インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国

インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国の画像・ジャケット写真

インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 / ハリソン・フォード

全体の平均評価点:(5点満点)

362

全体の平均評価点:

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

ジャンル :

「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

ジョージ・ルーカス、スティーブン・スピルバーグ、ハリソン・フォードの黄金トリオが再結集して作り上げたアドベンチャーシリーズ第4弾。考古学者・インディが神秘の秘宝、クリスタル・スカルを探して冒険を繰り広げる。

「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」 の作品情報

作品情報

製作年: 2008年
原題: INDIANA JONES AND THE KINGDOM OF THE CRY

「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

戦火の馬

イーグル・ジャンプ

ターザン:REBORN

スウィーニー・トッド 悪魔の理髪師

ユーザーレビュー:362件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

26〜 30件 / 全362件

やはり「最後の聖戦」で終わりにして欲しかった。 ネタバレ

投稿日:2009/01/16 レビュアー:旭竜

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

スピルバーグ監督はSFを取り入れる事にかなりの抵抗があったようですが、断固として断るべきだったかもしれません。
インディ・ジョーンズとUFOなんてあり得ない組み合わせです。
必然的にCGがふんだんに使われるわけで、映像が薄っぺらい印象を受けました。

ただ、ハリソン・フォードに往年のパワフルなアクションを求めるのは無理だが、それでも66歳とは思えないギラギラとした眼と演技はさすがですね。

過去のシリーズとは別物と割り切って観れば楽しい作品。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

最終的に、運命の恋人達が永遠に結ばれる物語。って事でいい?w ネタバレ

投稿日:2009/01/02 レビュアー:

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

インディ・ジョーンズがロシア人に追われたり逃げたりして、殴ったり殴られたりして、最終的になんの話だったのかよくわからなくなる物語です。

なんか言いたいことがたくさんあります。
そんなわけで、ネタバレ必須ですので、これから下は読みたい方だけどうぞ…。


インディ・ジョーンズのお決まりのシーンはいくつかあって、それが全て満たされることで満足度も上がると思うんです。

@自然の中で暴れるインディ
A仲間だと思ってたら実は裏切り者
B原住民
C罠
D悪いヤツ
E女

この上記内容はほとんど満たされたと思うんです。
なのになぜかとても腑に落ちない。
心の底から楽しめませんでした。

もしや、私が大人になったから??
インディもすっかり老けていたけど。
正直、そこにも最初びっくりしましたがw

最初に『ロズウェル』って単語が出た時点で、いやーな空気が漂った。
『ロズウェル』って単語で連想されるものは一つしかない。
その後、核実験のシーンが出てきたのにも拍子抜けしたし、実際あのシーンが必要かと言えば、そうでない気もする。

その後、出てきたクリスタル・スカルの形を見てちょっと引く。
今までインディには全く関係の無かった『宇宙人』が、ロズウェルとクリスタル・スカルを繋いでいく。
これって数年前に流行った神々の指紋のオチじゃないのか?
古代人にナスカの地上絵を描く技術は無かった!これって指導者が居たんじゃないの?
あぁ、それって宇宙人だよねぇ??
あの本、そういうオチだった気がするんですが…。

インディを捕まえたKGBがクリスタル・スカルを見つめさせるシーンとか激しく興ざめしました。
それから、猿のシーンとか。

途中からハムナプトラを観てるのか?という錯覚に陥り、もう訳がわからなくなる。
アリがいっぱい出てくるシーンとか砂とかミイラとか。
最後ら辺に出てきた宇宙人も絶対どっかで観た事あるやつじゃん??
てか、宇宙人もそれほど高度な文明を築く力があるなら、敵と味方の区別くらいつくだろうよ。
原住民は弱すぎるしね。

大オチでUFO登場とか訳わかんないよ。
もうがっかりしたよ。
インディ!もっと命削ってぇ〜〜!
でっかい石のゴロゴロに追いかけられたり、なんか悪い人に心臓抉り取られそうになってよー。
トロッコに乗って逃げてぇーー

でも、何に一番がっかりしたかってお父さんが亡くなってたこと。
あの絡み、好きだったのに。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

バグ発見しマスタ。

投稿日:2008/11/07 レビュアー:モデ様

インディージョーンズのスカル王国のバグ発見しマスタ。

31:38で、少年が立ち上がって、ケチャップと辛子が倒れたのに、

立ち上がったシーンで、倒れてなかった。

。。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

驚愕のラストがあなたを襲う!(ウソ) ネタバレ

投稿日:2008/10/01 レビュアー:エファ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

今やトレジャー・ハントなどの冒険映画は数え切れないほど出てますが、『インディ・ジョーンズ』はもはや元祖冒険活劇モノと言っても過言ではないですよね。
ジョージ・ルーカス総指揮の元、スピルバーグ監督に主演はハリソン・フォード。この豪華な顔ぶれが19年ぶりに戻ってきたシリーズ第4作目。
3作目である『最後の聖戦』からも劇中設定は19年後になっているので、インディが年取ってても違和感はないワケですね。

言わずと知れたシリーズなので、そんな大した捻りのあるストーリーではありません。
ピンチに次ぐピンチ、超ド級の逃走劇の繰り返しが売りな作品だと思いますので、それを楽しむにはもってこいの展開です。

更に今回は、ファン・サービスであろう場面がふんだんに盛り込んであります。私は大ファンと言うワケではないので全て捉えられませんでしたが、普通に前作見てる人でも「おお!」と言うようなシーンが出てきますよ♪

冒頭から唐突に物語りは展開していて、正直私は付いていくのに手間取りました。
今回の敵役であるスパルコにはケイト・ブランシェット。
サディズム溢れるお姿でしたが、インディ側に何度も逃げられたりナメた口きかれたり、それでも何の罰則も与えないなど少し冷徹ぶりが物足りない。
見事な剣捌きでしたが、やっぱりあのいでたちは鞭しか有り得ないのでは?

ヒロインにはシリーズ1作目に出てきたマリオンが再び登場するのですが、演じてらっしゃるカレン・アレンは上手な年の取り方をしていますね。あんまり変わってないように見えました。

シリーズの中では私は2作目の『魔宮の伝説』が1番好きなんですが、マリオンの登場と言い2作目はスルーされてるんでしょうかね?
インディの相棒としてマット少年が出てくるワケですが、これまた私の嫌いなシャイア・ラブーフ君なんですよね・・。
彼はインディの息子と言う設定ですが、どこのパーツも似てないと思いませんか?
やっぱりインディの相棒はショート・ラウンド以外考えられません。

マットはマーロン・ブランドの『乱暴者(あばれもの)』をモデルにしたとの事ですが、なるほどよく似てます。

こんなとこツッコむのも私だけかもしれませんが、インディの仲間なのか敵なのかどっち付かずのマックと言う男が出てくるんですが、演じてらっしゃるのはレイ・ウィンストン。
そう!「おっさんOFおっさん」の彼ですよ!!『ベオウルフ』ですよ!!しつこいようですが、全く面影はありません。

冒険のラストはスピルバーグ全開な展開で、遭遇しまくりでした(笑)
私はこの系統は苦手ですが、今までインディはいろ〜〜んな体験をしているワケなので、不思議と抵抗はあまりありませんでした。感動とかもありませんが(;^ω^)

エンディングに流れるレイダース・マーチですが、何だか凄く美しくなってましたよ。改めて素晴らしい曲だと感じましたです。

映画は2時間と長いですが、インディ一行がマヤ神殿周辺に来るあたりから物語は俄然面白くなってきました。
パラマウントは全5作として契約しているそうですが、あと残り1作はどうするんでしょうか??
シャイアで頑張るには役不足な気もしますが。

ハリソン・フォード、お疲れ様でした。
彼はいつまでもダンディなインディです♪

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

テイストの古臭さは否めない・・・

投稿日:2010/10/22 レビュアー:QWERTY

どこかで見たような新鮮味のないシーンの連続、映像も蜘蛛の巣のはった洞窟や遺跡が多くて、とても地味で美しくない。

映画自体も結構長く感じた。たぶんテンポが悪いからだと思う。
謎解きの部分で「○×△□年に誰かさんが何とかを発見してピーヒャララ・・・」みたいなどうでもいい会話が長い・・・。

アクションシーンもドタバタ香港映画みたいで迫力もカッコよさも乏しいし無駄に長い。特にジャングルでのソ連軍とのお宝取り合いシーンは途中で飽きた。

さらにX−ファイルのような結末にはチョッと困惑。この映画のファンはあんなSFチックなラストをどう思うのだろうか・・・。

あと、この手の映画に必須のかわいいヒロイン不在は大幅減点。
ケイト・ブランシェットも髪型と軍服が似合わなくてせっかくの美貌が台無しだった。

インディシリーズのファンじゃなくてよかった・・・。
ファンだったら大きく期待を裏切られる映画
評価:★★★☆☆(3.0)

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

26〜 30件 / 全362件

インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:362件

やはり「最後の聖戦」で終わりにして欲しかった。

投稿日

2009/01/16

レビュアー

旭竜

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

スピルバーグ監督はSFを取り入れる事にかなりの抵抗があったようですが、断固として断るべきだったかもしれません。
インディ・ジョーンズとUFOなんてあり得ない組み合わせです。
必然的にCGがふんだんに使われるわけで、映像が薄っぺらい印象を受けました。

ただ、ハリソン・フォードに往年のパワフルなアクションを求めるのは無理だが、それでも66歳とは思えないギラギラとした眼と演技はさすがですね。

過去のシリーズとは別物と割り切って観れば楽しい作品。

最終的に、運命の恋人達が永遠に結ばれる物語。って事でいい?w

投稿日

2009/01/02

レビュアー

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

インディ・ジョーンズがロシア人に追われたり逃げたりして、殴ったり殴られたりして、最終的になんの話だったのかよくわからなくなる物語です。

なんか言いたいことがたくさんあります。
そんなわけで、ネタバレ必須ですので、これから下は読みたい方だけどうぞ…。


インディ・ジョーンズのお決まりのシーンはいくつかあって、それが全て満たされることで満足度も上がると思うんです。

@自然の中で暴れるインディ
A仲間だと思ってたら実は裏切り者
B原住民
C罠
D悪いヤツ
E女

この上記内容はほとんど満たされたと思うんです。
なのになぜかとても腑に落ちない。
心の底から楽しめませんでした。

もしや、私が大人になったから??
インディもすっかり老けていたけど。
正直、そこにも最初びっくりしましたがw

最初に『ロズウェル』って単語が出た時点で、いやーな空気が漂った。
『ロズウェル』って単語で連想されるものは一つしかない。
その後、核実験のシーンが出てきたのにも拍子抜けしたし、実際あのシーンが必要かと言えば、そうでない気もする。

その後、出てきたクリスタル・スカルの形を見てちょっと引く。
今までインディには全く関係の無かった『宇宙人』が、ロズウェルとクリスタル・スカルを繋いでいく。
これって数年前に流行った神々の指紋のオチじゃないのか?
古代人にナスカの地上絵を描く技術は無かった!これって指導者が居たんじゃないの?
あぁ、それって宇宙人だよねぇ??
あの本、そういうオチだった気がするんですが…。

インディを捕まえたKGBがクリスタル・スカルを見つめさせるシーンとか激しく興ざめしました。
それから、猿のシーンとか。

途中からハムナプトラを観てるのか?という錯覚に陥り、もう訳がわからなくなる。
アリがいっぱい出てくるシーンとか砂とかミイラとか。
最後ら辺に出てきた宇宙人も絶対どっかで観た事あるやつじゃん??
てか、宇宙人もそれほど高度な文明を築く力があるなら、敵と味方の区別くらいつくだろうよ。
原住民は弱すぎるしね。

大オチでUFO登場とか訳わかんないよ。
もうがっかりしたよ。
インディ!もっと命削ってぇ〜〜!
でっかい石のゴロゴロに追いかけられたり、なんか悪い人に心臓抉り取られそうになってよー。
トロッコに乗って逃げてぇーー

でも、何に一番がっかりしたかってお父さんが亡くなってたこと。
あの絡み、好きだったのに。

バグ発見しマスタ。

投稿日

2008/11/07

レビュアー

モデ様

インディージョーンズのスカル王国のバグ発見しマスタ。

31:38で、少年が立ち上がって、ケチャップと辛子が倒れたのに、

立ち上がったシーンで、倒れてなかった。

。。

驚愕のラストがあなたを襲う!(ウソ)

投稿日

2008/10/01

レビュアー

エファ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

今やトレジャー・ハントなどの冒険映画は数え切れないほど出てますが、『インディ・ジョーンズ』はもはや元祖冒険活劇モノと言っても過言ではないですよね。
ジョージ・ルーカス総指揮の元、スピルバーグ監督に主演はハリソン・フォード。この豪華な顔ぶれが19年ぶりに戻ってきたシリーズ第4作目。
3作目である『最後の聖戦』からも劇中設定は19年後になっているので、インディが年取ってても違和感はないワケですね。

言わずと知れたシリーズなので、そんな大した捻りのあるストーリーではありません。
ピンチに次ぐピンチ、超ド級の逃走劇の繰り返しが売りな作品だと思いますので、それを楽しむにはもってこいの展開です。

更に今回は、ファン・サービスであろう場面がふんだんに盛り込んであります。私は大ファンと言うワケではないので全て捉えられませんでしたが、普通に前作見てる人でも「おお!」と言うようなシーンが出てきますよ♪

冒頭から唐突に物語りは展開していて、正直私は付いていくのに手間取りました。
今回の敵役であるスパルコにはケイト・ブランシェット。
サディズム溢れるお姿でしたが、インディ側に何度も逃げられたりナメた口きかれたり、それでも何の罰則も与えないなど少し冷徹ぶりが物足りない。
見事な剣捌きでしたが、やっぱりあのいでたちは鞭しか有り得ないのでは?

ヒロインにはシリーズ1作目に出てきたマリオンが再び登場するのですが、演じてらっしゃるカレン・アレンは上手な年の取り方をしていますね。あんまり変わってないように見えました。

シリーズの中では私は2作目の『魔宮の伝説』が1番好きなんですが、マリオンの登場と言い2作目はスルーされてるんでしょうかね?
インディの相棒としてマット少年が出てくるワケですが、これまた私の嫌いなシャイア・ラブーフ君なんですよね・・。
彼はインディの息子と言う設定ですが、どこのパーツも似てないと思いませんか?
やっぱりインディの相棒はショート・ラウンド以外考えられません。

マットはマーロン・ブランドの『乱暴者(あばれもの)』をモデルにしたとの事ですが、なるほどよく似てます。

こんなとこツッコむのも私だけかもしれませんが、インディの仲間なのか敵なのかどっち付かずのマックと言う男が出てくるんですが、演じてらっしゃるのはレイ・ウィンストン。
そう!「おっさんOFおっさん」の彼ですよ!!『ベオウルフ』ですよ!!しつこいようですが、全く面影はありません。

冒険のラストはスピルバーグ全開な展開で、遭遇しまくりでした(笑)
私はこの系統は苦手ですが、今までインディはいろ〜〜んな体験をしているワケなので、不思議と抵抗はあまりありませんでした。感動とかもありませんが(;^ω^)

エンディングに流れるレイダース・マーチですが、何だか凄く美しくなってましたよ。改めて素晴らしい曲だと感じましたです。

映画は2時間と長いですが、インディ一行がマヤ神殿周辺に来るあたりから物語は俄然面白くなってきました。
パラマウントは全5作として契約しているそうですが、あと残り1作はどうするんでしょうか??
シャイアで頑張るには役不足な気もしますが。

ハリソン・フォード、お疲れ様でした。
彼はいつまでもダンディなインディです♪

テイストの古臭さは否めない・・・

投稿日

2010/10/22

レビュアー

QWERTY

どこかで見たような新鮮味のないシーンの連続、映像も蜘蛛の巣のはった洞窟や遺跡が多くて、とても地味で美しくない。

映画自体も結構長く感じた。たぶんテンポが悪いからだと思う。
謎解きの部分で「○×△□年に誰かさんが何とかを発見してピーヒャララ・・・」みたいなどうでもいい会話が長い・・・。

アクションシーンもドタバタ香港映画みたいで迫力もカッコよさも乏しいし無駄に長い。特にジャングルでのソ連軍とのお宝取り合いシーンは途中で飽きた。

さらにX−ファイルのような結末にはチョッと困惑。この映画のファンはあんなSFチックなラストをどう思うのだろうか・・・。

あと、この手の映画に必須のかわいいヒロイン不在は大幅減点。
ケイト・ブランシェットも髪型と軍服が似合わなくてせっかくの美貌が台無しだった。

インディシリーズのファンじゃなくてよかった・・・。
ファンだったら大きく期待を裏切られる映画
評価:★★★☆☆(3.0)

26〜 30件 / 全362件