ゼア・ウィル・ビー・ブラッド

ゼア・ウィル・ビー・ブラッドの画像・ジャケット写真

ゼア・ウィル・ビー・ブラッド / ダニエル・デイ=ルイス

全体の平均評価点:(5点満点)

117

全体の平均評価点:

DVD

Blu-ray

映画賞受賞作品

ジャンル :

「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

映画賞受賞作品

解説・ストーリー

「マグノリア」のポール・トーマス・アンダーソン監督が名優ダニエル・デイ=ルイスを主演に迎え、石油を掘り当てアメリカンドリームを実現した男の欲望と裏切りの人生模様を骨太に描く一大叙事詩。原作は、社会派作家アプトン・シンクレアが27年に発表した『石油!』。20世紀初頭。一攫千金を夢見る山師の男ダニエル・プレインヴュー。孤児を自分の息子H.W.として連れ歩く彼は、ある日ポールという青年から自分の故郷の土地に油田があるはずだとの情報を得て、西部の町リトル・ボストンへと向かう。そして、すぐさま土地の買い占めに乗り出す。そんな中、ポールの双子の兄弟でカリスマ牧師のイーライが、ダニエルへの警戒を強めていく。

「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」 の作品情報

作品情報

製作年: 2007年
製作国: アメリカ
原題: THERE WILL BE BLOOD
受賞記録: 2007年 アカデミー賞 主演男優賞
2008年 ベルリン国際映画祭 銀熊賞(監督賞)
2007年 ゴールデン・グローブ 男優賞(ドラマ)
2007年 NY批評家協会賞 男優賞
2007年 LA批評家協会賞 作品賞

「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

マリア

ハムナプトラ/失われた砂漠の都

ROME[ローマ]

ファースト・マン

ユーザーレビュー:117件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

26〜 30件 / 全117件

痛快な映画

投稿日:2015/02/08 レビュアー:勇光

異様にゴーツクばったおっさんの話。他人に対する愛がなく、ケチで、乱暴で、無慈悲なのだが、なんとなく好感がもてて面白い。相手にしてるアメリカの庶民がどいつもこいつも無知でゴーツクばっていて、非力で情けないやつばかりで、殴ってやりたくなるような人物ばかりだからだろう。主人公のオッサンはそうい連中に容赦しない。そこが痛快なのだ。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

疲れた・・・・。

投稿日:2011/03/27 レビュアー:レイちゃん

なんでリストに入れたかわからなかったけど
とりあえず観たけど・・・・。
私には合わなかったです・・・・。

もっとアメリカンドリームでサクセスストーリー
だと思っていたのですが・・・・。

あまりにも悲惨で・・・。
長くて・・・。

とても疲れました(涙)
忍耐で最後まで観ましたが・・・。

私の168分はなんだったのかしら???

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

傑作大河ドラマには違いないのだが。。。

投稿日:2009/07/20 レビュアー:レイモンド・ウダ

映画の傑作の定義にもよりますが、見終わったときに感動した、とか、面白かった、とかとは遠い作品だと思う。しかし、情景が目に焼きついたとか、印象的だった、という意味では良くできた映画であると思います。ダニエル・デイ・ルイスがアカデミー主演男優賞というので期待し過ぎてしまったのだろうか、確かにいつもこの人の演技は研究し尽くして臨むだけあって上手いとは思うのだが、どちらかというと絶叫したり怒りをあらわにするといった激しい演技なので、圧倒されるものの感動しません。コマ送りが遅くてイライラしてしまう場面もあり。
アプトン・シンクレアの原作を読んでいないので偉そうなことは言えないが、かなり変わった話だと思います。主人公は誰か実在の人物をモデルにしているのでしょう(DVDの特典"15 minutes"というのを見るとそのようです)。しかし、エンディングは本当によく分からない。どうしてこうなっちゃうの!?という感じ。
日本語の公式ページも見ましたが、人間の飽くなき欲望を描いている、というコピーが当たっていないのではないか? むしろ他人を誰も好きになれず信用できない寂しい人間の物語、という印象を得ました。
ただ、「重い」大河ドラマを見たいという人、アメリカでどのように石油採掘が行われたか、その歴史を見てみたい人には、一度は見てみたら?とは言えます。息子の少年時代を演じた少年俳優には拍手を送りたいと思います。大変存在感のある少年でした、それにとても上手です。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

アメリカンドリームの裏側で

投稿日:2009/04/22 レビュアー:こうさま

評価77点(100点満点)
少し時代は古いが1900年代初期の石油採掘王ダニエル・プレインヴィュー(ダニエル・ディ・ルイス)の欲望まみれの人生を描いた作品だが、苦労して苦労して最後に華やかな富を手に入れると言うアメリカンドリームとは異質なストーリー展開でなかなかの力作ではあるが少し難解な部分もある。

主人公のダニエルの少し常軌を逸した行動、息子に対する愛情、教会の若きカリスマ牧師との確執、人間嫌いの性格、孤独感なんかが
ダニエル・ディ・ルイスの好演によって実にリアリティーに表現されている。
本当に彼の手に入れたかったものはなんだったのだろう。少なくとも億万長者にになら早い時期に採掘権を石油メジャーに譲っていればなれたはずであったろう。やはり石油を掘り続けることに執着があったのだろうか。恐らく人間不信の彼にとっては息子ですら仕事のパートナー以外の存在ですらなく、富を手に入れたところで、
次に「何をする」かということが浮かばなかったのだろう。
そして最後に息子に出生の秘密を告げ、より深い孤独感を味あう事になる。
弟と名乗る男としばし兄弟愛みたいな感情を抱くが、ニセ者とわかるとこれを平気で殺害してしまう。まさしく血の匂う欲望まみれの人生だったが、結局手にいれたものはという疑問だけが残る実に皮肉なアメリカンドリームなのだ。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

お前のミルクシェーク飲んだろかー

投稿日:2009/03/20 レビュアー:シロー

血と暴力の匂いをさせ、洗練された言動とは反対にいる石油屋ダニエルが主人公の人生の物語です。
家族愛への強烈なあこがれ憧れを持ちながらも、不器用すぎて表現ができずエキセントリックな行動をとる男を描いています。

例えば、事故でショックを受けている息子にウィスキー入りの牛乳を与えたり、
弟(自称)への信頼が裏切られたときの振る舞いなどは、常人とはかなり違います。
シリアスな展開にもかかわらず、その行動はどこか喜劇的な演出です。
特に、映画ラストシーンの罵りは最高に笑えます。

「お前のミルクシェーク飲んだろかー」
「長ーいストローでなー、ここから、こーんな遠くからだって全部吸い取ったる」

このシーンだけのためにも見る価値あると思います。


また、登場人物の一人である牧師イーライへの近親憎悪にも似た感情は観ていて非常に興味深いです。
牧師イーライの説教の熱っぽさと胡散臭さは、主人公ダニエルが町の人々に試掘の説得するときの口ぶりとよく似ています。
この2人の惹き合い反発しあう様も1つの見所だと思います。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

26〜 30件 / 全117件

ゼア・ウィル・ビー・ブラッド

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:117件

痛快な映画

投稿日

2015/02/08

レビュアー

勇光

異様にゴーツクばったおっさんの話。他人に対する愛がなく、ケチで、乱暴で、無慈悲なのだが、なんとなく好感がもてて面白い。相手にしてるアメリカの庶民がどいつもこいつも無知でゴーツクばっていて、非力で情けないやつばかりで、殴ってやりたくなるような人物ばかりだからだろう。主人公のオッサンはそうい連中に容赦しない。そこが痛快なのだ。

疲れた・・・・。

投稿日

2011/03/27

レビュアー

レイちゃん

なんでリストに入れたかわからなかったけど
とりあえず観たけど・・・・。
私には合わなかったです・・・・。

もっとアメリカンドリームでサクセスストーリー
だと思っていたのですが・・・・。

あまりにも悲惨で・・・。
長くて・・・。

とても疲れました(涙)
忍耐で最後まで観ましたが・・・。

私の168分はなんだったのかしら???

傑作大河ドラマには違いないのだが。。。

投稿日

2009/07/20

レビュアー

レイモンド・ウダ

映画の傑作の定義にもよりますが、見終わったときに感動した、とか、面白かった、とかとは遠い作品だと思う。しかし、情景が目に焼きついたとか、印象的だった、という意味では良くできた映画であると思います。ダニエル・デイ・ルイスがアカデミー主演男優賞というので期待し過ぎてしまったのだろうか、確かにいつもこの人の演技は研究し尽くして臨むだけあって上手いとは思うのだが、どちらかというと絶叫したり怒りをあらわにするといった激しい演技なので、圧倒されるものの感動しません。コマ送りが遅くてイライラしてしまう場面もあり。
アプトン・シンクレアの原作を読んでいないので偉そうなことは言えないが、かなり変わった話だと思います。主人公は誰か実在の人物をモデルにしているのでしょう(DVDの特典"15 minutes"というのを見るとそのようです)。しかし、エンディングは本当によく分からない。どうしてこうなっちゃうの!?という感じ。
日本語の公式ページも見ましたが、人間の飽くなき欲望を描いている、というコピーが当たっていないのではないか? むしろ他人を誰も好きになれず信用できない寂しい人間の物語、という印象を得ました。
ただ、「重い」大河ドラマを見たいという人、アメリカでどのように石油採掘が行われたか、その歴史を見てみたい人には、一度は見てみたら?とは言えます。息子の少年時代を演じた少年俳優には拍手を送りたいと思います。大変存在感のある少年でした、それにとても上手です。

アメリカンドリームの裏側で

投稿日

2009/04/22

レビュアー

こうさま

評価77点(100点満点)
少し時代は古いが1900年代初期の石油採掘王ダニエル・プレインヴィュー(ダニエル・ディ・ルイス)の欲望まみれの人生を描いた作品だが、苦労して苦労して最後に華やかな富を手に入れると言うアメリカンドリームとは異質なストーリー展開でなかなかの力作ではあるが少し難解な部分もある。

主人公のダニエルの少し常軌を逸した行動、息子に対する愛情、教会の若きカリスマ牧師との確執、人間嫌いの性格、孤独感なんかが
ダニエル・ディ・ルイスの好演によって実にリアリティーに表現されている。
本当に彼の手に入れたかったものはなんだったのだろう。少なくとも億万長者にになら早い時期に採掘権を石油メジャーに譲っていればなれたはずであったろう。やはり石油を掘り続けることに執着があったのだろうか。恐らく人間不信の彼にとっては息子ですら仕事のパートナー以外の存在ですらなく、富を手に入れたところで、
次に「何をする」かということが浮かばなかったのだろう。
そして最後に息子に出生の秘密を告げ、より深い孤独感を味あう事になる。
弟と名乗る男としばし兄弟愛みたいな感情を抱くが、ニセ者とわかるとこれを平気で殺害してしまう。まさしく血の匂う欲望まみれの人生だったが、結局手にいれたものはという疑問だけが残る実に皮肉なアメリカンドリームなのだ。

お前のミルクシェーク飲んだろかー

投稿日

2009/03/20

レビュアー

シロー

血と暴力の匂いをさせ、洗練された言動とは反対にいる石油屋ダニエルが主人公の人生の物語です。
家族愛への強烈なあこがれ憧れを持ちながらも、不器用すぎて表現ができずエキセントリックな行動をとる男を描いています。

例えば、事故でショックを受けている息子にウィスキー入りの牛乳を与えたり、
弟(自称)への信頼が裏切られたときの振る舞いなどは、常人とはかなり違います。
シリアスな展開にもかかわらず、その行動はどこか喜劇的な演出です。
特に、映画ラストシーンの罵りは最高に笑えます。

「お前のミルクシェーク飲んだろかー」
「長ーいストローでなー、ここから、こーんな遠くからだって全部吸い取ったる」

このシーンだけのためにも見る価値あると思います。


また、登場人物の一人である牧師イーライへの近親憎悪にも似た感情は観ていて非常に興味深いです。
牧師イーライの説教の熱っぽさと胡散臭さは、主人公ダニエルが町の人々に試掘の説得するときの口ぶりとよく似ています。
この2人の惹き合い反発しあう様も1つの見所だと思います。

26〜 30件 / 全117件