トレインスポッティング

トレインスポッティングの画像・ジャケット写真
トレインスポッティング / ユアン・マクレガー
全体の平均評価点:
(5点満点)

90

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
  • シリーズ
ジャンル:

「トレインスポッティング」 の解説・あらすじ・ストーリー

ヘロイン中毒のレントンは、仲間たちと愉快ででたらめな日々を過ごしていた。ロンドンで仕事を見つけたものの、仲間たちのせいで結局クビに。そんなところへ、売人から大量のドラッグを売りさばく仕事を持ちかけられて……。イギリスでカルト的な人気を得、舞台にもなったI・ウェルシュの同名小説に、秀作スリラー「シャロウ・グレイブ」のチームが挑んだ話題作。本国はもとより、アメリカ、日本でも大ヒットとなった。 JAN:9999203189562

「トレインスポッティング」 の作品情報

製作年: 1996年
原題: TRAINSPOTTING

「トレインスポッティング」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

トレインスポッティングの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
126分 日本語 1:ドルビーデジタル/ステレオ/英語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
R-15 ACBR10196 2004年03月12日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
27枚 2人 0人

【Blu-ray】トレインスポッティング(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
126分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
R-15 ACXE10196 2011年11月18日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
9枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:90件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

26〜 30件 / 全90件

勢いのある映画でした

投稿日:2008/05/09 レビュアー:キャバリエ

高校生の頃、この映画のポスター(超巨大!4畳半の部屋に幅いっぱい)を壁に貼り、原作を読んではアンダーワールドを聴きまくり、それからハマッたUKカルチャーを思いきり吸収してました。
もう何年もこの映画を観てないので、実際の評価などはよくわかりませんが、あの当時、この作品は衝撃でした。
何も知らない田舎の子供を音楽に目覚めさせ(そしてちょっと人生も変えた)、それだけの勢いがありました。
すごい作品だと思います。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

どうだい、顔をしかめちまうだろ?

投稿日:2008/03/25 レビュアー:Rokk-A

ヘロイン中毒者のグロテスクさ、そのリアルさがけっこう生々しい映画。
製作者側の「どうだい、顔をしかめちまうだろ?」ていうにおいがプンプンする。

良くも悪くも「大衆映画の問題児」的な感じです。
最初にも書いた通り、目を覆いたくなるグロテスクなシーンはあるけれど、
それも大衆映画の範疇。

ロンドンの若者の40%は1度は麻薬等を試したことがある、という統計が出ているそうです。
日本と麻薬に対する環境が違うから、ショッキングでした。


こういう映画は特に思うけれど、脚本の良さがわからないのが残念。
英語を聞いていると明らかに字幕と違う部分があるのに、なんて言っているのかわからない。
英語マスターしたい・・・。



最後まで主人公は退廃的だった。
おそらくその後も。

全体を通して愚かでマヌケな感じがするけれど、彼らにとってはそれが日常なのでしょう。
ぼくらが彼らを理解できないように、彼らもぼくらの生活が理解できない。
そしてそんなのはどちらが正しいのかなんて誰も言い切ることはできない。
監督・原作者はそういった事実をぼくらに突きつけて笑い飛ばしている。

というのは拡大解釈に違いない。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

やっぱり良い♪

投稿日:2007/07/15 レビュアー:レビュアー名未設定

高校の時、映画館で見終わった時の衝撃、感動をもう一回味わいたくてレンタル。やっぱり良い。俳優のスコッティッシュアクセントにも俳優魂を感じます。
時代が変わっても、音楽もとっても素敵。映像、音楽、演技共に二重丸の映画です。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

Choose your life.

投稿日:2007/06/30 レビュアー:レビュアー名未設定

スタイリッシュな映像、音楽、軽快なテンポ、スコティッシュ訛り、シュールなセリフに破滅的な彼らの人生。総じてこの映画は『10代が見るべきオシャレな映画』と評されることが多い。ドラッグをテーマにしたこの陽気で悲惨な青春映画は、評論家が嬉々として議論を交しそうな、そして若者を熱狂させること請け合いだ。

レントンと彼らの仲間たちは、典型的なステレオタイプというわけではない。しかしアウトローとしての危うい生き方を魅力的に反映していることは間違いない。007マニアのシック・ボーイ、喧嘩が趣味のベグビー、気のいい小心者のスパッドにごく普通の青年"だった"トミー。圧倒的な絶望、崩壊を痛快にむしろ楽天的に描いたこの映画は確かに素晴らしい。しかしこの"オシャレ"な映画から何を感じ取るか、それが問題だ。単なる映画として片付けるのか、彼らの生き方に憧れるのか、それともドラッグ推奨の非道徳的映画として軽蔑するか。何も考えずにスタイリッシュの一言だけで型にはめてしまうには惜しい映画である。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

堕ちていくっていうこと。

投稿日:2006/11/03 レビュアー:Conam

最初は、映画のテンポ、音楽、ファッション等に魅かれ、
期待しすぎたか、内容に対する感想があまりなかった。
しかし、時間を空けてもう一度観ると、2度目だと言うのに引き込まれる。

ドラッグとかそういうの抜きで
ダメだとわかっていても、堕ちていってしまうとわかっていても、
逆にそれが快感になってしまう。堕ちれば堕ちるほど。
なんかわからんでもないそういう心境がズキズキ感じられた。

そういう意味で面白く楽しく、そして怖くもありな作品。
この作品以降イギリス映画観まくった。
荒廃感がいい。(笑)

この映画観てしばらく、「I got it !」という口癖が抜けなかった。:)

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

26〜 30件 / 全90件

トレインスポッティング