Vフォー・ヴェンデッタ

Vフォー・ヴェンデッタの画像・ジャケット写真
Vフォー・ヴェンデッタ / ナタリー・ポートマン
全体の平均評価点:
(5点満点)

244

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「Vフォー・ヴェンデッタ」 の解説・あらすじ・ストーリー

アラン・ムーアとデヴィッド・ロイドによって80年代に発表されたコミックをベースに、「マトリックス」シリーズのウォシャウスキー兄弟が脚本化したサスペンス・アクション。独裁国家となったイギリスを舞台に、反ファシズムを掲げテロ行為を繰り返す謎の男“V”と、その戦いに巻き込まれていく一人の女性の葛藤と成長を描く。テレビ局で働くイヴィーはある日、外出禁止時間に表を歩いていたところを運悪く秘密警察に見つかってしまう。そんな絶体絶命の危機を、彼女は“V”と名乗る謎の仮面男に救われる。しかしVは、たった一人で独裁政権に反旗を翻すテロリストだった…。

「Vフォー・ヴェンデッタ」 の作品情報

製作年: 2005年
製作国: イギリス/ドイツ
原題: V FOR VENDETTA

「Vフォー・ヴェンデッタ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

Vフォー・ヴェンデッタの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
132分 日本語 英語 吹き替え用 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 DLR82919 2006年09月08日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
50枚 1人 1人

【Blu-ray】Vフォー・ヴェンデッタ(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
132分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 WBRY11701*B 2009年07月08日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
19枚 0人 1人

関連作品

ユーザーレビュー:244件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

26〜 30件 / 全244件

『小説家は嘘で真実を語る』がこの映画のテーマ

投稿日:2006/07/29 レビュアー:レビュアー名未設定

『人民が政府を恐れるのではない、政府が人民を恐れるのだ』というキャッチコピーを見た瞬間、映画館に見に行くことを決めたこの作品。ナタリー・ポートマンのボーズ頭での熱演、マトリックスのウォシャウスキー兄弟の脚本とくれば期待しないわけがない。

“for Vendetta”というタイトル通り、独裁者による恐怖政治に反逆する復讐鬼Vが軸となり、イヴィーとの愛や9.11後のアメリカへの皮肉な政治批判などを描いた革命エンターテイメント。確かにメッセージを持った映画ではあったけど、その内容が一般人にはよく伝わらないのでは?
というのも中途半端な主張であり哲学だから。政治批判としての側面とエンターテイメントとしての側面が両立していない。どちらか一方に比重をおいたならさらに優れた作品になったと思う。
特に日本人で『ガイ・フォークス・デー』と『火薬陰謀事件』というイギリス人なら誰もが知っているといわれるこの2つを理解している人はおそらく少数。見る前に調べておいたほうが無難です。

これはだいぶ意見が分かれるタイプだと思うけど自分はまぁ満足できた方。傑作ではなく怪作というやつです。もっと面白くできそうなのが惜しい。ただチャイコフスキーの『1812年』が流れ、花火が上がるところはなかなか見応えあり。
ドイツのナチス国家と岩窟王の名前で有名なモンテ・クリスト伯をモチーフにしていたり、セリフにシェイクスピアからの引用を用いたりと歴史や文学に興味がある人はそこでも楽しめる。
『小説家は嘘で真実を語る』や『聖人を真似る者こそ悪人である』といった哲学的な台詞が飛び出すこの作品はマトリックスに通じるものがあっておもしろい人にはおもしろいんです。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

哀しくも切ないエンターテインメント

投稿日:2008/07/30 レビュアー:のぶなが

何気なく観たことが良かったのか、非常に楽しめる映画でした。大まかな内容は一人の革命家Vがファシスト化した国家に対して、果敢に立ち向かい、国家を崩壊させる物語です。なぜ名前がVなのか、そしてなぜ仮面をかぶらなければならないのか、これらは映画の中で明らかになります。

確かに、少し政治色のある映画なので、あまり政治関連に興味をもっていないと、主人公に共感できない恐れもあるかもしれません。僕の場合は、今の世界の国家もそうですが、政治腐敗が氾濫してるこの世の中にうんざりしている方で政治にも興味があるため、案外すぐに主人公に感情移入が出来ました。あまり政治に興味がない方でも、もし今の日本が「音楽も聴けない、絵画も鑑賞できない」など、個人の自由を厳しく制限する国家であったなら・・・そして、その国家に反旗を翻す一人の革命者が現れたら、果たして自分は賛同するか否や・・・こんな感じで、簡単に観られれば、楽しめる映画じゃないかなと思います。

アクションは非常に少ないです。しかし、少ない分、終盤の数分のアクションはかなり印象に残ってます。その時の、Vの台詞もかっこよかったです。最後のアクションは必見ですね。『マトリックス』はアクションで視覚的に衝撃を受けた映画ですが、『Vフォー・ヴェンデッタ』はアクションは少ないものの、かなり主人公に共感出来たせいか、心に響くものが強かったです。

個人的には、アメコミ特有のご都合部分は特に気になりませんでした。映像が美しく、演出がとても洒落ています。これがかなりツボに入りました。派手なアクションを期待するとちょっと裏切られますので、この映画独特の雰囲気を感じることが大事ですね。内容が内容だけに賛否両論分かれると思いますが、個人的には良い作品でした。以前に紹介した『リベリオン』と世界観が似ていると思います。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

私は好きです

投稿日:2007/11/06 レビュアー:さむこ

マトリックスのウォシャウスキー兄弟が製作と脚本を担当、ナタリー・ポートマンが主演と聞いたら見ずにはいられない。
ナタリーが丸刈りにしたことでも話題に。
丸刈りしてもきれいだったけど、やっぱり髪の毛って重要なんだと実感した・・。

なんてことはどうでもいいんだけど、あんまり話題にならなかった気がしたのでマズイかなあと思ってた。
でも思ったよりテンポもよく、飽きさせない展開で楽しめる。
考えようとすれば、政治色も強い話だし、Vが正しいのか、誰が正しいのか、どうやってナタリーは隠れてたのか、などなど色々あるけど、単純に映画は面白かった。

Vをマトリックスのエージェント・スミスが演じてたと後で知ってびっくり。
料理のシーン、笑えます。

ナタリー・ポートマンは、レオン以降の演技があまり好きではなかったんだけど、「終わりで始まりの4日間」「クローサー」と、大人の女性に脱皮したようでとてもいい感じです。
ただ、泣き顔がどうにも子供っぽくて、いつもレオンの彼女を思い出してしまう。
途中に出てくるコスプレ、異様に似合ってて目が釘付け。

再びジュード・ロウと共演する「マイ・ブルーベリー・ナイツ」期待してます。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

現実に起きそうで、ちょっと考えさせられた。

投稿日:2007/01/27 レビュアー:はぴちゃ

「マトリックス」の監督ということと、あの、不気味な仮面が逆に興味を引き、余り予備知識なしで見ました。
 イギリスがヒットラーを彷彿とさせる独裁国家になったら!?というベースで話は展開していくのですが、最後まで飽きずに見ることができましたね。
 イヴィが、Vに振り回せされながらも、憎めずに彼に従い、最後はその意志をつごうとするまで強くなっていく姿などは、最近、日本でも良く耳にする「強い人間になれ」という部分とだぶって見えます。
 また、市民が団結する姿を見せていくあたりでは、その流れも仮面を上手く使って見せており、そのあたりはいい感じですね。そして、特にラストの音楽と花火の競演!?は見事で、その辺りはおおっっでした。

 仮面の男が出るあたり、ちょっとオペラ座の怪人に近いのか!?とも思ったりもしましたが、そこはするっとかわしてまとめておりました。

 なかなか良かったと思います。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

なんでこれをこけおろすのかが分らない

投稿日:2006/12/29 レビュアー:

すごく面白いじゃないですか。
確かに壮大な世界観など
2時間ちょっとの枠の中には収まりきれていない部分はある。
しかし、それはマトリックスも同じ。
政治とマスコミに対するアンチテーゼも
そんなに難しいとは思えない。
単純すぎる民衆は単なる象徴でしょ?
もっとしっかり見て欲しい。
特に素晴らしいのは「V」のセリフ。
イーヴィー(ナタリー)と初めて出会った時の
「V」のセリフはすさまじい。
英語が聞き取れない人は字幕を英語にすると
そのすごさが分る。
彼は自分が「V」と名乗るまでに
「V」で始まる20以上もの単語を駆使してしゃべるのだ。
それでいて奇抜すぎる文にはならず
しっかりと「V」のアイデンティティーを表現している。
これを聞いた時は鳥肌がたった。
その他の彼のセリフもシェイクスピア調の
韻を踏んでいたり、
語感を整えたりすることで
非常に流麗な語り口となっている。
堪能しました。

欲を言えば、
この作品を見る前に
「巌窟王」か、新しいのがよければ「モンテクリスト〜巌窟王〜」
などの作品を見ておくと、より楽しめます。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

26〜 30件 / 全244件

Vフォー・ヴェンデッタ