ランボーの画像・ジャケット写真

ランボー / シルベスター・スタローン

全体の平均評価点:(5点満点)

67

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

Blu-ray

シリーズ

旧作

ジャンル :

「ランボー」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

シリーズ

旧作

解説・ストーリー

アメリカ北西部の小さな町を訪れた元グリーン・ベレーの隊員が、地方警察のいわれの無い仕打ちに絶えかね逆襲に出る。ベトナムで会得した戦術を駆使して、1対多の戦闘を見せる展開はアクション物としては及第。周囲から孤立して行く戦場帰りの男の悲哀も程良い味付けになっている。原題の“最初の血”には“どちらが先にしかけたか”の意がある。

「ランボー」 の作品情報

作品情報

製作年:

1982年

製作国:

アメリカ

原題:

FIRST BLOOD

「ランボー」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ドリーム・スケープ

ロッキー

コップランド

ガントレット

ユーザーレビュー:67件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

26〜 30件 / 全67件

宿敵

投稿日:2012/01/20 レビュアー:ビンス

「ランボー」シリーズを初めて観たのは小学生のころ。
でも一作目を最初に観たわけではなく。
続編である「ランボー2 怒りの脱出」が「初ランボー」。
子供心に興奮したのを憶えています。
でも映画よりもなによりも興奮したのは。
キャッチコピー。
確か・・・「ランボー1人VS1000人」とかだったような・・
1人で1000人相手に!???
子供は興奮するわけです。
大丈夫か?
勝てんのか?
生き残れるのか?
だとしたらランボーってどんだけスゲーんだよ!!!
そんな状態で観ました。
その後、金曜ロードショーか何かで、この一作目を観る事になります。
「〜怒りの脱出」観てるから。
子供が期待するポイントは当然のように「ド派手なアクション」。
しかし・・・
この一作目はそうじゃないんですよね。
二作目から「ランボー」シリーズは「ザ・アクション映画」へと方向転換しますが。
この一作目は、どちらかといえばランボーの苦悩、暗闘にスポットが当てられています。
だから、子供心はソッポを向いてしまうんです。
地味だから・・・
「ランボー=ド派手アクション」なんだもんその時は。
現在、再鑑賞してみても、微妙にその当時に固まったイメージが抜け切らず、物足りなさを感じてしまいます。
でも、考えてみると一番最大の敵と戦っているのは、この一作目なのかなぁって思ったりもします。
最大の敵であり、勝てそうにない敵。
この敵がいつまでもランボーを苦しめる宿敵なんですね。
やり場のないランボーの憤りがハジケる様は、観てて切なくなりますね。

再鑑賞してみて一番凄いと思ったこと。
寒い季節(冬なのかな)、皆が一枚多く着込むような季節に。
そんな季節の山奥で。
タンクトップ一枚で(Tシャツだったかな?)、川の中に身を潜めるランボー。
ギラついた目が、凄みを倍増させる。
このシーンだけでも「この人・・・・強い」って思わせる説得力がある。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

なに?この、わけわからんさ

投稿日:2011/03/31 レビュアー:Yohey

ランボー、名前だけ知っていたけど、マッチョな作品ということで敬遠していました。とりあえず観てみようかと借りて観る・・・あれ、ロッキーシリーズと違って、えらいB級チック。なんかスタローンがしたいことをしたいだけやったという感じがしました。

ちょっと設定に無理があるわなぁ、だから、続編はあぁいう形になったのかな。危ないおっさんが暴れているだけにしか見えませんでした・・・

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

ランボーもロッキーも

投稿日:2011/03/26 レビュアー:あざす

一作目が全てです。
続編が全てを駄目にしています。

パート1だけ見てください!!

続編はホント見る価値無し!!

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

戦争のために、国家が育てた兵器の末路 ネタバレ

投稿日:2009/05/05 レビュアー:

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

国の命令通り戦闘訓練をし、敵と戦い、殺し、帰国すれば
犯罪者扱い。これが当時のベトナム帰還兵の扱いと聞きます。
国家のために戦ったはずなのに、国も市民も自分を否定する。
ラストシーンでランボーは自身の心境を大佐にぶちまけますが
当時のベトナム帰還兵は皆ああ思ってたんでしょうね。
「一体俺たちは何のために戦ったんだ!?」
そんな叫びが聞こえてきそうです。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

原題『 First Blood』の意味

投稿日:2008/10/22 レビュアー:栗頭

この作品は、ベトナム帰還兵の心の叫びを代弁していると言っても決して過言ではないと思います。
子供のころ観た『カッコイイ』という感想は、大人になって観てからは、何故か微塵も感じませんでした。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

26〜 30件 / 全67件

ランボー

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:67件

宿敵

投稿日

2012/01/20

レビュアー

ビンス

「ランボー」シリーズを初めて観たのは小学生のころ。
でも一作目を最初に観たわけではなく。
続編である「ランボー2 怒りの脱出」が「初ランボー」。
子供心に興奮したのを憶えています。
でも映画よりもなによりも興奮したのは。
キャッチコピー。
確か・・・「ランボー1人VS1000人」とかだったような・・
1人で1000人相手に!???
子供は興奮するわけです。
大丈夫か?
勝てんのか?
生き残れるのか?
だとしたらランボーってどんだけスゲーんだよ!!!
そんな状態で観ました。
その後、金曜ロードショーか何かで、この一作目を観る事になります。
「〜怒りの脱出」観てるから。
子供が期待するポイントは当然のように「ド派手なアクション」。
しかし・・・
この一作目はそうじゃないんですよね。
二作目から「ランボー」シリーズは「ザ・アクション映画」へと方向転換しますが。
この一作目は、どちらかといえばランボーの苦悩、暗闘にスポットが当てられています。
だから、子供心はソッポを向いてしまうんです。
地味だから・・・
「ランボー=ド派手アクション」なんだもんその時は。
現在、再鑑賞してみても、微妙にその当時に固まったイメージが抜け切らず、物足りなさを感じてしまいます。
でも、考えてみると一番最大の敵と戦っているのは、この一作目なのかなぁって思ったりもします。
最大の敵であり、勝てそうにない敵。
この敵がいつまでもランボーを苦しめる宿敵なんですね。
やり場のないランボーの憤りがハジケる様は、観てて切なくなりますね。

再鑑賞してみて一番凄いと思ったこと。
寒い季節(冬なのかな)、皆が一枚多く着込むような季節に。
そんな季節の山奥で。
タンクトップ一枚で(Tシャツだったかな?)、川の中に身を潜めるランボー。
ギラついた目が、凄みを倍増させる。
このシーンだけでも「この人・・・・強い」って思わせる説得力がある。

なに?この、わけわからんさ

投稿日

2011/03/31

レビュアー

Yohey

ランボー、名前だけ知っていたけど、マッチョな作品ということで敬遠していました。とりあえず観てみようかと借りて観る・・・あれ、ロッキーシリーズと違って、えらいB級チック。なんかスタローンがしたいことをしたいだけやったという感じがしました。

ちょっと設定に無理があるわなぁ、だから、続編はあぁいう形になったのかな。危ないおっさんが暴れているだけにしか見えませんでした・・・

ランボーもロッキーも

投稿日

2011/03/26

レビュアー

あざす

一作目が全てです。
続編が全てを駄目にしています。

パート1だけ見てください!!

続編はホント見る価値無し!!

戦争のために、国家が育てた兵器の末路

投稿日

2009/05/05

レビュアー

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

国の命令通り戦闘訓練をし、敵と戦い、殺し、帰国すれば
犯罪者扱い。これが当時のベトナム帰還兵の扱いと聞きます。
国家のために戦ったはずなのに、国も市民も自分を否定する。
ラストシーンでランボーは自身の心境を大佐にぶちまけますが
当時のベトナム帰還兵は皆ああ思ってたんでしょうね。
「一体俺たちは何のために戦ったんだ!?」
そんな叫びが聞こえてきそうです。

原題『 First Blood』の意味

投稿日

2008/10/22

レビュアー

栗頭

この作品は、ベトナム帰還兵の心の叫びを代弁していると言っても決して過言ではないと思います。
子供のころ観た『カッコイイ』という感想は、大人になって観てからは、何故か微塵も感じませんでした。

26〜 30件 / 全67件