墨攻

墨攻の画像・ジャケット写真
墨攻 / アンディ・ラウ
全体の平均評価点:
(5点満点)

163

  • DVD
ジャンル:

「墨攻」 の解説・あらすじ・ストーリー

 戦乱の中国を舞台に、“墨守”という故事で知られる戦闘集団“墨家”の天才戦術家・革離(かくり)の活躍を描いた森秀樹の同名コミックを、中国・日本・香港・韓国の合作で映画化した歴史アクション超大作。主演は「インファナル・アフェア」のアンディ・ラウ。監督は「流星」のジェィコブ・チャン。紀元前370年頃の戦国時代、攻撃をせずに守り抜く“非攻”を信念とする集団“墨家”がいた。その頃、大国・趙が送り込んだ10万の大軍を前に、全住民わずか4千人の梁城は落城寸前の危機に瀕していた。梁王は墨家に援軍を求めるが、やって来たのは粗末な身なりの革離ただ1人だった…。

「墨攻」 の作品情報

製作年: 2006年
製作国: 中国/日本/香港/韓国
原題: A BATTLE OF WITS

「墨攻」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

墨攻の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
133分 日本語 吹き替え用 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/北京語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/北京語
3:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
ASBX3866 2007年07月27日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
27枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:163件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

26〜 30件 / 全163件

墨攻に期待

投稿日:2007/01/15 レビュアー:都人

歴史が大好きな小生にとって、魅力ある遙か昔の中国を歴史的観点での考察を交えながら映画を観ると2倍楽しめます。上映が楽しみです。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

アンディ・ラウは見事に「革離」です。ネタバレ

投稿日:2010/01/21 レビュアー:まりこ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

墨者・革離の静かな佇まいが美しい。
「非攻」「兼愛」を謳う墨家とは、武装した思想集団と言う事でしょうか。

火達磨となりのたうち回る敵兵を見る、革離の光の無いその眼。
敵味方、死屍累々の有様を見つめる革離の眼が印象的です。

愚かな梁王。その卑しい笑い顔。
兵も民も巡り合わせでその国に生きるなら、そんな王にも従わざるを得ないのが哀しい。

戦闘場面のスケールは『レッド・クリフ』等超大作には及ぶべくもありませんが、むしろ静寂さえ感じるそのシーンは、兵独り独りの顔が見えて、返って胸に迫るものがあります。

原作のコミックは散見しただけですが、描かれた革離のその顔とアンディ・ラウの顔がダブって見える様な気がします。
アンディ・ラウはどんな作品に在ってもアンディ・ラウでしか無い。
これ迄はそう思っていましたが、ボロを纏い仁王立ちの彼の偉容は、見事に「革離」であったと感じます。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

わかりやすい哲学的命題。

投稿日:2008/09/19 レビュアー:シニソーヤ

原作は読んでなく、ビッグコミック連載中のものをたまに読んでいました。戦術物が好きなので、原作を読もう読もうと思ってましたが、長いのは仕事に差し障るしな、で、映画で2時間で済ませてしまおうという安易な考えで本作見ました。

 トルストイを読むのがめんどくさいから、オードリィ映画で済ませてしまおう。ドフトエフスキー読むのがうっとうしいから手塚漫画で読んだことにしてしまおう、という考え方はやはり駄目ですね。

 「墨攻」時の森秀樹さんの、進化した小島剛夕タッチの絵、そのものが鬼気迫る感じでしたので、漫画からでもチャレンジしようと思います。

 本作は、非常に良心的にわかりやすいように心を砕いていますが、マクロ的な進行でミクロとの調和が上手く溶けていないように思います。個人に密着してもマクロな広がりは出たと思うので、そういう作り方をして欲しかったです。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

がんばれアンディ!

投稿日:2008/04/29 レビュアー:takako

ずーっと昔の、アンディがまだアイドル(今も?)だったころからちょくちょく映画を見ているけれども、髭をたくわえ、慎み深く控えめになり、素敵に年をとったわねーと感慨深く見てました。中国ではけっこう歌手として人気があるみたいよ。

お話は、秦の始皇帝で有名な秦ができる前の混沌とした中国のお話です。
というのに気づいたのが映画の最後あたり。
その後こうこう、こうなりましたというナレーションが入って、ああそうかと知った無学者です。

時代劇っぽく渋ーいおじ様たちが脇を固めて、物語の進行に深みを与えています。敵方の将軍とアンディが仕えることになる国の王様の対比が良い。

アンディの戦略で敵の攻撃を防ぎ、なおかつ多数の痛手を負わせることに成功する梁。その結果にでる多数の死者。

敵方の将軍が傷ついた自身の兵士を見て、引き上げを決断する時
勝った国王はアンディが謀反を企てているのではないかと疑い追い出してしまう。

戦争に関して、誰が勝者で誰が敗者なのか。勝つことが善なのか。勝つためにどんなこともしていいのか。敵には心がないのか。同じ人間ではないのか?

そんな答えの出ない思いがアンディを通して語られていく。私の中にも答えはないし、この日本で暮らしている限り戦争はやっぱりとても遠いものに感じてしまう。昔の話だということは見る前から理解していたけれど、物語を理解するのに必要な私の気持ちは現代物の映画を見ているのと同じだった。

惜しいことが一つ。いくらアンディが主役だからって安っぽいラブストーリーを安直に絡めなくてもよかったのでは。せっかくこんなにいい男ぞろいで映画作ったんだから、ヒロインなんていなくてもよかったんじゃないかしら?

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ファン・ビンビンが美しい

投稿日:2007/12/07 レビュアー:KEE

やっぱり歴史に詳しくない私には難しかった。

あまり関係ないのかな?

その上、私はこの手のアジア映画は、顔の区別がつかず、何度ももとに戻って見直したりしたが、「あれ?この人どっち側のひと?」と悩むことしばしば。

それでも、革離。アンディ・ラウ は抜群にかっこいい!!!

「兼愛」って何だよ?それでいいのか?と結構疑問に思ってしまった。
こんな時代にそれはないよね。
まあ、こんな時代だからこそってこともあるのかなあ。

紅一点、逸悦の存在が、最初、「うざい。アジア映画にはいつもこんな女がでてくる」と思っていたが、あまりの美しさに私も惹かれた。

中国ナンバーワン美女で、整形疑惑や愛人疑惑で有名なファン・ビンビン だが、この映画ではノーメイクらしい。
ノーメイクでこんなきれいなの?

と思ったが、化粧している姿をみたらなるほど、でした。

なんか途中、話がブツブツきれるところが気になった。

たった一人で戦うっていうから、なんか「300」みたいなのかな?と思ったがそうでもなかった。

切ないシーンも結構あって、なかなか見せてくれる映画なのだが、敵味方の区別がまったくつかない私には微妙なところ。

惜しいって感じかなあ。

でも音楽は好きでした。


このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

26〜 30件 / 全163件

墨攻

月額課金で借りる

都度課金で借りる