遊星からの物体X

遊星からの物体Xの画像・ジャケット写真
遊星からの物体X / カート・ラッセル
全体の平均評価点:
(5点満点)

122

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 見放題
ジャンル:

「遊星からの物体X」 の解説・あらすじ・ストーリー

氷の中から発見されたエイリアンと南極基地の隊員との死闘を描いた、SFホラーの古典「遊星よりの物体X」のリメイクで、よりキャンベルの原作に近い。10万年前に地球に飛来した謎の巨大UFOを発見した南極観測隊のノルウェー基地が全滅。やがてノルウェー隊の犬を媒介にしてアメリカ基地に未知の生命体が侵入した。それは次々と形態を変えながら隊員たちに襲いかかる……。

「遊星からの物体X」 の作品情報

製作年: 1982年
製作国: アメリカ
原題: THE THING/JOHN CARPENTER’S THE THING

「遊星からの物体X」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

遊星からの物体Xの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
109分 日本語 英語 中国語 韓国語 スペイン語 ポルトガル タイ 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
UJRD30363 2003年05月26日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
32枚 2人 0人

【Blu-ray】遊星からの物体X(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
109分 日 英 解 1:ドルビーデジタル/ステレオ/英語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/フランス語
3:ドルビーデジタル/ステレオ/イタリア語
4:ドルビーデジタル/ステレオ/ドイツ語
5:ドルビーデジタル/ステレオ/スペイン語
6:ドルビーデジタル/ステレオ/英(解説)
レイティング: 記番: レンタル開始日:
GNXR1030 2010年04月22日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
22枚 2人 1人

関連作品

ユーザーレビュー:122件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

26〜 30件 / 全122件

エイリアンものでネタバレ

投稿日:2008/02/16 レビュアー:まゆまゆ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

この作品だけではなく『エイリアン』についても書いていますので、未見の方はご注意願います。

『遊星からの物体X』。子供の頃、テレビで見てとても面白かった印象がありました。が、『エイリアン』を見たことがあって、こちらを初めてご覧になる方には少し物足りないかもしれません。それは「ある生き物」がかなりグロテスクで当時は衝撃的だったと想像は出来るのですが、その生き物の特徴はグロテスクなだけのような印象に終わってしまうからです。この映画を見て改めて『エイリアン』の中の「エイリアン自体の持つ底知れぬ魅力」を再確認したような気分です。その魅力とは強さは勿論、スピードであり残虐性であり生存力であり、「美しさ」であります。私が特に好きなのはやはりあの頭部。奇妙な形ですが、あのツヤ・・・惚れ惚れする程美しいと思うのです。ですから『遊星・・』の方の生き物には残念な印象が残ってしまうのでしょうね。

しかし、この映画が好かれる理由は別にあると思っています。
それは(”100万回生きた猫”さんもおっしゃっているように)南極の観測基地という閉ざされた空間の中で仲間が何者かによって犯されて行く恐怖、そしてそれゆえに自分の人間性をも疑わずにはいられない状況に陥って行く恐怖を見せ付けられるストーリーの出来にあるのだと。
更に若いカート・ラッセル(『バックドラフト』など)やキース・デビッド(『アルマゲドン』のキムジー将軍)などの俳優陣が個性的なキャラクターをそれぞれ好演していることも好印象だと思います。
※注意、この映画には女性は一人も出て来ません(^_^;

グロテスクな画が苦手な方以外でしたら、一度ご覧になってみても。仲間同士のかけひきと最初に登場する「犬の演技」にご注目下さい。



☆−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−春(お元気ですか?)

100万回生きた猫さん、銀蔵さん、そして先日貴重なお時間をさいてレビューをお読み下さった方、いつもお読み下さっている方々にレビューを書き始めて1年経ったお礼を。
有難うございますm(_ _)m
前いた会社よりも忙しい会社に入ってしまった私。平日は映画を観る時間も(寝る時間さえも)ない今日この頃、もうすぐやっと200レビューになるのに足踏み状態でかなり落ち込んでいるのですが、皆さんのレビューを楽しみにポチポチ頑張って行きます・・・。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1982年のトランスフォーマー(無理矢理)

投稿日:2007/08/14 レビュアー:spider

なぜ今、20数年前の作品のレビューを書くのか不思議に思われるかもしれませんが、これにはもっともな理由があります。

一つの理由は…暑い夏の夜に見るにはぴったりの映画だから。舞台は南極だし、内容は背筋も凍る極上のSFホラー。20年前の作品だからと言ってバカにしちゃいけません。今どき巷に溢れる安易にCGに頼った作品など足元にも及ばない、驚異の映像が満載です…CGのない時代、いったいどうやってあんなシーンが撮影できたんだ?と驚くこと間違いなし。

そしてもうひとつの理由は…
実はさっき、見たくてたまらなかったマイケルベイの「トランスフォーマー」を劇場で見てきたから。「えっ関係ないじゃん?」と冷たく突き放すことなかれ。実はこの2つの作品には深いつながりがあるのですよ。ふふふ。

なにはともあれ、未見の方はすぐ映画館に走って下さい。決してお子様向けの作品ではありません。あれこそはロボットアニメ全盛期に育ったオトナたちの見果てぬ夢を完璧に映像化した奇跡の作品です。私の中では既に今年公開の映画の中でベスト1の座を占めてます。見直したぞマイケルベイ!

衝撃の映像によって頭の中は完全にトランスフォームされてしまい、道を行きかう車を見ては「あっあの黄色い車はバンブルビー?おや、あのトレーラーはまさかオプティマス!しまったディセプティコンの手先のパトカーだっ」とか口走る始末。(うそ)

えっ?2つの作品のつながりは何かって?これは私の説ですが、物体Xの正体は間違いなくディセプティコンです。北極と南極の違いはあれど、宇宙から落下して氷の中で機能停止になってたのは同じ。で、最初にトランスフォームしたのが機械だったか生物だったか…という違いだけなのですよ。わっはっは(こりゃいかんカーペンターファンから怒られる。)

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ギギギギ

投稿日:2019/03/19 レビュアー:ビンス

本編以前を描く「ファーストコンタクト」のラストシーンは
この本編にしっかりつながっています。
本編を観るにあたって、ラストシーンだけ観直してみたら
構図やら何やら全く同じと言っていいレベル
犬も同じ!って言いたくなるぐらい同じでした。
1980年代の作品と
2010年代の作品が
見事に融合しています。
で、80年代版というと
あのジョン・カーペンターの作品。
あの、という言葉が
必ずしも「いい前フリ」にはならないことを証明する監督です(笑)
個人的にはどちらかと言えば「トホホな作品」を生み出す監督
というイメージが付いていますが
そんなカーペンンターさんのベストと言える作品が
この「遊星からの物体X」です。
隔離された舞台(南極観測所)で
繰り広げられるヤツらとの攻防は
極端に少なく、そしてその少ない音楽が
めちゃめちゃ印象に残る旋律とリズムで味付けされ
なんとも不気味な雰囲気を醸し出しています。
さらに素晴らしいのはヤツらの造形で
80年代の素晴らしき技術が拝めます。
CGにはない味わい深さ
これがたまりません。
怖さとチープさの極上ミックス
そう、80年代の作品には
カッコつけてもキマらない、とか
ダサくて逆にカッコイイとか
なんとも愛おしいトホホな部分を持つものが多いです。
この作品もそうでしょう。
そして、それが正解なんだと思います。
演出とか展開が明らかにおかしいシーンたくさんある
でも、それ込みでステキだと思える。
ヤツらは擬き
ヤツらは欺き
ヤツらは偽り
われらは疑い出す
何が正解
誰が本物?
ギギギギ
ギがいっぱいでギスギスし出す
擬す偽すし出す
ギスギスするからギクシャクし出す
疑くしゃくし出す
素晴らしき80年代の世界でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

殺伐とした人間関係&変態シーン!

投稿日:2013/10/09 レビュアー:コタロウ

人間に擬態する宇宙生物が、アメリカ南極観測隊を襲います。

誰が宇宙生物なのかわからん!ということで、疑心暗鬼になった隊員たちが醸し出す
殺伐とした空気がイヤな感じ。

とても同じ釜の飯を食っていた仲間同士とは思えないほどのぎすぎす感!
プチ・バトル・ロワイヤル状態!殺し合い寸前!
ある意味、宇宙生物以上に怖いです。

そして、今見ても十分に驚かせてくれる宇宙生物の変態シーン!
宇宙生物の発見場所であるノルウェー基地で発見される宇宙生物の死骸が、
ダリの柔らかい時計みたいなとろけ具合&無念そうな目線で、いきなりいい味だしてきます。

こんなのは前菜みたいなもので、チュルチュルッ!ビビュ!グチョ!カパッ!カササササッ!な
変態シーンが後に続きます。
解剖シーンはグロくしようとし過ぎたのか、わけわかんなくなってた…

前日譚を描いた作品があるそうなので見てみたいけど、この作品の続きが気になります。
暖かい場所に出た宇宙生物は、もっと活発に動き回るのだろうか…

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ネチャネチャグチョグチョも凄いが腹の探りあいの様相が面白い♪

投稿日:2012/02/13 レビュアー:みむさん

SFとホラーが混ざったような印象を持っていたので
あまり好きじゃないかも・・・・
と思いつつ、評価が高いので見てみました。

南極大陸の米観測基地。
スウェーデン?ノルウェー?(以下北欧)の基地から観測隊員が犬を追ってやってくる。

この北欧の隊員、!いきなり発砲してくるから米隊員は発砲しちゃって射殺しちゃう。

一体なんなんだこの隊員と犬は?ってことで
その北欧系の観測基地に行くと・・・・
なんだかおどろおどろしいものが・・・・。

この辺までは「ああ、キモチワルイ物体が売りなのか」と思ってたんですが、
この謎の物体Xって乗っ取ったものに姿を同化して
さらにネバネバグチョグチョになるっていう特技(?)があるようで!!!!

さらに調べてみると宇宙からの物体だったとか。

ほお、SF混ざってきたな、やっぱり。

なんて半分流し気味に見ちゃおうかと思ったら
そっからまた今度は「サスペンス」風味のお話に展開。

もしかして、物体Xが乗っ取った人間が米観測隊員の中にもいるんじゃないか?

だとしたらそれは誰?

もしかしたら、仲間だと思ってたやつが豹変して襲ってくるかも?

なんつー疑心暗鬼と恐怖の感覚が隊員たちに芽生えてくる。

正体を現しちゃうヤツもいて、やっつけはするんだけど、
その物体Xの破片がまだ生きてるし、流れてた血さえも生きてるように動きまわる。

怖すぎでしょ・・・・・(汗

キモチワルすぎでしょ・・・・(汗

もう、ここにいる人間、果たしてほんとに人間なのか?
って思い始めた残った隊員たち。

仲間を信じることができなくなってしまったとき、
どうするか・・・・。
果たして物体Xに乗っ取られたヤツはまだいるのか・・・・。

腹の探りあいの様相がかなり良くできてます!

ラストもあの人は結局どうだったの・・・?
という疑問を残したまま終了というか、
どこかにその答えを探すヒントがあったのか
それとも観客の解釈に委ねるのか。

どっちだろ?????

どっちとも取れますよね???

これって正解ありなんでしょうか?


どっちにしろ、B級ホラーという先入観を見事に覆したストーリー、
評価が高いのも納得できました。

すーーーーーごく汚くてキモチワルイ映像たくさん出てくるけど
未見の方はぜひ。

※びろびろのアレが出てくるときの効果音、イジリー岡田の高速ベロベロの時の音じゃない???(爆

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

26〜 30件 / 全122件

遊星からの物体X