金庸 武侠小説 鹿鼎記

金庸 武侠小説 鹿鼎記の画像・ジャケット写真

金庸 武侠小説 鹿鼎記 / アンディ・ラウ

全体の平均評価点:(5点満点)

30

全体の平均評価点:

DVD

「金庸 武侠小説 鹿鼎記」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

『墨攻』のアンディ・ラウと『2046』のトニー・レオンの豪華共演によるTVシリーズ第10巻。自らの身分を隠し、宮廷内に潜り込んだ韋小寶と友情を育んでいく少年皇帝・康熙帝。だが小寶は反清組織と通じており…。第37話から最終第40話までを収録。

「金庸 武侠小説 鹿鼎記」 の作品情報

作品情報

製作年: 1984年
製作国: 中国
原題: 鹿鼎記

「金庸 武侠小説 鹿鼎記」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

新・愛と復讐の挽歌 殺しの掟

ゴッド・ギャンブラー ラスベガス大作戦

カンフーレジェンド 蘇乞児外伝

ダンス・オブ・ドリーム

ユーザーレビュー:30件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

26〜 30件 / 全30件

痛快な子どもの論理にひかれる

投稿日:2008/01/22 レビュアー:ヌール

特別に弟子にしてやる叩頭せいと言われても、嫌だと断る小宝少年。だって、師匠の言うことは何でも聞くなんてできないもん。堅苦しい武侠の論理は、ときどきうんざりすることがあるから、小宝の理屈には笑ってしまう。

軽妙な広東語の響きもいい感じだ。最近見慣れた本格的中国歴史ドラマとは別物として楽しめるし、原作を損なっているわけではない。

トニー・レオンの少年役はかわいいし、こちらも少女の心で見るしかないな。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

金庸はおもしろいなぁ

投稿日:2013/09/28 レビュアー:恋次郎

セットのチープさや武侠アクションがスタントもイマイチ感があって見始めたときは不安でしたが

やっぱり金庸は物語の展開がおもしろいなぁ。

だんだんクセになってしまうんだなぁ。

イ・サンやトンイは1話くらい観なくても展開は知れるけど金庸のは、どしたどしたどーなった状態におちいるもんなぁ。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

アンディ・ラウもトニー・レオンも若い

投稿日:2013/09/23 レビュアー:恋次郎

いやぁ、時代なんですねぇ。
トニー・レオンもアンディ・ラウも若いけどドラマの制作費も安い時代だったなぁ。
海外市場などまだまだだったからねぇ。
金庸の物語展開はまぁいいんだけど、セットを多用するから昼ドラみたいな宮廷内ドラマに陥りやすく武術がひどい有様になって慣れるまでは苦しいす。

このリメイク版をはやく観ないと。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

お気楽で・・・

投稿日:2008/03/21 レビュアー:UMA

人生こんなもんでいいのかなぁ・・・と思いつつも、その軽さが
憎めない主人公です。この手の話は、一番最後に「えっ、そんなんで終わってしまうの?」というのが多いのですが、前編通してお気楽なので、まあ、それもいいか・・・と納得してしまいました。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

失敗しました。

投稿日:2007/12/24 レビュアー:だん

日本で発売されている金庸ものとしては、一番つまらないと思う。まとめて借りたけど、すぐに断念。
古い作品だけに、最近のと同じような感じで観ると後悔する。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

26〜 30件 / 全30件

金庸 武侠小説 鹿鼎記

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:30件

痛快な子どもの論理にひかれる

投稿日

2008/01/22

レビュアー

ヌール

特別に弟子にしてやる叩頭せいと言われても、嫌だと断る小宝少年。だって、師匠の言うことは何でも聞くなんてできないもん。堅苦しい武侠の論理は、ときどきうんざりすることがあるから、小宝の理屈には笑ってしまう。

軽妙な広東語の響きもいい感じだ。最近見慣れた本格的中国歴史ドラマとは別物として楽しめるし、原作を損なっているわけではない。

トニー・レオンの少年役はかわいいし、こちらも少女の心で見るしかないな。

金庸はおもしろいなぁ

投稿日

2013/09/28

レビュアー

恋次郎

セットのチープさや武侠アクションがスタントもイマイチ感があって見始めたときは不安でしたが

やっぱり金庸は物語の展開がおもしろいなぁ。

だんだんクセになってしまうんだなぁ。

イ・サンやトンイは1話くらい観なくても展開は知れるけど金庸のは、どしたどしたどーなった状態におちいるもんなぁ。

アンディ・ラウもトニー・レオンも若い

投稿日

2013/09/23

レビュアー

恋次郎

いやぁ、時代なんですねぇ。
トニー・レオンもアンディ・ラウも若いけどドラマの制作費も安い時代だったなぁ。
海外市場などまだまだだったからねぇ。
金庸の物語展開はまぁいいんだけど、セットを多用するから昼ドラみたいな宮廷内ドラマに陥りやすく武術がひどい有様になって慣れるまでは苦しいす。

このリメイク版をはやく観ないと。

お気楽で・・・

投稿日

2008/03/21

レビュアー

UMA

人生こんなもんでいいのかなぁ・・・と思いつつも、その軽さが
憎めない主人公です。この手の話は、一番最後に「えっ、そんなんで終わってしまうの?」というのが多いのですが、前編通してお気楽なので、まあ、それもいいか・・・と納得してしまいました。

失敗しました。

投稿日

2007/12/24

レビュアー

だん

日本で発売されている金庸ものとしては、一番つまらないと思う。まとめて借りたけど、すぐに断念。
古い作品だけに、最近のと同じような感じで観ると後悔する。

26〜 30件 / 全30件