バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)の画像・ジャケット写真
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) / マイケル・キートン
全体の平均評価点:
(5点満点)
累計評価件数:

42

  • DVD
  • Blu-ray
  • 動画配信
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」 の解説・あらすじ・ストーリー

『バベル』のアレハンドロ・G・イニャリトゥ監督がかつて一世を風靡した俳優の再生を描いた人間ドラマ。長いスランプの中にいるスーパーヒーロー映画の大スター・リーガンは、再起を決意し…。主演はマイケル・キートン。

「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」 の作品情報

製作年: 2014年
製作国: アメリカ
原題: BIRDMAN OR (THE UNEXPECTED VIRTUE OF IGN

「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
120分 日本語・英語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 FXBR62267 2015年09月02日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
216枚 11人 18人

【Blu-ray】バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
120分 日本語・英語 1:DTS-HD Master Audio/5.1chサラウンド/英語/(ロスレス)
2:DTS/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 FXXR62267 2015年09月02日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
122枚 3人 4人

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)<字幕/吹替パック>の詳細

再生可能機器: 再生時間: 字幕:
TV 、PC 、Android 、iOs
音声: レイティング: 視聴制限:
日本語(ステレオ) PG-12 購入:無期限
レンタル:初回再生から48時間
購入期限:
購入:2018年03月31日 23:59
レンタル:2018年03月31日 23:59

関連作品

ユーザーレビュー:42件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

26〜 30件 / 全42件

ぜんぜん面白くない

投稿日:2015/09/10 レビュアー:勇光

バットマンをもじってバードマンにしたところが笑えるのかどうかも微妙。
空を飛ぶ超能力をもっているというのが夢なのか現実なのかが最後までよくわからないところがミソなのかもしれないが、全体的に不健康でよどんだ雰囲気が充満しており、他人のクソが丸見えになっているネパールの便所をのぞき込んだような不快感が漂い、ミソなどどうでもいい感じになった。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

あなたの中の“バードマン”はどう?

投稿日:2015/09/07 レビュアー:哲郎

う〜ん、これは...いい作品なんだろうけど、日本人受けするかなぁ...
ショービジネスの舞台裏がそれこそ“舞台”になっていて、舞台劇が好きな人にはいいのかもしれないけど、もし日本でこうした作品が作られ舞台裏の様子が描かれたりしたら、げんなりするんじゃないだろうか。ま、そこをあえて描いたからこその“アカデミー作品賞”なんだろうけど...

私が終始気になったのは、劇場舞台裏の、あの入り組んだ迷路のような狭い通路だ。左右の壁の圧迫感がすごくて、まるで蟻の巣の中に入って移動してるような気分になる。
リーガン(マイケル・キートン)は劇場の中にいるかぎり舞台の主役であり、台本、演出も手がけるこの劇の中心人物だ。しかし、劇場を一歩外に出れば「元“バードマン”の単なる有名人」。ブリーフ一枚でストリートを走る彼の滑稽な姿は、そのことを如実に物語っていた。劇場内もまた地獄。迷路のようで窮屈な通路のごとく、彼の頭の中はもう一人の自分(バードマン)に翻弄され、破裂寸前だった。
壮年期にこれを経験する人はけっこういるはず。輝いていたときの自分にもどりたい、若返ることは無理でも、なんとかもう一花咲かせたいともがき苦しむ。そして多くはそれを実現できずに終末を迎える...

ラストシーンはなんとも不可解。
いろいろな解釈があるみたいだけど、私は...彼は舞台上で死んだのかなとも思う。最後窓の外を確かめたサムの様子からすると、話はつながっていても病室でのシーンははたして現実なのかなと...
それに、ほかにも不可解なことがある。劇場に詰めきりのリーガンは本物の拳銃をどうやって用意したのか?はじめから控え室にあったというのは不自然だし、スタッフが本物を調達するわけがない。また、物語のはじめにも燃える隕石や波打ち際のクラゲが写されていることからすると、この劇催行中に起こった出来事とリーガンの夢想を重ね合わせたもので、全体が彼の最後に見た夢なのか...
いずれにしても、人が壮年期に至り自身の立ち位置に苦悩するその様子がメインで、中高年層向け。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

エドワード・ノートン!!ネタバレ

投稿日:2015/07/01 レビュアー:カサブランカ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

出てくる俳優みんな演技がすばらしい。
お気に入りはエドワード・ノートン(笑)!
ほんとに最高。落ち込むナオミ・ワッツを慰めるのかと思ったら股間を触らせようとしたり(笑)、最低で最高な男。
それでも真のアーティスト、真の天才ってこんな感じなのかも?と思わせる説得力があった。
ナオミ・ワッツの切実な演技もグッときた。

今作の売りの一つはほぼ全編ノーカットで作られている所。
ただ、普通の映画でノーカット長回しの映像が使われる時に生まれる緊張感や圧迫感の効果は今作ではそれほど生まれていない。
なぜなら最初からずーっとノーカットが続くとそれが普通になるし、観ている側もノーカットが最後まで続くと分かっているから。

それでも別の効果を生むことに今回の全編ノーカットは成功していたと思う。
俳優たちのリハーサルの場面などで、今彼らは演劇の演技をしているのか、本人の素の状態(という演技)なのか、わからなくなる場面が何度かあって引き込まれた。
演劇の製作現場という題材が、ノーカット長回しと相性がいいのかもしれない。
あるいは主人公が妄想と現実の間を境い目なく行き来する様子をノーカットで見せるのも効果的だと思ったし、見ていて飽きなかった。

映画や舞台づくりに関係している人、もっと広げると何かしらの芸術作品を作ることに携わっている人、さらにはその周辺の人たちにはかなり響く作品なんだろうなーと思った。
演技の仕事をしている人であれば、ナオミ・ワッツの涙に。
芸術を自分の手で作ろうとしている人は、マイケル・キートンの葛藤に。
裏方でそれを支えている人は、ザック・ガリフィアナキスに。
そうして作られる芸術を批評して食べている人たちは、見てもいないのに酷評して潰すことしか考えていないバーの批評家の女性に。
それぞれの立場でそれぞれのキャラクターに共感したり、自分と比較したりできるのかなーと思う。
しかし自分のように普通の仕事をしている普通の人間は、おもしろい映画だなーという感想は持っても、「これは俺の映画だ!」とまで思えるほど愛情が湧いてくる作品ではなかった。

自分のような普通の人も含めた、より多くの人の心に訴える忘れられない映画になる可能性も十分にあったと思う。
少なくともそうなるための要素はストーリーの中にあったと思う。
“自分の存在意義”や“家族の再生”などがそれにあたると思う、たぶん。
でも“自分の存在意義”で主人公が悩んでいても、主人公はまだそれなりに恵まれた立場にいて自分のやりたいことができていて、どん底ではない。まだ街に出ればサインや写真を求められるし、資産もまだ残っているように描かれている。
“家族の再生”の設定レベルも主人公に優しい。別れた妻は何度も様子を見に来て、優しく応援してくれている。娘に拒絶や無視をされているわけでもないどころか、自分の仕事を手伝ってくれている。ケンカしてもすぐに普通の会話ができるし、基本的に父親を愛している。
最後の銃のシーンも、自分の最高の舞台を作り上げて死んだのか!と感動しそうになった所に、なんと運よく鼻を撃っただけというまた優しい展開。(ここらへんは非現実の可能性もあり)
というか、自分の俳優としての実力を認めてもらうのが主人公の目的だったのに、偶然の愚かな事故によって生まれた結果が称賛されるというのはどうなんだ。主人公はそれで嬉しいのか?
タイトルにくっついている長い補足説明がなんだか言い訳のように思えてきた。

主人公に意地悪な映画が好き(笑)という自分の個人的な趣味もあると思うけど、ちょっと設定が生ぬるくてメリハリがない気がする。
「レスラー」のあのどん底っぷり、あのラストの美しさをもっと見習っていただきたい。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

自己満足映画

投稿日:2016/03/27 レビュアー:みどり

作った本人たちの自己満足映画。映画は人に観てもらうということが前提な以上、
それなりには面白く作ってもらわないと困ります。
音楽もこれ見よがしな感じ。これってツウな音楽やろ?ってか?耳障り。
ただ副題の意味は分かります。最後のシーンのことだと思います。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

独特…

投稿日:2016/01/31 レビュアー:benjamin

一体何を言わんとしている映画なのか、私の頭では分からなかったけれど、キャストがみんな曲者で、マイケル・キートンがハマリ役だったと思います。
独特の世界観で、主人公とバードマンのやりとりは面白かったですね。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

26〜 30件 / 全42件

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)

月額課金で借りる

都度課金で借りる

視聴期限(購入):
無制限
視聴期限(レンタル):
48時間

再生対応機器 TV配信のみとは

  • TV
  • PC
  • Android
  • iOS
  • HD版の再生はTVのみとなります。
    他のデバイスではSD版として再生されます。

TV配信のみとは?

テレビのみで視聴できます。
PC、Android、iOSでは視聴出来ません。

HD/SDとは?

HD(High definition video):高画質ビデオ

  • スマートフォン/タブレットではSD(標準画質)で再生されます。

SD(Standard definition video):標準画質ビデオ

購入/レンタルとは?

購入:視聴時間が無制限
レンタル:視聴時間に制限がございます。制限時間は作品ごとに異なりますのでご注意ください。