ウィンターズ・ボーン

ウィンターズ・ボーンの画像・ジャケット写真
ウィンターズ・ボーン / ジェニファー・ローレンス
全体の平均評価点:
(5点満点)

53

  • DVD
ジャンル:

「ウィンターズ・ボーン」 の解説・あらすじ・ストーリー

サンダンス映画祭でのグランプリ受賞をはじめ各地の映画祭で評判を呼んだインディーズ系クライム・ヒューマン・ドラマ。残された家族を守るため、行方不明となった父を捜して危険な裏社会へと足を踏み入れていく少女の姿を描く。主演はハリウッド期待の新星、「あの日、欲望の大地で」のジェニファー・ローレンス。監督はこれが長編2作目の新鋭デブラ・グラニック。ミズーリ州の貧しい寒村で病気の母と幼い妹弟と暮らす17歳の少女、リー。とうの昔に家を出ていた父が、自宅を保釈金の担保にしたまま失踪してしまい、自宅差し押さえの窮地に陥っていた。そこで彼女は、自ら父を裁判所へ出頭させるため、その行方を追って危険な裏社会へと乗り込んでいくが…。

「ウィンターズ・ボーン」 の作品情報

製作年: 2010年
製作国: アメリカ
原題: WINTER’S BONE

「ウィンターズ・ボーン」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ウィンターズ・ボーンの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
100分 日本語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 10DRJ20594 2012年04月03日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
37枚 0人 2人

関連作品

ユーザーレビュー:53件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

26〜 30件 / 全53件

辺境なる地の人々

投稿日:2018/11/06 レビュアー:銀の粒

1970年代に観たジョン・ブアマン監督の「脱出」を思い出させた。アメリカ辺境山地の清流に都会の男達がバカンスでカヌー下りに繰り出して、奥地の住民とトラブルを起こし恐怖の体験をする話。本作の登場人物は彼の作の村人達が重なってくる。アメリカ合衆国でもまだこんな閉鎖性に凝り固まった土地があったのかと云う驚き。ここではそんな環境に育まれる生の息吹を静謐なサスペンス劇の中にみせてくれる。かすかにW・フォークナーの小説の匂いも感じた。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

暗かった

投稿日:2012/08/04 レビュアー:ともこさん

なぜこれほど評価が高い作品なのか、正直理解できませんでした。

ジェニファーローレンスの耐えしのんで、貧しい中家族を支えていく姿が人々の感動を
呼ぶのだろうけど・・・。

私には米国版「おしん」の世界にしか思えなかった。みるからに貧しくてせちがらい
アメリカの田舎の生活。そこではびこるドラッグや犯罪の裏社会。

冷静に考えたら「ひどい父親」と、精神を病んで何も頼りにならない母親、
(かわいいけど)手のかかる小さな弟や妹。すたれた閉鎖的な田舎町で
不幸や、犯罪や暴力がうまく隠されて横行している現実。

17歳で高校を出て、どうやって仕事もなく家族を養おうとするんだろう。
(親の残した借金や犯罪の後始末をただ耐えてしのぶなんて・・・)

そんなにまでして、家族のつながりって大事なのかと正直、疑問に思えました。

この作品や主演のジェニファーローレンスの演技をみて共感し絶賛する人の
心の中に、「他人の不幸」をドラマ化して美化するような、そんな人間の共通した意識が
隠れているようにさえ思えて、暗いイメージとあいまって、すごく嫌な気分になりました。

ただ、ローレンスの堂々とした演技はすごい。それだけは確かに評価できます。
ストーリーは好きにはなれなかったけど。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

一冊の分厚い本を読んだようなずっしり感。

投稿日:2012/06/17 レビュアー:しらたま

エンタメではありません。観て良かったとか、感動したとか、怖かった〜とか、そういうのではなくて。

ただただ切なく、切ない中にも家族を思う温かさとか、いろんなものが心に残ります。
決して「面白い映画」ではないと思います。理不尽だし残酷だし、悲しいし、見ていて辛い。
それでもきっと、これがどこかの現実で、よくある話なのかも知れない。

生きるのに精一杯。明日にも家を失うかもしれない。幼い兄弟を手放さなくてはならないかも知れない。
心を病んだ母は何も答えてはくれない。そして、一番いてほしいはずの父は今どこに・・・。
生きる希望さえ見失いそうな世界で、少女は歯を食いしばって生きてゆく。
時にひどい目に合いながら。絶望を味わいながら。

最後は、家族の温かさに救われたような気がします。みんなお父さんが好きだったんだね。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

つまらなくはないのですが

投稿日:2012/05/29 レビュアー:えま

いまいち?
抑揚のないシーンの連続。
設定的には結構バイオレンスな設定なのに淡々としすぎというか。

理解力に欠けるのか、最後まで結局だから何?誰がどうなったの??
と、ハテナが一杯の作品でした。
単調なストーリ展開が苦手な方は途中で耐えられずに観るのをやめてしまいそうな感じです。

個人的には無駄に人物が出てきて誰が誰だか理解する前に終わってしまいました(苦笑)

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

アメリカ人には良い映画かも?

投稿日:2012/05/22 レビュアー:げんざむらい

皆さんのレビューの評価は高いのだけれど、私にはわからない作品でした。

現代のアメリカだからその特異性が発揮出来るのかも?

こういう言い方は変だけど、もっと後進国に行けば、当たり前の話しでは・・・

そして、17歳の主人公の女の子が家族を食べさせる為に非常に努力しているのは、切ない程わかるのだけれど、
自分の父親が死んでしまったという事実に何も思わないのかが、不思議な所でした。
もっと、悲しんでも良いのではないかと・・・

貧乏だから、それどころでは無いと、言う人が大半だろうけれど、
昔の日本人は総じて貧乏でしたが、あんな薄情な貧乏人は誰もいなかったような思い出があります。

グループの掟に関係無く、それは悲しい事だと思うのだけれど・・・

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

26〜 30件 / 全53件

ウィンターズ・ボーン

月額課金で借りる

都度課金で借りる