1. DVDレンタルTOP
  2. すべてのジャンル
  3. 洋画のDVDレンタル
  4. ドラマのDVDレンタル
  5. ロック・オブ・エイジズ

ロック・オブ・エイジズ

ロック・オブ・エイジズの画像・ジャケット写真

ロック・オブ・エイジズ / ジュリアン・ハフ
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

43

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

Blu-ray

旧作

ジャンル :

「ロック・オブ・エイジズ」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

旧作

解説・ストーリー

80年代ロックをフィーチャーして大ヒットしたブロードウェイ・ミュージカルを「ヘアスプレー」のアダム・シャンクマン監督が、トム・クルーズをはじめ豪華キャストの共演で映画化。夢を追って都会にやってきた若い男女とロックのカリスマがめぐり逢い、それぞれの運命が思わぬ方向に回り始めるさまを、80年代のロックンロール・ナンバーとともに描き出す。栄光とスキャンダルに彩られた80年代のハリウッド・サンセット通り。歌手を夢見て田舎から出てきたシェリーは、ライブハウス“バーボン・ルーム”でウェイターをしながら歌手デビューを目指す青年ドリューと出会う。彼の紹介でシェリーもバーボン・ルームでウェイトレスをすることになり、2人は次第に距離を縮めていくが…。

「ロック・オブ・エイジズ」 の作品情報

作品情報

製作年:

2012年

製作国:

アメリカ

原題:

ROCK OF AGES

「ロック・オブ・エイジズ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

コンカッション

ストレイト・アウタ・コンプトン

恋の終わりの始め方

怪盗グルーのミニオン危機一発

ユーザーレビュー:43件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

26〜 30件 / 全43件

ロックンローーール!!

投稿日:2013/03/12 レビュアー:やまちゃん

舞台は1987年のロサンゼルス。田舎からLAに出てきたシェリーは、ドリューという青年に出会い、ライブハウス「バーボンルーム」でウェイターをする。
そのドリューは歌手を目指している。レコード会社と契約を結ぼうとしたが、ロックスタイルの彼をレコード会社の人が見ると、「今のトレンドはポップスだ」と言われ断られそうになるが、ジャンルをポップスに変えて音楽活動をしようという。そして、彼の歌をバーボンルームで披露したが、やはりライブハウスはロック好きが集まる場所なので、かなりのブーイングだった。
けっこう後のほうのストーリーを今書いたんですが、それがメインの話ではないです。

やっぱりこの映画の目玉と言ったらトム・クルーズでしょ!今回は生歌を披露してくれます。しかも上手い!
あんなトム今まで見たことないです。

この映画の元はブロードウェイミュージカル。
知ってる歌とかいっぱい入ってて楽しかったです。Don't Stop Blievin'は、グリーで歌ってて前からいい歌だなと思ってたんですけど、今回この映画で歌っててあらためていい歌だなと思いました。そのほかに、Any Way You Want ItやI Love Rock'n Rollなども入ってました。

やっぱりロックっていいな〜、そう感じさせる映画でした。
ロック好き、トム・クルーズ好きにはたまらない作品です

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

ハードロックばかりではない

投稿日:2013/02/13 レビュアー:テツコ

いきなりナイトレンジャー、デイブリーロス、ポイズンあたりがかかって、こりゃどんぴしゃストライクゾーンかと思ったら、ハードロック以外もけっこうかかってるんだね。
トムクルーズはじめ、キャストが歌うボンジョヴィ、トゥイステッドシスター、デフレパード、ウォレントあたりはいいけど、他のポップスもけっこう多かったりして選曲に一貫性がない。
アメリカ人は耳慣れてるかもしれんけどね。日本人だとよほどくわしくないと全曲はわからなさそう。

ストーリーはくだらない。『ストリートオブファイヤー』に影響を受けたようなベタさだけど、仰々しさがイマイチ。やっぱあの完成度は簡単には出せないね。
歌以外は面白くない。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

ドン引きスーパースター

投稿日:2013/02/13 レビュアー:カプチーノ

ロックの楽しさが感じられない薄っぺらな映画。
まず、登場人物がダメ。誰一人として共感できません。登場人物の中にこの人物が好きだと言える人がいません。
最もダメなのが、トム・クルーズ演じるカリスマ的ロックスター。
戯画化され過ぎていて、お笑いネタのような存在になっています。ロックのスーパースターのパロディを意図したのでしょうか?
これが笑えないどころか、ドン引き。寒過ぎる。途中でアホらしくなってきました。これ何?状態で見ていました。
そして、先が読めてしまうストーリィが平凡。子供だましのような中学生が考えたようなストーリィ。
あえて、このつまらなさを裏読み的に解釈すると、商品に堕してしまったロックのふがいなさを描いたとも言えるかもしれませんが、
制作者は、そこまで高い志を持っていないですねえ。
騒々しいだけの、疲労感いっぱいの凡作。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

とにかくStacee Jaxx 。

投稿日:2012/12/11 レビュアー:KEE


Tom Cruiseがすごい。アクセル・ローズみたいだなあ、と思っていたら、やっぱり指導を受けてたのね。
このひと、歌がこんなにうまいなんて知らなかった。

ロックンローラーにしか見えない!!!

上半身裸で、お尻も丸出しです。
なんだかんだいっても何でも徹底的になるプロ根性が私は好きです。

あと、なんかもう何もかもかなぐり捨てた感じの、 Catherine Zeta-Jones がすごい。

さすがにダンスも切れがあるが、なんかとにかくすごい。

顔が怖いのもあるけど。98年にみた「マスクオブゾロ」の驚くばかりの美女ぶりが懐かしいけど、これはこれでお見事。

若い二人は、さすがに実力派で、かわいいし、歌もうまい。

Julianne Hough ってカントリーシンガーなのね。

お話としては、基本ミュージカルなので、どうなの?っというところはありますが(笑)

80年代のロックと、ファッションが楽しめます。

どっちもあまり得意分野ではありませんが、こんな私でも、知ってる曲は多かったです。

なんとなく、「Glee」のロック版というか。

音楽を聴きに行くにはよいのではないでしょうか?

すごくおすすめってわけでもないけど、Tom CruiseのStacee Jaxxぶりはお見事です。




このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

ロック・オブ・エイジズ ネタバレ

投稿日:2014/10/29 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 主演の2人は、田舎から上京してきてスターを目指す若者2人。この2人をメインで追いかけるってわけでもなく。トム・クルーズ演じるカリスマロックスターは真実の愛を知らない、と悩んでる……悩んでるのか? アレック・ボールドウィン演じるライブハウスのオーナーは金策に困るドラマを展開します。キャサリン・ゼダ・ジョーンズはロックを目の敵にして潰してこようとするカタキ役。ポール・ジアマッティは敏腕マネージャーとして動き回る。
 
 主人公2人よりベテラン俳優さんたちのはっちゃけたお芝居が面白くて、そこをメインに楽しむ映画でした。中でも面白かったのは、キャサリン・ゼダ・ジョーンズのハジケっぷりが怖すぎます。後は、アレック・ボールドウィンはゲイの役で、途中にその2人の回想シーンが挿入されますが、そこがなかなかの出来で笑えました。

 お話の方はよくある夢を目指す上京もので新鮮味がなかったです。しかも、主人公2人が仲たがいするきっかけが勘違いというのも。その見せ方も古臭いです。
 そして、勘違いきっかけでマイナスな方向へと物語が展開して、どうやって仲直りするのかと見てたら、たまたま出会って「君はあのときこうだったじゃないか」と話すと「それは違う」とあっさり真相が判明してしまうっつう。何でそのタイミングなんだ。何で、そこの夜景を見ていたんだという。

 ライブハウスが潰れそううんぬんのドラマやロックスターの真実の愛もクライマックスで何故か解決してるし。よくわからない話でした。それに、80年代のロックを知らないボクにとってはミュージカルシーンでそんなに盛り上がれないのが残念でした。むしろ新鮮に見れたのでそこらへんはよかったと思います。

 とはいえ、みんなで歌ってるのを見てると自然と楽しい気持ちになれる映画でした。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

26〜 30件 / 全43件

ロック・オブ・エイジズ

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:43件

ロックンローーール!!

投稿日

2013/03/12

レビュアー

やまちゃん

舞台は1987年のロサンゼルス。田舎からLAに出てきたシェリーは、ドリューという青年に出会い、ライブハウス「バーボンルーム」でウェイターをする。
そのドリューは歌手を目指している。レコード会社と契約を結ぼうとしたが、ロックスタイルの彼をレコード会社の人が見ると、「今のトレンドはポップスだ」と言われ断られそうになるが、ジャンルをポップスに変えて音楽活動をしようという。そして、彼の歌をバーボンルームで披露したが、やはりライブハウスはロック好きが集まる場所なので、かなりのブーイングだった。
けっこう後のほうのストーリーを今書いたんですが、それがメインの話ではないです。

やっぱりこの映画の目玉と言ったらトム・クルーズでしょ!今回は生歌を披露してくれます。しかも上手い!
あんなトム今まで見たことないです。

この映画の元はブロードウェイミュージカル。
知ってる歌とかいっぱい入ってて楽しかったです。Don't Stop Blievin'は、グリーで歌ってて前からいい歌だなと思ってたんですけど、今回この映画で歌っててあらためていい歌だなと思いました。そのほかに、Any Way You Want ItやI Love Rock'n Rollなども入ってました。

やっぱりロックっていいな〜、そう感じさせる映画でした。
ロック好き、トム・クルーズ好きにはたまらない作品です

ハードロックばかりではない

投稿日

2013/02/13

レビュアー

テツコ

いきなりナイトレンジャー、デイブリーロス、ポイズンあたりがかかって、こりゃどんぴしゃストライクゾーンかと思ったら、ハードロック以外もけっこうかかってるんだね。
トムクルーズはじめ、キャストが歌うボンジョヴィ、トゥイステッドシスター、デフレパード、ウォレントあたりはいいけど、他のポップスもけっこう多かったりして選曲に一貫性がない。
アメリカ人は耳慣れてるかもしれんけどね。日本人だとよほどくわしくないと全曲はわからなさそう。

ストーリーはくだらない。『ストリートオブファイヤー』に影響を受けたようなベタさだけど、仰々しさがイマイチ。やっぱあの完成度は簡単には出せないね。
歌以外は面白くない。

ドン引きスーパースター

投稿日

2013/02/13

レビュアー

カプチーノ

ロックの楽しさが感じられない薄っぺらな映画。
まず、登場人物がダメ。誰一人として共感できません。登場人物の中にこの人物が好きだと言える人がいません。
最もダメなのが、トム・クルーズ演じるカリスマ的ロックスター。
戯画化され過ぎていて、お笑いネタのような存在になっています。ロックのスーパースターのパロディを意図したのでしょうか?
これが笑えないどころか、ドン引き。寒過ぎる。途中でアホらしくなってきました。これ何?状態で見ていました。
そして、先が読めてしまうストーリィが平凡。子供だましのような中学生が考えたようなストーリィ。
あえて、このつまらなさを裏読み的に解釈すると、商品に堕してしまったロックのふがいなさを描いたとも言えるかもしれませんが、
制作者は、そこまで高い志を持っていないですねえ。
騒々しいだけの、疲労感いっぱいの凡作。

とにかくStacee Jaxx 。

投稿日

2012/12/11

レビュアー

KEE


Tom Cruiseがすごい。アクセル・ローズみたいだなあ、と思っていたら、やっぱり指導を受けてたのね。
このひと、歌がこんなにうまいなんて知らなかった。

ロックンローラーにしか見えない!!!

上半身裸で、お尻も丸出しです。
なんだかんだいっても何でも徹底的になるプロ根性が私は好きです。

あと、なんかもう何もかもかなぐり捨てた感じの、 Catherine Zeta-Jones がすごい。

さすがにダンスも切れがあるが、なんかとにかくすごい。

顔が怖いのもあるけど。98年にみた「マスクオブゾロ」の驚くばかりの美女ぶりが懐かしいけど、これはこれでお見事。

若い二人は、さすがに実力派で、かわいいし、歌もうまい。

Julianne Hough ってカントリーシンガーなのね。

お話としては、基本ミュージカルなので、どうなの?っというところはありますが(笑)

80年代のロックと、ファッションが楽しめます。

どっちもあまり得意分野ではありませんが、こんな私でも、知ってる曲は多かったです。

なんとなく、「Glee」のロック版というか。

音楽を聴きに行くにはよいのではないでしょうか?

すごくおすすめってわけでもないけど、Tom CruiseのStacee Jaxxぶりはお見事です。




ロック・オブ・エイジズ

投稿日

2014/10/29

レビュアー

片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 主演の2人は、田舎から上京してきてスターを目指す若者2人。この2人をメインで追いかけるってわけでもなく。トム・クルーズ演じるカリスマロックスターは真実の愛を知らない、と悩んでる……悩んでるのか? アレック・ボールドウィン演じるライブハウスのオーナーは金策に困るドラマを展開します。キャサリン・ゼダ・ジョーンズはロックを目の敵にして潰してこようとするカタキ役。ポール・ジアマッティは敏腕マネージャーとして動き回る。
 
 主人公2人よりベテラン俳優さんたちのはっちゃけたお芝居が面白くて、そこをメインに楽しむ映画でした。中でも面白かったのは、キャサリン・ゼダ・ジョーンズのハジケっぷりが怖すぎます。後は、アレック・ボールドウィンはゲイの役で、途中にその2人の回想シーンが挿入されますが、そこがなかなかの出来で笑えました。

 お話の方はよくある夢を目指す上京もので新鮮味がなかったです。しかも、主人公2人が仲たがいするきっかけが勘違いというのも。その見せ方も古臭いです。
 そして、勘違いきっかけでマイナスな方向へと物語が展開して、どうやって仲直りするのかと見てたら、たまたま出会って「君はあのときこうだったじゃないか」と話すと「それは違う」とあっさり真相が判明してしまうっつう。何でそのタイミングなんだ。何で、そこの夜景を見ていたんだという。

 ライブハウスが潰れそううんぬんのドラマやロックスターの真実の愛もクライマックスで何故か解決してるし。よくわからない話でした。それに、80年代のロックを知らないボクにとってはミュージカルシーンでそんなに盛り上がれないのが残念でした。むしろ新鮮に見れたのでそこらへんはよかったと思います。

 とはいえ、みんなで歌ってるのを見てると自然と楽しい気持ちになれる映画でした。

26〜 30件 / 全43件