マックス・ペイン

マックス・ペインの画像・ジャケット写真
マックス・ペイン / マーク・ウォールバーグ
全体の平均評価点:
(5点満点)

69

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「マックス・ペイン」 の解説・あらすじ・ストーリー

解説・あらすじ・ストーリーは、ただいま準備中です。

「マックス・ペイン」 の作品情報

製作年: 2008年
製作国: アメリカ
原題: MAX PAYNE

「マックス・ペイン」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

マックス・ペインの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
100分 日本語・英語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 FXBR38487 2009年09月04日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
25枚 2人 0人

【Blu-ray】マックス・ペイン<完全版>(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
103分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 FXXR40679*B 2009年09月04日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
21枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:69件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

26〜 30件 / 全69件

まったく分かりませんでした。理解不能。。。。。

投稿日:2010/02/15 レビュアー:(・∀・) ぇぃЯ

ウォールバーグ目当てでレンタルしました。
でも、うーーん。

さっぱり分かりませんでした。


マックス・ペインと言う役名。
アドレナリンの主人公にこそ、この名前だよ!!

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

凄まじい

投稿日:2010/01/02 レビュアー:あん3

これ、ゲームなんだ。
刑事とは思えない私刑を続けるマックスにびっくりです。
俳優陣が真摯に演じているので救われていますが、SFみたいなコミックみたいな、非現実感が漂っています。
一応、最後まで観られました。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

静かに迫る謎。

投稿日:2009/12/19 レビュアー:rizucherry00

 いきなり、ミステリー性の強いCGの使い方で、この羽根は、目にみえないオカルト的なものかと思いました。
 主役の警察官も、ただの変わり者かと思わせる展開。でも、立ち入ることがないような裏社会の人たちのたまり場で、薬によって高揚している人と関わり、かつての同僚も殺され、犯人の疑いを持たれてしまう。

 妻と子供が、家に帰った時点で殺されていた過去を持つ主人公。犯人を捜すために、情報を探すために資料課にいるという設定が、亡き家族への愛情と、警察官としての執着、同時に感じることができる男。それが、マックス・ペイン。

 最後は、途中からまさかと思う結果で導かれますが、冬の氷の海で泳ぐシーンは、地味だけど、すごいアクションと思いました。
必見。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

痛快だけど

投稿日:2009/12/17 レビュアー:りん

これに\1800は痛いわぁ〜ww

奇跡あり過ぎww

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

続編アリアリ。。。の予感ネタバレ

投稿日:2009/12/04 レビュアー:hitomi

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

何かのDVDをレンタルした時に入ってた予告編を観て、面白そうだったし、TSUTAYAに行ったら準新作で半額デーだったので借りてみた。

マーク・ウォールバーグ主演とのことなので、もっと単純なアクションなのかと思っていたのだけど、結構ダークな感じだった。
ってか、他の人のレビューでも結構書かれてたけど、TSUTAYAで「マックス・ペイン」って題名を見て、“最大の痛み”って意味かと思ってしまったんだけど、この映画を観始めて、主人公の名前が「マックス」ってことが解り、“あ、って事はマックスの痛みか。。”って思い直したんだけど、更に進むうちに「マックス・ペイン」ってのが主人公の正式な名前だったのねん、、、。
あ〜、紛らわしいったらありゃしないぜ全くっ。

この手のダークなアクションホラー?っていうと「コンスタンティン」を思い出し、ウザイくらいのスローモーション映像を度々見せ付けられるのを見ると、まるで「マトリックス」だった、、、、
って、どっちもキアヌ・リーヴスじゃん!!

つ〜か、ナターシャ(オルガ・キュリレンコ)があんなにあっけなく逝っちゃうとは、、、、、、。
それとルピノ役のアマウリー・ノラスコってプリズン・ブレイク のスクレじゃん。
この男にこの役(ルピノ)って絶対似合わないと思うんですけどぉ!!
だってコイツって顔が“困ったちゃん”なんだもの。。。
だからプリズン・ブレイク のスクレみたいな役はちょうどいいと思うのよ。

他の人が書いてるレビューを読んでみると全体的に評価が低かったんだけど、あたしゃ結構面白いと思ったけどな。
全体的に上手くまとまってて、エンターテイメントとしては宜しいんじゃないか。と。

ただ、本編後のプロットの後に“次回作も乞うご期待”って雰囲気大のカットをわざわざ入れるくらいだったら上映時間をもう少し長く(100分じゃなくて130分くらい)して黒幕の更に後ろのあの女(ニコール)まで退治しちゃった方がよかったのでは?
この感じでいくとこの作品は「ジェイソン・ボーン」シリーズと同じ方向に向かっているのか?!

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

26〜 30件 / 全69件

マックス・ペイン