/04/11 レビュアー:裸足のラヴァース

とはレッドスネークカモンの東京コミックショーのギャグだが
お若い人にはわからんのか 予告編ではうんざりするキムチ的暑苦しい
ドラマになりそうで見る気はゼロだったんだけど wow録画にて
見始めての最初の不満はドラミングの個性が無い これは学生だって
事でなく映画演出の問題ね しかしけっこう物語してて ビリギャルのように面白いかなとは言える

スポ根と軍隊の新兵鍛錬物を合わせたのを 音楽に適用がミスマッチな
アイデア映画だ スポーツは楽しく明るく開放的でなければ意味が無い
と思うのだが 一応はこのハゲの軍曹は主人公に楽しめと言ってはいる
ので どう展開するのじゃろうかみたいな

話変わり 現在の最先端テクノはピコピコドラムマシーンからドラムン
ベースなどを経て ダンスフロワーを離れるに至り 未曾有のコンテン
ポラリーモダンミュージックの世界に突入している この映画は
ど演歌って言うのがあるとすると どジャズとでも言うべきもので
既に 80年代手前で終焉しているものだ 楽しむだけじゃなきゃ ただの
苦行の世界だよ もっとアップデートしたもの 現在ど真ん中のビート
を聴かせてもらいたかったね

またも不満は 映画館での音響はわからないけど ドラムの音が単調
ハイハットやシンバルの絡みをもっと入れる つか ドラムキットの
チューニングの事もあるけど エンジニアリングの問題ではあるね
ドラムに物質的感触と多彩な音色があったなら ポイントはかなり
上がったのににゃあ

ラストは 大将 石原裕次郎の おいらはドラマーになってびっくり
そんな劇的なシーンにはなってないけど どこまでも厚かましいやつ

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

音楽を楽しめない

投稿日:2016/02/02 レビュアー:ソムタム

音楽を楽しむ映画ではないことは確か。
ファンキーな粘りと爆発(A.ブレイキー)は? スイング感(シェリー・マン)は? パワーとエモーション(E.ジョーンズ)は?超速プレイができればジャズなのか? ならば、B.エバンスやTh.モンクなんてダメダメなのか?

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

クズvs.クズ

投稿日:2015/12/27 レビュアー:よふかし

評判通り単なるスポ根的感動作ではなく、先の読めない展開が楽しい。教師はクズだがそんな男がバーで奏でる美しいメロディが伏線として効いている。人格と芸術は無縁とは分かっていても、音楽の力は偉大だ。しかし考えれば主人公もクズ、クズ同士の戦いが音楽に昇華するのがなかなか。65点。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

60秒で、400打つ。

投稿日:2015/12/02 レビュアー:ちゅく

「セッション」は、今年見た映画で、最高の映画です。

二度目のレビューを書きます。
(今、三度目を見ています。)

60秒で、400打つのは、凄いだろう、と、知り合いのドラマーに言いました。
彼は、「簡単さ」と言いました。「機械的に成らすだけなら、俺でもできるさ」と。

そのあと、彼(アマチュア・ドラマーですが)は、こんな質問をくれました。

「君は、ドラムを知らない。この楽器は、何分に何発撃てるかという、
 兵器のような世界では、ないんだよ。」

首肯。そして。

「60秒で、400発? うーん、それは、1秒で6発だろ? それは、俺でも打てるさ。
 残りが、何発あるよ。計算してみな!」

「えーっと、40発かいな・」

「引き算じゃないの、この楽器は。」

「ということは、割り振られるって、いうことか?」

「おかずだ。60秒で、その余りがあるんじゃない。貯金ではない。」

「……」

「ボーカルという単純な人間は、結局、リズムを理解していないだろ。自分の歌がが、
 バンドを支配していると思っているだろ。実はドラムが左右してるってことを、
 分かって、歌ってくれよ。」

はらわたにしみ込んだ、彼の言葉を、これからも忘れることはなかろうが、
彼を、この声、この0歌で、を打倒したいと思う。
そうでないと、バンドは、面白くないのだ。




このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

まさにセッションでした

投稿日:2015/11/30 レビュアー:ムービードリンク

セッション

アメリカ一番の音楽大学でカリスマ教師に認められたい学生が鬼軍曹的な教師に鬼の様に罵声を浴び鬼の様にシゴかれ、鬼の様に虐待される!

ドラムの座を取る為に、物凄い緊張感の中、教師のリズムに合わせドラムを叩く。3人の中から勝とれるか?主人公はどうなっていくのか?

93点 いや〜凄かった。

いいな〜と思った点。
前半の身内が集まり食事するシーンで息子自慢をするが、主人公の負けん気と反発意見がこの映画のキモかと思う。

音楽がある分、スポ根以上に感情を刺激されました。音楽でこの表現(根性、異常)を成立させて納得させてくれるのが素晴らしかった。

やっぱりラストのドラムの音と、主人公のとった行動、教師の変化は強烈に記憶に残ります!

2回目は大音量で鑑賞したいと思います。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

26〜 30件 / 全80件

セッション