横道世之介

横道世之介の画像・ジャケット写真
横道世之介 / 高良健吾
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

48

  • DVD
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「横道世之介」 の解説・あらすじ・ストーリー

「南極料理人」「キツツキと雨」の沖田修一監督が吉田修一の同名小説を映画化した感動の青春ドラマ。大学進学のため田舎から上京してきた真っ直ぐで心優しい青年“横道世之介”が、周囲の人々と織り成すほのぼの青春模様をユーモアと80年代ノスタルジーを織り交ぜ、心温まるタッチで綴る。主演は「蛇にピアス」の高良健吾、共演に吉高由里子。大学進学のために上京した横道世之介。少々お人好し過ぎるものの、明るく素直な性格で出会った人を魅了していく。そんな世之介は、入学式で出会った倉持一平や同級生の加藤雄介らと友情を育む一方、年上の女性・片瀬千春に片思いをしたり、あるいはお嬢様の与謝野祥子との間に淡い恋が芽生えたりと大学ライフを謳歌していくのだが…。

「横道世之介」 の作品情報

製作年: 2012年
製作国: 日本

「横道世之介」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

横道世之介の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
160分 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
ASBX5567 2013年08月07日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
123枚 1人 1人

関連作品

ユーザーレビュー:48件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

26〜 30件 / 全48件

愛すべき世之助さん。

投稿日:2013/09/17 レビュアー:ぼぼり。

とても心があったかくなる映画でした。
素直であることの素晴らしさをつくづく感じて最後は号泣しちゃいました。
観てよかったです。ありがとうございます!

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ほっこりしました。

投稿日:2013/08/23 レビュアー:

80年代半ばに長崎から上京、
東京で一人暮らしをすることになった横道世之介くんの話。
かっこいいはずの高良健吾くんが若干キモく、
吉高由里子ちゃんのお嬢様ぶりががかわいい。
80年代の懐かしい風景も垣間見られます。
平和に見られる映画。
私は好きです。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

素敵です

投稿日:2013/08/23 レビュアー:_


この映画をみた後しばらく
ほわほわしてました。

心があったかくなる
素敵な映画でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

普通って大切で難しい。(笑)ネタバレ

投稿日:2013/08/15 レビュアー:キヨ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

って、この映画を観て思った。
これほど、普通を普通にとらえた作品って滅多にないと思う。
だからスーッと心に入ってくるのかも。

難民の件は世之介の最後を決める伏線になっているのではないか。
あの時になにも出来なかった後悔。
同じことを繰り返さないように線路へ飛び込んだんだろうな…と。
それを知らせるDJが千春だったのも、ちょっとヤラれた!って気分になった。
悲報に嫌悪感を剥き出しにする千春の言動も心にグッとくる感じ。

過去と現在を上手く行き来していたのが観客を飽きさせない絶妙の構成だと思います。

ちょっと長く感じたけれど、とにかく、世之介の個性が人を引き付けるので飽きがこない。(笑)
もし実在するならば、本当に笑いが耐えない楽しいやつなんだろう。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

2013年度6月時点でNo.1の映画。

投稿日:2013/06/14 レビュアー:カーヴ

劇場鑑賞時のレビュー

とても良い映画。

沖田修一監督まだ若いのにハズレ無し!なおかつどんどん上手くなっている。80年代の新宿などあれはCGなのか?

予備知識でダラダラの青春映画だったら嫌だなぁ〜と思っていたが、15年後との時間を挟みながらのどかに、ほほえましく進む話に、”なるほどそういう感じで行くのね、それじゃあ普通だな”と思わせておいてからの、後半入口で衝撃事実!これには参った。壮大な布石、世之介に関わった全ての人物のエピソードが涙腺を刺激する。

過去は青春の1コマで15年経ちそれぞれの道を歩んでいるが、ふと思い出した時の世之介の愛おしさは笑い、そして泣ける。

スイカを2つに分けるシーンの素っぷり(あれは演技か?)雪のシーンの印象と共に忘れられない映画になりました。160分は長くない。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

26〜 30件 / 全48件

横道世之介

月額課金で借りる

都度課金で借りる