ダメージ シーズン2の画像・ジャケット写真

ダメージ シーズン2 / グレン・クローズ

全体の平均評価点:(5点満点)

50

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

旧作

「ダメージ シーズン2」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

旧作

解説・ストーリー

女性弁護士の背後に潜む陰謀を描いた、グレン・クローズ主演のサスペンスドラマシリーズの第2シーズン第4巻。パティのテレビでの発言でUNRの株価は下落。一方パティを捕まえようと躍起になるエレンは、彼女の友人に目を付け…。第7話と第8話を収録。

「ダメージ シーズン2」 の作品情報

作品情報

製作年:

2009年

製作国:

アメリカ

原題:

DAMAGES

「ダメージ シーズン2」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ニュー・ジャック・シティ

ANNIE/アニー

天才作家の妻 −40年目の真実−

GRIMM/グリム シーズン4

ユーザーレビュー:50件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

26〜 30件 / 全50件

上手だなぁ ネタバレ

投稿日:2010/05/06 レビュアー:ちょ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

最終話は、これまでに断片だったストーリーが一気に繋がる感じで、
カメラワークなどで、見えなかった話している相手が分かると、物語がすんなり、キレイにまとまります。
というか、どんだけ、私は1話目から妄想していたんでしょうか。

エレンはパティを撃ったのか?・・・とか。


分かってみれば、「あぁ、なんだ」みたいなものですが、
いや〜、ドキドキするいい作品です。

この短さがいいですね、ハイ。


基本的には、エレンからの視点が多いドラマですが、主役はあくまでパティ。
最後にはしっかりおいしいところをかっさらっていきましたね。

一応、これで「仲違い」は解決??
3rdシーズンもあるようですが。

短期間に一気に見たいドラマです。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

あなたがたに!! ネタバレ

投稿日:2010/05/06 レビュアー:ちょ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

良心とか「正しいことをする」って、気持ちはあるのか???






・・・と、声を大にして言いたい。



エレンって不幸の塊だよね。
弁護士として頑張ろうと思って、
入りたかった法律事務所に入って、
キャリアを積もうとがんばって、
優秀だから、ボス(パティ)に信頼されたかと思ったら婚約者を殺され、
真相を解明しようと思ったら、自身も狙われ、
婚約者のお姉さんも才能のある人だけど、麻薬に手を出したり、
信頼している人が、後ろ暗かったり、
自分の地位や名誉やお金のために、エレンのことはガンガン売られる。

しかもフラッシュバックで、結末が断片的に見えているから、
こんなにも腹が立って、意味が分からないけど、見続けてしまう・・・

そんな自分にも腹が立つ・・・

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

誰も信じられない

投稿日:2010/04/30 レビュアー:豆大福

誰がいい人で誰が悪い人か、まったく見当もつかないハラハラ感がシーズン2でも続いていますね。
フラッシュバック手法も、ほんとにドキドキします。

事件のネタは「エリン・ブロコビッチ」風味ですが、
悪い人だらけのような気がして、ほんとに目が離せません。

見るなら一気見がオススメです。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

ぬかるみ ネタバレ

投稿日:2010/04/30 レビュアー:ビンス

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ぬかるみ。
ズブズブと足を盗られる。
沈んでいく。
片足か。
両足か。
底なしで沈むのか。
足を抜き取れるのか。
転びながらも這い出るのか。
爪に入り込む泥など気にせずに。
地面を削り、また削り。
確かな爪跡をを残しながら這い出るのか。
不覚のパティ。
まさかの欺き。
後ろから斬りつけられたような。
沈むぬかるみにパティの赤が滲んでいく。
容易ではないパティとの対峙。
パティの海との対決には、全てを賭しても足りないぐらい。
その覚悟がなければ、いとも容易く飲み込まれる。
パティの海に飲み込まれる。
全てを飲み込むパティの海。
ぬかるみも何もかもを飲み込んで、パティを浮上させるだろう。


自分の息子の父である人間の裏切り。
さすがのパティでもそこまでは読めなかったか。
しかしそれが「単なる裏切り」なのか「裏に何かある裏切り」なのかはわかっているハズ。
これからは超本気モードのパティが見れるかもしれない。
人物相関図がかなりややこしい今回のシーズン2。
仲間だと思っていた同士が牽制し会ってたり、敵が仲間と密かに繋がっていたり。
様々に張り巡らせられた糸を絡まることなく解くのは誰だ?

徐々に明らかになる現在。
そのあまりにも驚きの展開。
エレンの体験した現在は半年前に想像しえた「未来」だったのだろうか。
真実が現在のに寄り添うまであと4ヶ月。
再びエレンは笑えてるのか。
再びパティは笑っているのか。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

後半へ! ネタバレ

投稿日:2010/04/27 レビュアー:ちょ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

早いもので、後半戦です。
このドラマがアメリカドラマでの通常サイズ(全24話)だったら、気が狂いそうです。

いわゆる「現在」についても、かなり分かってきたような。
しょっぱなの銃口は、あの人に!?


おっと、やっぱりフロビジャーを使うのね。
登場人物に無駄がない!
彼ってさ〜、シーズン1のときにも感じたけど、情けない男・・・というか、
たまたま彼のビジネスが当っただけで、それ以外は極めて仕方がないやつだよね。

事件の発覚で、お金と地位と家族を失った。
事件そのものも、目先の利益を求めすぎた結果だったと思うけど、
そういう失敗からまったく学ばないし、自分をよく見せようと小細工(自伝書やパティの記者会見での原稿とか)。
喋るほどに、おバカを露呈。


さて、エレンは、ピートに目をつけるが、自殺未遂。
ピートは、これまたけちな犯罪歴が山ほどある。
パティがピートをかばうのには理由があった。
これまでピートはクセがあるけど、いい人だと思っていた。
そうね、「離婚弁護士」のパラリーガルの紀三郎さんみたいな感じ?

あの殺し屋みたいなめがねのはげオヤジ、あいつ・・・何なんだ?



特典映像の未公開シーン集は、よかったです。
つじつまが合うので。
入院しているピートが殺害されたけど、「何で悪いヤツラが行動したのか?」と疑問だったけど、コレでスッキリ。
あと、スッキリしないのは、デービッドから何をもらったんだろう?
それも、いつか、分かるかな?
・・・まさか拳銃??
いや、それはウェスの知り合いから買ったんだっけ??

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

26〜 30件 / 全50件

ダメージ シーズン2

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:50件

上手だなぁ

投稿日

2010/05/06

レビュアー

ちょ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

最終話は、これまでに断片だったストーリーが一気に繋がる感じで、
カメラワークなどで、見えなかった話している相手が分かると、物語がすんなり、キレイにまとまります。
というか、どんだけ、私は1話目から妄想していたんでしょうか。

エレンはパティを撃ったのか?・・・とか。


分かってみれば、「あぁ、なんだ」みたいなものですが、
いや〜、ドキドキするいい作品です。

この短さがいいですね、ハイ。


基本的には、エレンからの視点が多いドラマですが、主役はあくまでパティ。
最後にはしっかりおいしいところをかっさらっていきましたね。

一応、これで「仲違い」は解決??
3rdシーズンもあるようですが。

短期間に一気に見たいドラマです。

あなたがたに!!

投稿日

2010/05/06

レビュアー

ちょ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

良心とか「正しいことをする」って、気持ちはあるのか???






・・・と、声を大にして言いたい。



エレンって不幸の塊だよね。
弁護士として頑張ろうと思って、
入りたかった法律事務所に入って、
キャリアを積もうとがんばって、
優秀だから、ボス(パティ)に信頼されたかと思ったら婚約者を殺され、
真相を解明しようと思ったら、自身も狙われ、
婚約者のお姉さんも才能のある人だけど、麻薬に手を出したり、
信頼している人が、後ろ暗かったり、
自分の地位や名誉やお金のために、エレンのことはガンガン売られる。

しかもフラッシュバックで、結末が断片的に見えているから、
こんなにも腹が立って、意味が分からないけど、見続けてしまう・・・

そんな自分にも腹が立つ・・・

誰も信じられない

投稿日

2010/04/30

レビュアー

豆大福

誰がいい人で誰が悪い人か、まったく見当もつかないハラハラ感がシーズン2でも続いていますね。
フラッシュバック手法も、ほんとにドキドキします。

事件のネタは「エリン・ブロコビッチ」風味ですが、
悪い人だらけのような気がして、ほんとに目が離せません。

見るなら一気見がオススメです。

ぬかるみ

投稿日

2010/04/30

レビュアー

ビンス

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ぬかるみ。
ズブズブと足を盗られる。
沈んでいく。
片足か。
両足か。
底なしで沈むのか。
足を抜き取れるのか。
転びながらも這い出るのか。
爪に入り込む泥など気にせずに。
地面を削り、また削り。
確かな爪跡をを残しながら這い出るのか。
不覚のパティ。
まさかの欺き。
後ろから斬りつけられたような。
沈むぬかるみにパティの赤が滲んでいく。
容易ではないパティとの対峙。
パティの海との対決には、全てを賭しても足りないぐらい。
その覚悟がなければ、いとも容易く飲み込まれる。
パティの海に飲み込まれる。
全てを飲み込むパティの海。
ぬかるみも何もかもを飲み込んで、パティを浮上させるだろう。


自分の息子の父である人間の裏切り。
さすがのパティでもそこまでは読めなかったか。
しかしそれが「単なる裏切り」なのか「裏に何かある裏切り」なのかはわかっているハズ。
これからは超本気モードのパティが見れるかもしれない。
人物相関図がかなりややこしい今回のシーズン2。
仲間だと思っていた同士が牽制し会ってたり、敵が仲間と密かに繋がっていたり。
様々に張り巡らせられた糸を絡まることなく解くのは誰だ?

徐々に明らかになる現在。
そのあまりにも驚きの展開。
エレンの体験した現在は半年前に想像しえた「未来」だったのだろうか。
真実が現在のに寄り添うまであと4ヶ月。
再びエレンは笑えてるのか。
再びパティは笑っているのか。

後半へ!

投稿日

2010/04/27

レビュアー

ちょ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

早いもので、後半戦です。
このドラマがアメリカドラマでの通常サイズ(全24話)だったら、気が狂いそうです。

いわゆる「現在」についても、かなり分かってきたような。
しょっぱなの銃口は、あの人に!?


おっと、やっぱりフロビジャーを使うのね。
登場人物に無駄がない!
彼ってさ〜、シーズン1のときにも感じたけど、情けない男・・・というか、
たまたま彼のビジネスが当っただけで、それ以外は極めて仕方がないやつだよね。

事件の発覚で、お金と地位と家族を失った。
事件そのものも、目先の利益を求めすぎた結果だったと思うけど、
そういう失敗からまったく学ばないし、自分をよく見せようと小細工(自伝書やパティの記者会見での原稿とか)。
喋るほどに、おバカを露呈。


さて、エレンは、ピートに目をつけるが、自殺未遂。
ピートは、これまたけちな犯罪歴が山ほどある。
パティがピートをかばうのには理由があった。
これまでピートはクセがあるけど、いい人だと思っていた。
そうね、「離婚弁護士」のパラリーガルの紀三郎さんみたいな感じ?

あの殺し屋みたいなめがねのはげオヤジ、あいつ・・・何なんだ?



特典映像の未公開シーン集は、よかったです。
つじつまが合うので。
入院しているピートが殺害されたけど、「何で悪いヤツラが行動したのか?」と疑問だったけど、コレでスッキリ。
あと、スッキリしないのは、デービッドから何をもらったんだろう?
それも、いつか、分かるかな?
・・・まさか拳銃??
いや、それはウェスの知り合いから買ったんだっけ??

26〜 30件 / 全50件