ハート・ロッカー

ハート・ロッカーの画像・ジャケット写真
ハート・ロッカー / ジェレミー・レナー
全体の平均評価点:
(5点満点)

237

  • DVD
  • 映画賞受賞作品
ジャンル:

「ハート・ロッカー」 の解説・あらすじ・ストーリー

「ハートブルー」「K−19」のキャスリン・ビグロー監督が、テロの脅威が続く混沌のイラクを舞台に、死と隣り合わせの日常を生きるアメリカ軍爆発物処理班の男たちの姿を力強く描き出した緊迫の戦争アクション。主演は「28週後...」のジェレミー・レナー。2004年夏、イラクのバグダッド郊外。アメリカ陸軍ブラボー中隊の爆発物処理班は、班長の殉職を受けてジェームズ二等軍曹を新リーダーとして迎え入れることに。そして、サンボーン軍曹とエルドリッジ技術兵を補佐役とする3人ひと組の爆弾処理チームは、任務明けまで常に死の危険が孕む38日間を共にしていく。そんな彼らには、狂気と緊張に満ちあふれた数々の試練や悲しみが待ち受けていた…。

「ハート・ロッカー」 の作品情報

製作年: 2008年
製作国: アメリカ
原題: THE HURT LOCKER
受賞記録: 2009年 アカデミー賞 作品賞
2009年 NY批評家協会賞 作品賞
2009年 LA批評家協会賞 作品賞

「ハート・ロッカー」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ハート・ロッカーの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
131分 日 吹 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 PCBE73669 2010年09月02日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
249枚 17人 10人

関連作品

ユーザーレビュー:237件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

26〜 30件 / 全237件

★★全体的な出来は『アバター』の方が上!★★

投稿日:2010/08/20 レビュアー:screenplay

第82回アカデミー賞『作品賞』ほか『監督賞』も受賞し、女性監督として史上初めてこの栄誉に輝いたジェームズ・キャメロンの元妻のキャスリン・ビグローだが・・・。

確かに“女性監督にしては”手に汗握る男性的な映像を創作しているかに思えるシーンも数々あり、当初は「おっ!」とは思えたが、物語が展開するにつれ、どうしても女性監督特有の物語の詰めの甘さや破綻が目立ち、眠くもなってしまった。

そして、見終わってみると消化不良との感が残る。戦闘シーンや爆発物の解体作業の緊迫を重視するばかりに、人間が描かれていないのである。
全体的な出来としては、同じく『作品賞』にノミネートされた『アバター』に遠く及ばず。
これまでにも、中東を舞台にした似たような作品が数多くあり、それの中ではかろうじて秀作の部類には入るが、今回のアカデミー賞では、“もと夫婦の頂上決戦”ゆえに殊に注目されたように思える。

ではなぜ全体的な出来が、より優れた『アバター』が『作品賞』を受賞しなかったのかと言えば、常に高慢な言動と、思い上がりともとれるジェームズ・キャメロン個人への反感が票となり、また初めての女性監督の受賞への期待が、このような結果になったように感じる。(加えて、ジェームズ・キャメロンの物語が、常に最後はボス的な敵が登場し、主人公と戦うというパターン化された展開に、映画製作のプロたちが辟易したということもあるように感じる。しかし、映画『アバター』は、3Dの新型カメラの開発を含めて、映画界としては圧倒的な存在感と、本来は『作品賞』を受賞するだけの力があった。)

ジェームズ・キャメロンは、様々な意味でSF映画のパイオニアであり、斬新な企画に挑戦できる数少ない大金持ち監督、そして何よりも映画界のカリスマなのだから、日本流に言えばもっと“腰の低い”人間であれば、現在とは違った結果と、より広いファン層を獲得できるような気がするのだが・・・。

それと現在の日本映画界に不満あり!
なんでこんなに、『ハート・ロッカー』の上映館が少なかったのかいな!?
最初から、「地方の人間は、DVDで観ろ!」ってか!?
私も、この映画見たさに、“多額の交通費を使った"一人として、もの申す!

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

非常事態に酔う男ネタバレ

投稿日:2010/08/15 レビュアー:裸足のラヴァース

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

いやあ こんなに生々しいレヴューはないっすよ おのおの方 ただいま 8月15日5時19分 新宿から妹が携帯から電話 足止めをくっているとのこと 何だろうと思ったら 妹にお墓参り行ってもらっているんだけど 新宿で友達に会うためロッカーに荷物を預けたので 鳥に言ったら<鳥に何を言うんだアホ変換 取りに行ったら Kサツの厳重警戒 なんと爆弾がロッカーに仕掛けられているとのこと 終戦記念日のテロかなんかかしら いまのとこここまで みんなTV見ろみたいな

で「ハートロッカー」のレヴューなんですが 渋東タワーで見てるんだけど 友人がポップコーンを咽に詰まらせたり キャメラ酔いがして来たりで 一時間で出てしまったのでレヴューにならないんだけど この一時間で嫌になってしまった まずはこの戦争映画 キャメロンの「アヴァター」に対抗さすべく 観る前から推薦作品に構想してたんだけどどうも違うなあすべてが まずこの臨場感ってやつがわざとらしい 見ながらいちいちこのキャメラの位置は違うとか その思わせぶりなカットはだめとか 普通に手に汗握るように撮れてないんだよね オルドリッチやシーゲル フライシャーは こうは撮らないはずだ でも全部見てないからなんとも言えないけどね

キャメロンは亭主関白でマッチョなようでいて柔なロマンチスト 今までのキャリアのいいとこは おかみさんたちのプロヂュスのにらみが効いてるうちは良かったわけだ しかし今回は逆にキャスリンが過剰にマッチョになってしまっていて 女性監督特有の単細胞思考が 垣間見れるような ふはは

全部 見てからまたコメントにでも書こうかしら 取りあえずは ボクもまた非常事態に酔う男なので 興奮して一筆したためましたとさ さて妹の荷物はどうなったかしら  

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ハートを置き去りにした男ネタバレ

投稿日:2010/08/07 レビュアー:ひろぼう

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

なかなか見応えのある作品でした。
本作がアカデミー賞を取ったのは、政治・社会的な背景がかなり影響したのでしょう。わざわざイラクまで行って感傷に浸るなよと、正当化出来ない行為に内省を窺わせようとしたかのお話には素直に共感できませんでしたが。

イラク戦争爆弾処理班の日々を追うカメラ。写すのは、常に生死を分かつ分岐点に立ち続け心身ともに疲弊する3人の男達。彼等が爆弾処理で切り取るワイヤーに起爆装置は、闘って勝ち取った命の証しとして、戦場から一皮隔てただけの駐屯地に持ち帰れる戦利品となるのでしょう。
物語の9割方が戦場の風景で、必然的ではないカメラワークと断片的なカット割りが印象的。ほんの5分程度でしょうか、平常の、ジェームズ軍曹帰国後のシーンでは普通の映像だったので、戦場を描写するための意図的な演出だったのでしょう。 ゆらゆらと焦点をさ迷わせグッと寄るカメラは、まるでニュース映像のように鑑賞者の目線を引きます。それは第三者を当人に近付けもするが、決して同一にはなれない、興味本位をただ煽って悲惨な状況を示しはするが感情に触れることは許されない、命のやり取りを情報の羅列として無機質に切り取っているように見えてきます。戦場から遠く離れた安全圏で現実の惨状をニュースとして眺める者が覚える、乗り越えられない絶対の壁の存在を感じてしまうのでした。
情報も細切れで、一部よく理解出来なかったりする行動もあるのですが、これもまた戦場風景としてはよくあることで、兵卒が、自分の行動が戦局にどのように関わっているのか分からない現状を示そうとしたのか、あるいはまったく意味のないことをやらされている無上を表現しようとしたのかもしれません。

ジェームズ軍曹は軍規を省みずに無鉄砲な行動をするのですが、無軌道ではなく、あるルールに従っていると思いました。その男が堕ちていくルールは、戦争という命のやり取りを、ゲームとして楽しむための法則なのでしょう。民間軍事組織の懸賞金稼ぎのエピソードで浮き彫りになるのは、ただひたすら敵を倒すために無感情になっていく男達のこと。彼等の意識はどんどん削ぎ落され、金や名誉を得るためでもなく我が身を守るためでもなくなって、敵を屠ることのみに先鋭化されていく。それは殺人に無感覚になるのではなく、人が狩猟者としての、動物の本能を呼び覚ましていくかのようで、自分の命と引き換えに興奮を味わうルールに憑りつかれた男の異様さがクローズアップされるのでした。

そんな男達も、一旦戦場から切り離されると人らしい感情を取り戻すようで、DVD売りの子供とのやり取りに安らぎを見つけ、故郷の妻への電話に声を出せなくなっている自分に気付いたりするのでした。
冒頭の思わせ振りな字幕にあるように、ジェームズ軍曹は戦地へと舞い戻ります。
それは何故なのか。心撃ち震える戦場の昂揚が恋しいのか、獣の本能を味わうと人へと戻れなくなるのか、 それとも人の全てを削いで戦場で生きることに一種の悟りを見出したのか。
戦争で、殊更イラク戦争で描かれる題材は尽きかけていて、シチュエーションは爆弾処理班という目新しさだったのに、そこで描かれる人の姿は事実の羅列だけで、物語性もかろうじて体裁を保つのみに留める本作。戦争の虜になる男の姿というテーマは、あれやこれやと戦争という局面に捉われる人の姿を描きはするが、そのどれもが中途半端。しかし、それは混迷を極める殺伐とした戦場の描写にはピッタリだったりします。でも、それは偶然そう見えただけで、実際はナレーションによる後付けであったかにも思えてくるのでした。
近代の戦争は思想や人種と言った異文化の衝突のみならず、世界の覇権を握るがための資本のせめぎ合いとか大国に従わざるをえない国情とかあって、悪い奴をやっつけると単純に一言では言い表せない、もやもやした混沌たる現代を切り取ってはいるとも見えてくるのでした。★3+

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

その日映画館で、訳も分からず、途方に暮れた記憶がある

投稿日:2018/10/11 レビュアー:カマンベール

2008年(アメリカ)キャスリン・ビグロー監督作品。

当時からミーハーだった私たちは、アカデミー賞作品賞他、6部門も受賞した・・・その評判を間に受け、かなり不便は立地の場末の映画館まで、出かけたのでした。
(シネコンに掛からないことの意味に気付かなかった初心者でした)

混んでいて、一番後ろの席でした。
顔を知った俳優がいない。
慣れない戦争映画に、場所はイラク戦争中のバクダッド。
なんだか居心地悪く、映画の中に入って行けない。
いつまで待っても面白くもなんともない。

そもそも、映画初心者の観る映画ではなかった。
疲れ切って、「お疲れ様だったね・・」と呟いて、
「選択を間違ったねえ」とも言ったっけ・・・。

10年ぶりに家のテレビで観た。
緊張感が半端なく、面白かった。
題名の『ハートロッカー』はアメリカ軍のスラッグで「苦痛の極限地帯」・・・つまり「棺桶」を意味する。
(Heartで歌うロック歌手かと勘違いしていた)

有名スターはすぐに使い捨てされる。
冒頭で事故死するガイ・ピアース。
中盤で出てきてすぐ又、殺されるレイフ・ファインズ。
デヴィッド・モースには気付かなかった。

主役の命知らずのウィリアム軍曹(ジェレミー・レナー)
はじめはドラッグ中毒みたいに、「危険麻痺症状とか、危険不感症患者・・・」なのかと思った。
しかし違っていた。

DVD売りの少年、サッカー好きの通称ベッカムへの思い、
そして終盤で身体に自爆テロ用の爆弾を巻かれたイラク人に、
「許してくれ!!すまない」と謝る様子を見ると、真に彼は本気で、
人助けをする勇敢な兵士だと知れる。

ウィリアム軍曹はあまりに命知らずのなので、戦友も危険に巻き込まれる。

戦争の一面を描いて、誇張も歪曲も誘導もあるだろう。
しかし、キャスリン・ビグローが女性監督である事。
そしてたった16億円の予算でこの映画が撮られた事。
爆弾処理班・・・そんな危険な任務につく兵士がいる事。
それらを知れたのは、意義ある事と、感じました。
(映画館より自宅のテレビの方が向いてる映画なのかも知れない)

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

戦争とは・・・人間同士が殺し合うこと。ネタバレ

投稿日:2011/03/01 レビュアー:mikitty.

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

原題は「THE HURT LOCKER」米軍の隠語で「苦痛の極限地帯」「棺桶」の意味だそうです。
昨年度第82回アカデミー賞で6部門受賞。キャスリン・ビグロー監督、女性では初の受賞だったそうです。「ハートブルー」「K−19」も彼女の作品なのですね。
因みに、今年度83回アカデミー賞は「英国王のスピーチ」でした。私は、「ソーシャル・ネットワーク」だと予想したのに残念でした。前年度は、「アバター」が受賞すると思ったのに・・・選考委員はどんな方々なのでしょうか。
さて、この「ハート・ロッカー」は、イラクのバグダッドを舞台にした戦争映画で、米軍爆発物処理班の緊迫の38日間を描いています。映像はスーパー16ミリカメラを用いて撮られているので、手振れ状態がとてもリアルな画像を生み出しています。そのせいか、ハラハラ・ドキドキ、最後まで惹き付けられました。
主人公ジェームズ二等軍曹(ジェレミ・レナー)は、爆発物処理に優れた技術能力を具えていることに加え、正義感に溢れる性格を持ち合わせているので、自ら進んで現場に足を踏み入れます。一秒たりとも無駄には出来ない極限の緊迫状態の中、処理が行われる。芋づる式に爆弾が土の中から現われ取り囲まれた時も・・・。爆弾を体中に装着させられパニック状態の男にも近づき・・・。車に仕掛けられた時限爆弾処理はタイムリミットが容赦なく迫る・・・。
そんな厳しい任務後の一服のタバコは彼をホッとさせる。現地の少年に対する優しい心も忘れてはいない。ただ、自分の家族である妻子を思い出し受話器を持つが・・・会話をすることはない。ここは戦地なのだ・・・。
オープニングで「戦争は麻薬のようなものである」と字幕が流れる。まさにジェームズは戦争と言う薬物の中毒になったらしい。ジェームズは任務が終了し帰還するも、まるで生気を失っているように見える。彼は頭の中も身体も爆発物処理に囚われているのか・・・。
そして、ラスト・・・その答えが出る。唯一彼が生を実感出来る場所は戦場なのだ・・・と。
爆弾処理班と言う任務にスポットをあて制作された映画ですが、とても残酷な運命とも言うべき人間の生きざまも描かれているように思います。戦争はこの世から消えて欲しいと切に願います。批判も多い作品ですが、一見の価値はあると思います。お薦め致します。。。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

26〜 30件 / 全237件

ハート・ロッカー

月額課金で借りる

都度課金で借りる