インクレディブル・ハルク

インクレディブル・ハルクの画像・ジャケット写真
インクレディブル・ハルク / エドワード・ノートン
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

126

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 見放題
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「インクレディブル・ハルク」 の解説・あらすじ・ストーリー

米マーベル・コミックから生まれた人気キャラクターを、演技派エドワード・ノートンを主演に迎え装いも新たに再映画化したヒーロー・アクション。怒りの感情によって緑色の巨人“ハルク”に変身してしまう主人公ブルース・バナーが、葛藤を乗り越え自らの運命に立ち向かう姿を、迫力のアクション・シーン満載で描き出す。監督は「トランスポーター」シリーズのルイ・レテリエ。実験中の事故で緑色の巨人“ハルク”に変身する体質となってしまった科学者ブルース。以来、軍の追跡を逃れ、また愛する恋人ベティとも別れてブラジルで隠遁生活を送っていた。だが、ある出来事がきっかけで、ついに彼の居場所が軍に知れてしまい…。

「インクレディブル・ハルク」 の作品情報

製作年: 2008年
製作国: アメリカ
原題: THE INCREDIBLE HULK

「インクレディブル・ハルク」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

インクレディブル・ハルクの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
112分 日 英 英:ドルビーデジタル5.1ch、日:ドルビーデジタル5.1ch
レイティング: 記番: レンタル開始日:
RDD48133 2009年02月25日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
86枚 9人 8人

【Blu-ray】インクレディブル・ハルク(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
112分 日本語・英語 1:DOLBY True HD/5.1chサラウンド/英語
2:DOLBY True HD/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
BRR48133*B 2009年02月25日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
47枚 12人 3人

関連作品

ユーザーレビュー:126件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

26〜 30件 / 全126件

気楽に楽しめます

投稿日:2009/03/27 レビュアー:にも

「自信を持ってる科学者が、自分を被験者に」→「とりかえしのつかない自体発生!」
「ジキル博士とハイド氏」、「インビジブル」、「スパイダーマン」などで見られる”お約束”が原因なので判りやすいです。
その後も、一本道の単純なストーリーで気楽に楽しめ、撃たれても平気っていう無敵っぷりも爽快です。
ヘンテコな必殺技も笑えますし。
あんまり悩んで無さそうなのは、ちょっと??ですが、それはご愛敬ということで。

戦ってる最中に心拍数が下がったらどうなっちゃうんでしょうね。
変身時間を過ぎたヒーローみたいに元に戻っちゃうんでしょうか?

久しぶりにヒクソンも見れたり、アイアンマンに続いたりで楽しめると思います。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

強大なる獣性の力を御すのは「理性」か「愛」か?ネタバレ

投稿日:2009/03/13 レビュアー:アルディ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

もう「リメイク」なんですね。
オバカアクションの気鋭「ルイテリエ」には前作のイメージが余程気に入らなかったんですかね?。
まあ、重さを全く感じないCGキャラがピョンピョン跳ねる様を見れば「この人はアメコミ見てねえな?」とアン・リーの嗜好は何と無く分ります。
今回の作品の方が原作のイメージには近いんでしょうね。
話の肝は美女と野獣…或いはフランケンシュタインにも通じる物悲しさ有ります。
異形のモノに対する哀悼や悲哀はザ・フライ(リメイク版)や狼男アメリカンなど、系統的にこのジャンルは表現し易いのかも知れませんね。
本来「在るべき」姿を模索する情景が単純な御気楽ヒーロー物とは一線を隔しています。
制御不能な「力」に翻弄される悩める主人公ブルース・バナーを芸達者で「撫肩」のエドワードノートンがソツ無く演じています。
考えてみると演技力と風体で言えば彼以上の適任者はいませんね。
まあ、結局「CG」で膨らんで誰だか分からなくなってしまうのですがノートンは脚本にも口出しをしたとの事でハルクの存在感にはキチンと彼の意思も表現されているのでしょう。
サブを固める役者も表現力の有る人材を集めて話の荒唐無稽さをリアル路線に引き戻している技巧の冴えも見えます。
少し「アブラ」の抜けた感は否めませんがリヴ・タイラーも美しく知的で母性に溢れる女性科学者を嫌味無く演じています。
次のボーイフレンドがいるのに…と言うのは言いっこ無し。
まだ「肉体関係」までは無かったのでしょう(本当か?^^;)。
ティム・ロスは小さくて悪いオッサンとして異彩をはなっています。
エミル・ブロンスキーはアボミネーションと言う怪物に化ける事は決まっているのでファンなら(…でなくてもか?)彼がどう言う経路を辿るかは御見通しだったのでしょう。
ちなみに「あれ?彼は??」と忘れ去られてしまった科学者はリーダーと言う頭脳派怪人になる様です。
収益的に次も狙える作品なので「次回をお楽しみに」なのでしょうか?。
スパイダーマンやファンタスティック4では敬遠している他のマーベルユニバースの接点もキチンと表現しています。
ノンクレジットでロバートダウニーJrが登場しますが、彼の登場は話の冒頭に有る武器開発会社の名前で登場を予想した人も多いのでは?。
アイアンマンの公開は決まっていましたからね^^。
エンディングでハルクがトンでも無い事をして大爆笑になるのですが、あれは主人公が愛する人を想う事で獣性を御して「自分の意思で事を行い」ヒーロー足りえたと言う深い意味が有るのです。
作品の質としては後発のアイアンマンに溝を空けられた感は有りますが適度に笑えてスキッと出来る怪作だとは思います。
この作品からマーベルキャラ総出演の映画の布石が見られます。
版権の都合も有ってハードルは高いとは思いますが実現すると楽しいでしょうね^^。
雷神ソーの雄姿が見れる日は来るのでしょうか?。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

アメコミものの王道ネタバレ

投稿日:2009/03/07 レビュアー:ゆいま

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

アンリー監督の「ハルク」は未見、TVシリーズの超人ハルクも未見、でも、「ハルク」といえば、放射線の影響で生み出された緑色の怪物とうっすら知識あり、の私ですが、
そこそこ楽しめました。
まあ、可もなく、不可もなくといったところですが・・

「ある日突然に備わる超人的な能力」
「能力ゆえに悩む主人公」「主人公を唯一理解しようとするヒロイン」「能力を狙う頭の固い軍(あるいは諜報機関あるいは対立科学組織)」「主人公に対抗するために生み出された新たな怪物」といったこれぞアメコミの王道、と言えるべきポイントはすべて網羅されていて、安心して見れる。

特筆すべき点は「ハルク」がどうやって生み出されたか、というのは冒頭5分で、かなりあっさりめに流されて、
いきなり国外での逃亡生活から本編がはじまっている。
ハルクファンの方は、今更・・なのだろうが、
私は一瞬、これってシリーズものの2作目だったのかしら、
とちょっととまどった。が、冗長に説明されなくとも、
意外とすんなりストーリーは把握できるのでご安心を。
ハルク誕生ストーリーを削った分、後半の戦闘シーンにしっかり時間が割かれているので、
怪物2人(2匹?)が、街をどっかんどっかん破壊しながら戦う姿にカタルシスを覚えた人もいるかもしれない。
個人的には、同じ戦闘シーンでも、Xメンとかスパイダーマンの
方がスマートで好きなので、
思いっきり肉弾戦、といった感じでなんだか美しくない(失礼)物体が、画面を転がりまわる姿はいまいち。

ただ、エドワードノートンの「悩み事かかえてます」顔が
主人公の悲哀を表現するのにぴったりで、意外にもはまり役。
最初はミスキャストと思ったが、このアンバランスさはいい。

どうやらシリーズ化しそうな感じですが、
2作目も、ほかに見るものがなかったら見るかも。

「見逃すと悔しい」というレベルにまでは達していませんが、
娯楽作としてはそこそこのレベルを維持している作品です。
(「ハルクスマッシュ」がなければ大人向け娯楽作・・かと思ったんですが、もしかして中学生くらいをターゲットにしたいのかな・・?違和感ありありです。)

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

前作より面白い

投稿日:2009/02/28 レビュアー:元レンタルビデオ店長

アン・リーの前作が微妙だったので劇場では見なかったが、行けばよかった。前のハルクは映像から浮いていて話も微妙だったが、今回は違う。テンポも良いし、アクションのツボとアメコミによくある主人公の苦悩も分かりやすく描かれている。なかなか楽しい。アクションの醍醐味?といえるツッコミたくなる笑いもある。(笑)どんだけ硬いんだハルク!

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ノートンにも、ロスにも満足。

投稿日:2010/03/28 レビュアー:ともこさん

この作品をみた理由:9割はエドワード・ノートンが出てるから。でも、みてから気づきましたが、相手の悪役がティムロスだったなんて・・・。これもうれしいサプライズでした。二人のファンである自分にとっては、作品そのものよりも最初から最後まで楽しめるシーン満載でした。

やはり、ヒクソングレーシーだったんですね。冒頭の方でブルースに怒りのコントロールの仕方を伝授していたのは。そして最後にアイアンマンを彷彿させるべくロバートダウニーJr.の登場シーン。

アイアンマンこの前みたばっかりだからか、最近アメコミ続きです。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

26〜 30件 / 全126件

インクレディブル・ハルク