ノルウェイの森

ノルウェイの森の画像・ジャケット写真

ノルウェイの森 / 松山ケンイチ

全体の平均評価点:(5点満点)

103

全体の平均評価点:

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

ジャンル :

「ノルウェイの森」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

村上春樹の世界的ベストセラーを松山ケンイチと菊地凛子の主演で映画化した青春ラブ・ストーリー。昭和40年代を背景に、深い喪失感を抱えたまま対照的な2人の女性の間で揺れ動く青年の葛藤と再生の日々を、切なくも美しいタッチで描き出す。監督は「青いパパイヤの香り」のトラン・アン・ユン。唯一の親友・キズキを突然の自殺で失ったワタナベは、悲しみから立ち直れないまま東京の大学で学生生活をスタートさせる。ある日、ワタナベはキズキの恋人・直子と偶然の再会を果たす。2人は次第に惹かれ合うが、いつしか直子は心のバランスを崩し、療養所に入院してしまう。そんな中、直子とは対照的に生命力に満ちた女性・緑と出会うワタナベだったが…。 JAN:4547462076632

「ノルウェイの森」 の作品情報

作品情報

製作年: 2010年
製作国: 日本
原題: NORWEGIAN WOOD

「ノルウェイの森」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

となりのトトロ

劇場スジナシ東京公演 笑福亭鶴瓶VS広末涼子

罪人の嘘

海でのはなし。

ユーザーレビュー:103件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

26〜 30件 / 全103件

ちょっと…

投稿日:2011/10/02 レビュアー:ぬこにゃん

原作もまったく知らず、世間で話題になっていたから、という単純な理由で見た今回でしたが。

正直話題になるものだったのか、と思うくらいでした。

恋愛物語、というよりも官能物語。

確かにR指定映画ではあるが、ここまでやる必要があったのかな、と思わせるところが多々あり。


物語も暗くて脈絡のない、平行線な感じで。

山場がまったく分からなかったので、途中で何回か寝てしまいました。。。


もう見ないです。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

ハルキムラカミというジャンル

投稿日:2011/09/20 レビュアー:うさぎちゃーん

春樹作品はあまり読まないのですが、やはり万国共通な主題を感じざるを得ません。

「生と死」ならぬ「性と死」は私たち人間の永遠のテーマなのは重々承知だけれども。

ただ映像にすると、あまりにも生々しくなりすぎる。
私は原作を読んでいないからなおさらなのでしょうが、
文字と映像は人に見せるものが違う。

要するにセックスという文字を見るのと、セックスシーンを見るのではインパクトが違う。
主題がそれであったとしても、描写の印象が強すぎては、人々の思想の着地がずれてしまうと思うのです。

たぶん誰がやっても言いたいことが忠実に伝わる映画にはならなかったと考えるなら、
独特な雰囲気を醸し出せる希子と、男前な玉鉄は一見の価値あり。
タイムレスな仕事ができるって素敵。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

もったいない! リメイクし直してほしい! ネタバレ

投稿日:2011/08/05 レビュアー:チュチュカ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

原作を昔読んでいたのですが、もう一度読み直してから観ました。
原作通りの展開を期待してたら「?」な展開。時間の制約上しょうがないのかなと思いますが、「このシーンをカットしては話の展開も分からないし、ただのイヤらしい映画にしか思わなくなるでしょう!」というようなシーンばかりカットされていて… 原作を読んでなく、映画のみの方には理解に苦しまれたのではないのでしょうか。素敵なお話なのにもったいないです。 以下、映画ではカットされてましたがこれがないとノル森の良さが伝わらないと思ったシーンです。 ワタナベがミドリのお父さんとキュウリを食べる…映画ではすぐミドリのお父さんが亡くなってしまって、何のための登場なのか分かりません。 突撃隊の出番ももっと出て欲しかった。 レイコさんの過去の描写。 直子の「淋しくないお葬式」…これがなかったばかりに、原作を知らない方はなぜ最後ワタナベはレイコさんと寝ることになるのか意味不明になると思います。 原作を読んだ私でもレイコさんのこの行動はなかなかちゃんと理解できてないかもしれませんが、レイコさんが直子のお葬式として歌を1曲ずつ歌っていく、あの過程は物語の軸を理解するのに欠かせなかったと思います。 個人的にキズキの自殺シーンやsexシーンはもう少し短くても良かったのでは? 直子の自殺シーンも、あの演出ではホラー映画ですね。 あまりにも「ないと困る」シーンばかりカットされていて、原作と映画は全く別のお話のように思えてしまい、残念ということをここまで書いてきましたが、映像美は美しく、タイトルにも付いている「森」の美しさ、静謐さ、ときに残酷さというものが人物たちの心の動きとリンクしてくるような描写。自然がすごくきれいでした。 私は原作は好きでオススメしますが、この映画に関しては映像美や音楽、時代考証など素晴らしいだけに、話がもったいないです。是非違う路線でリメイクしてほしい!

説得力がほしいところです。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

映像は綺麗だし、素敵ですが・・・

投稿日:2011/07/25 レビュアー:ユニコ

さすが、トラン・アン・ユン監督。
映像は素晴らしく綺麗で、全体的にオシャレで可愛い。
写真にして眺めていたいな〜と思いましたが、でも。
パパイヤや、夏至の、匂いまで伝わってくるような映像では無かったし、
演技もあきらかに下手だったり、全体の空気感がチグハグになってしまったような感じです。

村上さんの書籍自体、ストーリーだけを追いかける事に意味がある訳では無いので
そういった意味で、トラン・アン・ユン監督なのかな、と思ってましたが、見事にコケタ感じがします。

文章では、凄く深いシーンも、水原さんのボソボソの棒読みシーンや、菊池凛子の唐突なシーンが全てが
自分に陶酔している変わった人達のようで、少し耐え難い。
小説では、それが1つの世界として納得できるし、読者も深い世界に入り込んでしまう力があるのに…


結論としては、村上作品のファンにはあまりお勧めできません。
小説を思い出す時に、この映画のシーンが少しでも浮かんでしまうのが悲しいので。。。


でも、別物と考えれば写真にして眺めていたい程、素敵な映像があったので、☆2つです。
水原希子って可愛いな〜〜!



このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

みんなの思い入れの高い作品だけに難しい

投稿日:2011/07/16 レビュアー:ねずねず

1点を除いては概ねよかったと思います。
原作ほどではないとしてもよく表現してると思う。
でもやはり直子の配役が合わなすぎます・・・。
大切なヒロインの片方が原作とイメージがまったくあっていないためにワタナベの気持ちに入っていけないんです。
思った以上に他の配役がはまっていただけにとても残念でした。
この難しい原作をここまで作り上げたことには素直に脱帽します。
でももう見ることはないだろうなあ。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

26〜 30件 / 全103件

ノルウェイの森

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:103件

ちょっと…

投稿日

2011/10/02

レビュアー

ぬこにゃん

原作もまったく知らず、世間で話題になっていたから、という単純な理由で見た今回でしたが。

正直話題になるものだったのか、と思うくらいでした。

恋愛物語、というよりも官能物語。

確かにR指定映画ではあるが、ここまでやる必要があったのかな、と思わせるところが多々あり。


物語も暗くて脈絡のない、平行線な感じで。

山場がまったく分からなかったので、途中で何回か寝てしまいました。。。


もう見ないです。

ハルキムラカミというジャンル

投稿日

2011/09/20

レビュアー

うさぎちゃーん

春樹作品はあまり読まないのですが、やはり万国共通な主題を感じざるを得ません。

「生と死」ならぬ「性と死」は私たち人間の永遠のテーマなのは重々承知だけれども。

ただ映像にすると、あまりにも生々しくなりすぎる。
私は原作を読んでいないからなおさらなのでしょうが、
文字と映像は人に見せるものが違う。

要するにセックスという文字を見るのと、セックスシーンを見るのではインパクトが違う。
主題がそれであったとしても、描写の印象が強すぎては、人々の思想の着地がずれてしまうと思うのです。

たぶん誰がやっても言いたいことが忠実に伝わる映画にはならなかったと考えるなら、
独特な雰囲気を醸し出せる希子と、男前な玉鉄は一見の価値あり。
タイムレスな仕事ができるって素敵。

もったいない! リメイクし直してほしい!

投稿日

2011/08/05

レビュアー

チュチュカ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

原作を昔読んでいたのですが、もう一度読み直してから観ました。
原作通りの展開を期待してたら「?」な展開。時間の制約上しょうがないのかなと思いますが、「このシーンをカットしては話の展開も分からないし、ただのイヤらしい映画にしか思わなくなるでしょう!」というようなシーンばかりカットされていて… 原作を読んでなく、映画のみの方には理解に苦しまれたのではないのでしょうか。素敵なお話なのにもったいないです。 以下、映画ではカットされてましたがこれがないとノル森の良さが伝わらないと思ったシーンです。 ワタナベがミドリのお父さんとキュウリを食べる…映画ではすぐミドリのお父さんが亡くなってしまって、何のための登場なのか分かりません。 突撃隊の出番ももっと出て欲しかった。 レイコさんの過去の描写。 直子の「淋しくないお葬式」…これがなかったばかりに、原作を知らない方はなぜ最後ワタナベはレイコさんと寝ることになるのか意味不明になると思います。 原作を読んだ私でもレイコさんのこの行動はなかなかちゃんと理解できてないかもしれませんが、レイコさんが直子のお葬式として歌を1曲ずつ歌っていく、あの過程は物語の軸を理解するのに欠かせなかったと思います。 個人的にキズキの自殺シーンやsexシーンはもう少し短くても良かったのでは? 直子の自殺シーンも、あの演出ではホラー映画ですね。 あまりにも「ないと困る」シーンばかりカットされていて、原作と映画は全く別のお話のように思えてしまい、残念ということをここまで書いてきましたが、映像美は美しく、タイトルにも付いている「森」の美しさ、静謐さ、ときに残酷さというものが人物たちの心の動きとリンクしてくるような描写。自然がすごくきれいでした。 私は原作は好きでオススメしますが、この映画に関しては映像美や音楽、時代考証など素晴らしいだけに、話がもったいないです。是非違う路線でリメイクしてほしい!

説得力がほしいところです。

映像は綺麗だし、素敵ですが・・・

投稿日

2011/07/25

レビュアー

ユニコ

さすが、トラン・アン・ユン監督。
映像は素晴らしく綺麗で、全体的にオシャレで可愛い。
写真にして眺めていたいな〜と思いましたが、でも。
パパイヤや、夏至の、匂いまで伝わってくるような映像では無かったし、
演技もあきらかに下手だったり、全体の空気感がチグハグになってしまったような感じです。

村上さんの書籍自体、ストーリーだけを追いかける事に意味がある訳では無いので
そういった意味で、トラン・アン・ユン監督なのかな、と思ってましたが、見事にコケタ感じがします。

文章では、凄く深いシーンも、水原さんのボソボソの棒読みシーンや、菊池凛子の唐突なシーンが全てが
自分に陶酔している変わった人達のようで、少し耐え難い。
小説では、それが1つの世界として納得できるし、読者も深い世界に入り込んでしまう力があるのに…


結論としては、村上作品のファンにはあまりお勧めできません。
小説を思い出す時に、この映画のシーンが少しでも浮かんでしまうのが悲しいので。。。


でも、別物と考えれば写真にして眺めていたい程、素敵な映像があったので、☆2つです。
水原希子って可愛いな〜〜!



みんなの思い入れの高い作品だけに難しい

投稿日

2011/07/16

レビュアー

ねずねず

1点を除いては概ねよかったと思います。
原作ほどではないとしてもよく表現してると思う。
でもやはり直子の配役が合わなすぎます・・・。
大切なヒロインの片方が原作とイメージがまったくあっていないためにワタナベの気持ちに入っていけないんです。
思った以上に他の配役がはまっていただけにとても残念でした。
この難しい原作をここまで作り上げたことには素直に脱帽します。
でももう見ることはないだろうなあ。

26〜 30件 / 全103件