魔女の宅急便

魔女の宅急便の画像・ジャケット写真

魔女の宅急便 / 高山みなみ

全体の平均評価点:(5点満点)

104

全体の平均評価点:

DVD

Blu-ray

ジャンル :

「魔女の宅急便」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

解説・ストーリー

「風の谷のナウシカ」「天空の城ラピュタ」の宮崎駿監督が、魔女の少女が魔女になるための修行をしていく過程で様々な経験を積み成長していく姿を描いた長編アニメーション。13歳の魔女キキは、古い一族の掟に従い、黒猫ジジと修業の旅に出る。そして、海辺の大きな街で修行をすることに。箒で飛ぶ以外に能がないのキキは、空飛ぶ宅急便を始める。しかし、最初の仕事でいきなり荷物を無くしてしまう……。

「魔女の宅急便」 の作品情報

作品情報

製作年: 1989年
製作国: 日本
原題: KIKI’S DELIVERY SERVICE

「魔女の宅急便」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

脚本: 宮崎駿
原作: 角野栄子
撮影: 杉村重郎
音楽: 久石譲

関連作品

関連作品

ONE PIECE THE MOVIE デッドエンドの冒険

ONE PIECE FILM ワンピースフィルム STRONG WORLD

ライフ・イズ・ジャーニー

ロードス島戦記

ユーザーレビュー:104件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

26〜 30件 / 全104件

山寺さん、いったい何役やらされたのか・・・ ネタバレ

投稿日:2004/03/21 レビュアー:ぐるぐる

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ジブリの作品はそのほとんどが強いメッセージ(自然保護的なこと)を発しているものが多いので、たまに疲れてしまうときがあるのですが、本作に関して言えばそういった押し付けられるような感覚はなく、純粋にキキの成長を追うストーリーになっていたので気軽に楽しめました。

空を飛ぶ事とジジと会話ができることをのぞけば、全く普通の女の子と変わりないキキなので、たまに魔女だったことを忘れちゃいそうになりましたが・・・。

本作の舞台はちょっと昔の欧州をイメージしているのか、港町コリコの町並みもそうですし、キキの挨拶の仕草もまさにそう感じさせるものがありました。私はそのスカートをちょっと持ち上げて軽く膝をおる、そんなキキを見て“なんて可憐なの”とため息が出ました。

これが御大の理想女性像のひとつなんですね。


このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

通過儀礼を描いた良作

投稿日:2013/04/10 レビュアー:さえぴょん

冒頭、寝転んでいる少女がいきなり飛び起きて走り出し、自分の家へと駆けこんでいく。
ここで交わされる会話から、「どうやらこの少女はラジオからの情報を聞いて走り出したものらしい」と
観客にも分かる。このように宮崎駿の映画は常に行動=アクションが先にあり、
その理由はあとからついてくるか、もしくは説明されないままスルーされる。

だからこそ、宮崎駿の映画は圧倒的に面白い。
理由が説明されるということは映画の流れが滞ることでもあり、それをしないからこそ
宮崎駿の映画は人の目を惹きつけてやまないのだ。

さて本作では、猫が喋っているのはキキの妄想だ、と仮定しても成立するように描かれている。
恋をすることで一回り大人に近づいたのだろう。出来事は少女の成長のための通過儀礼として描かれている。
更に宮崎作品は何かが「飛翔」したり「落下」したりする瞬間のダイナミックな演出が実に気持ち良いのだが、
本作もまた例外ではない。突風表現のなんと見事なことだろう!

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

ラストなんで、あんなに泣けたんやろ。

投稿日:2011/10/17 レビュアー:アクアマリン

落ち込んでいたからかな。

私自身、いろいろスランプで・・・

この作品を勧めてくれた、友人に感謝です!

スランプ中のあなたは、きっと元気がもらえる作品ですよ☆

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

音楽が素晴らしい

投稿日:2011/08/24 レビュアー:mi-ma-

やっぱり宮崎監督と久石さんのタッグは最強です♪
すごく曲が素敵でした!またユーミンの曲もばっちり合ってたと思います☆

この作品は小さい頃に見てましたが、やっぱり女の子なら一度は憧れる
ほうきで空を飛ぶ事に!!私は実際ベランダでほうきにまたがった記憶があります(笑)

お転婆な主人公キキとジジの修行の旅を楽しめると思います

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

銅メダル

投稿日:2011/07/10 レビュアー:ビンス

魔女って存在が当たり前に認知されている世界観が好き。

ほうきで空飛べるのが好き。

キキが住む街が好き。

キキの大きな赤いリボンが好き。

おそのさんが好き。

おそのさんの旦那さんが好き。

ジジが好き。

ジジが言葉を喋ってない時が好き。

冒頭のテーマソングが好き。

もう戻れないあの頃・・・みたいな感覚を感じられるオープニングが好き。

ユーミンの二曲が好き。

トトロの次に好き。

ユーミン世代じゃない人間のハートをもドキュンと射抜く「ルージュの伝言」
この映画を観て、聴いて大好きになった。
そして「やさしさに包まれたなら」。
ええ、ええ包まれますとも。
ほんのちょっとの寂しさを感じながら包まれますとも。
動物が喋るって設定が苦手。
だけどジジは許せるほう。
ニャーニャー言ってるほうがカワイイけど。
キキの帰りを心配している、おそのさんの旦那を観ると泣きそうになる。

「あたし、そういうの好きよ」を連発する女子。
そのセリフが苦手だ・・

妻は「ほうきがあれば飛べる」と思ってたらしく。
子供のころ、夜な夜な近くの公園にほうきを持っていっては、ちょっとした丘から「飛べる」と信じてジャンプしてたらしい。

「カリオストロの城」も入れるなら。
宮崎アニメでは、三番目に好き。
銅メダル。
と言っても「もののけ姫」以降の作品は観てませんが。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

26〜 30件 / 全104件

魔女の宅急便

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:104件

山寺さん、いったい何役やらされたのか・・・

投稿日

2004/03/21

レビュアー

ぐるぐる

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ジブリの作品はそのほとんどが強いメッセージ(自然保護的なこと)を発しているものが多いので、たまに疲れてしまうときがあるのですが、本作に関して言えばそういった押し付けられるような感覚はなく、純粋にキキの成長を追うストーリーになっていたので気軽に楽しめました。

空を飛ぶ事とジジと会話ができることをのぞけば、全く普通の女の子と変わりないキキなので、たまに魔女だったことを忘れちゃいそうになりましたが・・・。

本作の舞台はちょっと昔の欧州をイメージしているのか、港町コリコの町並みもそうですし、キキの挨拶の仕草もまさにそう感じさせるものがありました。私はそのスカートをちょっと持ち上げて軽く膝をおる、そんなキキを見て“なんて可憐なの”とため息が出ました。

これが御大の理想女性像のひとつなんですね。


通過儀礼を描いた良作

投稿日

2013/04/10

レビュアー

さえぴょん

冒頭、寝転んでいる少女がいきなり飛び起きて走り出し、自分の家へと駆けこんでいく。
ここで交わされる会話から、「どうやらこの少女はラジオからの情報を聞いて走り出したものらしい」と
観客にも分かる。このように宮崎駿の映画は常に行動=アクションが先にあり、
その理由はあとからついてくるか、もしくは説明されないままスルーされる。

だからこそ、宮崎駿の映画は圧倒的に面白い。
理由が説明されるということは映画の流れが滞ることでもあり、それをしないからこそ
宮崎駿の映画は人の目を惹きつけてやまないのだ。

さて本作では、猫が喋っているのはキキの妄想だ、と仮定しても成立するように描かれている。
恋をすることで一回り大人に近づいたのだろう。出来事は少女の成長のための通過儀礼として描かれている。
更に宮崎作品は何かが「飛翔」したり「落下」したりする瞬間のダイナミックな演出が実に気持ち良いのだが、
本作もまた例外ではない。突風表現のなんと見事なことだろう!

ラストなんで、あんなに泣けたんやろ。

投稿日

2011/10/17

レビュアー

アクアマリン

落ち込んでいたからかな。

私自身、いろいろスランプで・・・

この作品を勧めてくれた、友人に感謝です!

スランプ中のあなたは、きっと元気がもらえる作品ですよ☆

音楽が素晴らしい

投稿日

2011/08/24

レビュアー

mi-ma-

やっぱり宮崎監督と久石さんのタッグは最強です♪
すごく曲が素敵でした!またユーミンの曲もばっちり合ってたと思います☆

この作品は小さい頃に見てましたが、やっぱり女の子なら一度は憧れる
ほうきで空を飛ぶ事に!!私は実際ベランダでほうきにまたがった記憶があります(笑)

お転婆な主人公キキとジジの修行の旅を楽しめると思います

銅メダル

投稿日

2011/07/10

レビュアー

ビンス

魔女って存在が当たり前に認知されている世界観が好き。

ほうきで空飛べるのが好き。

キキが住む街が好き。

キキの大きな赤いリボンが好き。

おそのさんが好き。

おそのさんの旦那さんが好き。

ジジが好き。

ジジが言葉を喋ってない時が好き。

冒頭のテーマソングが好き。

もう戻れないあの頃・・・みたいな感覚を感じられるオープニングが好き。

ユーミンの二曲が好き。

トトロの次に好き。

ユーミン世代じゃない人間のハートをもドキュンと射抜く「ルージュの伝言」
この映画を観て、聴いて大好きになった。
そして「やさしさに包まれたなら」。
ええ、ええ包まれますとも。
ほんのちょっとの寂しさを感じながら包まれますとも。
動物が喋るって設定が苦手。
だけどジジは許せるほう。
ニャーニャー言ってるほうがカワイイけど。
キキの帰りを心配している、おそのさんの旦那を観ると泣きそうになる。

「あたし、そういうの好きよ」を連発する女子。
そのセリフが苦手だ・・

妻は「ほうきがあれば飛べる」と思ってたらしく。
子供のころ、夜な夜な近くの公園にほうきを持っていっては、ちょっとした丘から「飛べる」と信じてジャンプしてたらしい。

「カリオストロの城」も入れるなら。
宮崎アニメでは、三番目に好き。
銅メダル。
と言っても「もののけ姫」以降の作品は観てませんが。

26〜 30件 / 全104件