舟を編む

舟を編むの画像・ジャケット写真
舟を編む / 松田龍平
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

89

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 見放題
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「舟を編む」 の解説・あらすじ・ストーリー

2012年本屋大賞第1位に輝いた三浦しをんの同名ベストセラーを松田龍平主演で映画化した感動ドラマ。新しい辞書の編纂に取り組む新米編集者の青年が、個性豊かな編集部員たちと織り成す人間模様と、板前を目指す下宿先の孫娘との恋の行方をユーモラスかつハートウォーミングに綴る。共演は宮崎あおい、オダギリジョー。監督は「川の底からこんにちは」の石井裕也。1995年。玄武書房に勤める真面目で不器用な青年・馬締光也は、浮いた存在だった営業部から辞書編集部に異動となる。迎えたのは、定年間近のベテラン編集者・荒木やお調子者の西岡ら個性あふれる面々。新しい辞書『大渡海』の編纂という難事業に取り組む彼らに辞書の世界の奥深さを教えられ、辞書作りに没頭していく馬締だったが…。

「舟を編む」 の作品情報

製作年: 2013年
製作国: 日本

「舟を編む」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

舟を編むの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
133分 聴覚障がい者用日本語字幕 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
3:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語/(視覚障がい者用音声ガイド)
レイティング: 記番: レンタル開始日:
DB9727 2013年11月08日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
67枚 7人 9人

【Blu-ray】舟を編む(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
133分 聴覚障がい者用日本語字幕 1:DTS-HD Master Audio/5.1chサラウンド/日本語
2:DTS-HD Master Audio/ステレオ/日本語
3:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語/(視覚障がい者用音声ガイド)
レイティング: 記番: レンタル開始日:
SHBR9197 2013年11月08日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
25枚 6人 1人

関連作品

ユーザーレビュー:89件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

26〜 30件 / 全89件

編むという行為の意味に。

投稿日:2014/04/25 レビュアー:rizucherry00

 手編みのセーターを昔よく作っていたので、タイトルから。気の遠くなるくらいの小さな行為の積み重ねという意味合いが強いのであろうと予測してました。
主役の松田龍平さんの抑えた演技に、熱い思いは内に秘めたほうが強いものかもと思うほど、徐々にこちらまで一緒に辞書を作りあげたいという気持ちになっていました。
誰が目立ってどうという話ではないせいか、淡々と心に響いてくる、そんな作品と思いました。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

辞書って改めてすごいなと思いました。

投稿日:2014/03/01 レビュアー:スヌーピー

本屋大賞第一位の作品だけど原作は読んでないです。すごい人気があってレンタル屋さんでも借りられていたしレビューも好評だったので楽しみにしてました。でも、毎回思うのですが先入観があるとやっぱり駄目ですね。ものすごく期待をしてしまいました。多分何もなく見たらもっと感動したのではないかなと思いました。
辞書作りって全然分からなくてでもなんとなく大変なんだろうなと思っていたけど想像以上の根気のいる仕事で驚きました。辞書を作るのにこんなに長い年月がかかるなんて思いませんでした。言葉って生き物だから長い年月の中で死語になるのもたくさんあるし、逆にどんどん新しい言葉も出てくるから本当に大変だろうなと思いました。好きじゃないと出来ない仕事だろうなと思いました。主人公の馬締くんは好きなことを仕事に出来て本当に幸せだと思いました。大家さんも言っていた通りです。好きなことをずっと続けられてそれでお給料がもらえる人なんて少ないから羨ましいです。そしてこの仕事で素敵な仲間にも出会えてきれいな奥様にも出会えてよかったなと思いました。
最近自分も辞書を全然触ったことがなかったのでこの映画を見たあと本棚に行きどんな辞書があったかなと確かめました。結婚した時に辞書はほとんど実家に置いてきたので4冊しかなかったけど久しぶりに触って紙の感触を確かめました。こんなところにもこだわりがあったんだなと思いました。最近は携帯、パソコン、電子辞書ですぐ済ませてしまうけどこれを機に本棚にずっと入れっぱなしにせず作ってみようと思いました。

松田龍平さんの演技良かったです。彼はいろんな役が出来るなと思いました。難しい役だけど彼がオドオドしている姿や少し変わった感じも良かったです。あと、オダギリジョーさんのこういう役も珍しくて良かったです。彼って無口な役のイメージがあったからこういう軽い役も出来るのだと思いました。宮崎あおいさんはこういう役多いですね。あまりに多くて全部同じに見えてしまい残念です。彼女の悪役とか男性を翻弄される役とか一度真逆の役を見てみたいです。でもやはりかわいらしかったです。
オダギリジョーさんの彼女の池脇千鶴さんの服装やメイクがすごく時代を感じ懐かしかったです。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

「大きく深い

投稿日:2014/02/04 レビュアー:あつき

言葉の海をただよい進む辞書という舟、こんなに長い時間と労力が・・・・・
久々に良い映画を観ました。

キャストがみんなすばらしい。わたしのお気に入りは、「トラさん」
実際の出版社の様子は見たことないが、玄武書房の辞書編集部
の室内、とてもリアルな感じで。机の上もまわりも本や書類が
山積み。主人公の部屋も本だらけ。
この映画のメイキングというものがあるなら是非見たいものです。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

いい映画だけど、ちょっと中だるみ長しネタバレ

投稿日:2014/01/28 レビュアー:てんてんまま

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

随分待って、やっと観れた割には「あれっ?」って思うトコが多くて少しガッカリ。
確かに宮崎あおいさんは可愛いし、松田龍平は真面目過ぎる面白キャラで2人にぎこちない恋愛模様は見てて歯ぎしりする程に進展が遅くて可愛らしかった。
でも、何もかもが遅すぎるのだ。辞書作成がどれだけ大変なのかは分かる。それを観る方にも解らせようという計画なんだろうが、余りにも細々した作業の連続で、飲み会はいつも同じ飲み屋で....って観てて辛くなる程に長い。だから加藤剛も死んじゃうんだな。完成まで見届けられなかったんだな。
哀しいな。
でも、宮崎あおい演じる女板前師と松田龍平演じる辞書製作者の恋は結婚という形で実って良かった。辞書の完成よりもそっちがホッとした。
でも最後まで子供云々って話は無かったなぁ。ちゃんと夫婦生活してるのかなぁ ....????

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

立て続けに3度観ました!!!

投稿日:2014/01/25 レビュアー:Hocco21

近年にない感動作です。何と言っていいのか、言葉がありません。
こんな時、彼等の編んだ新しい辞書『大渡海』があれば、いい言葉が浮かぶかもしれません(笑)

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

26〜 30件 / 全89件

舟を編む