ディパーテッド

ディパーテッドの画像・ジャケット写真
ディパーテッド / レオナルド・ディカプリオ
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

375

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
  • 映画賞受賞作品
ジャンル:

「ディパーテッド」 の解説・あらすじ・ストーリー

 大ヒット香港ノワール「インファナル・アフェア」を、レオナルド・ディカプリオ&マット・デイモン主演、マーティン・スコセッシ監督で豪華にリメイクした犯罪サスペンス。警察に潜入したマフィアの男と、マフィアに潜入した警察の男、そんな対照的な2人を待ち受ける皮肉な運命を、重厚かつリアリティあふれる演出でスリリングに描き出す。警察学校を優秀な成績で卒業したビリーとコリン。やがてビリーは、マフィアへの潜入捜査を命じられる。一方のコリンは、マフィア撲滅の特別捜査班に抜擢されるが、その正体はマフィアのボスに育てられたスパイだった…。

「ディパーテッド」 の作品情報

製作年: 2006年
製作国: アメリカ
原題: THE DEPARTED
受賞記録: 2006年 アカデミー賞 作品賞
2006年 ゴールデン・グローブ 監督賞
2006年 NY批評家協会賞 監督賞

「ディパーテッド」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ディパーテッドの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
151分 日本語 英語 吹き替え用 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
R-15 DLR73674 2007年06月08日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
130枚 7人 5人

【Blu-ray】 ディパーテッド(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
151分 日本語 英語 吹き替え用 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
R-15 WBRY11729*B 2008年03月19日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
34枚 0人 3人

関連作品

ユーザーレビュー:375件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

26〜 30件 / 全375件

・・・

投稿日:2010/02/04 レビュアー:エロエロ大魔神

年をとるにつれ、少しチョイ悪オヤジに見えてきた

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

お、ディカプリオぽくない!ネタバレ

投稿日:2008/10/28 レビュアー:ホワイト

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

マーティン・スコセッシ監督と言えば、ロバートデニーロとのコンビで、数々の名作を創作しているが、このデパーデットが初オスカー作品だとか。

流石に、映像が「切れて」いる。ディカプリオも久々に本領を発揮、マットデーモン、ジャックニコルソンと演技派の中に入って熱演。

「インファナル・アフェア」のリメイクだとは思わせないほど、テンポが心地良い。

警察に潜入したマフィアの男(マットデイモン)と、マフィアに潜入した警察の男(ディカプリオ)、がお互いに接触を持つことなく、すれ違い、サスペンスのコマとなる。

マフィアのボスのニコルソンがまるで二人を手玉にとるような包容力を持って支えている。

最後に、ドンデンが3回いっぺんに来るが、想像できるが、映像の力がその不満を凌駕させてくれる。

フィルムに「色抜き」や「加工」部分がないのがスコセッシュ監督らしく好感が持てる。

ただ、この映画で何が言いたかったのかが不明。
ドキッとさせられるほど、心に残る物はない。あえて探せば、
「疑念」だろうか。

80点

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

インファナルアフェアの後に観ると先入観が付きまとう作品ネタバレ

投稿日:2007/10/24 レビュアー:雑種犬ラック

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

この映画で遂に無冠の巨匠マーティン・スコセッシがアカデミー監督賞を取った訳ですが、インファナルアフェアという超有名な香港映画のリメイクというのも有名な話。

さて、ディパーテッドもそれなりには面白かったのですが、どうしてもインファナルアフェアの影がつきまといますね。
リメイクなので当然ですが似たようなシーンが沢山出てきます。もちろん巨匠Mスコセッシ流のアレンジが加えられてますが、これが原作を知る人には概ね改悪に映ってしまってるように思えます。

本国アメリカでも大ヒットしてるという事実もありますので原作同様の設定はもとより、このアレンジもアメリカ人には大いにウケたのだとは思いますが、どうしても質が落ちたように思います。これが知らず知らず滲み出てるアジア的感性というものなのでしょうか。

もし、原作インファナルアフェアをご覧になってない方でディパーテッドが面白かったという方は是非こちらもオススメします。
逆に面白くなかったという人にもオススメです。インファナルアフェアのが面白いですから。

さらに逆にインファナルアフェアだけを観て面白かったと思っている方・・・・ディパーテッドのレンタルは監督・俳優のファンに限られるかと思います。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

企画不足なのは分かるけれど・・・

投稿日:2007/09/29 レビュアー:おうち大好き

今までオリジナルが素晴らしければ素晴らしい程、リメイク版がショボくて、がっかりしたことが多かったので、この作品もずっと観ないでいました。一応予約リストに入れていたらとうとう発送されてきてしまいました。
まあ話の種に観ておこうかと・・・

アメリカの人たちは香港映画など観ていないだろうし、これからも観ないだろうと見越してのことか、全く同じ作り。
えぇ!スコセッシ監督どうしちゃったの?
これがアカデミー賞?
後半はただただ呆れて見守るばかりでした。
小手先で部分的に変えてあり、香港作品の良い所を削ぎ落とした、全体的に大味な仕上がりに見えましたが、オリジナルを観ていなければこれはこれで面白いのかもしれません。

ジャック・ニコルソンは下ネタばかり言う小汚いおじさんにしか見えないし、マット・デイモンは役不足、マーク・ウォールバーグの役どころと何故彼が助演男優賞ノミネートになったのか今ひとつ分からないというなかで、やはりレオナルド・ディカプリオは上手し、光っていました。
やはりこの年は「ブラッド・ダイヤモンド」との合わせ技で主演男優賞をあげて欲しかったですね。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

星:2.5点ネタバレ

投稿日:2007/09/17 レビュアー:Miching Mallecho

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ちょいオススメです。
ただ私は1000円で観てそう感じたので、
1800円払ってたら、う〜ん。。。だったかもしれません。

この映画を観るのにかなり準備したつもりです。
基本的に苦手なスコセッシ作品を我慢してたくさんチェックし、
原作の香港映画「インファナル・アフェア/無間道」も2度観ました。

正直な感想としては、他のスコセッシ作品よりはある程度楽しめました。
「インファナル・アフェア」に及ばないのは確かだと思います。
原作の私なりの評価は「かなりオススメ」です。

出だしはすごくよかったです。原作よりドキドキしました。
ジャック・ニコルソンのかっちょいい台詞:
"I don't want to be a product of my environment.
I want my environment to be a product of me."
「世の中に自分を決められるなんて御免だ。オレが世の中を決めてやる」
で始まり、音楽もノリノリ。
ポンポン、ポンポンとリズムよく話が進んでいきます。

でもそのポンポンがずっと続くんです。2時間半。
テンポがいいと言えばいいんですが、各シーンをじっくり味わったり、
話の内容を整理して考えてる時間がない。
「インファナル・アフェア」を観て筋は十分理解してるつもりでしたが、
それでも話についていくのが大変でした。

ディカプリオがよかったです。これは彼の映画だと思います。
なんというか、体格的にかなりしっかりしてきたので、
少年ぽいイメージがだいぶ無くなりました。
入墨が似合うようなごつさがあります。
ジャック・ニコルソンやマット・デイモンよりも
スクリーン上での存在感が際立ってました。

ジャック・ニコルソンは悪い意味で目立ち過ぎだったような。
なんか作品のバランスをこわしていたように感じます。
マット・デイモンの役はあまりいい役じゃありませんでした。
原作のクールさが全くない、ちょっとヘラヘラした役柄で、魅力ゼロ。
ハズレ役をやらされて気の毒にすら感じました。

「インファナル・アフェア」と言えば、空から上司が落ちてくるお話、
と言いたくなるほど、あの落下シーンが大事。
それなのに「ディパーテッド」では見せ場にすらなってませんでした。
原作の設定をかなりいじってしまったのが完全に裏目に出ています。
別に上司が死んだってまだ大丈夫じゃん、くらいにしか感じません。

結論。
無理に観る必要はないと思います。
アカデミー賞で作品賞、監督賞、脚色賞、編集賞
の4冠ゲットしましたが、それは過大評価と考えた方がいいです。
ただディカプリオがすごくいいので、ファンの人にはオススメです。
(原作の香港映画「インファナル・アフェア」はかなりオススメです。)

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

26〜 30件 / 全375件

ディパーテッド