フルメタル・ジャケット

フルメタル・ジャケットの画像・ジャケット写真
フルメタル・ジャケット / マシュー・モディン
全体の平均評価点:
(5点満点)

133

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 見放題
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「フルメタル・ジャケット」 の解説・あらすじ・ストーリー

S・キューブリックが「シャイニング」以来、久々にメガホンを取った作品で、G・ハスフォードの原作を基にベトナム戦争の狂気を描く。徴兵された若者が、次第に戦闘マシーンとして人間性を失っていく様を冷徹な視点で追っている。

「フルメタル・ジャケット」 の作品情報

製作年: 1987年
製作国: アメリカ
原題: FULL METAL JACKET

「フルメタル・ジャケット」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

フルメタル・ジャケットのシリーズ商品


1〜 2件 / 全2件

フルメタル・ジャケット

  • 旧作

S・キューブリックが「シャイニング」以来、久々にメガホンを取った作品で’・ハスフォードの原作を基にベトナム戦争の狂気を描く。徴兵された若者が、次第に戦闘マシーンとして人間性を失っていく様を冷徹な視点で追っている。

収録時間: 字幕: 音声:
117分 日本語・英語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
DLR21154 2002年12月13日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
22枚 2人 2人

フルメタル・ジャケット デジタルリマスター版

  • 旧作

S・キューブリックが「シャイニング」以来、久々にメガホンを取った作品で、G・ハスフォードの原作を基にベトナム戦争の狂気を描く。徴兵された若者が、次第に戦闘マシーンとして人間性を失っていく様を冷徹な視点で追っている。

収録時間: 字幕: 音声:
117分 1:ドルビーデジタル//英語
2:ドルビーデジタル//ポルトガル
3:ドルビーデジタル//英(解説)
レイティング: 記番: レンタル開始日:
DLRY18470 2008年07月09日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
27枚 4人 1人

1〜 2件 / 全2件

【Blu-ray】フルメタル・ジャケット(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
117分 日本語・英語・北京語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:リニアPCM/5.1chサラウンド/英語
3:ドルビーデジタル//英語/(音声解説)
レイティング: 記番: レンタル開始日:
WBRY18627*B 2009年11月17日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
29枚 5人 3人

関連作品

ユーザーレビュー:133件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

26〜 30件 / 全133件

最高の戦争映画

投稿日:2007/06/21 レビュアー:Miles

 この作品を“史上最高の戦争映画”と呼んだら、反駁も多くあると思う。ベトナム戦争を描く戦争映画でありながら、ジャングルやゲリラも出てこないし、そこには必要最低限度の戦闘シーンしか映らない。スタンリー・キューブリックが撮った時期が、運悪く「プラトーン」とほぼ同時期であったことから、一般の関心も削がれて、結果的には埋もれた形になった作品だ。戦争映画のメッセージは、画一化を免れない。「もう二度と、こんな悲惨な争いはやめよう」である。観る者が感情移入し易いように、どの作品にも様々なエピソードが盛り込まれていく。「ディア・ハンター」のように戦争を背景にはしているものの、実際は友情やコミュニティの崩壊を切々と謳う内容で、戦争映画とは厳密には言えない作品もある。どの作品も、戦争を理解させるのに、何とかして戦争の実態に視覚的に近づけようとする作品ばかりだ。しかし、よくよく考えてみると、それほど悲惨だと分かっている内容を、人はどうして映画館に足を運んでまで観たくなるのか、なぜその悲惨な場面を再現しようとするのかということだ。つまり、深層心理として、行ったことのない戦場へ、行ったつもりになりたいのであろう。翻って、戦場の実態とは何なのか。実は、これこそがミソである。行ったことのある者でしか、分からないのだ。キューブリックが、この作品で表現した戦争とは、“非日常空間でおきた狂気”である。危険きわまりない戦場から、キューブリックはむしろ「離れろ!」と警告を発しているかのようだ。そこに下手な感情移入は一切ない。凍りついたように冷徹なエピソードが、オブジェのように置かれているだけである。無論、弾に当たった経験のないキューブリックは、戦場を知らない。しかし、実態を体験しなくとも描ける戦争の愚かさを、どう表現できるのか。たぶんその集約こそが、この映画なのだと思う。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

狂ってる

投稿日:2006/07/12 レビュアー:neko

全てが狂ってます。前半の恐ろしい程の罵倒、いじめ、壊れていく人格。恐ろしく不快なのにもかかわらず、圧倒的な緊張感で見せて行きます。
そして後半、戦闘シーンなのに、少し緩やかな印象。でも描かれるのはやはり狂気なんですね・・・。
サーフィン・バードが流れた時、不覚にも笑ってしまいました。
あきれた笑いです。ラストのミッキーも然り。
すごいなぁ、キューブリック。
何日たっても、その強烈さが頭から離れません・・・。
嫌悪と興奮と賞賛が入り交じります。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ベトナム戦争モノって事で・・・

投稿日:2004/02/03 レビュアー:レビュアー名未設定

戦闘シーンの派手さが売りなのか?
人間の内面まで入り込んだ超シリアスものなのか?
どっちも今ひとつな気がしたんですが・・・。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ミッキーマウスは、キューブリックの強烈な皮肉であろう

投稿日:2003/08/27 レビュアー:レビュアー名未設定

前半は訓練所で新兵をフルメタルジャケットへ造り上げる洗脳を丹念に描いている。
デブ二等兵は兵士としては落ちこぼれだが、人間としてはどうなのだろうか?

後半は戦場での狂気を描いているが、ジョーカーがスナイパーに止めをさすシーンは武士の情け的な行動なのだろうか?

アメリカにおいてディズニーが何を象徴しているのかわからないが、きっとミッキーマウスは、キューブリックの強烈な皮肉であろう。

他のベトナム戦争物と趣きの違う作品と言うことでお勧めです。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

「ベトナム」では遊べない。ネタバレ

投稿日:2009/12/21 レビュアー:港のマリー

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 さすがのキューブリックでも。というのが第一印象。
前半の訓練風景、ハルトマン軍曹の泉の如く湧き出る悪口雑言、下劣卑猥な言葉の洪水には恐れ入る。が、とくに、スカトロジー方面の言い回しなどは、マルキ・ド・サドが「実演」しているところを小説にしている。それを思えばどうということはない。

 ベトナム戦争は心理学の理論、脱感作(考えられないことを考える)条件づけ(考えられないことをする)否認防衛機制(考えられないことを否認する)に基づいた訓練プログラムを全面的に取り入れた最初の戦争だそうだ。(グロズマン『戦場における人殺しの心理』)その「考えられないこと」とは人を殺すこと。一般社会用の自我を完全に打ち砕いたうえで、「kill kill kill」とたたき込む。
 キューブリックはその過程を簡素に様式化して、時に端正に映るほど淡々と描いている。よく反戦ドキュメンタリーなどに使われる実写映像、教官によって泥水のなかに殴り倒され罵られる兵士、のような生々しさはない。静かに狂気に感染していくのだと、見えなくもないがいつもの切れ味には乏しいようだ。何よりも気の毒なレナードを早々と永久に地獄から解放してやった温情。優しいけれどちょっと、らしくない。
 一方、マリア様云々の台詞にあるような聖なるものを性の低地へと引きずり下ろす心理、戦争と男たちの性とが分かちがたく結びついている事実(銃を撃つことはまさにその行為の象徴であり、代償でしょう)は、グロズマンのはっきり言わなかったところ。キューブリックは鋭くそこを見抜いている。もしかしたら海兵隊の訓練は、条件反射だけではなく、人殺しが性的快楽にもなるような偏執性をも密かに育てているのかもしれない。

 私が感極まったのは後半、ベトナムの戦場に舞台が移って実際に生と死が交錯するようになってから。とくに最後の市街戦の場面。ここでの臨場感、緊張感の高め方は並みではない。舞台装置のようなセットに群像が立ち、人物の腰から腰へとカメラが動いていく。見ている者をその中に誘うようなこの空間創出はすばらしい。
 廃墟になったフエの町をさまよう小隊がどこに潜んでいるのかわからないベトコンの狙撃者に、一人、二人と撃たれていく。無線で呼んでも応援は来てくれない。進退窮まったなか、選んだのは撃たれた仲間を助けに危険をかえりみず飛び出すこと。彼らが息を引き取れば「しかえししようぜ」と一致団結。戦友との固い絆こそ、最後に残った人間性の証。と、危うく共感しそうになり戸惑った。仲間を身を挺して救おうとする人間が、敵なら女子どもでも容赦なく殺せるのだ。

 これはキューブリックの罠なのか。同じ鬼軍曹の地獄の訓練を受けてほんものの地獄へ送り込まれた若者たちの、毀れてしまった心と、それでも「生きているほうがまし」と日々をうめくように生きる、その痛みをすくい上げる。糞のような戦争と、さんざん言わせておきながら大切な仲間を殺されれば奮い立つさまに、ヒロイズムを匂わせる。正直なところ、わからない。でもおそらく、ベトナム戦争はキューブリックにとっても、ブラックな風刺で押し通すには重すぎるものであったと思われるのだが。

 兵士たちが訓練中歌う歌が痛ましい。
「もし戦場で倒れたら 棺に入って帰還する ママに告げてよ見事な散り様」「見事な散り様」とはI´ve done my bestだそうだ。
 もう、誰も戦争で散らせるなと、それだけは痛切に思った。

 

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

26〜 30件 / 全133件

フルメタル・ジャケット