ロボジー

ロボジーの画像・ジャケット写真

ロボジー / ミッキー・カーチス

全体の平均評価点:(5点満点)

83

全体の平均評価点:

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

ジャンル :

「ロボジー」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

ロボット開発に失敗した技術者3人組が、中に老人を忍ばせたロボットでごまかそうと悪戦苦闘するさまを描いた痛快ドタバタ・コメディ。歌手で俳優のミッキー・カーティスが五十嵐信次郎名義で主演の老人役を快演。監督は「ウォーターボーイズ」「ハッピーフライト」の矢口史靖。家電メーカー“木村電器”の冴えないロボット開発部員、小林、太田、長井の3人組は、ワンマン社長から二足歩行ロボットの開発を命じられてしまう。ところが、お披露目の場となるロボット博を1週間後に控え、製作中のロボット“ニュー潮風”が大破する事態に。追い詰められた3人はロボットの製作を諦め、ロボットの外装にぴったりの老人、鈴木重光を中に入れて急場をしのごうとするのだが…。

「ロボジー」 の作品情報

作品情報

製作年: 2011年
製作国: 日本

「ロボジー」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

サトラレ

豆腐姉妹

あさき夢みし

釣りバカ日誌Season2 新米社員浜崎伝助

ユーザーレビュー:83件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

26〜 30件 / 全83件

ダラダラ観るには最適映画

投稿日:2012/12/05 レビュアー:CHieeee

コメディ映画らしく、展開は予想範囲内。
吉高由里子は、可愛らしく、少し怖かった。。。笑
ところどころに笑いは含まれているものの、ガツンとくるものは私にはなかったせいか、1週間ほどかけてダラダラ鑑賞。
面白くないわけではない。。。
あ、バレちゃうかも?のくだりはそれなりに引き込まれたし。

ただ、もう1回は見ないかな。。。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

矢口ワールド、やっぱりいいです。

投稿日:2012/11/23 レビュアー:キヨ

相変わらず奇抜だなぁ〜なんて感じが。(笑)

こだわりの強い監督なので細部まで魅せてくれます。
よ〜く考えれば大したことのないストーリーなのですが、とにかくきっちりと計算されていて観ていて飽きがこない。

ミッキー・カーチスって少し前くらいは少しだけギラギラした感じが苦手だったのですが、最近はとても良いです。
なにかを掴んだというか、諦めたというか、凄く自然な感じの表現が上手くなった。
濱田岳はもう言うことないですね。
毎回安心して楽しませていただいております。(笑)

取材やイベントでもロボットを演じた本人が言っておりましたが、本当に大変だったでしょうね。(汗)
監督もある意味鬼です。(笑)
とにかく、その強いこだわりや役者の魂がぎっしりと詰まった感じが映像や音響にきっちりと現れていて熱い作品に仕上がってます。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

とても面白い

投稿日:2012/11/12 レビュアー:ケイアイ

 なかなかよかった。
単純明快。だれがみても楽しめる。嘘っぽいといわないこと。素直に楽しむ。こういう映画の鉄則。
吉高ゆりこは、美人じゃないけど、役にあってる。ミッキーカーチスはテレビドラマにも出始めて、ブームになりそう。テーマソングがまたいい。

3人は最後には、本物を作るところまでいけたのだから、一種の成長ドラマだ。老人の取り残された悲哀もあれば、核家族の現代の寂しさや、ロボットオタクたちの情熱やら、いろいろ出てきて面白い。あんなに学生が熱気をもって勉強していたら、日本もすてたものじゃない、と思う。

日本映画もこういうのはいいなあ。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

最後のシーンが好き

投稿日:2012/11/11 レビュアー:しづちゃん

ハチャメチャな内容です。ロボットの中に人が入っての演出…どう見てもロボットではない。
それをロボットに皆が見えている設定には、チト無理があるような気がしましたが、面白いから良しとしました。

元々は社長が悪い。短期間で動くロボットを作れなんてロボットなんて知らないスタッフに畑違いな要望。ロボットのお披露目で言った、スタッフのコメントが面白い。
そして最初は嫌がっていたロボット役のお爺さん、調子にのってやりたい放題食べ放題。あ〜羨ましい。

いつバレルか冷や冷やしながらのロボットと一緒の活動。お爺さんはお気楽なので勝手な行動にでる。しかし、本気で心配してくれているスタッフにお爺さんの心も徐々に開け…最後は「よくやった!」と誉めたくなる。そして最後の落ちには…またかよ〜と言いながら参加するお爺ちゃんとスタッフ達。も〜や〜ね^_^

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

五十嵐新次郎=ミッキー・カーチスさんです。

投稿日:2012/11/09 レビュアー:ぽるっこ

「ウォーターボーイズ」「スウィングガールズ」の矢口史靖監督品。
家電メーカーのデモンストレーション用ロボットがお披露目直前で壊れてしまい、おじいちゃんが中に入って暴走するドタバタコメディです。

五十嵐新次郎(主人公のおじいちゃん)って見たことあるなぁと思ったら、ミッキー・カーチスでした。ミッキー・カーチスも芸名なのに、さらに名前変えてるのか。なんでだろ?

ミッキーさんはエンディングテーマも歌ってまして、それもカッコ良かったです。今回は大活躍だなぁ。(*^-^)b"

まぁ、どー見てもロボットではなく完全に人なんですが、この手の話の粗を探してギャーギャー言うのは野暮でしょう。スウィングガールズのスーパーの前のシーンとかもそうなんですが、素直に楽しんだもの勝ちです。監督は他の作品のコメンタリーでも楽しさを優先するみたいな事を言ってましたし。

ただ、主人公や登場人物の描写が丁寧なので、物語にすんなり入り込むことが出来ました。この辺は流石な感じです。ちょいちょい雑はあるのですが、言わんとしてる事は分かるので、それほど気にはならなかったです。

途中から話が大きくなりすぎて見ている方が「どーやって収集つけんだよ?」と作品自体にハラハラしてしまいましたが、最後はなかなか上手くまとめておりました。

これまでの作品と若干毛色が違いますが、なかなか楽しかったです。
割とどーでもいい話なんだけど、ロボットの着ぐるみを着たじーちゃんの話をあんだけ拡げられるってのはやはりスゴイと思います。
脚本、監督は分かるのですが、原作まで書いてこの完成度は見事!

そんな感じで、見る人を選ばないドタバタコメディですので気になる方は是非!(*^-^)b"
メイキングで「実はミッキーさんの顔が映るシーン以外は本物のロボットです。」とかだったら最高なんだけどなぁwww

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

26〜 30件 / 全83件

ロボジー

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:83件

ダラダラ観るには最適映画

投稿日

2012/12/05

レビュアー

CHieeee

コメディ映画らしく、展開は予想範囲内。
吉高由里子は、可愛らしく、少し怖かった。。。笑
ところどころに笑いは含まれているものの、ガツンとくるものは私にはなかったせいか、1週間ほどかけてダラダラ鑑賞。
面白くないわけではない。。。
あ、バレちゃうかも?のくだりはそれなりに引き込まれたし。

ただ、もう1回は見ないかな。。。

矢口ワールド、やっぱりいいです。

投稿日

2012/11/23

レビュアー

キヨ

相変わらず奇抜だなぁ〜なんて感じが。(笑)

こだわりの強い監督なので細部まで魅せてくれます。
よ〜く考えれば大したことのないストーリーなのですが、とにかくきっちりと計算されていて観ていて飽きがこない。

ミッキー・カーチスって少し前くらいは少しだけギラギラした感じが苦手だったのですが、最近はとても良いです。
なにかを掴んだというか、諦めたというか、凄く自然な感じの表現が上手くなった。
濱田岳はもう言うことないですね。
毎回安心して楽しませていただいております。(笑)

取材やイベントでもロボットを演じた本人が言っておりましたが、本当に大変だったでしょうね。(汗)
監督もある意味鬼です。(笑)
とにかく、その強いこだわりや役者の魂がぎっしりと詰まった感じが映像や音響にきっちりと現れていて熱い作品に仕上がってます。

とても面白い

投稿日

2012/11/12

レビュアー

ケイアイ

 なかなかよかった。
単純明快。だれがみても楽しめる。嘘っぽいといわないこと。素直に楽しむ。こういう映画の鉄則。
吉高ゆりこは、美人じゃないけど、役にあってる。ミッキーカーチスはテレビドラマにも出始めて、ブームになりそう。テーマソングがまたいい。

3人は最後には、本物を作るところまでいけたのだから、一種の成長ドラマだ。老人の取り残された悲哀もあれば、核家族の現代の寂しさや、ロボットオタクたちの情熱やら、いろいろ出てきて面白い。あんなに学生が熱気をもって勉強していたら、日本もすてたものじゃない、と思う。

日本映画もこういうのはいいなあ。

最後のシーンが好き

投稿日

2012/11/11

レビュアー

しづちゃん

ハチャメチャな内容です。ロボットの中に人が入っての演出…どう見てもロボットではない。
それをロボットに皆が見えている設定には、チト無理があるような気がしましたが、面白いから良しとしました。

元々は社長が悪い。短期間で動くロボットを作れなんてロボットなんて知らないスタッフに畑違いな要望。ロボットのお披露目で言った、スタッフのコメントが面白い。
そして最初は嫌がっていたロボット役のお爺さん、調子にのってやりたい放題食べ放題。あ〜羨ましい。

いつバレルか冷や冷やしながらのロボットと一緒の活動。お爺さんはお気楽なので勝手な行動にでる。しかし、本気で心配してくれているスタッフにお爺さんの心も徐々に開け…最後は「よくやった!」と誉めたくなる。そして最後の落ちには…またかよ〜と言いながら参加するお爺ちゃんとスタッフ達。も〜や〜ね^_^

五十嵐新次郎=ミッキー・カーチスさんです。

投稿日

2012/11/09

レビュアー

ぽるっこ

「ウォーターボーイズ」「スウィングガールズ」の矢口史靖監督品。
家電メーカーのデモンストレーション用ロボットがお披露目直前で壊れてしまい、おじいちゃんが中に入って暴走するドタバタコメディです。

五十嵐新次郎(主人公のおじいちゃん)って見たことあるなぁと思ったら、ミッキー・カーチスでした。ミッキー・カーチスも芸名なのに、さらに名前変えてるのか。なんでだろ?

ミッキーさんはエンディングテーマも歌ってまして、それもカッコ良かったです。今回は大活躍だなぁ。(*^-^)b"

まぁ、どー見てもロボットではなく完全に人なんですが、この手の話の粗を探してギャーギャー言うのは野暮でしょう。スウィングガールズのスーパーの前のシーンとかもそうなんですが、素直に楽しんだもの勝ちです。監督は他の作品のコメンタリーでも楽しさを優先するみたいな事を言ってましたし。

ただ、主人公や登場人物の描写が丁寧なので、物語にすんなり入り込むことが出来ました。この辺は流石な感じです。ちょいちょい雑はあるのですが、言わんとしてる事は分かるので、それほど気にはならなかったです。

途中から話が大きくなりすぎて見ている方が「どーやって収集つけんだよ?」と作品自体にハラハラしてしまいましたが、最後はなかなか上手くまとめておりました。

これまでの作品と若干毛色が違いますが、なかなか楽しかったです。
割とどーでもいい話なんだけど、ロボットの着ぐるみを着たじーちゃんの話をあんだけ拡げられるってのはやはりスゴイと思います。
脚本、監督は分かるのですが、原作まで書いてこの完成度は見事!

そんな感じで、見る人を選ばないドタバタコメディですので気になる方は是非!(*^-^)b"
メイキングで「実はミッキーさんの顔が映るシーン以外は本物のロボットです。」とかだったら最高なんだけどなぁwww

26〜 30件 / 全83件