プリズナーズ

プリズナーズの画像・ジャケット写真

プリズナーズ / ヒュー・ジャックマン
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

51

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

見放題

動画ポイント利用可

ジャンル :

「プリズナーズ」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

見放題

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

「灼熱の魂」のドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が、ヒュー・ジャックマンとジェイク・ギレンホールを主演に迎えて贈る緊迫のクライム・サスペンス。アメリカの田舎町を舞台に、何者かに掠われた6歳の少女の捜索を巡って、警察への捜査に不満を募らせ、自ら我が子を見つけ出そうと暴走していく父親の姿をスリリングに描き出していく。感謝祭の日、工務店を営むケラーの6歳になる愛娘が、隣人の娘と一緒に忽然と姿を消してしまう。警察は現場近くで目撃された怪しげなRV車を手がかりに、乗っていた青年アレックスを逮捕する。しかしアレックスは10歳程度の知能しかなく、まともな証言も得られないまま釈放の期限を迎えてしまう。一向に進展を見せない捜査に、指揮を執るロキ刑事への不満を募らせるケラーだったが…。 JAN:4988013059580

「プリズナーズ」 の作品情報

作品情報

製作年: 2013年
製作国: アメリカ
原題: PRISONERS

「プリズナーズ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ボブ・クレイン 快楽を知ったTVスター

警察署長ジェッシイ・ストーン 湖水に消える

ウェイワード・パインズ 出口のない街

デュエット

ユーザーレビュー:51件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

26〜 30件 / 全51件

長いなぁ、暗いなぁ。

投稿日:2014/12/05 レビュアー:だいこんさん

題材が題材だけに暗いだろうとは思ってたけど、思った以上に暗かった。
本編もかなり長い。削ってもいい部分はあちこちあったような気がするけどね・・・

でも、どうなるのかとハラハラさせるところはさすがと言わざるを得ない。あっ驚くエンディングも良かった。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

こんな結末とは。

投稿日:2014/11/23 レビュアー:rizucherry00

 少し途中から、子供を想う親はこんな風になるものかと、ある意味他人事ではない共有できる気持ちなんだけど、距離を感じつつの変化に
どうなっていくのか、どきどきしながら見てました。
子どもの誘拐が世界的にも多発しているからこそ、見入ってしまったところもあったけど、この結末は想像できませんでした。
時間的にも、気持ち的にも、ちょっとしんどかったです。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

久々に良質のサスペンス

投稿日:2014/11/20 レビュアー:

重苦しい雰囲気のサスペンスです。
娘を失った父が一線を脱してしまう・・・そこばかりクローズアップされるような売りですが、全体的にも良いサスペンスに仕上がってるかと思います。

アクションや例えばハンニバル・レクターのような演技で魅せるサスペンスでもありません。
ある種、王道的なサスペンスでもあります。
中でもヒュー・ジャックマンの演技は光ってましたし。
悪人に魅力のあるサスペンスではなく、重厚なストーリーに重きを置いてる映画でした。

ただ・・・150分超えは少々長く感じました。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

隠れ作品

投稿日:2014/10/15 レビュアー:dai

それほど話題作ではかったが「意外や!意外!中々の上質サスペンス映画だった」
主演はX-Menシリーズでお馴染みの「ヒュー・ジャックマン」
てかまず思ったのは「でかすぎるぞヒュー!189pの大男がやけに存在がある。いやもはやその身長が邪魔になって父親役というのはかなり違和感がある」 X-Menではヒーロー物ということもあり全く気にはならなかったが、さすがにこういうシリアスなサスペンス映画となると「あまりにも強い父親」という印象になり、どんな逆境にも打ち勝ちそうなその存在感が作品の邪魔になっているのではないだろうか。
このようなシリアスなサスペンスドラマの場合に「あ〜この主演、安心感があるわ〜結局最後は打ち勝つだろ〜」みたいなことを視聴者に思われたらそれは作品として失敗だろう。
「うん?次どうなるんだ?なんだ?マジか!?ヤバイヤバイ!」というようなヒヤヒヤ感とドキドキ感や不安など渦巻いて初めてサスペンス作品として成立し、視聴者の目を釘付けにするんではないだろうか。
とまぁ星を減らしたのはこういうことが要因の一つである。

しかしストーリー内容は非常に上質なものであった。
約2時間20分という長編であるが全く飽きさせず目まぐるしく変わる転回に転回、ジェイク・ギレンホールの名演技など見どころ満載の作品だった。
おそらく視聴した方は主演のヒュー・ジャックマンの方が異常犯罪者のように見えたのではないだろうか。
どちらかというと犯人の異常犯行よりヒュー・ジャックマンの鬼気迫る異常犯行の方にクローズアップした作品であった。
極端に言えば異常者犯人はヒュー・ジャックマンと言ってもいいのではないだろうか・・・
 

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

面白い! ネタバレ

投稿日:2014/10/14 レビュアー:CLIMBER

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

久々に面白いミステリー、サスペンス映画を観せてもらった。自分的にはすごく満足。
先の展開が読めず、終始製作者側が仕掛けるミスディレクションに振り回された感じ。
アレックス演じるポール・ダノのイメージから、こいつ、知的障害者のふりしてるだけなんじゃないか?と、疑ってしまったもの。

すべて観終わってから改めて推察してみれば、ご都合主義や苦しい設定は多々見受けられるんだけど、
観てる間はそんな疑問を感じる間もなく、どんどん引き込まれてしまった。

アレックスを監禁し、拷問を繰り返してまで娘を探し出そうとするケラーの行動に批判的な意見もあるだろうけど、
実際自分の子供が誘拐され、刻一刻と命の危機が迫っている状況に陥れば、それくらいの暴挙に出たとしても、
誰も責められないんじゃないかな。実際真犯人を突き止めるまでに至ったのはそんな執念の男、ケラーだけなわけだし。
逆に刑事、ロキは只々幸運に恵まれただけって印象。自身の推理によって真相を突き止めたわけじゃないもんね。
その点はミステリーとしてはちょっと減点かな。

考えてみればこのお話で一番不幸な人間は犯人と疑われて取り調べ中に自殺してしまったテイラー、次はアレックス
だよね。子供の頃に誘拐さえされなければ、二人とも、まったく違う幸せな人生を送ってた可能性、大なわけだし・・・・・・

フィクションの中だとしても、幼児誘拐、そして殺害なんていう残虐行為は、本当に許せない。
重苦しい映画でありながら、「プリズナーズ」の印象がそんなに悪くないのは、ジョイとアナが無事だったこと、
それにつきるね。




このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

26〜 30件 / 全51件

プリズナーズ

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:51件

長いなぁ、暗いなぁ。

投稿日

2014/12/05

レビュアー

だいこんさん

題材が題材だけに暗いだろうとは思ってたけど、思った以上に暗かった。
本編もかなり長い。削ってもいい部分はあちこちあったような気がするけどね・・・

でも、どうなるのかとハラハラさせるところはさすがと言わざるを得ない。あっ驚くエンディングも良かった。

こんな結末とは。

投稿日

2014/11/23

レビュアー

rizucherry00

 少し途中から、子供を想う親はこんな風になるものかと、ある意味他人事ではない共有できる気持ちなんだけど、距離を感じつつの変化に
どうなっていくのか、どきどきしながら見てました。
子どもの誘拐が世界的にも多発しているからこそ、見入ってしまったところもあったけど、この結末は想像できませんでした。
時間的にも、気持ち的にも、ちょっとしんどかったです。

久々に良質のサスペンス

投稿日

2014/11/20

レビュアー

重苦しい雰囲気のサスペンスです。
娘を失った父が一線を脱してしまう・・・そこばかりクローズアップされるような売りですが、全体的にも良いサスペンスに仕上がってるかと思います。

アクションや例えばハンニバル・レクターのような演技で魅せるサスペンスでもありません。
ある種、王道的なサスペンスでもあります。
中でもヒュー・ジャックマンの演技は光ってましたし。
悪人に魅力のあるサスペンスではなく、重厚なストーリーに重きを置いてる映画でした。

ただ・・・150分超えは少々長く感じました。

隠れ作品

投稿日

2014/10/15

レビュアー

dai

それほど話題作ではかったが「意外や!意外!中々の上質サスペンス映画だった」
主演はX-Menシリーズでお馴染みの「ヒュー・ジャックマン」
てかまず思ったのは「でかすぎるぞヒュー!189pの大男がやけに存在がある。いやもはやその身長が邪魔になって父親役というのはかなり違和感がある」 X-Menではヒーロー物ということもあり全く気にはならなかったが、さすがにこういうシリアスなサスペンス映画となると「あまりにも強い父親」という印象になり、どんな逆境にも打ち勝ちそうなその存在感が作品の邪魔になっているのではないだろうか。
このようなシリアスなサスペンスドラマの場合に「あ〜この主演、安心感があるわ〜結局最後は打ち勝つだろ〜」みたいなことを視聴者に思われたらそれは作品として失敗だろう。
「うん?次どうなるんだ?なんだ?マジか!?ヤバイヤバイ!」というようなヒヤヒヤ感とドキドキ感や不安など渦巻いて初めてサスペンス作品として成立し、視聴者の目を釘付けにするんではないだろうか。
とまぁ星を減らしたのはこういうことが要因の一つである。

しかしストーリー内容は非常に上質なものであった。
約2時間20分という長編であるが全く飽きさせず目まぐるしく変わる転回に転回、ジェイク・ギレンホールの名演技など見どころ満載の作品だった。
おそらく視聴した方は主演のヒュー・ジャックマンの方が異常犯罪者のように見えたのではないだろうか。
どちらかというと犯人の異常犯行よりヒュー・ジャックマンの鬼気迫る異常犯行の方にクローズアップした作品であった。
極端に言えば異常者犯人はヒュー・ジャックマンと言ってもいいのではないだろうか・・・
 

面白い!

投稿日

2014/10/14

レビュアー

CLIMBER

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

久々に面白いミステリー、サスペンス映画を観せてもらった。自分的にはすごく満足。
先の展開が読めず、終始製作者側が仕掛けるミスディレクションに振り回された感じ。
アレックス演じるポール・ダノのイメージから、こいつ、知的障害者のふりしてるだけなんじゃないか?と、疑ってしまったもの。

すべて観終わってから改めて推察してみれば、ご都合主義や苦しい設定は多々見受けられるんだけど、
観てる間はそんな疑問を感じる間もなく、どんどん引き込まれてしまった。

アレックスを監禁し、拷問を繰り返してまで娘を探し出そうとするケラーの行動に批判的な意見もあるだろうけど、
実際自分の子供が誘拐され、刻一刻と命の危機が迫っている状況に陥れば、それくらいの暴挙に出たとしても、
誰も責められないんじゃないかな。実際真犯人を突き止めるまでに至ったのはそんな執念の男、ケラーだけなわけだし。
逆に刑事、ロキは只々幸運に恵まれただけって印象。自身の推理によって真相を突き止めたわけじゃないもんね。
その点はミステリーとしてはちょっと減点かな。

考えてみればこのお話で一番不幸な人間は犯人と疑われて取り調べ中に自殺してしまったテイラー、次はアレックス
だよね。子供の頃に誘拐さえされなければ、二人とも、まったく違う幸せな人生を送ってた可能性、大なわけだし・・・・・・

フィクションの中だとしても、幼児誘拐、そして殺害なんていう残虐行為は、本当に許せない。
重苦しい映画でありながら、「プリズナーズ」の印象がそんなに悪くないのは、ジョイとアナが無事だったこと、
それにつきるね。




26〜 30件 / 全51件