アナと雪の女王

アナと雪の女王の画像・ジャケット写真
アナと雪の女王
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

145

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
ジャンル:

「アナと雪の女王」 の解説・あらすじ・ストーリー

ディズニーアニメーションが配信で観られる2014ポイントキャンペーンの対象外作品です。<br>雪と氷の世界を舞台に、運命に引き裂かれた王家の姉妹を主人公に“真実の愛”を描いた感動アニメ。触れるものを凍らせる力を持つ姉・エルサは、戴冠式の日に王国を冬に変えてしまい、城から逃亡する。妹・アナは姉と王国を救うため、雪山へと旅立つ。

「アナと雪の女王」 の作品情報

製作年: 2013年
製作国: アメリカ
原題: FROZEN

「アナと雪の女王」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

アナと雪の女王の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
102分 日本語・英語・日本語吹替え用字幕 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
VWDP5331 2014年07月16日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
204枚 16人 8人

【Blu-ray】アナと雪の女王(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
102分 日本語・英語・日本語吹替え用字幕 1:DTS-HD Master Audio/7.1chサラウンド/英語/(ロスレス)
2:DTS-HD Master Audio/7.1chサラウンド/日本語/(ロスレス)
レイティング: 記番: レンタル開始日:
VWBP5331 2014年07月16日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
314枚 9人 5人

関連作品

ユーザーレビュー:145件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

26〜 30件 / 全145件

アニメーションの進化

投稿日:2016/02/14 レビュアー:コンパス

今更ながらですが、
それぞれの個性がわかりやすく描かれていてすごいと思う。
このアニメ、声優さんの「声の演技」だけでなく、各キャラクターの顔の
パーツの動かし方はもちろん、シーンに見合った体のこなし方まで丁寧に描かれていて、
そう、体の動かし方という点では、まるで人間の俳優さんが演技しているようにも見えてくる。
ああ、こういった汎用的なテーマのアニメでは、日本のアニメはもう太刀打ちできない
んだろうな、とそう思う。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

女性向け=子供だまし。言うほど面白くない

投稿日:2015/06/21 レビュアー:にくきゅう

開幕30分のレリゴ〜♪の曲が最大の山場。
それ以降はず〜〜〜〜〜っと平坦。むしろ下り坂か^^;
インド映画で必ず踊りが入るみたいにいちいち歌うのが正直ウザかったw
なんでこの程度の映画が流行ったのかわからない。
まぁ大衆は簡単に踊らされちゃうんだよっていうイイ例なんだろうな。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

見る気もなかったのに、見たら泣いた。

投稿日:2015/04/18 レビュアー:ObiwanKenobi

ネタバレあり注意。
元々、見る気なかった。アニメは余り見ない。
きっかけは歌。ブームも過ぎた頃、息子に頼まれ、CDを借りた。借りたついでに俺も聞いた。
聞いたついてに歌ってみたら、音域がぴったりだった。これは珍しい。
調子に乗って、indina menzelバージョンとdemi lovatoバージョンを、車内で100回位ずつ歌ったかな。
それで、映画も見てみようかな、という事で、既に準新作となっていたDVDを借りて来た。
予想通りミュージカルだ。英語のミュージカルは嫌いじゃない。歌い込んでから見たお蔭で、どの歌もスーっと入って来た。
所詮おとぎ話なんだからと、兎に角、歌を楽しんだ。
当然、みんな歌はうまいし、男女の掛け合いも素晴らしい。
姉妹の掛け合いも、同じメロディーラインの中に、明暗が絡むようで、面白かった。
見るつもりも無かったんだから、泣くつもりも無かった。
真実の愛の所に、仕掛けが2つ仕込んであったので気付かず、気付いた時には泣かされてしまったという訳だ。
真実の愛は王子であろうと思っていたところ、王子が豹変して悪人になった。これで、王子の線は消えた。
次の候補が氷売りの青年であろう事は、だいぶ前から前振りされていた。
だから、そこから暫くは、少しうんざりしながら、当然の成り行きを見守らざるを得なかった。
しかし、いつまで待っても、氷売りはキスしようとしない。
凍ったアナの一部が溶けだした瞬間に、俺は全てを理解し、涙腺は決壊した。
真実の愛は男女間だけではない、という落ちだった。真実の愛は、姉・エルサだった。
これ自体は、ありふれたテーマだ。単独だったら、絶対にひっかかる筈はない。
だが、氷売りの青年がおとりとなっていたせいで、そこは盲点になってしまっていた。
1つなら気づいてしまうけれど、トラップが2つ重なっていたので、うっかり見過ごしていた。
「やられた」と思った時には、もう遅く、両目からは大量の涙が出ていた。
不覚にも、やられた、と言う感じだ。
いろんな意味でクオリティが高く、良質な映画だ。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

つまらなかった…

投稿日:2015/03/16 レビュアー:tokonn

何を伝えたい話なのか分からない…。あまりにマスコミや広告が過剰でいい話なのかと思って観ましたが、結論から言うとただのアニメーションミュージックかな。
アナがただの我が儘で世間知らずの女の子で女王は魔法使いで暗いだけの人で、最後に変わる訳でもなかった。歌も凄いと言うよりただの歌謡曲…これであればレミゼラブル見た方がまだ増しだよ〜。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

重なり合う。

投稿日:2015/02/22 レビュアー:

ちびこ6さい、映画館デビューの映画となった。

病院の待ち合いで退屈させないために携帯の画像を色々見せていたところ、ちびこがくぎづけになったのが
このアナと雪の女王。お利口にできたご褒美に、当日思い立って映画館へ。

真っ暗な場所、知らない人も大勢いる中、2時間もつだろうか・・。
そんな心配は杞憂に終わった。

画面に釘付け、前のめりになって見ていた。

ディズニー苦手のわたしも、全然期待していなかったのだけど、あっというまの2時間だった。
絵が驚くほどにリアルで立体的、氷のシャンデリアみたいな森のうつくしいこと、表情がくるくる変わり
生き生きしている。

そしてなにより驚いたのが、日本語版の松 たか子さんと神田 さやかさん。
なめていた。
度肝抜かされた。

お二人とも、2世タレント。同じくらいビッグすぎる有名人を親に持ち、わたしたち一般人には
分からないプレッシャーやストレスの中で生きてきたことは簡単に想像できる。
神田さんの初映画主演作は、正直ボロボロだった。きっと、何かに挑戦するたびに
松田 聖子という大きな壁、神田 正樹という大きな壁にぶつかってきただろう。
この作品で、一気にこれまでのもやもやは吹き飛んだ。
手放しで素晴らしかった。

アナとエルサという姉妹と、同じような境遇で苦労してきた松さんと神田さんがうまく重なって、
昇華した、そんな印象。

きれいなだけじゃない王女。
最初の恋がハッピーエンドじゃないヒロイン。
よだれだってたらすし、けんかだってする。
そういう等身大な姿にすんなり入り込め、共感できた。

ストーリー、キャラクター、音楽、3つがぴったりはまって素晴らしい1本になったと思う。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

26〜 30件 / 全145件

アナと雪の女王