SPACE BATTLESHIP ヤマト

SPACE BATTLESHIP ヤマトの画像・ジャケット写真
SPACE BATTLESHIP ヤマト / 木村拓哉
全体の平均評価点:
(5点満点)

158

  • DVD
  • Blu-ray
ジャンル:

「SPACE BATTLESHIP ヤマト」 の解説・あらすじ・ストーリー

国民的アニメ「宇宙戦艦ヤマト」を木村拓哉主演、「ALWAYS 三丁目の夕日」の山崎貴監督で実写映画化したSFアドベンチャー大作。滅亡の危機に直面した人類最後の希望を背に旅立った宇宙戦艦ヤマトの運命を描く。2199年、正体不明の異星人ガミラスの突然の侵攻で人類の大半が死滅した地球。わずかな生存者たちは、放射能の汚染から逃れるべく地下での生活を余儀なくされていた。そんなある日、14万8千光年彼方の惑星イスカンダルに放射能除去装置があることが判明。そこに最後の希望を託した人類は、宇宙戦艦ヤマトのイスカンダルへの派遣を決定。一方、失意の中で一線を退いていたかつてのエースパイロット古代進も戦場への復帰を決意し、ヤマトへの乗艦を志願するのだが…。

「SPACE BATTLESHIP ヤマト」 の作品情報

製作年: 2010年
製作国: 日本

「SPACE BATTLESHIP ヤマト」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

SPACE BATTLESHIP ヤマトの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
138分 日(ガイド) 1:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
TDV21209R 2011年06月24日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
24枚 2人 1人

【Blu-ray】SPACE BATTLESHIP ヤマト(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
138分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
TBR21208R 2011年06月24日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
12枚 1人 2人

関連作品

ユーザーレビュー:158件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

26〜 30件 / 全158件

木村拓哉で古代進は無理でした

投稿日:2011/09/08 レビュアー:redrose

この策人に期待をしていましたが、やはり、木村拓哉で古代進は無理でした。

すべての演技がわざとらしく感じてしまい、アニメのような感動は無くなってしまい残念です。

今のコンピューターグラフィックにも期待をしたのですが、映画が始まりすぐにガッカリさせられるようなCGでした。

サラウンドは後ろからも音はしていますので、サラウンド効果はありました。

内容ですが、すべてのヤマト作品を1つにあらすじをまとめてしまった様なストーリーで、続き物(ヤマト2)は作る考えは無く1作品にしてしまったような内容です。

いろいろな内容を詰め込みすぎてしまいましたので、ピントが外れてしまい、大きな感動につながらなかったのが残念でした。

できれば、第1作(放射能除去装置)を取りに行って帰ってくる、オリジナル作品をそのまま実写化した映画の方が良かったと思います。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

なんだろう?このモヤモヤした感じは……ネタバレ

投稿日:2011/08/12 レビュアー:にしやん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

思ったより早くレンタルでき、早速観てみたのですが……。
なんだろう?、観終わってからの、このモヤモヤした気持ちは……。
私は20代の頃、アニメ版にドップリハマった世代です。
また、漫画やアニメを実写にした際の違和感も過去に何度も経験しています。
しかし、これは…別物、と言い切ってしまい切れない……。
確かにキャラ設定、特に森雪、そして相原や佐渡先生が女性だったりと、その意味では原作とは別物です。
しかし、アナライザーやデスラー、イスカンダルの声はアニメ版に出演された緒方賢一さん、伊武雅刀さん、上田みゆきさんといった方々だし、
あの「ヤマト、発進!!」の台詞など、原作を思い出されるものも含まれていたり。
つまり、一言で言えば「中途半端」なのです。

しかし、拒否反応を示した訳ではなく結局、最後まで一気に観てしまいました。
違和感を感じつつも、時にはノメリ込んだり、涙する部分もあったり。
そんな自分の矛盾した気持ちを整理する意味で、こうして文章に起こしてみたのです。
そう、良かった所と、そうでなかった所を分析してみました。

まず、良かった所から。
キャスティングでは、
キムタクの古代進は、かなり頑張っていたと思います。セールス面でも第一の売りだし…。
割と良かったですよ。特にヘアスタイルはシッカリ古代進でした(笑)。

黒木メイサの森雪は……、これは後で述べます。

私が一番良いと思ったのが、山崎努さんの沖田十三でした。
あの風貌といい、重厚な演技といい、この沖田は最高でした!!。
この沖田艦長の存在感により、この映画を最後まで観る事ができたのだといえますね!!。
そして、山崎努さんの次のインタビューを聞いて、ホントに驚きました。

「僕は実は原作を読んでいなくて、どういう話かディテールは分からなかったんですが、山崎監督に撮影に入る前に相談しました。『原作を読んだ方が良いか?どうだろうか?。』と、お伺いを立てたんですが、監督は『読まないでください。知らない事ほど強い事はありませんから』と、名文句を吐きました。だから僕の沖田艦長は少し原作の雰囲気とは違っているかも知れない。お叱りを受けるかもしれませんが、映画は映画ですからそのつもりでご覧になって頂きたいと思います。」

違っているなんて、とんでもない!、凄い役者さんです!!。
この映画の中で原作との違和感を全く感じなかったのが沖田艦長だったからです。
「地球……、何もかも懐かしい……。」と言い残し、息を引き取る場面では、思わず泣けてしまいました。

他に良いと思ったキャスティングは、
島大介役の緒方直人さん。
息子を想う父親(原作では弟を想う兄)という優しさが良く出てました。
真田志郎役の柳葉俊郎さん。
原作のイメージとは多少違ってますが、納得できました。
爆薬のスイッチを押す時の手が震え過ぎ(笑)。
そして、意外に良かったのが斉藤始役の池内博之さん。
アニメ版ではこのキャラの声は主題歌も歌っていた、ささきいさおさんと記憶しています。
あのアウトローっぽさが良く出てました。
弁慶の立往生を思わせる最期が見事でした。

以上が良かった所。
そして、以下が辛口コメント(スミマセン)。

まず森雪。いえ決して黒木メイサさんがどうのというのではありません。
森雪の性格設定付けがヒドイのです。もう、これは森雪ではありません!!。
森雪とは、清楚で優しく、それでいて一途に古代を想い続ける、筋の通った強い心を持った女性。
まさに理想の女性像、当時の私が二次元の女性を本気で好きになったのが森雪だったのです!!。
あの麻上洋子さんの声とあいまって、森雪とは永遠に理想の女性の代名詞なのです!!!。
この映画の中のツンデレ女に「森雪」なんて名乗って欲しくありません!!!!。

次に佐渡先生。こちらも高島礼子さんに不満がある訳ではありません。
むしろ高島さんは頑張って演じてました。シッカリ一升瓶を抱えて(笑)。
惜しむらくは沖田艦長の逝去の場面に、佐渡先生が敬礼をするところを入れて欲しかったのです!!。
あの無言で敬礼をする場面に佐渡酒造の人間の本質が見事に現れているのです!!。
そして、猫のミー君。彼(?)は決して佐渡先生のペットなんかじゃないんです。
いうなれば「相棒」「古き良き親友」、佐渡先生とは対等の仲なのです!!。

最後に最も許せないのは、古代と森雪は決して離れてはいけないのです。
古代の傍らには常に森雪がいる!!。生きる時も死ぬ時も!!。
ラストで森雪の子供が登場したのには興醒め!!。
「命は永遠に受け継がれる」というメッセージだったのでしょうが、
愚凡な私は「あのワープの最中に、こんなコトしてたの?」
なんて思ってしまい、それもモヤモヤの原因の一つだったようです(苦笑)。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

期待通りのナニコレ珍百景?

投稿日:2011/08/08 レビュアー:Melissa

全てに突っ込みどころ満載ですが、松本さんの原作にでてくるような顔つきの黒木メイサさんを森役に起用した時点で既にミスキャスト。
あんなに尖がった森はいないだろうに…とがっくり。
他もいろいろありましたが、最悪なのはラストの波動砲発射の前後で見えてしまったんですよ…
ヤマトのコックピットが普段家にあるようなPCキーボードだったのを…超絶ダサいありえなーい!!
いっちゃなんですが外国のTVドラマの古い宇宙船物の方がまだマシな機材を乗せてました。
もうね、機材が昭和の戦隊物にあるものよりも劣っていていい大人が勢ぞろいして学芸会してるようにしか見えませんでした。
脚本もね…期待通りめちゃくちゃですよ。
話を全てまぜこぜにして収拾付かなくして最後は死で片付けるパターン。
それにCGでごまかしてもあんなCG程度じゃごまかされませんよ。
観客なめすぎでしょ。
松本さんは漫画だけ書いてれば良いとオモイマシタ。
余計な事に首突っ込むと漫画も駄作扱いされそうな勢いの内容にがっくり。
★なんてつけるのもおこがましい作品でした。
TVのCMが泣けましたというのは大抵嘘が多いね。気をつけましょう

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

宇宙戦艦“キムタク”

投稿日:2014/04/08 レビュアー:みなさん(退会)

『宇宙戦艦ヤマト』とは名ばかりで、ほとんど木村拓也くんの独り芝居だった。……ヤマトじゃないじゃん!(泣)


レビューを書くのをやめようかとも思ったが、あまりに悔しいので文句を連ねることにした。製作委員会の名簿の長さからすると、多額の製作費を集めたようだし、苦情を受け付ける係くらい用意しているだろう。

ストーリーをどのように改変しようと構わないが、的を外されては困る。
まず、ヤマトが主人公でなければならない。古代進も森雪も沖田艦長も、冷たい言い方をすれば、狂言回しに過ぎない。なのに、ヤマトの姿が映るのは戦闘シーンだけと言うお粗末さ。或いは、時間の経過を表現する時だけ。間違ってるでしょ!?
ヤマトが主人公なのだから、その存在を観客に納得せしめるためには、しっかりと描写しなければならない。ロバート・ワイズ監督の『スタートレック』がいい見本になる。

土砂に埋もれていたヤマトが、息吹をふきこまれ、宇宙戦艦として再び浮上する場面が最初のカタルシスでなければならない。そこは丁寧に、リアルに描くべきだ。カットを費やし、他のシーンを犠牲にしてでも、一大スペクタクルに仕上げる必要があった。なのに、このショボさは何?

波動砲にしても、タメの描写がなくて拍子抜け。ガマンしてガマンして発射するところ(笑)に共感するのであって、何やらアッサリと描かれても説得力がないではないか。伝家の宝刀だからこそ、見せ方には凝って欲しかった。

ワープも同じ。ホコリの中に入って行ったり、ホコリの中から出て来たり……。科学的な根拠があるのか知らないが、イメージの違いにズッコケてしまった。(死語だな)

宇宙での戦闘シーンにも感動がなかった。遠景が多くてつまらない。CGの自由さが全く見受けられないし、そもそも演出がなされていない感じがする。劇場版『機動戦士ガンダム』を見習って欲しいと切実に思った。セルアニメに負けるようじゃ、センスがないと言わざるを得ない。
それに、ガミラスの宇宙船のデザインにしても『スペース・ヴァンパイア』を想起させ、オリジナリティが感じられなかったのもマイナス。
そう言えば、ガミラス/イスカンダル星の地下の戦闘シーンは、『スターシップ・トゥルーパーズ』にそっくりだった。

著名なアニメの実写化に挑んだ勇気はかうが、いきごみだけでは誰も納得しない。評価も価値も定まった作品を原作にするなら、よほど上手にイメージを払拭しないと……。ただ「好きだから」という幼稚な動機だけでは、学芸会にしかならない。

役者さんたちは、一部を除いて、かなり真剣にイメージ作りに取り組んでいた。また、登場人物同士が名前で呼び合うことで、ナマ身の人間としての存在感を演出した脚本は見事。アニメではなく、実写であることを逆手にとった手法だ。おかげでゴッコ遊びにならずに済んだ。脚本は、佐藤嗣麻子さん。才人だと思う。

『宇宙戦艦ヤマト』『さらば宇宙戦艦ヤマト』『宇宙戦艦ヤマト/完結編』をシェイカーに入れて軽く振ってグラスに注いだようなストーリーは、まぁ仕方ない。初の実写版で総華的になるのが人情だ。でも、ヤマトは地球に帰還して欲しかった。

相原役を演じたマイコさんに不思議な魅力を感じた。
オススメしたい作品ではないけれど、彼女に星ひとつプラスしましょう!

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

人類最後の希望

投稿日:2011/11/11 レビュアー:こうさま

評価78点(100点満点)
アニメの大作「宇宙戦艦ヤマト」を実写化した作品で、この手の作品はなかなか難しいとされているが予想以上の仕上がりでなかなか面白い。実写とVFX部分とのバランスに違和感があるかどうかがポイントの一つなんだが、製作時間をかけただけあって一体感がよくでている。キムタク、黒木メイサをはじめとして山崎努、高島礼子、柳葉敏郎、緒形直人等錚々たるキャスト、これで面白くなかったら脚本、監督の腕が悪いということになってしまう。
時は2190年代、謎の異星人「ガミラス」の攻撃を受け地球は瀕死の状態、人類は地下都市を建設して抵抗をしているものの放射能汚染は深刻、そこに届いたイスカンダルからのメッセージ、人類最後の希望を託して宇宙戦艦ヤマトは出航してゆく。艦内でのそれぞれの乗り組み員が織りなす人間ドラマを見ながらヤマトはワープを繰り返しながら目的地へと向かって行く。人類最後の希望として何故日本人が登場するのかなぁなんて根幹の疑問を発してはいけない、静かにヤマトの任務遂行を祈っていればいいのだ。そしてヤマトに訪れる最後の試練、古代進がきわだつ場面、お決まりの愁嘆場もあるが決してクサイと言ってはいけないところ。かくして地球に緑が戻りメデタシメデタシ。人類最後の希望を背負っているわりにはどこか緊張感、緊迫感が足りないようにも思えたが楽しく見れたことで満足すべし。何故か池内博之の死に様が印象に残った。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

26〜 30件 / 全158件

SPACE BATTLESHIP ヤマト

月額課金で借りる

都度課金で借りる