ミッション:インポッシブル

ミッション:インポッシブルの画像・ジャケット写真

ミッション:インポッシブル / トム・クルーズ
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

105

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

シリーズ

ジャンル :

「ミッション:インポッシブル」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

シリーズ

解説・ストーリー

往年の人気TVシリーズ「スパイ大作戦」の映画化。東欧で展開されたスパイ組織IMFの作戦は情報漏れのために失敗に終わる。多くの仲間を失ったイーサンは、これがIMF内の裏切者を見つけ出すための作戦だと言うことを知るが、その疑いは自分にかかっていた。真実を暴くために、死んだリーダー、ジム・フェルプスの妻クレアと連絡を取るイーサン。彼は、元CIAのクリーガーと天才ハッカーのルーサーを新たなメンバーに加え、大胆不敵にもCIA本部への潜入を試みる……。

「ミッション:インポッシブル」 の作品情報

作品情報

製作年: 1996年
製作国: アメリカ
原題: MISSION: IMPOSSIBLE

「ミッション:インポッシブル」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ジェイコブス・ラダー

青春のマンハッタン

オブリビオン

オール・ユー・ニード・イズ・キル

ユーザーレビュー:105件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

26〜 30件 / 全105件

本物のスパイ・アクション映画です

投稿日:2009/06/28 レビュアー:"

まさにこれはスパイ映画の傑作に近い作品です。
スパイ行動もしっかりできているし、
アクションシーンもいいです。

主演のトムクルーズもいい顔と体で演じていました。

007映画みたいにスパイ映画を楽しみたい人におすすめです。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

あくまでも一スパイを演じたトム・クルーズ。

投稿日:2009/06/16 レビュアー:アマギン

*ジュバッッ*

♪MUSIC START♪
 
ジジジ*****------------------------

「おはようレビュアー諸君。このレビューはとくに面白みもなく、
最後まで読んでもプレゼントの応募フォームなどは一切表示されない。
しかしながら、このレビュアーはこの作品を大いに気に入ったらしく、
どうしてもレビューを投稿したいと申し出てきたので今回だけ許した。
君の任務は、彼がこの後「パート2」「パート3」に対して勝手にレビュー
を投稿しないか監視してほしい。チームはすでに現地に潜入している・・・
例によって君らが逮捕あるいは殺されても当局は関知しないからそのつもりで。
ブラウザーは5秒後に消滅する。成功を祈る。」

シュパツ・・・・==3333333  注:脚色あり

(* ̄∇ ̄*)この世界感がよろしおすなぁ。ほんとのスパイがどんなもの
か全く知りはしませんが、不思議とスパイの映画を見ている気分にさせてくれます。
トムさんはあくまでも一スパイのリーダー。ひとりよがりなイメージがなく、
ストーリーに生きる彼でした。CG時代の今にない、今もなくてはならない
緊迫した潜入劇は、クライマックスと同様に見ごたえあり。
道具も正に“スパイ”ス的な役割を果たし、無駄な派手さがないのも◎

既に二つのシリーズが続き、パート4の企画もあると聞きます。
賛否両論ありの続編。なにを判断するもとにかくこのパート1ありきです!
名シーンを存分に楽しんじゃいましょう!

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

次から飛行機内で映画は観ないようにしようっと、特にお勧め映画は…

投稿日:2009/03/28 レビュアー:ゆっちゃん♪ルンルン

「お早うフェルプス君。さて、今回の君の使命だが、このレビューを熟読し、〔気に入った!〕アイコンをクリックする事にある。
例によって、その為に時間や労力、余分なパケット料金等が掛かっても、当局は一切関知しないから、そのつもりで。では成功を祈る」

二作目(M:i−2)のレビューを先に書いてしまったので、バック・グラウンドに付いてはそちらをご覧下さい→
やっぱ、ミッション:インポッシブルと言えば、導火線のオープニングとテーマ曲。
M:i−2で省略されちゃったのが、超〜悲しい。

最初の30分で「え゛〜」という展開に、まず驚く。
「これから一体どうなるの?」って、ワクワクドキドキで一挙に引っ張って、ラストのアクション・シーンは「有り得な〜い」と思っちゃいました。
だってTGV(フランス語読テージェーベーTrain à Grande Vitesse高速列車)は時速300qですよ〜。
バイクだって、スピード上げれば、風で目も開けてられないっていうのに。
ここはフィクションと割り切って、アクションの凄さを楽しみました。
他にも、潜入シーンは「あ゛〜、見付かっちゃう〜ぅ」と手に汗握りハラハラ。
この辺は、テレビ・シリーズを正統に継承してますね〜。
凝ったストーリーで見応えあります。

IMF(M:i−2のレビュー参照)って、CIAの所属だったんですねぇ〜。
今回ジム・フェルプスの奥さんが出て来るが、ここが重要な伏線になってます。
しかし実際は、スパイが身内同士で行動を共にする事はまずないでしょう。
危機に陥った時、私情が入ると任務が失敗する上に、無理に助けようとして共倒れになるからです。
そう言えば、テレビ版「スパイ大作戦」でフェルプスの前任者にブリッグスというのが居ましたねぇ〜、最初の1シーズンだけでしたが。

NOCとはNon Official Cover非公式情報員の事。
データを保存する時にMO(光磁気ディスク)を使ってる、一体いつの時代かと思ったら制作は1996年。
MOはハード・ディスクの補助として一時流行ったが、とっくに時代遅れ。
遅い割に大した容量もないし、MOドライヴを別に買わなきゃいけない。
今だったら、700MB程度ならCD-RWに書込める、NOCリストならそれで充分でしょう。

携帯電話等の通信を妨害するシーンがあるが、こうゆうのは実際に売ってる。
と言っても、スパイ道具でわなく、振り込め詐欺を防ぐ為にATM付近に設置したりする。
「携帯一発終了」は、スィッチを入れると周りの携帯電話を圏外にできるもの。
ACアダプター式と電池式が有り、電池式は電車、バス内で使える。
実際、車内での携帯マナーの悪さは呆れるばかりで、マナーをちゃんと守ってれば、こんなの要らないんですけどね。

↓AC電源式(レビュー投稿時現在)
http://www.quick1-n.com/54.html

↓電池式
http://www.akiba-garage.com/item/AD00000258340.htm
l

同じ映画でも一部レビュー内容を変更しています。
「尚、このレビューは自動的に消滅して、PCあるいは携帯から煙が吹出しても当局は一切関知しない。成功を祈る。」

私的評価 v(^o^)v イェィ ⇒ ストーリーはグッドだけど、こういうモチーフはねぇ。

参考:私的評価の目安 [5段階]
(★o★) キラ〜ン ⇒ 何を置いても見るべき、見なきゃ損。
v(^o^)v イェィ ⇒ 面白い、楽しめる。
(・ω・) シ〜ン  ⇒ 良くも悪くもない、普通。
( ●`ε´●) ブ〜 ⇒ ツマラン、金と時間の無駄、止めた方がいい。
(x⊥x)\(∂⊥∂) バシッ ⇒ ぬゎんなんだ、こりぃは

これにその他のマークが付加される事も有る。
注)評価欄以外の顔文字は気分で使ってるので、私的評価とは無関係です。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

うん、面白い。

投稿日:2006/08/20 レビュアー:まぐのりあ

このシリーズは3が出るという事で、ありゃ、面白いんだ!と色々調べたら、1のわりに2がつまらんという評判を聞き、なら1は面白いんだと期待して借りましたが、うん、面白いと思いました。スリル、アクション、頭を観客に使わせて最後にどんでん返し。トムもいい仕事しています。ボーンアイデンティティーと比べちゃうな。どっちが面白いだろうな。でも比べる事も無いくらい良く出来ていますよ。ハラドキシーンが沢山あったし パソコンが古いのがちょっと笑ったけれど作られた年代を考えると当たり前ですね。素直にオススメな一本です。こんなのばっかりだと私も苦労しないですむんだけど(笑)

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

インターネットに憧れた

投稿日:2006/07/25 レビュアー:ぶわつ

 これは確か、トム・クルーズ自身の製作会社の第1作でしたか。また彼にとっては初の本格的アクション映画だったかと。『スピード』のキアヌに触発されたか、髪を短く刈り込んで気合満点でしたね。予告編ではじめて観た時は、やけに新鮮だったのを憶えています。

 トム演じるIMFの腕利きエージェントが罠にはまって資格を剥奪されたうえに追われる身に。身の潔白を証明するために真相を追うという流れはまるで『クラッシャージョウ』やん!とローカルなツッコミを無理矢理入れつつ、最初から最後までしっかり楽しめました。エマニュエル・ベアールも色っぽかったし、かなり満足度は高かったです。
 あと、印象的だったのが、イーサン(トム)が謎を追う足掛かりとしてネットを検索したり、メッセージを送ったりする場面。今では何てことない、普通と言っていい光景なんですが、当時はまだインターネットなんて(少なくともオレには)ちょっと敷居の高い代物だったので、凄く新鮮で、カッコ良かったですね。

 『3』はまだ未見で、また公開中に観れるかどうかも分からないのですが、とりあえず2作並べた中では、断然この1作目のほうが好きです。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

26〜 30件 / 全105件

ミッション:インポッシブル

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:105件

本物のスパイ・アクション映画です

投稿日

2009/06/28

レビュアー

"

まさにこれはスパイ映画の傑作に近い作品です。
スパイ行動もしっかりできているし、
アクションシーンもいいです。

主演のトムクルーズもいい顔と体で演じていました。

007映画みたいにスパイ映画を楽しみたい人におすすめです。

あくまでも一スパイを演じたトム・クルーズ。

投稿日

2009/06/16

レビュアー

アマギン

*ジュバッッ*

♪MUSIC START♪
 
ジジジ*****------------------------

「おはようレビュアー諸君。このレビューはとくに面白みもなく、
最後まで読んでもプレゼントの応募フォームなどは一切表示されない。
しかしながら、このレビュアーはこの作品を大いに気に入ったらしく、
どうしてもレビューを投稿したいと申し出てきたので今回だけ許した。
君の任務は、彼がこの後「パート2」「パート3」に対して勝手にレビュー
を投稿しないか監視してほしい。チームはすでに現地に潜入している・・・
例によって君らが逮捕あるいは殺されても当局は関知しないからそのつもりで。
ブラウザーは5秒後に消滅する。成功を祈る。」

シュパツ・・・・==3333333  注:脚色あり

(* ̄∇ ̄*)この世界感がよろしおすなぁ。ほんとのスパイがどんなもの
か全く知りはしませんが、不思議とスパイの映画を見ている気分にさせてくれます。
トムさんはあくまでも一スパイのリーダー。ひとりよがりなイメージがなく、
ストーリーに生きる彼でした。CG時代の今にない、今もなくてはならない
緊迫した潜入劇は、クライマックスと同様に見ごたえあり。
道具も正に“スパイ”ス的な役割を果たし、無駄な派手さがないのも◎

既に二つのシリーズが続き、パート4の企画もあると聞きます。
賛否両論ありの続編。なにを判断するもとにかくこのパート1ありきです!
名シーンを存分に楽しんじゃいましょう!

次から飛行機内で映画は観ないようにしようっと、特にお勧め映画は…

投稿日

2009/03/28

レビュアー

ゆっちゃん♪ルンルン

「お早うフェルプス君。さて、今回の君の使命だが、このレビューを熟読し、〔気に入った!〕アイコンをクリックする事にある。
例によって、その為に時間や労力、余分なパケット料金等が掛かっても、当局は一切関知しないから、そのつもりで。では成功を祈る」

二作目(M:i−2)のレビューを先に書いてしまったので、バック・グラウンドに付いてはそちらをご覧下さい→
やっぱ、ミッション:インポッシブルと言えば、導火線のオープニングとテーマ曲。
M:i−2で省略されちゃったのが、超〜悲しい。

最初の30分で「え゛〜」という展開に、まず驚く。
「これから一体どうなるの?」って、ワクワクドキドキで一挙に引っ張って、ラストのアクション・シーンは「有り得な〜い」と思っちゃいました。
だってTGV(フランス語読テージェーベーTrain à Grande Vitesse高速列車)は時速300qですよ〜。
バイクだって、スピード上げれば、風で目も開けてられないっていうのに。
ここはフィクションと割り切って、アクションの凄さを楽しみました。
他にも、潜入シーンは「あ゛〜、見付かっちゃう〜ぅ」と手に汗握りハラハラ。
この辺は、テレビ・シリーズを正統に継承してますね〜。
凝ったストーリーで見応えあります。

IMF(M:i−2のレビュー参照)って、CIAの所属だったんですねぇ〜。
今回ジム・フェルプスの奥さんが出て来るが、ここが重要な伏線になってます。
しかし実際は、スパイが身内同士で行動を共にする事はまずないでしょう。
危機に陥った時、私情が入ると任務が失敗する上に、無理に助けようとして共倒れになるからです。
そう言えば、テレビ版「スパイ大作戦」でフェルプスの前任者にブリッグスというのが居ましたねぇ〜、最初の1シーズンだけでしたが。

NOCとはNon Official Cover非公式情報員の事。
データを保存する時にMO(光磁気ディスク)を使ってる、一体いつの時代かと思ったら制作は1996年。
MOはハード・ディスクの補助として一時流行ったが、とっくに時代遅れ。
遅い割に大した容量もないし、MOドライヴを別に買わなきゃいけない。
今だったら、700MB程度ならCD-RWに書込める、NOCリストならそれで充分でしょう。

携帯電話等の通信を妨害するシーンがあるが、こうゆうのは実際に売ってる。
と言っても、スパイ道具でわなく、振り込め詐欺を防ぐ為にATM付近に設置したりする。
「携帯一発終了」は、スィッチを入れると周りの携帯電話を圏外にできるもの。
ACアダプター式と電池式が有り、電池式は電車、バス内で使える。
実際、車内での携帯マナーの悪さは呆れるばかりで、マナーをちゃんと守ってれば、こんなの要らないんですけどね。

↓AC電源式(レビュー投稿時現在)
http://www.quick1-n.com/54.html

↓電池式
http://www.akiba-garage.com/item/AD00000258340.htm
l

同じ映画でも一部レビュー内容を変更しています。
「尚、このレビューは自動的に消滅して、PCあるいは携帯から煙が吹出しても当局は一切関知しない。成功を祈る。」

私的評価 v(^o^)v イェィ ⇒ ストーリーはグッドだけど、こういうモチーフはねぇ。

参考:私的評価の目安 [5段階]
(★o★) キラ〜ン ⇒ 何を置いても見るべき、見なきゃ損。
v(^o^)v イェィ ⇒ 面白い、楽しめる。
(・ω・) シ〜ン  ⇒ 良くも悪くもない、普通。
( ●`ε´●) ブ〜 ⇒ ツマラン、金と時間の無駄、止めた方がいい。
(x⊥x)\(∂⊥∂) バシッ ⇒ ぬゎんなんだ、こりぃは

これにその他のマークが付加される事も有る。
注)評価欄以外の顔文字は気分で使ってるので、私的評価とは無関係です。

うん、面白い。

投稿日

2006/08/20

レビュアー

まぐのりあ

このシリーズは3が出るという事で、ありゃ、面白いんだ!と色々調べたら、1のわりに2がつまらんという評判を聞き、なら1は面白いんだと期待して借りましたが、うん、面白いと思いました。スリル、アクション、頭を観客に使わせて最後にどんでん返し。トムもいい仕事しています。ボーンアイデンティティーと比べちゃうな。どっちが面白いだろうな。でも比べる事も無いくらい良く出来ていますよ。ハラドキシーンが沢山あったし パソコンが古いのがちょっと笑ったけれど作られた年代を考えると当たり前ですね。素直にオススメな一本です。こんなのばっかりだと私も苦労しないですむんだけど(笑)

インターネットに憧れた

投稿日

2006/07/25

レビュアー

ぶわつ

 これは確か、トム・クルーズ自身の製作会社の第1作でしたか。また彼にとっては初の本格的アクション映画だったかと。『スピード』のキアヌに触発されたか、髪を短く刈り込んで気合満点でしたね。予告編ではじめて観た時は、やけに新鮮だったのを憶えています。

 トム演じるIMFの腕利きエージェントが罠にはまって資格を剥奪されたうえに追われる身に。身の潔白を証明するために真相を追うという流れはまるで『クラッシャージョウ』やん!とローカルなツッコミを無理矢理入れつつ、最初から最後までしっかり楽しめました。エマニュエル・ベアールも色っぽかったし、かなり満足度は高かったです。
 あと、印象的だったのが、イーサン(トム)が謎を追う足掛かりとしてネットを検索したり、メッセージを送ったりする場面。今では何てことない、普通と言っていい光景なんですが、当時はまだインターネットなんて(少なくともオレには)ちょっと敷居の高い代物だったので、凄く新鮮で、カッコ良かったですね。

 『3』はまだ未見で、また公開中に観れるかどうかも分からないのですが、とりあえず2作並べた中では、断然この1作目のほうが好きです。

26〜 30件 / 全105件