フライト

フライトの画像・ジャケット写真
フライト / デンゼル・ワシントン
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

82

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 見放題
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「フライト」 の解説・あらすじ・ストーリー

ロバート・ゼメキスが12年ぶりに実写作品の監督を務めたスペクタクルドラマ。制御不能となった飛行機を緊急着陸させたウィトカー機長は、多くの乗客を救ったヒーローとして称えられる。だがある疑惑から、彼は一転して犯罪者として扱われてしまう。

「フライト」 の作品情報

製作年: 2012年
製作国: アメリカ
原題: FLIGHT

「フライト」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

フライトの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
138分 英語/日本語/吹替用日本語 オリジナル(英語):5.1chサラウンド
日本語吹替:5.1chサラウンド
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PDSZ135803 2013年07月19日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
64枚 1人 2人

【Blu-ray】フライト(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
138分 英語/日本語/吹替用日本語 オリジナル(英語):5.1DTS-HD Master Audio
日本語吹替:5.1chサラウンド
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PDBV132441 2013年07月19日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
27枚 1人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:82件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

26〜 30件 / 全82件

呑んべぇはこれだから困る

投稿日:2013/08/10 レビュアー:きーちゃん

 薬物中毒は知りませんが、アルコール依存症を含めた広義の意味での俗世間でいう、”呑んべぇ”とか”酔っ払い”の失態や人生の悲惨な終焉の事例を次々と思い起こします。冒頭、前貼り無し、無修正の裸婦、トリーナ(ナディーン・ベラスケス)が画面の右端で行ったり来たりと、うろつくシーンに目が泳ぎますが、耳はウィップ・ウィトカー機長演じるデンゼル・ワシントンの真面目なセリフに傾聴と、幾分忙しいスタートです。フライト前日ろくに睡眠も取らず、酔っぱらいながら仕上げは薬物を鼻から短いストローで一気に吸ってシャキッとするなんて、こんなとんでもない機長が操縦桿を握っているとはなんと驚くべきことでしょう。

 しかし、初盤から約30分、乱気流に嵌り込み、雲の合間を縫って抜き切って行く機敏な判断力と操縦能力。また、そのあとに大変な危機的事態に遭遇するも、”背面飛行”という旅客機では前代未聞の荒療治で墜落を逃れ不時着し、死者6名で済んだという航空機事故の惨事に対し、真に不謹慎ではありますが、このアル中、薬物中毒機長役のデンゼル・ワシントンのキャラクターに時折笑いがこぼれます。「あっ、また酒を呑んでいるじゃない。しょうがねぇなぁ〜。」って感じで。病院で知り合った女性患者のニコール(ケリー・ライリー)にも逃げられ、別れた妻子の家に突然上り込み、酔っ払って問題を引き起こす・・。また、ハーリンという怪しげな訳の分からないドラッグの売人がここぞという時に突然現れ、その場を茶化していくカットも面白かったです。

 さて、終盤に向けて事故後の損害賠償とか刑事責任の追及など、刑事過失専門のヒュー・ラング弁護士(ドン・チードル)を交えての航空会社とパイロット組合との調整、運輸安全委員会の公聴会対応など、核心に迫ったドロドロとした雰囲気に包まれていきます。確かに事故の直接的な原因は航空機の整備不良と結論は出ましたが、この”呑んべぇ機長”は飲酒に対して全く罪の意識がない。明らかに病気です。連邦政府の息がかかった運輸安全委員会の公聴会でその全ての真相が明らかにされていきます。女性調査班長、鬼のエレン・ブロック(メリッサ・レオ)の容赦ない追及劇。「おい、それは誘導尋問だろ!ここは法廷じゃないぞ!」・・。酒の嘘なら俺に任せておけというウィトカー機長も、”死人に口なし”、恋人でもある搭乗員のトリーナに責任を転嫁するのは流石に出来ず、誘導尋問とはいえ、彼の真摯な自白劇に、「酒呑みに悪い奴はいないよ」という開き直りの声が聞こえてきます。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

好みが分かれる映画?

投稿日:2013/08/09 レビュアー:はやむね

私はこの映画好きでした。

他の方は厳しめの評価のようですが、それもまたよくわかります。

ネタばれは書きたくないのであれこれは書きませんが、
エンドロールに出てくる Flight というタイトルを見たときに、
そこで、ラストシーンに飛行機が離陸していく音が入っていたことに気づいて。
その瞬間、自分の中に湧きあがってきたものがすごくよかった。

私はこういう映画、こういうストーリー、こういう構成、こういう仕掛けに弱いのです。

全く好みじゃない人もいるでしょう。そうしたひとにはこの作品は駄作だと思います。
でも私には、今年見た映画の中でよかった映画を5つあげたら・・・きっと入れるだろうなあ。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

なんとも複雑な気持ちで・・・。今私も飲んでます!!

投稿日:2013/07/20 レビュアー:涼風マヨネーズ

あきらかに日本のパイロットにはないことでしょう。

アルコール依存症?のパイロット・・・操縦は超一流でも飲酒操縦?それにコカイン吸って?ありえね〜!!客室乗務員の飲酒?

この映画、デンゼル・ワシントンが引き受ける役ではないでしょう。全くイメージにないからね。

アンストッパブルが最高だっただけに・・・これはアカン役やわ〜!

全体的に暗〜い印象のこの映画も最後の息子との会話のシーンでは胸キュンだった。

スンマセン!実は今、私も飲酒して書いているんっす!!

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

今度のデンゼルは悪人? 善人?

投稿日:2013/07/14 レビュアー:恋次郎

デンゼル・ワシントンは作品ごとに善人であったり悪人であったり、かなり違いますね。

そこがトム・クルーズやトム・ハンクス、ウィル・スミスたちとは違うところ。
おなじように興行成績上位やアカデミー賞を取っていても悪人は主役でも演じませんからね。

さて、そこで「フライト」の機長は善人なのか、悪人なのか 実に迷うところです。

ジャンボ機が背面飛行する姿に驚きながら

ラストで、あなたが判断してください。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

rrrrrrrrr

投稿日:2013/06/24 レビュアー:エロエロ大魔神

ええええええええええええええっつ! 旅客機で背面飛行できますか?むりでしょ〜

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

26〜 30件 / 全82件

フライト