ダーティハリー

ダーティハリーの画像・ジャケット写真
ダーティハリー / クリント・イーストウッド
全体の平均評価点:
(5点満点)

66

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
  • シリーズ
ジャンル:

「ダーティハリー」 の解説・あらすじ・ストーリー

サンフランシスコ。屋上プールで泳ぐ女性が何者かに狙撃されるという事件が発生した。捜査にあたるのは、いつも汚い仕事をまかされることから“ダーティハリー”なる異名をつけられたハリー・キャラハン刑事。やがて“さそり”と名乗る犯人から「十万ドルを渡さなければ市民を殺し続ける」という脅迫が届いた。予告通り、次々に無差別殺人を繰り返す“さそり”だったが、ハリーと相棒のチコはついに犯人の正体に迫る……。

「ダーティハリー」 の作品情報

製作年: 1971年
製作国: アメリカ
原題: DIRTY HARRY

「ダーティハリー」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ダーティハリー 特別版の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
118分 英語・スペイン語・ポルトガル語・日本語・中国語・ハングル語 英語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
DLR21516 2002年10月31日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
13枚 1人 1人

【Blu-ray】ダーティハリー(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
102分 日本語・英語・日本語吹替え用字幕・音声解説用字幕 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:DOLBY True HD/5.1chサラウンド/英語
3:ドルビーデジタル/モノラル/日本語
4:ドルビーデジタル//英語/(音声解説)
レイティング: 記番: レンタル開始日:
CWBRY11524 2010年07月16日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
9枚 0人 1人

関連作品

ユーザーレビュー:66件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

26〜 30件 / 全66件

骨太の漢(おとこ)

投稿日:2009/11/16 レビュアー:ムーン

「グラン・トリノ」では少し貶してしまったために、どこか自分の中で釈然としないものが残り、そういえばこの人の映画をしっかり見てはいなかったと反省。
とにかく、まずはこの人のイメージを固めたといっても良い代表作(本作)のブルーレイ版が発売になったので、自分へのバースデイプレゼントにツタヤで貯まったポイントでこれを購入しました。(カード遣い過ぎだって…)

最近、今更ながら正義とは何じゃろか?と思っているところで、山本七平じゃなかったイザヤ・ベンダサン氏の「日本人とユダヤ人」の中の、正義とはもともと怨恨や復讐の別名だったとか、亡備録代わりに着けている読書ノートに書いてあった内田樹氏の「こんな日本でよかったね」の中の無償の贈与は正義の行使とは両立しないとか、いろんな事がゴチャマゼになって渦巻いている段階なので、はっきりと言えませんが愛や真実と同じで百人いれば百通りの正義があるのでしょう。

特にこの作品は、制作された時代のアメリカの状況を含んで考えないと。いきなりこういうキャラが出た来たわけじゃない事を知っていた方がよろしいかと思います。

あの頃のあちらさんは八方塞がりだったようで、ベトナム戦争で挫折し、やたらと法の理念と秩序をあのニクソンが押し出し、ミランダ判決?(不詳、ウキペディアでも見て下さい)で被疑者の人権をやたらと保護しなけらばならなくなったり、官僚主義がはびこっていたらしいです。
ですから、変質連続殺人犯と同じ位、警察署長や市長や検事もハリーの敵なわけで、これを見たあの当時の観客はダーティー・ハリーの無軌道な正義の行使を見て溜飲が下がったのでしょう。

映画の中の名台詞をレーガン大統領が記者会見で遣うなど、既にある種のアクション映画のイコンであり、日本の映画専門学校では教科書代わりに使われていたり、その後の数々のアクション映画に影響を与えた作品で。とどめには「アイ アム ア ロウ」とシルベスター・スタローンが吠える始末(何の映画か忘れた)。行き着く所まで行った気がします。

この作品の公開当時も、そういった政治的メッセージを嗅ぎ取って賛否両論あったそうですが、パート2ではその辺の反省した答えになっているようです。

あるポイントを堺に前後がシンメトリーになっている構成だったり、水のモチーフ、神のモチーフなど良く出来た映画です。

しかし、当のクリント・イーストウッド氏は、晩年になって、「許されざるもの者」辺りからは、この無軌道な正義漢キャラクターを否定する様になってきます。
といっても、氏の中で何かがブレたという気はしません。正義とは何ぞやという問いかけを観客に向けてはいても、信念を貫くという姿勢は変わらない感じがするのです。
この方の、マイ・ワースト作品である「マディソン郡の橋」を含めてもそう思います。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ジョンウェインからイーストウッドへの転機となった作品

投稿日:2007/05/24 レビュアー:せきやん

内容はもろ西部劇です。当初ジョンウェインに話があったが、ジョンウェインが蹴ったらしい。その後の顛末は・・・
ジョンウェインが負けじとマックQ、ブラニガンで刑事役をやるも、なにそれ?ジョンウェインの事実上の引退を決定づけた意味でも有意義な作品です。ジョンウェイン&イーストウッド大好き人間の独り言でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ゆっくり

投稿日:2006/09/03 レビュアー:

微熱があったので早く寝なきゃ!
と思っていたのに、結局最後まで見てしまった。

殺人鬼のクレイジーっぷりがよく伝わる演技と
やっぱしハリーのかっこよさにしびれた一品。
言い回しや音楽などなど
古典的な美学に貫かれていて、いい感じ。
アニメのルパン三世と同時期、影響受けてるのかな?

まーなんというか、犯人を前にゆっくり歩くところが
とにかく、かっこよかった!

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

「ハリー・キャラハン」登場 西部劇からの転換

投稿日:2019/08/24 レビュアー:ちゅく

「ダーティーハリー」(1971年、米国、カラー、102分)。
「5」まで作られた人気シリーズの第1作。
監督のドン(ドナルド)・シーゲル、主演のクリント(クリントン)・イーストウッドは、盟友です。
ドンは西部劇専門ではありませんが、プレスリー主演「燃える平原児」(1960)、R・ウィドマーク主演「ガンファイターの最後」(1969/「アラン・スミシー」)がありました。
クリントは、TV西部劇「ローハイド」(1959〜1965)の副主役「ロディ・イェーツ」で人気を博したものの、劇場映画の主役を張るために、イタリア西部劇(「マカロニ・ウェスタン」の世界に転身し、S・レオーネ監督の「荒野の用心棒」(1964)、「夕陽のガンマン」(1965)、「続・夕陽のガンマン」(1966)で人気者となり、帰国します。
ドン/クリントが共闘した西部劇は「真昼の死闘」(1970)が最初で最後、「マンハッタン無宿」(1968)で画期的に現代劇に転換します。米国の正統派・西部劇スターであるジョン・ウェインも、監督した「グリーン・ベレー」(1968)で現代劇(ベトナム戦争)で探りを入れたあと、しばらく西部劇を作りながら、「マックQ」(1974)「ブラニガン」(1975)で本格的に現代劇(警察物)に本格転向した矢先、亡くなりました。やはり、彼は西部劇の大スターだったのです。
ドン/クリントの「ダーティーハリー」は、しがらみなく切り替え早く成功しました。
西部劇の味わいを残したのは、当時(1960後半から1970年前半)、リボルバー(弾倉回転式)の銃を「ハリー」に携帯させたことでしょう。銃の命中度、軽量度、装弾数の多さで言えば、前年に開発販売されたセミオートのピストルが遙かに勝るのです。
●「S&W M29」
スミス&ウェッソン社が1956年に販売開始。「ダーティーハリー」(第1作)で「ハリー」が使うリボルバー。全長306ミリ。重量1396グラム。使用弾薬44マグナム(弾丸径10 .9
ミリ)。装弾数6発。
●「S&W M39」
スミス&ウェッソン社が1955年に販売開始。縦型弾倉はグリップ下部から挿入。全長192ミリ。重量780ミリ。使用弾薬は弾丸径9ミリ。装弾数8発。

警察官が日常携行する拳銃としては、小型軽量の後者が向いています。あえて巨大リボルバーを持たせたのは、西部劇の伝統、見せることによる抑止力、いざというときの弾薬の大きさ(威力)に尽きるでしょう。

このDVDの特典「インタビュー集」(10人)がとても面白いです。主演のクリント、共演のアンディ・ロビンソンのほか、「1」に出演・参画していないシリーズ関係者などの率直な映像を見ることができます。パトリシア・クラークソン(「5」出演)、ハル・ホルブルック(「2」出演)、A・シュワルツネガー(出演していないが多大な影響を受けた)、ジョン・ミリアス(「2」脚本)、テッド・ポスト(「2」監督)たち。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

暴力とニヒリズム

投稿日:2016/01/22 レビュアー:趣味は洋画

肘当て付きのジャケットを着、スーパーマグナムを構える独特のスタイル。
これぞイーストウッドの代名詞となった作品。

サンフランシスコ市警殺人課のハリー・キャラハン刑事(クリント・イーストウッド)は、連続殺人犯の逮捕を命じられる。
ハリーは犯人を追いつめ、捕らえるが、逮捕の際に傷を負った犯人に拷問を加えたという理由で、犯人はすぐに釈放され、彼は謹慎を命じられる。職務を離れたハリーは単独で犯人を追い、ついには銃撃戦の末に射殺し、警察バッジを投げ捨てる...。

この映画の成功はイーストウッドの演技に負うところが大きい。
ハリーの性格は本質的に‘勧善懲悪’の西部劇ヒーローと同じであり、それを現代に置き換えた存在だ。犯人を捕まえる能力は素晴らしいが、警察として許される法の限度内にとどまることが出来ない。
その無鉄砲ぶりをイーストウッドが実にダイナミックに演じている。

イーストウッドはスタントマンを立てることを拒否してこの映画に臨み、無表情で冷ややかな性格付けは、‘ダーティ・ハリー’のイメージに大きく寄与している。

公開当時のアメリカでは、評論家が、ハリーと映画全体を「ファシズム的である」と激しく非難したという逸話が残っている。
だが、犯罪者を自由に闊歩させておく法律というものに、ダーティ・ハリーが感じる憤りを、一般市民の多くも感じていたのであろう。(現代でもそういった風潮は十分みてとれる)
だからこそ、その後も同じテーマを扱った刑事ドラマ(映画)が繰り返し登場している。

欲求不満と不正に満ちた世界(映画の中での...)で、普通の男がこうありたいと望む理想の人物、それが鼻っ柱の強いハリー・キャラハン刑事である。
法的根拠など気にする前に銃を使う刑事...とくればマイナスイメージとなるが、アンディ(アンドリュー)・ロビンソン演じる殺人狂はやりたい放題、ハリーの上司ブレスラー(ハリー・ガーディノ)や市長(ジョン・ヴァーノン)の‘体たらく’をみれば、さもあらんと頷ける。

元々、ハリー・キャラハン刑事の役は、フランク・シナトラやポール・ニューマンに話が持ち込まれたようだが、シナトラは手の負傷による手術でアクションは無理、ニューマンはオリジナルの脚本が、うだつの上がらない刑事の設定であったことから断ったという記録が残っている。
そしてイーストウッドに...。
当然のことながら、キャラハン刑事のキャラクター像は大きく書き換えられ、走るスクールバスの上に橋の上から飛び降り、殺人犯と闘うクライマックス・シーン(名場面)までお膳立てされたのである。

映画の主人公が、観客の求める空想を実現することは、ある意味‘ファンタジー’であり、その空想の世界が暴力とニヒリズムを内包している...「ダーティ・ハリー」とはそういう映画ではないだろうか。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

26〜 30件 / 全66件

ダーティハリー