ラスト、コーション

ラスト、コーションの画像・ジャケット写真

ラスト、コーション / トニー・レオン

全体の平均評価点:(5点満点)

159

全体の平均評価点:

DVD

映画賞受賞作品

ジャンル :

「ラスト、コーション」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

映画賞受賞作品

解説・ストーリー

「ブロークバック・マウンテン」のアン・リー監督が、一人の女スパイの愛の葛藤を描く官能サスペンス。日本軍占領下の上海と香港を舞台に、図らずも抗日運動に身を投じたヒロインが、祖国の裏切り者の男を暗殺すべく、色仕掛けで接近していく中で展開していく男と女のギリギリの心理戦がスリリングに綴られていく。1942年、日本軍占領下の上海。ごく普通の女子大生チアチーは、抗日運動に心血を注ぐクァンに秘かな恋心を抱き、彼と行動を共にする中で次第に感化されていく。やがてチアチーは、日本の傀儡政府に協力する特務機関のリーダー、イーに近づき暗殺する危険な任務を与えられるが…。

「ラスト、コーション」 の作品情報

作品情報

製作年: 2007年
製作国: アメリカ/中国/台湾/香港
原題: LUST, CAUTION/色・戒
受賞記録: 2007年 ヴェネチア国際映画祭 金獅子賞

「ラスト、コーション」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

サイレント・ウォー

インファナル・デイズ 逆転人生

ゴージャス

新流星胡蝶剣

ユーザーレビュー:159件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

26〜 30件 / 全159件

アン・リーの映画だから観たれど...。

投稿日:2008/09/03 レビュアー:BJORK

「ブロークバックマウンテン」、「ウェディング・バンケット」など、アン・リー監督作品は結構好きで、この映画はアメリカで見ました。日本ではカットされたシーンがあるのでしょうか?過激な性描写で中国本土では大きくカットされてしまい台湾まで観にいった人もいたというほどそっちの方で話題があった作品。

「女スパイの愛の葛藤を描く官能サスペンス」と云う紹介文句ですが、女スパイ役のタン・ウェイには重すぎる役だったと思います。確かに体当たり的な演技もありましたが、アン・リー映画の一つの見所である登場人物の感情表現、それこそが彼の映画を見る人の心に残すものである重要な要素が彼女には無かったように感じます。

その当時の上海の町並みや彼女達の装いなどは美しく、トニー・レオン扮するイーも彼の持ち味である言葉以上の表情での演技で彼の複雑で緊張感のある役柄を上手く表現していますが、チアチー役のタン・ウェイには心の動きや愛と任務の狭間で苦しむ葛藤などの表現に深みが感じられず、なぜそれほどまでにイー(トニー・レオン)に惹かれてしまうのか疑問です。ストーリーの流れでなぜだかは分かりますが画面からは直接それを感じるのは難しい。タン・ウェイの力不足か監督の演出の甘さか、彼女の過酷で悲しいはずの人生になかなか感情が入っていきませんでした。

この映画、観る人達が何を期待しているかによって評価が分かれると思います。








このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

蛾 眉

投稿日:2010/08/17 レビュアー:ムーン

権力者から寵愛を受けた女の末路は死なのでしょうか。

まず、この映画を見ながら気になったのは、ワン(タン・ウェイ)の眉でした。

白楽天は「長恨歌」の中で、楊貴妃の美しさを讃え、その一つには「眸を廻らして一たび笑えば百媚生ず」といわれたほど。
その美しく愛狂おしい楊貴妃が玄宗皇帝の前で殺されるシーンでは、「宛転たる蛾眉馬前に死す」と描かれました。

「蛾眉」とは蛾の触角のように緩やかに曲がった美しい眉のことで、美女の条件の一つです。

時に運命に憂い、時に強烈な快感に耐えるワンの眉にも、カメラはピンを当てています。

愛というより、緊迫した孤独な状況下で、孤立した魂同士がぶつかり合い、スパークしたようなベッドシーン。

自分たちの任務や立場が吸い寄せた関係なのに、だからこそ、それを忘れるために激しく狂おしく求め合う。

そして日本式料亭でワンがイーのために歌う、悲しい愛の歌は何よりもイーの心を溶かしました。

ダイヤの指輪を見つめながら、ワンがイー(トニー・レオン)の寵愛を勝ち取ったと悟った瞬間、それはイーの命が消されることでもあります。

発作的な衝動。でもワンには後悔はなかったと思います。

そして、工作員としてではなく、一人の女として、孤独に死にたくなかったワンは毒を飲むことはなく、最初に恋心を抱いたクアンや演劇部の仲間を道連れにします。

もしかしたら、激動の時代の中でこんな男女の関係もあったかもしれない。

タン・ウェイ嬢の美しく描かれた眉を見ながら、そう思った映画でした。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

こんな女優がいたんだ!

投稿日:2010/06/27 レビュアー:旭竜

予告編でタン・ウェイ演じるワン・チアチーが「早くしないと私・・・」という台詞を聞いて、これは観なければと決意。
実際には劇中でこの台詞は無かったように思いましたが、女スパイとして特務機関イーの接近に成功しながらも徐々にイーに惹かれ揺れ動く感情がこの台詞に凝縮されています。

そしてタン・ウェイが凄いです。
女性は化粧と衣装で見違えて綺麗になると聞いたことがあるが、綺麗なのはもちろん処女も顔も娼婦の顔もできる女優は少ないはずです。
顔立ちと笑顔や凛とした表情がとても私好み♪
トニー・レオンは貫禄ですね。「孤独」の演技に圧倒されました。

過激なセックス描写が話題になったと観終わってから知ったのと、劇中に「この女優は脱ぐのかな?」なんて軽く考えてたものですからセックスシーンはかなりの衝撃でした。
そのシーンの数々はストーリー上必要か、過度な描写なのか賛否が分かれたのではないでしょうか。特に男性と女性では感じ方が違うような気がしますね。
日本公開時にセックスシーンを6ヶ所も修正を入れたと聞いてまたまた驚きました。

レビューもセックスシーンのことばかりになってしまいましたが、ストーリーも極上であるのに間違いありません。
上映時間が2時間半と長いという理由だけでなく観るのに体力が必要な作品。観るべし。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

本当の自分ってどれだろう ネタバレ

投稿日:2010/03/31 レビュアー:さむこ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ベッドシーンの激しさばかりが話題になっていた印象だったけど、あの場面は2人の優位性の変化、普段は誰にも見せない心の深い部分が見え隠れする必要不可欠な場面だと感じました。

最後、彼女は自分への本当の愛を生まれて初めて感じて衝撃を受け、自分の今までの人生を壊す、重大な言葉をイーに言ってしまいます。
私もチアチーがイーを愛していたからではないと思いました。
イーはチアチーをやっと信用し、愛し始めていたのに。

コーヒーカップに付いた口紅が何度かクローズアップされた意味がわからなかったけど、金持ちの人はカップに口紅をつけたままにしておなかい、ということを暗に示唆しており、イーはおかしいとあの時点で既に気付いている、ということだったんですね。

チアチーは髪を下ろしている時はとっても幼く田舎の子に見えるのに、チャイナ・ドレスを着て髪を結った姿はどう見ても上流階級の人間の仕草と表情になりきっていて素晴らしかった。

トニー・レオンはもやはり素晴らしい。
優しい微笑みでまったくの善人にも見えるし、同じ微笑みでも冷徹な悪人にも見せてしまう。

なんだか大きな映画を1本見終えたという感じ。
かなり疲れました。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

虚無の表情

投稿日:2010/02/15 レビュアー:ずきんちゃん

多くの方のレビューに
チアチーとイーの愛の姿が切ない
というような内容があるが・・・・・。
私にはチアチーからの愛は全く感じられなかった。


チアチーがイーを愛していたとは思えない。
情事を重ねる中での
あの虚無の表情がすべてを物語っている。
チアチーはスパイとして、仕事として
男に抱かれていたのだと思う。
では何故、最後にあのような行動をとったのか・・・?

イーは誰のことも信じられない男だった。
チアチーに対しても、最初はそうだったのだと思う。
でも彼はチアチーのことを信じていくようになる。
でも私には、それが愛(いわゆる男女の愛)だったとは思えない。
その証拠は
彼もまた、彼女のことを信じ切っていたわけではないということだ。
少しずつ心を開いていくようでも
あの厳しさと寂しさが交錯する表情から
常に彼女への疑がいが晴れずにいたのではないかと、私は感じた。
情事に没頭しながらも
快楽に浸りきっていない様子からも、それはうかがい知れる。

そしてイーは
最後に大きな賭けに出たのではないだろうか。
心から信じてもよい女性なのかどうか。
信じたい一心での、賭けだったのかもしれない。

チアチーは、彼のその思いを感じ取ったのだろう。
自分のことを信じたいという一心で
大きな賭けに出た男を目の前にし、
彼女はスパイになりきれなかった・・・。
何故か?
イーを愛していたからではないだろう。
良心、と呼ぶのは適当ではないかもしれないが、
やはりここは、チアチーが良心の呵責に耐えられなかった
というのが妥当ではないだろうか。

彼女が抗日活動に身を転じたきっかけが、
そもそも情熱的ではなかった。
憧れる先輩や友人のあとを付いていっただけという印象で
動機は不十分だった。
なので、抗日活動から暗殺といっても
彼女のモチベーションは低かったであろうことが推測される。
数年の活動中に意識は高まっていったのかもしれないが、
そのアンニュイな表情からは
抗日活動への情熱は伝わってはこなかった。

イントロダクションの「愛の葛藤」という言葉。
チアチーが葛藤したとするならば
それは愛ではなく
おそらく自分自身、その人生
そして時代に対して・・・だったのではないだろうか。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

26〜 30件 / 全159件

ラスト、コーション

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:159件

アン・リーの映画だから観たれど...。

投稿日

2008/09/03

レビュアー

BJORK

「ブロークバックマウンテン」、「ウェディング・バンケット」など、アン・リー監督作品は結構好きで、この映画はアメリカで見ました。日本ではカットされたシーンがあるのでしょうか?過激な性描写で中国本土では大きくカットされてしまい台湾まで観にいった人もいたというほどそっちの方で話題があった作品。

「女スパイの愛の葛藤を描く官能サスペンス」と云う紹介文句ですが、女スパイ役のタン・ウェイには重すぎる役だったと思います。確かに体当たり的な演技もありましたが、アン・リー映画の一つの見所である登場人物の感情表現、それこそが彼の映画を見る人の心に残すものである重要な要素が彼女には無かったように感じます。

その当時の上海の町並みや彼女達の装いなどは美しく、トニー・レオン扮するイーも彼の持ち味である言葉以上の表情での演技で彼の複雑で緊張感のある役柄を上手く表現していますが、チアチー役のタン・ウェイには心の動きや愛と任務の狭間で苦しむ葛藤などの表現に深みが感じられず、なぜそれほどまでにイー(トニー・レオン)に惹かれてしまうのか疑問です。ストーリーの流れでなぜだかは分かりますが画面からは直接それを感じるのは難しい。タン・ウェイの力不足か監督の演出の甘さか、彼女の過酷で悲しいはずの人生になかなか感情が入っていきませんでした。

この映画、観る人達が何を期待しているかによって評価が分かれると思います。








蛾 眉

投稿日

2010/08/17

レビュアー

ムーン

権力者から寵愛を受けた女の末路は死なのでしょうか。

まず、この映画を見ながら気になったのは、ワン(タン・ウェイ)の眉でした。

白楽天は「長恨歌」の中で、楊貴妃の美しさを讃え、その一つには「眸を廻らして一たび笑えば百媚生ず」といわれたほど。
その美しく愛狂おしい楊貴妃が玄宗皇帝の前で殺されるシーンでは、「宛転たる蛾眉馬前に死す」と描かれました。

「蛾眉」とは蛾の触角のように緩やかに曲がった美しい眉のことで、美女の条件の一つです。

時に運命に憂い、時に強烈な快感に耐えるワンの眉にも、カメラはピンを当てています。

愛というより、緊迫した孤独な状況下で、孤立した魂同士がぶつかり合い、スパークしたようなベッドシーン。

自分たちの任務や立場が吸い寄せた関係なのに、だからこそ、それを忘れるために激しく狂おしく求め合う。

そして日本式料亭でワンがイーのために歌う、悲しい愛の歌は何よりもイーの心を溶かしました。

ダイヤの指輪を見つめながら、ワンがイー(トニー・レオン)の寵愛を勝ち取ったと悟った瞬間、それはイーの命が消されることでもあります。

発作的な衝動。でもワンには後悔はなかったと思います。

そして、工作員としてではなく、一人の女として、孤独に死にたくなかったワンは毒を飲むことはなく、最初に恋心を抱いたクアンや演劇部の仲間を道連れにします。

もしかしたら、激動の時代の中でこんな男女の関係もあったかもしれない。

タン・ウェイ嬢の美しく描かれた眉を見ながら、そう思った映画でした。

こんな女優がいたんだ!

投稿日

2010/06/27

レビュアー

旭竜

予告編でタン・ウェイ演じるワン・チアチーが「早くしないと私・・・」という台詞を聞いて、これは観なければと決意。
実際には劇中でこの台詞は無かったように思いましたが、女スパイとして特務機関イーの接近に成功しながらも徐々にイーに惹かれ揺れ動く感情がこの台詞に凝縮されています。

そしてタン・ウェイが凄いです。
女性は化粧と衣装で見違えて綺麗になると聞いたことがあるが、綺麗なのはもちろん処女も顔も娼婦の顔もできる女優は少ないはずです。
顔立ちと笑顔や凛とした表情がとても私好み♪
トニー・レオンは貫禄ですね。「孤独」の演技に圧倒されました。

過激なセックス描写が話題になったと観終わってから知ったのと、劇中に「この女優は脱ぐのかな?」なんて軽く考えてたものですからセックスシーンはかなりの衝撃でした。
そのシーンの数々はストーリー上必要か、過度な描写なのか賛否が分かれたのではないでしょうか。特に男性と女性では感じ方が違うような気がしますね。
日本公開時にセックスシーンを6ヶ所も修正を入れたと聞いてまたまた驚きました。

レビューもセックスシーンのことばかりになってしまいましたが、ストーリーも極上であるのに間違いありません。
上映時間が2時間半と長いという理由だけでなく観るのに体力が必要な作品。観るべし。

本当の自分ってどれだろう

投稿日

2010/03/31

レビュアー

さむこ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ベッドシーンの激しさばかりが話題になっていた印象だったけど、あの場面は2人の優位性の変化、普段は誰にも見せない心の深い部分が見え隠れする必要不可欠な場面だと感じました。

最後、彼女は自分への本当の愛を生まれて初めて感じて衝撃を受け、自分の今までの人生を壊す、重大な言葉をイーに言ってしまいます。
私もチアチーがイーを愛していたからではないと思いました。
イーはチアチーをやっと信用し、愛し始めていたのに。

コーヒーカップに付いた口紅が何度かクローズアップされた意味がわからなかったけど、金持ちの人はカップに口紅をつけたままにしておなかい、ということを暗に示唆しており、イーはおかしいとあの時点で既に気付いている、ということだったんですね。

チアチーは髪を下ろしている時はとっても幼く田舎の子に見えるのに、チャイナ・ドレスを着て髪を結った姿はどう見ても上流階級の人間の仕草と表情になりきっていて素晴らしかった。

トニー・レオンはもやはり素晴らしい。
優しい微笑みでまったくの善人にも見えるし、同じ微笑みでも冷徹な悪人にも見せてしまう。

なんだか大きな映画を1本見終えたという感じ。
かなり疲れました。

虚無の表情

投稿日

2010/02/15

レビュアー

ずきんちゃん

多くの方のレビューに
チアチーとイーの愛の姿が切ない
というような内容があるが・・・・・。
私にはチアチーからの愛は全く感じられなかった。


チアチーがイーを愛していたとは思えない。
情事を重ねる中での
あの虚無の表情がすべてを物語っている。
チアチーはスパイとして、仕事として
男に抱かれていたのだと思う。
では何故、最後にあのような行動をとったのか・・・?

イーは誰のことも信じられない男だった。
チアチーに対しても、最初はそうだったのだと思う。
でも彼はチアチーのことを信じていくようになる。
でも私には、それが愛(いわゆる男女の愛)だったとは思えない。
その証拠は
彼もまた、彼女のことを信じ切っていたわけではないということだ。
少しずつ心を開いていくようでも
あの厳しさと寂しさが交錯する表情から
常に彼女への疑がいが晴れずにいたのではないかと、私は感じた。
情事に没頭しながらも
快楽に浸りきっていない様子からも、それはうかがい知れる。

そしてイーは
最後に大きな賭けに出たのではないだろうか。
心から信じてもよい女性なのかどうか。
信じたい一心での、賭けだったのかもしれない。

チアチーは、彼のその思いを感じ取ったのだろう。
自分のことを信じたいという一心で
大きな賭けに出た男を目の前にし、
彼女はスパイになりきれなかった・・・。
何故か?
イーを愛していたからではないだろう。
良心、と呼ぶのは適当ではないかもしれないが、
やはりここは、チアチーが良心の呵責に耐えられなかった
というのが妥当ではないだろうか。

彼女が抗日活動に身を転じたきっかけが、
そもそも情熱的ではなかった。
憧れる先輩や友人のあとを付いていっただけという印象で
動機は不十分だった。
なので、抗日活動から暗殺といっても
彼女のモチベーションは低かったであろうことが推測される。
数年の活動中に意識は高まっていったのかもしれないが、
そのアンニュイな表情からは
抗日活動への情熱は伝わってはこなかった。

イントロダクションの「愛の葛藤」という言葉。
チアチーが葛藤したとするならば
それは愛ではなく
おそらく自分自身、その人生
そして時代に対して・・・だったのではないだろうか。

26〜 30件 / 全159件