ザ・エージェントの画像・ジャケット写真

ザ・エージェント / トム・クルーズ

全体の平均評価点:(5点満点)

67

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

Blu-ray

映画賞受賞作品

旧作

ジャンル :

「ザ・エージェント」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

映画賞受賞作品

旧作

解説・ストーリー

スポーツ・エージェントのジェリーは、選手の年俸をつり上げるだけのやり方に疑問を持ち、会社に提言書を提出した。だがクビになってしまい、彼はただ一人共感してくれた会計係のドロシーと共に独立するが、クライアントは、落ち目になったアメリカン・フットボールの選手ロッドだけだった……。キューバ・グッディング・Jrが96年アカデミー賞助演男優賞を受賞している。

「ザ・エージェント」 の作品情報

作品情報

製作年:

1996年

製作国:

アメリカ

原題:

JERRY MAGUIRE

受賞記録:

1996年 アカデミー賞 助演男優賞
1996年 ゴールデン・グローブ 男優賞(コメディ/ミュージカル)

「ザ・エージェント」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ノーマ・レイ

ジュマンジ

ジュディ 虹の彼方に

ベティ・サイズモア

ユーザーレビュー:67件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

26〜 30件 / 全67件

不良DVD

投稿日:2005/03/16 レビュアー:KKK

前半画像乱れ(くずれ)がありました。
TSUTAYAさんチェックしてください

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

JERRY MAGUIRE

投稿日:2005/03/13 レビュアー:KEE

邦題だとちょっと、イメージ違うかな〜。
レネーをはじめてみたのがこの映画。なんてかわいらしい人なんだと思った。
これって本当に心が熱くなる映画。
大好きです。
また、サル顔のCUBAがこの映画ではかっこよく見えるのが不思議。
トムは可も不可もなく。
ジョナサンが最高にかわいい!!!あんな子供がほしい!と思える1本でした。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

なかなかの佳作 ネタバレ

投稿日:2005/01/25 レビュアー:イケナイコ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ドライに描かれている。テンポがよく、また、勝った、負けた、鼻を明かしたというような大切りなストーリー展開になっていないのが好感がもてる。また、女との葛藤が地味で、一見、どうでもいいテーマに見えるが、この映画に渋みを与えている。つまり「本当にこの女が好きなのだろうか?結婚とは?愛とは?」と大げさに言えばそういうことなのだが、見ている者はそうとも言い切れない何か特別な葛藤が、つまり普遍的でないトム個人の葛藤があるような気がしながら、映画を見てしまう。一人になっても次々と成功していくという展開でないのも現実味があっていい。最後に、クライアントがテレビ出演し、新しい契約の朗報に涙し、トムを含めて多くの者にお礼を言うところがキメのシーン。何度も繰り返しみたいいシーンだ。また、クライアントがいう愛も金も成功も超越した言葉”クワン”が、もっと効果的に使われるのかと思ったが(例えば、この言葉が流行になってクライアントがスターになるなど)、最後のキメになるまで出てこなかったところも意表をついた。佳作。教訓を述べる老スポーツエージェントが、区切り区切りで入ってくるのもおもしろい。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

可もなく不可もなく・・

投稿日:2003/07/03 レビュアー:ねこまる

トム・クルーズファンなので観れたものの、観る前に
期待しすぎたのか思ったより感動できませんでした(汗)

◆ストーリー
スポーツ・エージェントの主人公ジェリーが会社のやり方
(自分の今までの仕事の取り組み方)に自己嫌悪を覚え、
会社に提案書を提出する。
その結果、会社をクビになり精神的にも追い詰められてゆく。

◆利点&難点
仕事に慣れてきて頃、「これでいいのか?」と自分に問いかける
時期ってあると思います。この映画のテーマは、まさにソレ!
共感できる部分もありますが、主人公が追い詰められていく
様子が観ていてちょっとツライ映画ですね。

また、この作品ではジェリー(トム・クルーズ)とドロシー
(「シカゴ」のロキシー役/レニー・ゼルウィガー)との
恋愛もおりまぜてストーリーが進んでいきます。
トム・クルーズがカッコイイのは書くまでもありませんが、
レニー・ゼルウィガーの恋に一途な姿が愛らしかったです。

ただ、個人的にラストがあまりにも「ありがち」なので
あんまり感動できなかったかな〜、と。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

うん、なんか解る気がする♪ ネタバレ

投稿日:2014/02/23 レビュアー:BEEFジャーキー

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

やりがいのある仕事、たくさんの友人、恋人…
充実した日常を送っている主人公(トム・クルーズ)…
が、いざ仕事をなくした時、
彼のそばには、誰もいない…、何も残っていなかった!?……
…そんな、物語の出だし…。

どん底的な主人公が、
そこから一気に、サクセスストーリーへ…って訳じゃなく(笑)…
紆余曲折ありーの、実に、地道〜な展開……。

意外とリアルなストーリー…
そして、意外とステキな映画でした♪♪


大勢でなく、本音をぶつけ合える友人が一人いればいいよね…
喜びを分かち合える人が、そばに居るといいよね……

すごくシンプルな事、
でも、すごく大切な事が、描かれていた気がしました♪


*****以下ネタバレ?*****
印象に残ったのは、
「君がいて完全になる」Byトムのセリフ…

一人でも充分な喜びを味わえるけど、
それだと、99%ぐらい??…
喜びを誰かと分かち合えた時、初めて完全な100%となる…
…そんな感じだろうか……。

嬉しい事があった時、誰かに言いたい!!伝えたい!!!
そして、言ったときが、嬉しさのピークみたいな……(笑)

うん♪なんか解る気がした♪♪

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

26〜 30件 / 全67件

ザ・エージェント

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:67件

不良DVD

投稿日

2005/03/16

レビュアー

KKK

前半画像乱れ(くずれ)がありました。
TSUTAYAさんチェックしてください

JERRY MAGUIRE

投稿日

2005/03/13

レビュアー

KEE

邦題だとちょっと、イメージ違うかな〜。
レネーをはじめてみたのがこの映画。なんてかわいらしい人なんだと思った。
これって本当に心が熱くなる映画。
大好きです。
また、サル顔のCUBAがこの映画ではかっこよく見えるのが不思議。
トムは可も不可もなく。
ジョナサンが最高にかわいい!!!あんな子供がほしい!と思える1本でした。

なかなかの佳作

投稿日

2005/01/25

レビュアー

イケナイコ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ドライに描かれている。テンポがよく、また、勝った、負けた、鼻を明かしたというような大切りなストーリー展開になっていないのが好感がもてる。また、女との葛藤が地味で、一見、どうでもいいテーマに見えるが、この映画に渋みを与えている。つまり「本当にこの女が好きなのだろうか?結婚とは?愛とは?」と大げさに言えばそういうことなのだが、見ている者はそうとも言い切れない何か特別な葛藤が、つまり普遍的でないトム個人の葛藤があるような気がしながら、映画を見てしまう。一人になっても次々と成功していくという展開でないのも現実味があっていい。最後に、クライアントがテレビ出演し、新しい契約の朗報に涙し、トムを含めて多くの者にお礼を言うところがキメのシーン。何度も繰り返しみたいいシーンだ。また、クライアントがいう愛も金も成功も超越した言葉”クワン”が、もっと効果的に使われるのかと思ったが(例えば、この言葉が流行になってクライアントがスターになるなど)、最後のキメになるまで出てこなかったところも意表をついた。佳作。教訓を述べる老スポーツエージェントが、区切り区切りで入ってくるのもおもしろい。

可もなく不可もなく・・

投稿日

2003/07/03

レビュアー

ねこまる

トム・クルーズファンなので観れたものの、観る前に
期待しすぎたのか思ったより感動できませんでした(汗)

◆ストーリー
スポーツ・エージェントの主人公ジェリーが会社のやり方
(自分の今までの仕事の取り組み方)に自己嫌悪を覚え、
会社に提案書を提出する。
その結果、会社をクビになり精神的にも追い詰められてゆく。

◆利点&難点
仕事に慣れてきて頃、「これでいいのか?」と自分に問いかける
時期ってあると思います。この映画のテーマは、まさにソレ!
共感できる部分もありますが、主人公が追い詰められていく
様子が観ていてちょっとツライ映画ですね。

また、この作品ではジェリー(トム・クルーズ)とドロシー
(「シカゴ」のロキシー役/レニー・ゼルウィガー)との
恋愛もおりまぜてストーリーが進んでいきます。
トム・クルーズがカッコイイのは書くまでもありませんが、
レニー・ゼルウィガーの恋に一途な姿が愛らしかったです。

ただ、個人的にラストがあまりにも「ありがち」なので
あんまり感動できなかったかな〜、と。

うん、なんか解る気がする♪

投稿日

2014/02/23

レビュアー

BEEFジャーキー

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

やりがいのある仕事、たくさんの友人、恋人…
充実した日常を送っている主人公(トム・クルーズ)…
が、いざ仕事をなくした時、
彼のそばには、誰もいない…、何も残っていなかった!?……
…そんな、物語の出だし…。

どん底的な主人公が、
そこから一気に、サクセスストーリーへ…って訳じゃなく(笑)…
紆余曲折ありーの、実に、地道〜な展開……。

意外とリアルなストーリー…
そして、意外とステキな映画でした♪♪


大勢でなく、本音をぶつけ合える友人が一人いればいいよね…
喜びを分かち合える人が、そばに居るといいよね……

すごくシンプルな事、
でも、すごく大切な事が、描かれていた気がしました♪


*****以下ネタバレ?*****
印象に残ったのは、
「君がいて完全になる」Byトムのセリフ…

一人でも充分な喜びを味わえるけど、
それだと、99%ぐらい??…
喜びを誰かと分かち合えた時、初めて完全な100%となる…
…そんな感じだろうか……。

嬉しい事があった時、誰かに言いたい!!伝えたい!!!
そして、言ったときが、嬉しさのピークみたいな……(笑)

うん♪なんか解る気がした♪♪

26〜 30件 / 全67件