ウルヴァリン:SAMURAI

ウルヴァリン:SAMURAIの画像・ジャケット写真
ウルヴァリン:SAMURAI / 真田広之
全体の平均評価点:
(5点満点)

73

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「ウルヴァリン:SAMURAI」 の解説・あらすじ・ストーリー

「X−MEN」シリーズの人気キャラクター“ウルヴァリン”を主人公に描くヒュー・ジャックマン主演の大ヒットSFアクション第2弾。異国の地・日本でミステリアスな出会いを果たしたウルヴァリンを待ち受ける過酷な運命と宿敵との壮絶な死闘を描く。日本各地で本格的なロケが敢行されたことでも話題に。日本人キャストには「ラスト サムライ」の真田広之のほか、モデルとして活躍するTAOと福島リラが参加。監督は「3時10分、決断のとき」のジェームズ・マンゴールド。余命わずかの旧友・矢志田に請われ、日本を訪れたウルヴァリンことローガン。やがて謎の武装集団に狙われた矢志田の孫娘マリコを救い出し、一緒に逃避行を続ける中でいつしか恋に落ちるローガンだったが…。

「ウルヴァリン:SAMURAI」 の作品情報

製作年: 2013年
製作国: アメリカ
原題: THE WOLVERINE

「ウルヴァリン:SAMURAI」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ウルヴァリン:SAMURAIの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
126分 日本語・英語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/英語
3:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
FXBR52504 2014年01月08日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
186枚 2人 6人

ウルヴァリン:SAMURAIのシリーズ商品


1〜 2件 / 全2件

【Blu-ray】ウルヴァリン:SAMURAI〈3D〉(ブルーレイ)

  • 旧作

「X−MEN」シリーズの人気キャラクター“ウルヴァリン”を主人公に描くヒュー・ジャックマン主演の大ヒットSFアクション第2弾。異国の地・日本でミステリアスな出会いを果たしたウルヴァリンを待ち受ける過酷な運命と宿敵との壮絶な死闘を描く。日本各地で本格的なロケが敢行されたことでも話題に。日本人キャストには「ラスト サムライ」の真田広之のほか、モデルとして活躍するTAOと福島リラが参加。監督は「3時10分、決断のとき」のジェームズ・マンゴールド。余命わずかの旧友・矢志田に請われ、日本を訪れたウルヴァリンことローガン。やがて謎の武装集団に狙われた矢志田の孫娘マリコを救い出し、一緒に逃避行を続ける中でいつしか恋に落ちるローガンだったが…。

収録時間: 字幕: 音声:
126分 日本語・英語 1:DTS-HD Master Audio/7.1ch/英語/(ロスレス)
2:ドルビーデジタル/ステレオ/英語
3:DTS/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
FXXM52504 2014年11月05日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
9枚 0人 1人

【Blu-ray】ウルヴァリン:SAMURAI(ブルーレイ)

  • 旧作

「X−MEN」シリーズの人気キャラクター“ウルヴァリン”を主人公に描くヒュー・ジャックマン主演の大ヒットSFアクション第2弾。異国の地・日本でミステリアスな出会いを果たしたウルヴァリンを待ち受ける過酷な運命と宿敵との壮絶な死闘を描く。日本各地で本格的なロケが敢行されたことでも話題に。日本人キャストには「ラスト サムライ」の真田広之のほか、モデルとして活躍するTAOと福島リラが参加。監督は「3時10分、決断のとき」のジェームズ・マンゴールド。余命わずかの旧友・矢志田に請われ、日本を訪れたウルヴァリンことローガン。やがて謎の武装集団に狙われた矢志田の孫娘マリコを救い出し、一緒に逃避行を続ける中でいつしか恋に落ちるローガンだったが…。

収録時間: 字幕: 音声:
126分 日本語・英語 1:DTS-HD Master Audio/7.1ch/英語/(ロスレス)
2:ドルビーデジタル/ステレオ/英語
3:DTS/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
FXXR52504 2014年01月08日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
89枚 4人 4人

1〜 2件 / 全2件

関連作品

ユーザーレビュー:73件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

26〜 30件 / 全73件

今も昔も

投稿日:2014/02/17 レビュアー:ロートルマニア

昔のジャパンのイメージは、フジヤマ、ゲイシャ、そしてハラキリ(切腹)。
でもって、今は…ハラキリは冒頭に出てくるし(介錯人のことは知らなかったようですな)、他にはヤクザと刺青とニンジャ(黒装束は本来は闇に紛れやすい赤渋色。白昼では逆に目立つから夜しか着ない筈)。つまり、アメリカ人の認識はちっとも進歩していないってコトです。
それと「ベスト・キッド」以来、登場する日本人がやたらと連発するようになった単語が「honor(名誉)」。本作でも使われますが、どうにもバカの一つ覚えで、それさえ言わせりゃ日本人だろう的な使用頻度ですな。
浜松町の寺で騒ぎが起きてから、走った先が秋葉原で、上野から新幹線に乗って、降りたところが品川で…マリコが目指す新幹線の終着点が長崎〜ここら辺までは何とか笑って許せますが、いくらコミック原作でもあまりにでたらめな描写はしらけますぞ。
スパイダーマンが糸1本でホワイトハウスからエンパイアステートビルまで飛び移ったら、アメリカの観客も盛大にブーイングするでしょう。
ヤクザとサムライを一緒くたにしているのも相変わらずで、最近はクンフーと剣道も混同されているらしく、竹刀の練習でもトンボ返りの連続技。日本刀の扱いは滅茶苦茶で、どうやらフェンシングやサーベルと同じようなものとしか思っていないようだが、実際に手に取ってごらんなさい。ずっしりと重くて、あんなに軽々と振り回せるシロモノでは絶対にない(だから武道では一撃必殺。相打ち覚悟で肉を切らせて骨を断つ、という試合になる)。
まあ、国民の4分の1が地球の公転を知らないという知的レベルのアメリカ人だから、放射能の基礎知識も被爆の恐ろしさも知るわけはないだろうが、それにしてもお粗末すぎないか? 真田広之も変な映画に出ちゃったねえ。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

X-MANシリーズ最悪の出来

投稿日:2014/02/16 レビュアー:ブル

これは今までのシリーズとは別の物と考えて見たほうがいいでしょうね、キアヌの47RONINが面白かったと感じた人にはお勧めです。

日本人役のヒロインは酷い顔の女ですしストーリーも日本人からは共感を得にくい内容です、新幹線の上でのアクションシーンは?????の連続ですw
パンタグラフが無いしパンタグラフが無いのに送電用の鉄塔はあるんです。
映画用のご都合主義の設定でも酷すぎますね

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

この日本感は・・・ネタバレ

投稿日:2014/01/30 レビュアー:静かなる海

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

この情報の時代に・・・・
あまりに惨い日本のイメージに唖然とする作品でした・・・
本当に笑うしかない(苦笑

福島リラは出来の悪いヨーダみたいで笑えない・・・

日本以外の国の方が見ると楽しめるかも知れません。

しかし・・・
ラストも見え見えで驚きも無い。

まあ、アメコミの実写版と思えばそこそこ楽しめるかも・・・

独り言です。
ミュータントはアメリカにしかいないのか?

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

この日本感は・・・・ネタバレ

投稿日:2014/01/30 レビュアー:静かなる海

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

この情報の時代に・・・・
あまりに惨い日本のイメージに唖然とする作品でした・・・
本当に笑うしかない(苦笑

菊池凛子もヨーダみたいで笑えない・・・

日本以外の国の方が見ると楽しめるかも知れません。

しかし・・・
ラストも見え見えで驚きも無い。

まあ、アメコミの実写版と思えばそこそこ楽しめるかも・・・

独り言です。
ミュータントはアメリカにしかいないのか?

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

大好きな初期のウルヴァリンが消えていく・・・

投稿日:2014/01/22 レビュアー:おたまちゃん

なんだかんだと何作目になるんでしょうか?

初期の頃は、アメコミ色強く、単純にアクションモノとして楽しめたし、鋼鉄の爪を持つ
ウルヴァリンが野生的で、カッコよく、とてつもなく魅力を感じたもんです
この作品で、ヒューを知り、彼が好きになったのだけれど、私の中ではヒュー=ウルヴァリンなんですよねぇ

話の内容は他のレビュアーさんが書かれているので、はしょりますが。

日本を題材で、まぁ・・そんなにおかしくない日本のイメージの中、ロケも日本だから、違和感はなかったけど、サムライをもってきたなら、
なんかこう・・武士道みたいなのは、外人さんに求めても無理ってことなんでしょうね

日本 忍者・・・富士とゲイシャが出てこないだけマシかw
いや・・ヤクザイコール丸刈り?の彫りモノバリバリ・・・
やっぱ、外国から見る 日本て へんてこなんですね・・・

そして大好きなウルヴァリンがだんだん・・なんか・・違う方向へ行きそうな・・・
まぁ・・歳とらないといっても、役者は確実にとってるしなぁ・・

やっぱり、1と2あたりで、私の理想のウルは終わってるわ・・・
鋼鉄の爪の美しさも、ギリギリ3あたり・・・で鋭さや、あの独特な鋼の鋭利さを綺麗には今回、表せてもらえてなかったのもよろしくございませんでした!

単純に ひとつの作品としてなら、面白いけど。あ・・・X-MANじゃなくて・・「ウルヴァリン」か・・この映画・・・
うーん やっぱ、XMENとしてのウルがいい♪
それにしても・・ファムケさん・・・怖かったよ

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

26〜 30件 / 全73件

ウルヴァリン:SAMURAI