リンカーン

リンカーンの画像・ジャケット写真
リンカーン / ダニエル・デイ=ルイス
全体の平均評価点:
(5点満点)

47

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「リンカーン」 の解説・あらすじ・ストーリー

「シンドラーのリスト」「プライベート・ライアン」の巨匠スティーヴン・スピルバーグ監督が、“アメリカ史上最も愛された大統領”エイブラハム・リンカーンの偉大な足跡を映画化した感動の伝記ドラマ。国が大きく分断された過酷な状況において、リンカーンはいかにして奴隷解放という大いなる目的を達成するに至ったのか、その知られざる政治の舞台裏を、理想のリーダー像という視点から丁寧に描き出していく。主演は本作の演技で「マイ・レフトフット」「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」に続いて、みごと3度目のアカデミー主演男優賞に輝いた名優ダニエル・デイ=ルイス。共演はサリー・フィールド、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、トミー・リー・ジョーンズ。

「リンカーン」 の作品情報

製作年: 2012年
製作国: アメリカ
原題: LINCOLN

「リンカーン」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

リンカーンの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
151分 日・英 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
FXBR55487 2013年09月13日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
166枚 10人 7人

【Blu-ray】リンカーン(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
151分 日本語・英語 1:DTS-HD Master Audio/7.1ch/英語/(ロスレス)
2:DTS/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
FXXR55487 2013年09月13日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
55枚 4人 2人

関連作品

ユーザーレビュー:47件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

26〜 30件 / 全47件

勉強になるけど

投稿日:2013/09/16 レビュアー:nisi

アメリカ議会の様子がよくわかる映画で、基本的にはいまも大統領は同じような状況下にいて、やはり法案成立に力が必要。期待する武勇伝や劇的なドラマ、ヒーロー話は乏しいので、エンターテイメントとしては楽しめない。ふーん、そうなんだ。という勉強になる作品でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

面白かったです!

投稿日:2013/09/15 レビュアー:よっちゃん

題名だけ見て、借りるのをやめたりする人もいるかもしれませんが、お勧めです。私は見ているうちにだんだん作品に引き込まれていく感じがしました。
ハラハラ ドキドキのシーンもあって、見ごたえもありました。もっと話題になっていい作品だと思います。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

感動的

投稿日:2017/08/15 レビュアー:quae

アメイジンググレイスと一緒に見て欲しい

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

リンカーンあってこその奴隷解放

投稿日:2017/06/04 レビュアー:まごわやさしい

多数派工作で13条放修正案を通過させたあたりを丁寧に描いています。
ところどころには、人々に愛されたリンカーンを等身大で描いています。
南北戦争と奴隷解放、困難な二つの出来事に立ち向かったリンカーン。
「彼だったからできた」こともたくさんあったことでしょう。
いい映画です。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

政治家嫌い、政治家不信者には不愉快になる作品

投稿日:2015/06/09 レビュアー:RUSH

政治の世界。僕が嫌いな世界。権力者がわがもの顔でその国を変えていく。良い政策もあれば悪い政策もある。時には戦争という最悪な判断もすることもある。国を限られた政治家や官僚といった人間たちが動かす。そこは一般市民が手の届かないある意味聖域ともいえる。一般市民は手をこまねいて見ているだけで罵倒を浴びせ泣き叫ぶだけだ。

この映画では南北戦争を終結させ奴隷制度を廃止させ暗殺された伝説の大統領リンカーンをスピルバーグが描く。といってもリンカーンの生涯終盤のみを描いた作品だ。リンカーンと言えば「人民の人民による人民のための政治」という名言と奴隷制度の廃止と南北戦争を終結させアメリカを一つにまとめた大統領と言うことぐらいしか知らなかったしさほど興味はなかった。何故なら政治や政治家を俺は毛嫌いするからだ。日本でもそうだが国会での討論は本当に討論と言えるのか?という思いと、汚いヤジの応酬に辟易してしまうのだ。そして裏工作、つまり根回しである。これが大嫌いだ。政治と根回しは切っても切り離せない関係にある。これは何も政治だけではなく人生でもそうだと思う。それが出来ない俺のようなヤツは人生をうまく生きていけない。でも嫌いなものはしょうがない。

この映画では奴隷解放のための憲法改正していく課程が描かれる。リンカーンの目指す所は奴隷解放と南北戦争の終結。この二つの命題にリンカーンが如何に臨んだのか?如何に苦悩したのか?リンカーンを支えていた人の苦労はどうだったのか?憲法改正の根回しはどうだったのか等ををサスペンスタッチで非常に緊迫感のあるものに仕上げている。何もかもが素晴らしいのだろう。アカデミー賞でもたくさんの賞を取っている。リンカーンを演じた俳優の演技は力みもなく、それこそ本物のリンカーンはこうだったのだよと言わんばかりの演技だった。タイムスリップできるなら是非とも彼の演説を生で聴いてみたいと見終わってから政治嫌いの俺にそう思わせた映画だ。リンカーンには大統領としての公の顔と一人の人間としてのプライベートの顔を持つ。どんな政治家でもそうだろうが。最近の日本の政治家のプライベートは散々写真週刊誌にすっぱ抜かれているけど今の政治家、特に若い経験の少ない政治家に志を感じることは出来ない。私欲のみそして私腹を肥やす為だけに動き、一般人には政治家をやっているというポーズを演じているようにしか見えないのだ。この作品は1865年を描く。日本でいえばちょうど幕末だ。志溢れる志士たちが躍動し始める頃だ。アメリカでも一人の偉大な大統領の出現で世界が大きく変化することになる。しかしその偉大な大統領も一人の父親。その家庭は仕事によってあまり良い関係が築けていなかったようだ。夫と妻、父と息子それぞれに問題を抱えながら、自分の志を強い意志で貫いていくさまをサスペンスタッチで描いていく。

でもやっぱり政治家を好きになれない。特に裏工作に奔走する官僚や政治家を描いたシーンなどはあまりにリアルでこういうことが現在の日本でも行われているのではないか?それどころか行われているだろうと不愉快になり政治家や官僚嫌いの俺はもううんざりだった。何処の国の政治も民主主義を貫く限りは多数決なのである。憲法改正の票決に必要な20票。その票の獲得のために強行な指示を出すリンカーンとそれを実行する官僚と政治家たちを見ていて吐き気がした。これは間違いなく俺好みの映画ではない。これが政治の世界、大人の世界だというのなら俺は一般人であり続け子供のままでいい。

この映画は政治や根回しを何とも思わない人間向きの映画だ。俺には合わなかった。でも映画的には素晴らしい作品だと思う。趣味が合わないだけだ。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

26〜 30件 / 全47件

リンカーン